ハロン湾周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4/30(月)にハイフォンからハロン湾クルーズへ個人で行ってきましたので、その旅行記を。<br /><br />まずはハロン湾近くのバスターミナルであるバイチャイ(Bai Chay)バスステーションへ向かうため、ラックロン(Lac Long)バスステーションへ行く必要がある。<br />宿泊先のホテルからハイフォンのラックロンバスステーションまでは徒歩10分だったので、歩いて向かう。<br />また、事前に始発は6時半であると調べておいたので、ホテルを6時に出る。<br />しかし、ホテルを出ようとした6時、ハイフォンの朝は豪雨。<br />なのでしばらくホテルで待機。<br />30分もすると雨が止んで来たので、バスステーションへ向かう。<br />バスステーションに到着すると、その入り口でバンが止まっており、客引き?乗務員?がどこへ行くのか聞いてきた。バイチャイだと答えると、乗れと言う。<br />値段を聞くと、60,000ドン。<br />バスだと40,000ドンだけど、その差は100円。<br />確かにバスを待つより良いかなと思い乗車。<br />乗車したは良いが、できるだけ人を乗せようと、中々発車しない。<br />発車したと思ったら、道端に止まって、乗務員が呼び込みを行う。<br />結局30分ぐらい呼び込みをしてからようやくスピードを上げた。<br />車内でどこまで行くか(バイチャイ)伝えてスタッフに料金を払う。<br />車内には行き先別の料金表が貼ってあったのでボッタくるようなことは無さそう。<br />そしてこのバンはバイチャイが終点では無く、さらに先まで行くみたい。<br />ベトナム語はまったく読めないからどこまでなのか不明だったが・・・<br />乗客は10人もおらず、快適だった。<br />そのせい&朝早かったので、車内では爆睡。<br />これがまずかった。<br />普通、「着いたよ」と声をかけてくれると思っていたのだが、そんなことはなく、起きてgoogleマップを見たらバイチャイバスステーションを過ぎていたw<br />アラームをかけておけばよかった・・・<br />慌てて運転手に降りると伝えて降車。<br />結構行き過ぎてしまったので、タクシーを捕まえるしかないかなと思ってたけど、運よくローカルバスが来た。<br />バイチャイのバスステーションまで10,000ドン。<br />結局バイチャイに着いたのは9時になっていた。<br />そこからバイタクに乗ってハロン湾クルーズ乗り場へ。<br />往復で170,000ドン。たぶん150,000以下には下げられると思う。<br />交渉が面倒だったので、170,000ドンで連れて行ってもらう&帰りもバスターミナルまで戻ってもらうよう交渉し電話番号を交換。<br />で、地図を見せてハロン湾クルーズ乗り場へ行くよう指示したのだが、そのクルーズ乗り場が見えてきても、そこをスルーしてさらに道の奥へバイクを走らせる。<br />バイタクのおっちゃんにあそこじゃないの?と聞いても、OKOKしか言わず、先に進んで行く。<br />そしてとある一軒の店に着いて、ここがハロン湾クルーズだと。<br />さらに店の人がでてきて、ハロン湾クルーズは1人46万ドンになりますと。<br />ん?グルなのかな?(グルにしては安い気がするが・・・)<br />ちょっと迷ったが、やはり事前に調べておいた、正規(?)のクルーズ乗り場まで戻ってもらうよう指示。<br />特にもめることなく、戻ってもらえた。<br />バイタクのおっちゃんに半分の料金を支払って、こちらから連絡したら迎えに来るよう伝えて一旦お別れ。<br />そして、クルーズ船乗り場の建物内に入る。<br />すると、建物内は人でごった返していた。<br />建物に入る前から人が溢れてたので嫌な予感がしていたのだが・・・<br />近くにいた係員の人にクルーズチケットは?と聞くと、長蛇の列と言うか、群がってると言うか、カオス状態の一角を示し、あそこで買えると。<br />客側では押し合いへし合い状態で、チケットブース内(販売員)では怒鳴り声が飛び交い、もうカオス状態。<br />そして、まったく列が進まない。<br />何でこんなに時間がかかるのかと思ってたら、チケットの発券には、乗車する船ごとの申し込み用紙に氏名、年齢、住所、連絡先を記入しないといけない。<br />もちろんチケット全員分の記入が必要。<br />その記入に膨大な時間がかかってた。<br />1時間並んで、ようやく係員の前へ。<br />何とかその紙をもらう&記入し終えて、やっとチケットを発券してもらった。<br />鍾乳洞の島に上陸する券付きの3時間コースで27万ドン。<br />(正確にはチケットは2枚必要で、最初の受付で入場チケットみたいのを買って、その後、クルーズチケットを買う。合計27万ドン)<br />しかも集合時間が13時。<br />まだ2時間以上もあるんだが・・・<br />こんな苦労するなら、さっき連れてってもらったところのほうが良かったかもw<br />で、何でこんなに大混雑してるのかと思って調べたら、5/1までベトナムの大型連休だった。<br />まさか日本と祝日がかぶってるとは・・・<br />(なのでたぶん、平日なら空いているんだと思います。)<br />ちなみにツアーで来ている人達はチケットを既に購入済みなのか、ごった返すチケットカウンターに寄ることなく、涼しい顔でクルーズ乗り場へ消えていきました。<br />ツアーのほうが良いのかも。。。<br />そもそも外国人でチケット買ってるのは数人しかいなかったし。<br />スタッフの人も英語通じる人少なくて超困ったし・・・<br /><br />で、次の問題点は13時に乗船できたとして、3時間のクルーズが終わって、バイチャイバスステーションまで戻って、ハイフォン行きのバスがあるのか?ってこと。<br />考えても仕方がないのだが、さてどうなることやら。<br />まあ、バスがなくても、タクシーでハイフォンまで行くか、バイチャイで泊まれば良いのだが。<br /><br />飯を食ったりして、13時にチケットカウンター付近で待っていると、自分の乗る船の番号が呼ばれ、ぞろぞろとスタッフと乗船客でクルーズ乗り場へ向かう。<br /><br />乗船するとスタッフがただ単に人数を数えだした。<br />いやいや、チケットと受付で書いた名前の照合じゃないのかい!と突っ込みを入れたかったが、照合は特になし。<br />(替え玉はできますね。意味ないけど)<br />ほどなく出航。<br />この日、午前中は雨が降ったりしていたのだが、午後は降ることがなく、太陽が顔を出すときもあった。<br />気候的にも暑すぎもせずかなりよかったので、午前中の乗船じゃなくて逆に良かったのかも?<br />船のデッキに上がって写真を撮ったり、鍾乳洞の見学をして、3時間弱で戻ってきた。<br />急いでバイタクのおっちゃんに連絡して迎えに来てもらう。<br />おっちゃんと合流して、バイチャイバスステーションに着いたのが、18時近く。<br />おっちゃんにハイフォン行きのバスがあるか聞くと、もうバスは無いと言う。<br />やっぱりねぇ・・・タクシーかな~?と思っていると、おっちゃんが、バンはまだあると言う。<br />5分ぐらいまっていると、バスステーションの前にバンが止まり、バイタクのおっちゃんがあれだ!と指差す。<br />ダッシュで向かったが、もう満員。<br />しかし、さすがベトナム。<br />3人用のシートに4人掛けさせられるのは当たり前。<br />12人乗りぐらいのバンなのだが、17人ぐらい乗ってたw<br />そのままハイフォンまで1時間半ぐらいで到着。<br />(料金は行きと同じく6万ドン)<br />でも降りたところが行きに乗ったバスターミナルではなかった・・・<br />バンの運ちゃんにバスターミナルは?と聞くと、バイタクで行けと。<br />するとどこからかバイタクが現れる。<br />ホテルまでと言うと5万ドン。<br />余裕でボッタくってきますね。<br />タクシーのほうが安いじゃんw<br />でも疲れきってたので、そのまま送ってもらい、ホテル到着。<br /><br />何とか日帰りで帰ってこれたが、ベトナムの祝日ではなく平日に行けば、余裕だったと思う。<br />が、ハノイからの現地ツアーのほうが相当楽&コスパとしても良いのは間違いない。<br /><br />Lac Long Bus Station<br />https://goo.gl/maps/D7qvBDfLPH12<br /><br />Bai Chay Bus Station<br />https://goo.gl/maps/5SpkVcH9xF12<br /><br />ハロン湾クルーズ乗り場<br />https://goo.gl/maps/qBc9nAcgWRQ2<br />

ハイフォンから日帰りでハロン湾クルーズへ

5いいね!

2018/04/26 - 2018/05/04

442位(同エリア632件中)

0

8

giants0928さん

4/30(月)にハイフォンからハロン湾クルーズへ個人で行ってきましたので、その旅行記を。

まずはハロン湾近くのバスターミナルであるバイチャイ(Bai Chay)バスステーションへ向かうため、ラックロン(Lac Long)バスステーションへ行く必要がある。
宿泊先のホテルからハイフォンのラックロンバスステーションまでは徒歩10分だったので、歩いて向かう。
また、事前に始発は6時半であると調べておいたので、ホテルを6時に出る。
しかし、ホテルを出ようとした6時、ハイフォンの朝は豪雨。
なのでしばらくホテルで待機。
30分もすると雨が止んで来たので、バスステーションへ向かう。
バスステーションに到着すると、その入り口でバンが止まっており、客引き?乗務員?がどこへ行くのか聞いてきた。バイチャイだと答えると、乗れと言う。
値段を聞くと、60,000ドン。
バスだと40,000ドンだけど、その差は100円。
確かにバスを待つより良いかなと思い乗車。
乗車したは良いが、できるだけ人を乗せようと、中々発車しない。
発車したと思ったら、道端に止まって、乗務員が呼び込みを行う。
結局30分ぐらい呼び込みをしてからようやくスピードを上げた。
車内でどこまで行くか(バイチャイ)伝えてスタッフに料金を払う。
車内には行き先別の料金表が貼ってあったのでボッタくるようなことは無さそう。
そしてこのバンはバイチャイが終点では無く、さらに先まで行くみたい。
ベトナム語はまったく読めないからどこまでなのか不明だったが・・・
乗客は10人もおらず、快適だった。
そのせい&朝早かったので、車内では爆睡。
これがまずかった。
普通、「着いたよ」と声をかけてくれると思っていたのだが、そんなことはなく、起きてgoogleマップを見たらバイチャイバスステーションを過ぎていたw
アラームをかけておけばよかった・・・
慌てて運転手に降りると伝えて降車。
結構行き過ぎてしまったので、タクシーを捕まえるしかないかなと思ってたけど、運よくローカルバスが来た。
バイチャイのバスステーションまで10,000ドン。
結局バイチャイに着いたのは9時になっていた。
そこからバイタクに乗ってハロン湾クルーズ乗り場へ。
往復で170,000ドン。たぶん150,000以下には下げられると思う。
交渉が面倒だったので、170,000ドンで連れて行ってもらう&帰りもバスターミナルまで戻ってもらうよう交渉し電話番号を交換。
で、地図を見せてハロン湾クルーズ乗り場へ行くよう指示したのだが、そのクルーズ乗り場が見えてきても、そこをスルーしてさらに道の奥へバイクを走らせる。
バイタクのおっちゃんにあそこじゃないの?と聞いても、OKOKしか言わず、先に進んで行く。
そしてとある一軒の店に着いて、ここがハロン湾クルーズだと。
さらに店の人がでてきて、ハロン湾クルーズは1人46万ドンになりますと。
ん?グルなのかな?(グルにしては安い気がするが・・・)
ちょっと迷ったが、やはり事前に調べておいた、正規(?)のクルーズ乗り場まで戻ってもらうよう指示。
特にもめることなく、戻ってもらえた。
バイタクのおっちゃんに半分の料金を支払って、こちらから連絡したら迎えに来るよう伝えて一旦お別れ。
そして、クルーズ船乗り場の建物内に入る。
すると、建物内は人でごった返していた。
建物に入る前から人が溢れてたので嫌な予感がしていたのだが・・・
近くにいた係員の人にクルーズチケットは?と聞くと、長蛇の列と言うか、群がってると言うか、カオス状態の一角を示し、あそこで買えると。
客側では押し合いへし合い状態で、チケットブース内(販売員)では怒鳴り声が飛び交い、もうカオス状態。
そして、まったく列が進まない。
何でこんなに時間がかかるのかと思ってたら、チケットの発券には、乗車する船ごとの申し込み用紙に氏名、年齢、住所、連絡先を記入しないといけない。
もちろんチケット全員分の記入が必要。
その記入に膨大な時間がかかってた。
1時間並んで、ようやく係員の前へ。
何とかその紙をもらう&記入し終えて、やっとチケットを発券してもらった。
鍾乳洞の島に上陸する券付きの3時間コースで27万ドン。
(正確にはチケットは2枚必要で、最初の受付で入場チケットみたいのを買って、その後、クルーズチケットを買う。合計27万ドン)
しかも集合時間が13時。
まだ2時間以上もあるんだが・・・
こんな苦労するなら、さっき連れてってもらったところのほうが良かったかもw
で、何でこんなに大混雑してるのかと思って調べたら、5/1までベトナムの大型連休だった。
まさか日本と祝日がかぶってるとは・・・
(なのでたぶん、平日なら空いているんだと思います。)
ちなみにツアーで来ている人達はチケットを既に購入済みなのか、ごった返すチケットカウンターに寄ることなく、涼しい顔でクルーズ乗り場へ消えていきました。
ツアーのほうが良いのかも。。。
そもそも外国人でチケット買ってるのは数人しかいなかったし。
スタッフの人も英語通じる人少なくて超困ったし・・・

で、次の問題点は13時に乗船できたとして、3時間のクルーズが終わって、バイチャイバスステーションまで戻って、ハイフォン行きのバスがあるのか?ってこと。
考えても仕方がないのだが、さてどうなることやら。
まあ、バスがなくても、タクシーでハイフォンまで行くか、バイチャイで泊まれば良いのだが。

飯を食ったりして、13時にチケットカウンター付近で待っていると、自分の乗る船の番号が呼ばれ、ぞろぞろとスタッフと乗船客でクルーズ乗り場へ向かう。

乗船するとスタッフがただ単に人数を数えだした。
いやいや、チケットと受付で書いた名前の照合じゃないのかい!と突っ込みを入れたかったが、照合は特になし。
(替え玉はできますね。意味ないけど)
ほどなく出航。
この日、午前中は雨が降ったりしていたのだが、午後は降ることがなく、太陽が顔を出すときもあった。
気候的にも暑すぎもせずかなりよかったので、午前中の乗船じゃなくて逆に良かったのかも?
船のデッキに上がって写真を撮ったり、鍾乳洞の見学をして、3時間弱で戻ってきた。
急いでバイタクのおっちゃんに連絡して迎えに来てもらう。
おっちゃんと合流して、バイチャイバスステーションに着いたのが、18時近く。
おっちゃんにハイフォン行きのバスがあるか聞くと、もうバスは無いと言う。
やっぱりねぇ・・・タクシーかな~?と思っていると、おっちゃんが、バンはまだあると言う。
5分ぐらいまっていると、バスステーションの前にバンが止まり、バイタクのおっちゃんがあれだ!と指差す。
ダッシュで向かったが、もう満員。
しかし、さすがベトナム。
3人用のシートに4人掛けさせられるのは当たり前。
12人乗りぐらいのバンなのだが、17人ぐらい乗ってたw
そのままハイフォンまで1時間半ぐらいで到着。
(料金は行きと同じく6万ドン)
でも降りたところが行きに乗ったバスターミナルではなかった・・・
バンの運ちゃんにバスターミナルは?と聞くと、バイタクで行けと。
するとどこからかバイタクが現れる。
ホテルまでと言うと5万ドン。
余裕でボッタくってきますね。
タクシーのほうが安いじゃんw
でも疲れきってたので、そのまま送ってもらい、ホテル到着。

何とか日帰りで帰ってこれたが、ベトナムの祝日ではなく平日に行けば、余裕だったと思う。
が、ハノイからの現地ツアーのほうが相当楽&コスパとしても良いのは間違いない。

Lac Long Bus Station
https://goo.gl/maps/D7qvBDfLPH12

Bai Chay Bus Station
https://goo.gl/maps/5SpkVcH9xF12

ハロン湾クルーズ乗り場
https://goo.gl/maps/qBc9nAcgWRQ2

旅行の満足度
3.0
観光
3.0
ホテル
2.0
グルメ
2.5
ショッピング
1.5
交通
2.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
高速・路線バス タクシー 徒歩
航空会社
利用旅行会社
Agoda

PR

  • ごった返すチケット売り場

    ごった返すチケット売り場

  • クルーズ船乗り場

    クルーズ船乗り場

  • 小島に上陸

    小島に上陸

  • 鍾乳洞内

    鍾乳洞内

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集