下田から、宿のある北川温泉へと向かう。<br />乗り込んだ列車は、金目鯛を思わせる色合いの『キンメ電車』。<br />海に向かって座れる座席と大きな窓が印象的だった。<br /><br />初めて訪れた北川温泉は、東伊豆海岸にある小さな温泉街で、目の前に海が広がっている。<br />翌朝、その波打ち際にある露天風呂と、宿の豪華な貸切風呂を堪能した。

梅雨旅・伊豆【2】~海を望む北川温泉~

114いいね!

2018/06/15 - 2018/06/16

7位(同エリア412件中)

旅行記グループ 梅雨旅・伊豆

8

52

旅猫

旅猫さん

下田から、宿のある北川温泉へと向かう。
乗り込んだ列車は、金目鯛を思わせる色合いの『キンメ電車』。
海に向かって座れる座席と大きな窓が印象的だった。

初めて訪れた北川温泉は、東伊豆海岸にある小さな温泉街で、目の前に海が広がっている。
翌朝、その波打ち際にある露天風呂と、宿の豪華な貸切風呂を堪能した。

旅行の満足度
4.0
ホテル
4.0
交通
4.5
同行者
その他
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
私鉄
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 伊豆急下田駅から、14:48発の熱海行きの普通列車に乗車。<br />入線していたのは、『キンメ電車』。<br />その名のとおり、金目鯛を思わせる車体が特徴的だ。

    伊豆急下田駅から、14:48発の熱海行きの普通列車に乗車。
    入線していたのは、『キンメ電車』。
    その名のとおり、金目鯛を思わせる車体が特徴的だ。

  • 良く見ると、車体には金目鯛が描かれていた。

    良く見ると、車体には金目鯛が描かれていた。

  • 乗客のほとんどが前後の展望席に集まるので、そこを避けて中ほどの車両へ。<br />すると、車内に他に人はいなくて、貸し切り状態。<br />これはかなり贅沢だな。

    乗客のほとんどが前後の展望席に集まるので、そこを避けて中ほどの車両へ。
    すると、車内に他に人はいなくて、貸し切り状態。
    これはかなり贅沢だな。

  • 座席にも金目鯛が。

    座席にも金目鯛が。

  • さらに、沿線の『いとう地魚王国』の非公式キャラクター『じざにゃん』の姿も。<br />伊東の美味しい地魚を知ってほしくて仲買人になったという『じざにゃん』は、市場でつい金目鯛に手を出してしまい、怒った金目鯛に噛みつかれる絵など、6種類ほどの可愛い絵が描かれていた。

    さらに、沿線の『いとう地魚王国』の非公式キャラクター『じざにゃん』の姿も。
    伊東の美味しい地魚を知ってほしくて仲買人になったという『じざにゃん』は、市場でつい金目鯛に手を出してしまい、怒った金目鯛に噛みつかれる絵など、6種類ほどの可愛い絵が描かれていた。

  • 伊豆急行線は単線。<br />途中の駅ですれ違った列車は、伊豆急行の誇る豪華列車『THE ROYAL EXPRESS』だった。<br />乗車料金は2万円から19万円!<br />最近、豪華過ぎる列車が多いが、出来れば、誰でも手軽に利用できる列車を増やしてほしいのだが。

    伊豆急行線は単線。
    途中の駅ですれ違った列車は、伊豆急行の誇る豪華列車『THE ROYAL EXPRESS』だった。
    乗車料金は2万円から19万円!
    最近、豪華過ぎる列車が多いが、出来れば、誰でも手軽に利用できる列車を増やしてほしいのだが。

  • 伊豆稲取駅を出ると、車窓に海が広がってくる。<br />海側に向いた席に座り、大きな窓からの素晴らしい景色を楽しむ。<br />晴れていないのが、ちょっと残念だが。<br />それにしても、一両丸々貸切と言うのは気持ち良過ぎるな。

    伊豆稲取駅を出ると、車窓に海が広がってくる。
    海側に向いた席に座り、大きな窓からの素晴らしい景色を楽しむ。
    晴れていないのが、ちょっと残念だが。
    それにしても、一両丸々貸切と言うのは気持ち良過ぎるな。

  • 伊豆熱川駅で下車。<br />駅前から宿の送迎車に乗り北川温泉へと向かう。<br />今回お世話になる宿は、北川温泉の老舗宿『望水』。<br />玄関は最上階だった。

    伊豆熱川駅で下車。
    駅前から宿の送迎車に乗り北川温泉へと向かう。
    今回お世話になる宿は、北川温泉の老舗宿『望水』。
    玄関は最上階だった。

    望水 宿・ホテル

    2名1室合計 39,600円~

    豪華な貸切露天風呂と絶景の海辺の露天風呂 by 旅猫さん
  • まず通されたのはロビー。<br />目の前には、東伊豆の海が広がっていた。

    まず通されたのはロビー。
    目の前には、東伊豆の海が広がっていた。

  • 手続きを待つ間、ゆずジュースが出てきた。<br />蜂蜜が少し入っているらしく、甘みがあったが美味しかった。

    手続きを待つ間、ゆずジュースが出てきた。
    蜂蜜が少し入っているらしく、甘みがあったが美味しかった。

  • 広めの部屋を用意したと言われたのだが、確かに広かった。<br />10畳と4.5畳の部屋に4.5畳と同じ大きさのリビングが付いたジュニアスイートだ。<br />予約したのが一番安い10畳の部屋だったので、これは嬉しい。<br />帰ってから調べたところ、32,000円の部屋だった。

    広めの部屋を用意したと言われたのだが、確かに広かった。
    10畳と4.5畳の部屋に4.5畳と同じ大きさのリビングが付いたジュニアスイートだ。
    予約したのが一番安い10畳の部屋だったので、これは嬉しい。
    帰ってから調べたところ、32,000円の部屋だった。

  • 広くは無いが、寛ぐには十分なリビングスペース。

    広くは無いが、寛ぐには十分なリビングスペース。

  • そこには、BOSEのCDプレーヤーも置かれていた。<br />CDは、北川温泉のオリジナルミュージックCD『MOON ROAD』だそうだ。<br />日本百名月に登録された月の名所に因んだものだな。

    そこには、BOSEのCDプレーヤーも置かれていた。
    CDは、北川温泉のオリジナルミュージックCD『MOON ROAD』だそうだ。
    日本百名月に登録された月の名所に因んだものだな。

  • 4.5畳の次の間。<br />波の音が聞こえる部屋で、夜はここに布団を敷いてもらった。

    4.5畳の次の間。
    波の音が聞こえる部屋で、夜はここに布団を敷いてもらった。

  • 次の間の窓からも、海がよく見えた。

    次の間の窓からも、海がよく見えた。

  • 部屋の風呂を覗いてみたら、なんと檜風呂だった。<br />驚いたことに、すべての部屋に付いているらしい。

    部屋の風呂を覗いてみたら、なんと檜風呂だった。
    驚いたことに、すべての部屋に付いているらしい。

  • 寛いでいると、仲居さんが抹茶と上生菓子を持ってきた。<br />抹茶と上生菓子好きとしては、これは嬉しい。

    寛いでいると、仲居さんが抹茶と上生菓子を持ってきた。
    抹茶と上生菓子好きとしては、これは嬉しい。

  • しばらくすると、今度は果物が。<br />ニューサマーオレンジだそうだ。<br />宮崎県特産の日向夏のことだが、伊豆ではこの名前で栽培されている。<br />甘さが控えめで酸味があるので、柑橘系らしい味わいだ。

    しばらくすると、今度は果物が。
    ニューサマーオレンジだそうだ。
    宮崎県特産の日向夏のことだが、伊豆ではこの名前で栽培されている。
    甘さが控えめで酸味があるので、柑橘系らしい味わいだ。

  • 一休みした後、大浴場へ。<br />伊豆半島は火山島なので、温泉だらけ。<br />北川温泉もそのひとつ。<br />泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で、宿の敷地内から湧いている。<br />湯量は豊富らしいが、湯船の広さから放流循環併用式しているとのこと。<br />また、源泉温度が84.8度と高いので加水も。

    一休みした後、大浴場へ。
    伊豆半島は火山島なので、温泉だらけ。
    北川温泉もそのひとつ。
    泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で、宿の敷地内から湧いている。
    湯量は豊富らしいが、湯船の広さから放流循環併用式しているとのこと。
    また、源泉温度が84.8度と高いので加水も。

  • 内湯の外には、小さいながらも岩造りの露天風呂もあった。<br />この季節は爽やかなので、露天風呂は気持ちがいい。

    内湯の外には、小さいながらも岩造りの露天風呂もあった。
    この季節は爽やかなので、露天風呂は気持ちがいい。

  • 温泉でさっぱりした後、湯上り処で一休み。<br />宿には二つの湯上り処があり、こちらは『波の音(なみのね)』。<br />気軽に寛げる雰囲気が良かった。

    温泉でさっぱりした後、湯上り処で一休み。
    宿には二つの湯上り処があり、こちらは『波の音(なみのね)』。
    気軽に寛げる雰囲気が良かった。

  • ちょうど立ち寄った時間には、地元産の天草から作ったところてんが振る舞われていた。<br />掛かっていたのは、伊豆産本わさび入りドレッシングだそうで、ピリ辛でとても美味しかった。

    ちょうど立ち寄った時間には、地元産の天草から作ったところてんが振る舞われていた。
    掛かっていたのは、伊豆産本わさび入りドレッシングだそうで、ピリ辛でとても美味しかった。

  • そして、夕食は部屋で。<br />食前酒はみかん酒。<br />前菜には、またところてんが付いていた。

    そして、夕食は部屋で。
    食前酒はみかん酒。
    前菜には、またところてんが付いていた。

  • 青竹に盛られたお造り。<br />刺身は苦手だが、この宿では食材の変更はできないと言われたのでそのまま出てきた。<br />結局、この後に出てきた鍋で煮てしまったのだが(笑)

    青竹に盛られたお造り。
    刺身は苦手だが、この宿では食材の変更はできないと言われたのでそのまま出てきた。
    結局、この後に出てきた鍋で煮てしまったのだが(笑)

  • 食事には、やはりお酒を。<br />と言うことで、地酒の三種飲み比べを注文。<br />出てきたのは、静岡の代表的な銘柄『磯自慢 純米吟醸』、『初亀 純米吟醸 富蔵』、そして『正雪 純米吟醸』。<br />どれも、さすがに美味しかった。

    食事には、やはりお酒を。
    と言うことで、地酒の三種飲み比べを注文。
    出てきたのは、静岡の代表的な銘柄『磯自慢 純米吟醸』、『初亀 純米吟醸 富蔵』、そして『正雪 純米吟醸』。
    どれも、さすがに美味しかった。

  • お造りの後に出てきたのは、鮑の蒸し焼き。<br />400度に熱した石の上に鮑を置き、蓋をして蒸し焼きにするものだった。<br />悪くはなかったが、どうも鮑の踊り焼きは好きになれない。<br />お品書きには、紫陽花の花が。

    お造りの後に出てきたのは、鮑の蒸し焼き。
    400度に熱した石の上に鮑を置き、蓋をして蒸し焼きにするものだった。
    悪くはなかったが、どうも鮑の踊り焼きは好きになれない。
    お品書きには、紫陽花の花が。

  • 肉料理は、和牛ロースのトマトすき焼きなるもの。<br />卵を溶いたものに、煮込んだトマトをつぶして混ぜたものに付けて食べるとのこと。<br />これも、ちょっといまひとつだった。

    肉料理は、和牛ロースのトマトすき焼きなるもの。
    卵を溶いたものに、煮込んだトマトをつぶして混ぜたものに付けて食べるとのこと。
    これも、ちょっといまひとつだった。

  • 申し訳程度に出てきた金目鯛。<br />ほんのひと切れだったが、伊豆らしい食材が出て嬉しい。

    申し訳程度に出てきた金目鯛。
    ほんのひと切れだったが、伊豆らしい食材が出て嬉しい。

  • 日本酒を追加しようかと思ったが、迷った挙句、地ビールに。<br />宿オリジナルのビールで、宇佐美ブルワリーが醸しているそうだ。<br />三種類あったが、一番度数の高いアンバー系を頼んだ。<br />これがなかなか美味しくて。

    日本酒を追加しようかと思ったが、迷った挙句、地ビールに。
    宿オリジナルのビールで、宇佐美ブルワリーが醸しているそうだ。
    三種類あったが、一番度数の高いアンバー系を頼んだ。
    これがなかなか美味しくて。

  • 〆のご飯は、桜海老の釜飯だった。<br />あまり期待してなかったが、開けてみてびっくり。<br />大きな桜色の桜海老が、たっぷり入っていた。<br />底には、お焦げも。<br />これは、美味しかった。

    〆のご飯は、桜海老の釜飯だった。
    あまり期待してなかったが、開けてみてびっくり。
    大きな桜色の桜海老が、たっぷり入っていた。
    底には、お焦げも。
    これは、美味しかった。

  • 最後は、ニューサマーオレンジのシャーベットとあんみつ。<br />どちらも、普通に美味しかった。<br />料理は変に凝ってはいなかったものの、心に残るものは無かったな。

    最後は、ニューサマーオレンジのシャーベットとあんみつ。
    どちらも、普通に美味しかった。
    料理は変に凝ってはいなかったものの、心に残るものは無かったな。

  • 食後、館内を散策。<br />素敵な感じのお酒処があったのだが、結局入らなかった。

    食後、館内を散策。
    素敵な感じのお酒処があったのだが、結局入らなかった。

  • この宿は、結構立派な造りをしているが、老舗らしい落ち着いた風情もあった。<br />一度くらいは体験してもいいかも。

    この宿は、結構立派な造りをしているが、老舗らしい落ち着いた風情もあった。
    一度くらいは体験してもいいかも。

  • 部屋に戻ると、布団が敷かれていた。<br />そして、ちょっとしたおつまみも。<br />オレンジピールだった。

    部屋に戻ると、布団が敷かれていた。
    そして、ちょっとしたおつまみも。
    オレンジピールだった。

  • 翌朝、まずは朝風呂へ。<br />男女が入れ替わり、今度は木の湯船だった。

    翌朝、まずは朝風呂へ。
    男女が入れ替わり、今度は木の湯船だった。

  • 露天風呂は展望は効かないものの、気持ち良かった。<br />それにしても、滞在中、大浴場でほとんど人に会わなかった。<br />貸し切り状態での湯浴みは最高だ。

    露天風呂は展望は効かないものの、気持ち良かった。
    それにしても、滞在中、大浴場でほとんど人に会わなかった。
    貸し切り状態での湯浴みは最高だ。

  • 湯上り処では、新鮮な野菜が。

    湯上り処では、新鮮な野菜が。

  • わさび味噌を付けて食べるのが美味しいそうなので、たっぷり付けて食べてみる。<br />これが、味噌だけとは違い、癖になる程美味しかった。

    わさび味噌を付けて食べるのが美味しいそうなので、たっぷり付けて食べてみる。
    これが、味噌だけとは違い、癖になる程美味しかった。

  • 部屋に戻ると、朝食の準備中。<br />待つ間にはヨーグルトが。<br />この宿は、ずっと何かを食べさせているような気がする(笑)

    部屋に戻ると、朝食の準備中。
    待つ間にはヨーグルトが。
    この宿は、ずっと何かを食べさせているような気がする(笑)

  • そして朝食。<br />品数は多いものの、やはりいまひとつ。<br />味噌汁なども、もっと普通で良いのだが。

    そして朝食。
    品数は多いものの、やはりいまひとつ。
    味噌汁なども、もっと普通で良いのだが。

  • 伊豆と言うことで期待していた干物。<br />金目鯛と鯵、そして金目鯛の味噌漬けの三種類から選べるのだが、定番の鯵にしないで金目鯛にしたのが間違いだった。<br />やはり、金目鯛は煮付けが一番だな。

    伊豆と言うことで期待していた干物。
    金目鯛と鯵、そして金目鯛の味噌漬けの三種類から選べるのだが、定番の鯵にしないで金目鯛にしたのが間違いだった。
    やはり、金目鯛は煮付けが一番だな。

  • 朝食の後、予約していた貸切風呂の準備ができたとの連絡が。<br />『プライベートガゼボ(東屋)「ときの凪」』と言うもので、四つから無料でひとつに入れるのだ。<br />予約していたのは、落ち着いた色調の『日のなごり』。<br />入ってみると、まずその広さに驚いた。

    朝食の後、予約していた貸切風呂の準備ができたとの連絡が。
    『プライベートガゼボ(東屋)「ときの凪」』と言うもので、四つから無料でひとつに入れるのだ。
    予約していたのは、落ち着いた色調の『日のなごり』。
    入ってみると、まずその広さに驚いた。

  • このところ、貸切風呂に入ることが多いが、この広さは滅多にない。<br />蔵王国際ホテルの『山の恵み湯』にも勝るとも劣らない。<br />しかも、こちらは露天風呂なので、開放感はこちらのほうがある。

    このところ、貸切風呂に入ることが多いが、この広さは滅多にない。
    蔵王国際ホテルの『山の恵み湯』にも勝るとも劣らない。
    しかも、こちらは露天風呂なので、開放感はこちらのほうがある。

  • 眺めも、部屋からよりも海が近くて綺麗だ。

    眺めも、部屋からよりも海が近くて綺麗だ。

  • 湯船も広いし、一人で入るのは贅沢だ。<br />これで50分間無料とは凄い。

    湯船も広いし、一人で入るのは贅沢だ。
    これで50分間無料とは凄い。

  • 貸切風呂を堪能した後、外にある北川温泉名物の黒根岩風呂へ。<br />北川温泉の宿泊客は、入浴料600円が無料になるのだ。<br />岩風呂へ向かう道は、海岸沿いに続いている。。

    貸切風呂を堪能した後、外にある北川温泉名物の黒根岩風呂へ。
    北川温泉の宿泊客は、入浴料600円が無料になるのだ。
    岩風呂へ向かう道は、海岸沿いに続いている。。

  • その岩風呂は、歩いてすぐだった。<br />波打ち際に素朴な脱衣所があるだけで、これはなかなか。

    その岩風呂は、歩いてすぐだった。
    波打ち際に素朴な脱衣所があるだけで、これはなかなか。

    黒根岩風呂 温泉

  • 有名な風呂なので混んでいるかと思いきや、ここでも貸切。<br />湯船は三つあり、奥の一つが女性専用で、手前の二つが男湯だった。<br />以前、手前の二つは混浴だったはずなのだが。<br />ちなみに、19時から21時はすべて女性専用となる。<br />入ってみると、思ったよりも広く、眺めも素晴らしかった。

    有名な風呂なので混んでいるかと思いきや、ここでも貸切。
    湯船は三つあり、奥の一つが女性専用で、手前の二つが男湯だった。
    以前、手前の二つは混浴だったはずなのだが。
    ちなみに、19時から21時はすべて女性専用となる。
    入ってみると、思ったよりも広く、眺めも素晴らしかった。

  • 湯船の岩には、『アメリカを見ながら入る野天風呂』と。<br />もちろん、見えるはずも無いのだが、目の前の太平洋の向こうには確かにアメリカがある。

    湯船の岩には、『アメリカを見ながら入る野天風呂』と。
    もちろん、見えるはずも無いのだが、目の前の太平洋の向こうには確かにアメリカがある。

  • 湯加減もちょうど良く、この眺めを独り占め。<br />天気は生憎だが、海を渡ってくる風が気持ちいい。<br />まるで、海と繋がっているようだった。

    湯加減もちょうど良く、この眺めを独り占め。
    天気は生憎だが、海を渡ってくる風が気持ちいい。
    まるで、海と繋がっているようだった。

  • 宿に戻ると、ロビーにはレモンジュースなどが。<br />このレモンジュースがさっぱりとして美味しかった。

    宿に戻ると、ロビーにはレモンジュースなどが。
    このレモンジュースがさっぱりとして美味しかった。

  • ロビーの海の見えるソファーに座り一休み。<br />海の彼方に、頭を雲に覆われた大島が見えていた。<br />今日は、これから来宮神社に立ち寄って帰る予定だ。

    ロビーの海の見えるソファーに座り一休み。
    海の彼方に、頭を雲に覆われた大島が見えていた。
    今日は、これから来宮神社に立ち寄って帰る予定だ。

114いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • 前日光さん 2019/04/15 23:42:25
    海を望む温泉
    旅猫さん、こちらにも来てみました。
    北川温泉というのは知りませんでした。
    どうも伊豆には縁がなくて、ゆっくり行けていません。

    でも温泉は良さそうですねぇ~
    今回の宿は、ジュニアスイートでしたか。
    料理もおいしそうに見えますが、感動的というほどではなかったのですか?

    金目鯛は、私も稲取温泉でけっこう堪能したので、もういいかなという感じです。
    確かに金目は煮付けがいちばんいいように思います。
    あまり手の込んだものではなくて、普通に砂糖と醤油で煮込んだものがおいしいと思うのですが。

    目の前が海!という温泉に一度で良いから入ってみたいです。
    今回の貸切状態の岩風呂は、海と繋がっているようでいいですねぇ~
    まさにこういうお風呂に憧れています。

    栃木には温泉がたくさんありますが、海の近くというのだけはありませんからね(^_-)


    前日光

    旅猫

    旅猫さん からの返信 2019/04/21 14:47:04
    RE: 海を望む温泉
    前日光さん、続けてありがとうございます。

    北川温泉を知りませんでしたか。
    近くの熱川温泉が有名過ぎるのかも。
    温泉自体は無色透明なので、ある意味普通です。
    北川温泉の良さは、やはり海が近いと言うことでしょうかね。
    波打ち際の豪快な露天風呂も有名ですね。
    潮風を感じながら入る露天風呂は気持ちが良いのでお勧めです!

    宿はなかなか立派でしたが、料理は少し残念でした。
    金目鯛が少しだけでも味わえたのは良かったです。
    煮付けが一番ですよね(^^)

    温泉は、やっぱり栃木の方が良いですね。
    日光湯元、塩原、那須と、素晴らしい温泉がありますからね。

    旅猫
  • hot chocolateさん 2019/01/07 18:04:15
    伊豆北川温泉グルメ旅♪
    旅猫さま

    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願い致します。

    北川温泉には3回ほど行ったことがあります。
    つるや吉祥亭だったかな、お料理が和とフレンチの融合のようなモダンな宿でした。
    春に行って露天風呂に入ったら、桜の木の枝から毛虫が・・・ギョギョ!

    今はいろいろ魅力的な列車があるのですね。
    金目鯛のような赤い「キンメ列車」、なかなかお洒落ですね。
    これが貸切状態とは贅沢な♪
    豪華な「THE ROYAL EXPRESS」はどんな風に贅沢なのでしょうね。
    お料理かな?
    2万円でも高くて乗りたくないし、ましてや19万円って! 絶句・・・
    無料の普通列車の「キンメ電車」で十分です。

    スタンダードのお部屋で予約したらジュニア・スイートって嬉しいですよね。
    私もこの間、スタンダードで予約してスイートでした。

    夕食はお部屋でのんびりと・・・
    なかなか美味しそうですが、お刺身が苦手? あんなに美味しいのに?
    煮ちゃうなんてもったいない・・・
    和牛ロースのトマトすき焼き、これも普通のすき焼きでいいです。
    湯上りどころで新鮮な野菜! いいですね♪

    今年もよろしくお願いします。

    hot chocolate

    旅猫

    旅猫さん からの返信 2019/01/07 22:19:34
    RE: 伊豆北川温泉グルメ旅♪
    hot chocoさん、こんばんは。

    こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

    北川温泉に3回も行かれているのですね!
    しかも、つるや吉祥亭!
    あそこも、いい宿だそうですね。
    毛虫はちょっと。。。

    「THE ROYAL EXPRESS」は、見るだけでいいです。
    「キンメ電車」からでね(笑)
    最近、車内で食事して、1万円以上と言うのが多いですね。
    昔の食堂車のメニューで個人的には十分です。

    お部屋のサプライズ的なアップグレードって嬉しいですよね!
    お値段そのままですからね。
    まさに得した気分。

    お刺身は、親も苦手で、たぶん遺伝でしょうね(^^;
    なので、どこへ行っても料理は代えてもらっています。
    もったいないとよく言われますが、これは仕方が無いので。
    でも、煮魚、焼き魚は大好物。
    それに、宿によっては、蟹や鮑、ステーキなどが代わりに出て来て、驚くこともありますよ。

    > 和牛ロースのトマトすき焼き、これも普通のすき焼きでいいです。
    ですよね〜
    せっかくの和牛が。。。でした。

    旅猫
  • たらよろさん 2018/12/30 17:26:04
    開放的な風景で…
    こんにちは、旅猫さん

    気がつけばあっという間に今年も終わり。
    寒い年の瀬になるようですが、
    お体ご自愛くださいね。

    北川温泉は、やっぱり海の景色が開放的で気持ち良いなぁ♪
    個人的に山景色よりも海景色が好きだから、こういう温泉に憧れます。
    金目鯛のシートもめっちゃ印象的です。

    今年はお世話になりました。
    また来年も仲良くして下さいね。

    良いお年をお迎えください。

    たらよろ

    旅猫

    旅猫さん からの返信 2018/12/30 20:00:38
    RE: 開放的な風景で…
    たらよろさん、こんばんは。

    今年もあと少しですね!
    早いものです。

    北川温泉は初めてでしたが、目の前が海でなかなかでした。
    これで天気が良ければ申し分なかったのですが。
    海辺にある露天風呂は、さらに開放的でよかったですよ!

    金目鯛電車も可愛かったです。
    窓も広くて、眺めが良かったです。

    こちらこそ、ありがとうございました。
    良いお年をお迎えください。

    旅猫
  • salsaladyさん 2018/12/15 10:35:27
    キンメ電車が可愛いわね~
    ☆伊豆~若いときはよくドライブしたものだけど~盆暮れ正月は激混みで。。。

    ☆道路が単線で逃れようも無いし?電車も単線でしたか?

    ☆本当に万単位の電車賃を払うならビジネスクラスで海外へ行ってしまうよね。

    ☆貧乏性になったから最近はスーパー銭湯で新年を迎えようかしら?~see you~

    旅猫

    旅猫さん からの返信 2018/12/15 10:49:03
    RE: キンメ電車が可愛いわね?
    salsaladyさん、こんにちは。

    書き込みありがとうございます。
    伊豆は、混みますからね。
    伊豆急も単線です。
    道路と違って渋滞は無いので、その点は楽ですよ。
    普通列車でも、たまに居心地の良い列車にも乗れますし。
    もちろん、豪華な列車はパスです(笑)
    昔は、夜行列車の中で新年を迎えたことがありました。
    銭湯でというのもおつかもしれませんね。

    旅猫

旅猫さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

  • 望水

    望水

    3.77

    2名1室合計

    39,600円~

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

熱川温泉・北川温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集