ソウル 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ソウル2日目。<br /><br />水原のトイレ博物館からソウルに再び戻って来た我々。ここからも怒涛の如く食べまくり。<br />参鶏湯・キムパッツ・チャプチェ・テールスープ・冷麺・マンドゥ・タッカンマリと、ソウルには美味いものが勢揃いだ。<br /><br />そんな中、今日本では食べられなくなってしまった「レバ刺し」がソウルでは食べられる。<br />海外で「レバ刺し」と考えると「えっ?大丈夫?」と思ってしまうが、ソウルのレバ刺しは新鮮で、塩とごま油をつけたシャシャクの食感のレバ刺しは超美味なハズ。<br />さて、あの美味は今でも健在なのかっ!<br /><br />本家ホームページ<br />http://hornets.homeunix.org<br /><br />instagram<br />https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/<br /><br />twitter<br />https://twitter.com/hornets_ski_org<br /><br /><br />前編 韓国の美味いものってナンだ?!<br />http://4travel.jp/travelogue/11337140<br /><br />後編 歴史と美味。どっちを選択する?<br />http://4travel.jp/travelogue/11343602<br />

おじさんぽ・おばさんぽ ~韓国・ソウルでもトイレについてのうんちくを真面目に考えてみる旅~ 後編 歴史と美味。どっちを選択する?

463いいね!

2017/07/16 - 2017/07/18

8位(同エリア20656件中)

    54

    ソウル2日目。

    水原のトイレ博物館からソウルに再び戻って来た我々。ここからも怒涛の如く食べまくり。
    参鶏湯・キムパッツ・チャプチェ・テールスープ・冷麺・マンドゥ・タッカンマリと、ソウルには美味いものが勢揃いだ。

    そんな中、今日本では食べられなくなってしまった「レバ刺し」がソウルでは食べられる。
    海外で「レバ刺し」と考えると「えっ?大丈夫?」と思ってしまうが、ソウルのレバ刺しは新鮮で、塩とごま油をつけたシャシャクの食感のレバ刺しは超美味なハズ。
    さて、あの美味は今でも健在なのかっ!

    本家ホームページ
    http://hornets.homeunix.org

    instagram
    https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/

    twitter
    https://twitter.com/hornets_ski_org


    前編 韓国の美味いものってナンだ?!
    http://4travel.jp/travelogue/11337140

    後編 歴史と美味。どっちを選択する?
    http://4travel.jp/travelogue/11343602

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    鉄道 高速・路線バス 徒歩 飛行機
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.0
    観光
    4.0
    ホテル
    4.5
    グルメ
    5.0
    交通
    4.5

    PR

    • さて、ソウル旅は水原にあるトイレ博物館を見学し終わったところから話は続く。 <br /><br />トイレ博物館がある最寄駅の成均館大駅から地下鉄を乗り継いで向かうは「景福宮駅」 <br />

      さて、ソウル旅は水原にあるトイレ博物館を見学し終わったところから話は続く。

      トイレ博物館がある最寄駅の成均館大駅から地下鉄を乗り継いで向かうは「景福宮駅」

    • 余談だが、韓国の地下鉄では全ての車両ではないが、車内で突然実演販売をする人がいる。 <br /><br />日本人だったら「そんなの買う人いるんかなぁ~?」と思うのだが、我々が乗っている車両で実際に簡易包丁研ぎ機を買っている人がいて、ちょっと驚き。 <br /><br />これはかなり個人的な感想でしかも偏見のあるものかもしれないが、すっかり物に対しての購買意欲が落ちてしまった日本と異なり、韓国ではいまだに「物が欲しい」という気持ちが高いような気がする。 しかもそれほど「質」というのにこだわっているような感じも低い。 <br /><br />これだけ経済成長しているのになぁ~と思うのだが、こういったところはやはり直接来て肌で感じてみないとわからない点だ。 <br /><br />

      余談だが、韓国の地下鉄では全ての車両ではないが、車内で突然実演販売をする人がいる。

      日本人だったら「そんなの買う人いるんかなぁ~?」と思うのだが、我々が乗っている車両で実際に簡易包丁研ぎ機を買っている人がいて、ちょっと驚き。

      これはかなり個人的な感想でしかも偏見のあるものかもしれないが、すっかり物に対しての購買意欲が落ちてしまった日本と異なり、韓国ではいまだに「物が欲しい」という気持ちが高いような気がする。 しかもそれほど「質」というのにこだわっているような感じも低い。

      これだけ経済成長しているのになぁ~と思うのだが、こういったところはやはり直接来て肌で感じてみないとわからない点だ。

    • 景福宮駅から向かうは「土俗村参鶏湯」というお店。 <br /><br />我々は知り合いの知り合いから「ここの参鶏湯は美味いよ~」という情報を得たのだが、ガイドブックをよくよく見てみると、普通に載ってた。 <br />

      景福宮駅から向かうは「土俗村参鶏湯」というお店。

      我々は知り合いの知り合いから「ここの参鶏湯は美味いよ~」という情報を得たのだが、ガイドブックをよくよく見てみると、普通に載ってた。

    • ということで実際に店に来てみると、ずらっと行列ができていてちょっとためらう。 しかしながらせっかく来たので食べてみることに。 <br /><br />行列を作っている人たちのメンツを見てみると明らかに観光客っぽい人たちばかりで、しかも欧米人とかがかなり多い。 そんなところも食べようかどうか?というのを躊躇した理由の一つ。 <br />

      ということで実際に店に来てみると、ずらっと行列ができていてちょっとためらう。 しかしながらせっかく来たので食べてみることに。

      行列を作っている人たちのメンツを見てみると明らかに観光客っぽい人たちばかりで、しかも欧米人とかがかなり多い。 そんなところも食べようかどうか?というのを躊躇した理由の一つ。

    • 店内はこんな感じでお座敷スタイル。 100%観光客かな?と思ったが、まあ現地の方だと思われるひともちらほらいる。 <br />

      店内はこんな感じでお座敷スタイル。 100%観光客かな?と思ったが、まあ現地の方だと思われるひともちらほらいる。

    • そんなこんなで、ごくごくノーマルな参鶏湯を注文し待つ。 <br /><br />待っている間は机の上にある無料のキムチを食べながら待つ。 我々が座った席にあったキムチは、やたら白菜の青い部分の葉っぱが多いキムチだった。<br />

      そんなこんなで、ごくごくノーマルな参鶏湯を注文し待つ。

      待っている間は机の上にある無料のキムチを食べながら待つ。 我々が座った席にあったキムチは、やたら白菜の青い部分の葉っぱが多いキムチだった。

    • というわけで運ばれて来た参鶏湯はこんな感じ。 <br /><br />参鶏湯は鶏肉を崩しながら、小皿に出した塩と胡椒にその肉をつけて食べるらしいのだが、特に塩をつけなくても美味しい鶏肉だった。 <br /><br />参鶏湯にはもち米が詰められていたり、高麗人参が入っていたりするので体には良さそう。 他の店に食べに行っていないので比較はできていないが、ここの参鶏湯は、ちょっと濃厚なスープなのが特徴な感じはする。 <br />

      というわけで運ばれて来た参鶏湯はこんな感じ。

      参鶏湯は鶏肉を崩しながら、小皿に出した塩と胡椒にその肉をつけて食べるらしいのだが、特に塩をつけなくても美味しい鶏肉だった。

      参鶏湯にはもち米が詰められていたり、高麗人参が入っていたりするので体には良さそう。 他の店に食べに行っていないので比較はできていないが、ここの参鶏湯は、ちょっと濃厚なスープなのが特徴な感じはする。

    • さて、せっかく景福宮の近くにいるので、景福宮を見に行こう!ということで移動。 <br /><br />

      さて、せっかく景福宮の近くにいるので、景福宮を見に行こう!ということで移動。

    • と、景福宮に来てはみたものの、すでにこの時間ではガイドツアーも終了している。 韓国の歴史についての知識が薄い我々にとって、せっかくなのでちゃんと歴史背景とかを聞きながら見学したいよねというのが本音。 「韓国なんて、またいつでも来るだろう」と思っているので、次回来た時にちゃんとガイドツアーでまわることにして、今回、景福宮はパスすることにした。 <br /><br />

      と、景福宮に来てはみたものの、すでにこの時間ではガイドツアーも終了している。 韓国の歴史についての知識が薄い我々にとって、せっかくなのでちゃんと歴史背景とかを聞きながら見学したいよねというのが本音。 「韓国なんて、またいつでも来るだろう」と思っているので、次回来た時にちゃんとガイドツアーでまわることにして、今回、景福宮はパスすることにした。

    • んで、景福宮から出ると、景福宮前の広場的な場所が軽いお祭り騒ぎとなっていた。 ということで気になって行ってみることに…。 <br />

      んで、景福宮から出ると、景福宮前の広場的な場所が軽いお祭り騒ぎとなっていた。 ということで気になって行ってみることに…。

    • んで、お祭り騒ぎになっていた場所に来てみると、たくさんのテントが並んでいて「フリマ(Flea Mrket)」のような状態になっていた。 <br />

      んで、お祭り騒ぎになっていた場所に来てみると、たくさんのテントが並んでいて「フリマ(Flea Mrket)」のような状態になっていた。

    • これが何のイベントなのか?よくわからないのだが、フリマだけではなく、通りが歩行者天国になっていて、そこでパフォーマンスをしている人もいる。 <br /><br />ただ、この写真はトランポリンのパフォーマンスをする大学生ぐらいの男子集団だったのだが、なんとも言えない感じでクオリティーは低く、プロ感は全くナシ。 <br />

      これが何のイベントなのか?よくわからないのだが、フリマだけではなく、通りが歩行者天国になっていて、そこでパフォーマンスをしている人もいる。

      ただ、この写真はトランポリンのパフォーマンスをする大学生ぐらいの男子集団だったのだが、なんとも言えない感じでクオリティーは低く、プロ感は全くナシ。

    • ここの広場は「光化門広場」というかなり大きな通りなのだが、ここには韓国では人気の高い「世宗大王」の銅像がある。 <br /><br />この人はハングルを作ったことで有名で、現在の1万ウォン札にも描かれている立派な人。 単にハングルを作っただけではなく、多くの天体観測機を作らせたり廃仏政策を行ったりと、いろんなことを行った人だ。 <br /><br />

      ここの広場は「光化門広場」というかなり大きな通りなのだが、ここには韓国では人気の高い「世宗大王」の銅像がある。

      この人はハングルを作ったことで有名で、現在の1万ウォン札にも描かれている立派な人。 単にハングルを作っただけではなく、多くの天体観測機を作らせたり廃仏政策を行ったりと、いろんなことを行った人だ。

    • この広場をさらに南下していくと、また大きな銅像が現れる。 かなり険しい表情の銅像で、これは「李舜臣将軍」の像。 <br /><br />彼は豊臣秀吉が朝鮮に攻め入った時に立ち向かった朝鮮側の将軍。 日本人にとって、日本が朝鮮半島を侵略していったという歴史について、太平洋戦争時代のことについては多少知っていて、豊臣秀吉の時代のことについてはあまり知られていない感じがある。 しかし、韓国の人にとっては、日本が韓国に侵略してきたのは太平洋戦争時代だけではなく、豊臣秀吉の時代の意識も高い。 <br /><br />

      この広場をさらに南下していくと、また大きな銅像が現れる。 かなり険しい表情の銅像で、これは「李舜臣将軍」の像。

      彼は豊臣秀吉が朝鮮に攻め入った時に立ち向かった朝鮮側の将軍。 日本人にとって、日本が朝鮮半島を侵略していったという歴史について、太平洋戦争時代のことについては多少知っていて、豊臣秀吉の時代のことについてはあまり知られていない感じがある。 しかし、韓国の人にとっては、日本が韓国に侵略してきたのは太平洋戦争時代だけではなく、豊臣秀吉の時代の意識も高い。

    • 光化門広場で行われていたイベントを一通り見て、さらにブラブラと南の方に歩いて行くと、別のイベントをやっているっぽかった。興味が湧いたので行ってみることに。 <br />

      光化門広場で行われていたイベントを一通り見て、さらにブラブラと南の方に歩いて行くと、別のイベントをやっているっぽかった。興味が湧いたので行ってみることに。

    • こちらのイベントは「フレンドシップフェスティバル」というイベントのようで、韓国に在住している外国人が一同に集まって、韓国の人たちと交流をはかるという目的のイベント(私の勝手な想像)のようだった。 道にはずらっとテントが並び、各テントに一カ国づつ割り当てられている。 ほとんどの国は食べ物を提供していた。 その国の郷土料理のようなものを提供していて、食に貪欲な韓国の人たちに人気のようだった。 <br /><br />

      こちらのイベントは「フレンドシップフェスティバル」というイベントのようで、韓国に在住している外国人が一同に集まって、韓国の人たちと交流をはかるという目的のイベント(私の勝手な想像)のようだった。 道にはずらっとテントが並び、各テントに一カ国づつ割り当てられている。 ほとんどの国は食べ物を提供していた。 その国の郷土料理のようなものを提供していて、食に貪欲な韓国の人たちに人気のようだった。

    • ということで我々もポーランドのブースでジュースを買う。 買った時はすごい美味そうに見えたのだが、飲んでみるとごくごく普通のジュース。 まあ、こういうイベントでクオリティーを求めちゃいかんよね。 <br /><br />

      ということで我々もポーランドのブースでジュースを買う。 買った時はすごい美味そうに見えたのだが、飲んでみるとごくごく普通のジュース。 まあ、こういうイベントでクオリティーを求めちゃいかんよね。

    • 地下鉄「市庁駅」近くにある「Seoul Plaza」という広場が、このフレンドシップフェスティバルのメイン会場になっていたようで、各国の人たちが自国の民族衣装なんかを着て踊っていたりと、かなり賑わっていた。 <br />

      地下鉄「市庁駅」近くにある「Seoul Plaza」という広場が、このフレンドシップフェスティバルのメイン会場になっていたようで、各国の人たちが自国の民族衣装なんかを着て踊っていたりと、かなり賑わっていた。

    • このメイン会場にもテントがたくさんあって、こちらでは食べ物以外の物品の販売等をやっていた。 あとは、こんな感じでヘナタトゥーを施してくれる場所もあった(多分マレーシアのブース)。 <br /><br />決められた柄のバージョンと、自由デザインのバージョンがあった。 ヘナタトゥーの値段について自分は詳しくないのだが、決められた柄のバージョンだったら値段は安いとのこと。 <br /><br />

      このメイン会場にもテントがたくさんあって、こちらでは食べ物以外の物品の販売等をやっていた。 あとは、こんな感じでヘナタトゥーを施してくれる場所もあった(多分マレーシアのブース)。

      決められた柄のバージョンと、自由デザインのバージョンがあった。 ヘナタトゥーの値段について自分は詳しくないのだが、決められた柄のバージョンだったら値段は安いとのこと。

    • さて、フレンドシップフェスティバルメイン会場から地下鉄に乗って「鐘路5街」駅へ向かう。 <br />

      さて、フレンドシップフェスティバルメイン会場から地下鉄に乗って「鐘路5街」駅へ向かう。

    1件目~20件目を表示(全54件中)

    この旅行記のタグ

      463いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (1)

      開く

      閉じる

      hornets.homeunix.orgさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      韓国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      韓国最安 330円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      韓国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      ソウル(韓国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集