大牟田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ゴールデンウイークに出身地である、福岡県大牟田市へ三泊四日で旅行へ行きました。旅行記は久しぶりとなります。三年前(2015年)に幼少から親しんだ三池炭鉱・三池港が世界遺産に登録されましたので、嬉しく思い14年ぶりに訪問することにしました。この旅行記は世界遺産に登録された三池炭鉱・三池港ではありませんが、個人的には今まで見てきたアーチ橋の中で一番好きな早鐘眼鏡橋です。メジャーではないようで見物人がいなく、(私が学生の頃から)ゆっくり見れるのも魅力?です。江戸時代中期の1674年(延宝二年)に三池藩によって造られた水路橋で、現存する日本最古のアーチ橋とのことです。橋が完成すると当時の大牟田村の田畑を潤し、コメの収穫高が飛躍的に向上したそうです。旅行好きの方はもちろん、石垣や石工技術に興味がある方にも、ぜひとも実際に見ていただきたい遺構です。そして後世にこの素晴らしい眼鏡橋を大切に残していただきたいと切に思いました。

早鐘眼鏡橋 国指定重要文化財 福岡県大牟田市

7いいね!

2018/04/28 - 2018/05/01

63位(同エリア97件中)

0

21

甘党男子

甘党男子さん

ゴールデンウイークに出身地である、福岡県大牟田市へ三泊四日で旅行へ行きました。旅行記は久しぶりとなります。三年前(2015年)に幼少から親しんだ三池炭鉱・三池港が世界遺産に登録されましたので、嬉しく思い14年ぶりに訪問することにしました。この旅行記は世界遺産に登録された三池炭鉱・三池港ではありませんが、個人的には今まで見てきたアーチ橋の中で一番好きな早鐘眼鏡橋です。メジャーではないようで見物人がいなく、(私が学生の頃から)ゆっくり見れるのも魅力?です。江戸時代中期の1674年(延宝二年)に三池藩によって造られた水路橋で、現存する日本最古のアーチ橋とのことです。橋が完成すると当時の大牟田村の田畑を潤し、コメの収穫高が飛躍的に向上したそうです。旅行好きの方はもちろん、石垣や石工技術に興味がある方にも、ぜひとも実際に見ていただきたい遺構です。そして後世にこの素晴らしい眼鏡橋を大切に残していただきたいと切に思いました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.5
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
高速・路線バス レンタカー 新幹線
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 高さ11.2m、幅3.15mの見事な灌漑用水路橋です。

    高さ11.2m、幅3.15mの見事な灌漑用水路橋です。

  • 説明板です。きれいになってました。平成30年に更新されているようです。

    説明板です。きれいになってました。平成30年に更新されているようです。

  • 橋に近づくと、まずこの石組に感動します。

    橋に近づくと、まずこの石組に感動します。

  • 眼鏡橋中央部です。

    眼鏡橋中央部です。

  • 昔は雑草に覆われていて、眼鏡橋の大まかな形しか見れない時もあったんですが、良く雑草を取っていただいているようです(感謝!)

    昔は雑草に覆われていて、眼鏡橋の大まかな形しか見れない時もあったんですが、良く雑草を取っていただいているようです(感謝!)

  • 石は凝灰岩が使用されているそうです。

    石は凝灰岩が使用されているそうです。

  • 石組を間近で見ると迫力があります。

    石組を間近で見ると迫力があります。

  • 石の一部欠損も確認出来るので、大きな地震などの災害が心配です。

    石の一部欠損も確認出来るので、大きな地震などの災害が心配です。

  • よく見ると石自体にクラックがあります。この部分でも石の痛みが見れます。

    よく見ると石自体にクラックがあります。この部分でも石の痛みが見れます。

  • 橋の要石(中央部)には三池藩の重臣の名前も刻まれているそうです。

    橋の要石(中央部)には三池藩の重臣の名前も刻まれているそうです。

  • 橋の上部へ上がる石段があります。

    橋の上部へ上がる石段があります。

  • 石段を上がったところから撮影。

    石段を上がったところから撮影。

  • 水が通っていた穴は現在、埋め戻されているようです。

    水が通っていた穴は現在、埋め戻されているようです。

  • 橋上部の水路部。実際に水が流れているところを見てみたい気になりました。

    橋上部の水路部。実際に水が流れているところを見てみたい気になりました。

  • 当時は人馬もこの橋を渡っていたそうです。

    当時は人馬もこの橋を渡っていたそうです。

  • 水路の蓋石に近づいてみました。

    水路の蓋石に近づいてみました。

  • 眼鏡橋上部(東側から)。

    眼鏡橋上部(東側から)。

  • 眼鏡橋の北側を下側から撮影。

    眼鏡橋の北側を下側から撮影。

  • 眼鏡橋の北側より。

    眼鏡橋の北側より。

  • 西鉄バス早鐘眼鏡橋停留所です。

    西鉄バス早鐘眼鏡橋停留所です。

  • 西鉄バス早鐘眼鏡橋停留所(県道側)からはこんな風に見えます。

    西鉄バス早鐘眼鏡橋停留所(県道側)からはこんな風に見えます。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

大牟田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集