高雄 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
高雄に入って2日目。<br /><br />公共自転車という便利アイテムをゲットした我々は、高雄で最も有名であろう観光地の龍虎塔へ。<br />果たしてその内部は?<br /><br />この時期暑い高雄では水分補給が重要。そんなこんなで、この時期美味しい台湾果物をたくさんいただく。<br />その中でも最も美味しかった、驚きの果物とは…?!<br /><br />本家ホームページ<br />http://hornets.homeunix.org<br /><br />instagram<br />https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/<br /><br />twitter<br />https://twitter.com/hornets_ski_org<br /><br />前編 前編 高雄の公共レンタサイクルは恐ろしく便利だった!(借り方の解説も)<br />http://4travel.jp/travelogue/11324996<br /><br />後編 鶏肉飯3連発の食べ比べ!最も美味い店はどこだっ?!<br />http://4travel.jp/travelogue/11331125

おじさんぽ・おばさんぽ ~台湾・高雄をほぼ1日でおもっきし楽しんじゃう旅~ 後編 鶏肉飯3連発の食べ比べ!最も美味い店はどこだっ?!

554いいね!

2017/07/16 - 2017/07/18

2位(同エリア2594件中)

    75

    高雄に入って2日目。

    公共自転車という便利アイテムをゲットした我々は、高雄で最も有名であろう観光地の龍虎塔へ。
    果たしてその内部は?

    この時期暑い高雄では水分補給が重要。そんなこんなで、この時期美味しい台湾果物をたくさんいただく。
    その中でも最も美味しかった、驚きの果物とは…?!

    本家ホームページ
    http://hornets.homeunix.org

    instagram
    https://www.instagram.com/hornets_homeunix_org/

    twitter
    https://twitter.com/hornets_ski_org

    前編 前編 高雄の公共レンタサイクルは恐ろしく便利だった!(借り方の解説も)
    http://4travel.jp/travelogue/11324996

    後編 鶏肉飯3連発の食べ比べ!最も美味い店はどこだっ?!
    http://4travel.jp/travelogue/11331125

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    鉄道 自転車 徒歩 飛行機
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    4.5
    グルメ
    5.0
    交通
    5.0

    PR

    • 旅は高雄「龍虎塔」に着いたところから続く。 <br /> <br />龍虎塔は名前の通り、こんな感じで龍と虎が仲良く並び、その後ろに立派な塔が2個立ち並ぶ観光スポット。 <br /><br />

      旅は高雄「龍虎塔」に着いたところから続く。

      龍虎塔は名前の通り、こんな感じで龍と虎が仲良く並び、その後ろに立派な塔が2個立ち並ぶ観光スポット。

    • 龍の口から入って、虎の口から出るとご利益があるそうなのだ。 <br /><br />龍虎塔の龍と虎については「なんだ、ただのハリボテぢゃん!」とネットで書いている人がいたので「そうなんだ、ただのハリボテなんだ~」と思っていたが、実際に見てみると、確かにハリボテだが結構立派だぞ。 個人的には大絶賛のポイントでもないが、別にがっかりなポイントでも無い。 <br />

      龍の口から入って、虎の口から出るとご利益があるそうなのだ。

      龍虎塔の龍と虎については「なんだ、ただのハリボテぢゃん!」とネットで書いている人がいたので「そうなんだ、ただのハリボテなんだ~」と思っていたが、実際に見てみると、確かにハリボテだが結構立派だぞ。 個人的には大絶賛のポイントでもないが、別にがっかりなポイントでも無い。

    • テレビで「逆に虎の口から入ろうとすると、係のおばちゃんに怒られたりする」とか言っているのを見た記憶があった。 実際に行ったら「どっちから入るんだっけ?」と迷わないか心配だったのだが、そんな心配は無用。 ちゃんと「龍の口から入ってね」的な看板があった。 <br /><br />

      テレビで「逆に虎の口から入ろうとすると、係のおばちゃんに怒られたりする」とか言っているのを見た記憶があった。 実際に行ったら「どっちから入るんだっけ?」と迷わないか心配だったのだが、そんな心配は無用。 ちゃんと「龍の口から入ってね」的な看板があった。

    • そんなこんなで早速「龍」の口から中に入ってみる。 <br /><br />ただのトンネルか?と思っていたら、内部の壁にはいろんな神様なのか何なのか?よくわからない、宗教的な思想(仏教?儒教?)を表現した人形的なものがたくさん並んでいた。 これらで宗教的な世界を表現しているようだ。 <br />

      そんなこんなで早速「龍」の口から中に入ってみる。

      ただのトンネルか?と思っていたら、内部の壁にはいろんな神様なのか何なのか?よくわからない、宗教的な思想(仏教?儒教?)を表現した人形的なものがたくさん並んでいた。 これらで宗教的な世界を表現しているようだ。

    • とはいえ、そのクオリティーが微妙なうえに、こんな感じの「地獄」的な世界を表現した部分もあり、若干気持ち悪い。 <br />

      とはいえ、そのクオリティーが微妙なうえに、こんな感じの「地獄」的な世界を表現した部分もあり、若干気持ち悪い。

    • 龍の口から入って、中のトンネルをどんどん行くと、後ろの2つの立派な塔の部分に出る。 <br /><br />この塔に登ることができるので、早速登ってみるが、結構な高さを階段で登らなければならないので、体力に自信がある場合のみ登った方が良い。 <br />

      龍の口から入って、中のトンネルをどんどん行くと、後ろの2つの立派な塔の部分に出る。

      この塔に登ることができるので、早速登ってみるが、結構な高さを階段で登らなければならないので、体力に自信がある場合のみ登った方が良い。

    • 塔は結構な高さがあるので、眺めがとても良い。 この日は曇天だったので残念な写真しか撮れなかったが、快晴だったら池が綺麗に見えたんだろうなぁ~と思う。 <br /><br />龍虎塔にアクセスする橋はこんな感じでジグザグ。 歩いている時には「ジグザグだなぁ~」ということは感じていたのだが、改めて上から見たらこんなにもジグザクだったんだなぁ~と若干驚く。 <br /><br />「何でこんなにジグザグなのか?」と言うと、悪魔はまっすぐに歩けても、こんな感じのジグザグには進めないということから、悪魔が入って来られないようにするためらしい。 <br />

      塔は結構な高さがあるので、眺めがとても良い。 この日は曇天だったので残念な写真しか撮れなかったが、快晴だったら池が綺麗に見えたんだろうなぁ~と思う。

      龍虎塔にアクセスする橋はこんな感じでジグザグ。 歩いている時には「ジグザグだなぁ~」ということは感じていたのだが、改めて上から見たらこんなにもジグザクだったんだなぁ~と若干驚く。

      「何でこんなにジグザグなのか?」と言うと、悪魔はまっすぐに歩けても、こんな感じのジグザグには進めないということから、悪魔が入って来られないようにするためらしい。

    • 自分の目で実際に見ると、ガイド本やネットでは絶対に写真が載らないような角度で見れるのも醍醐味だと思う。 <br /><br />ということで、ガイド本には絶対載らないようなアングルの「後ろから」という写真をあえてアップしておこうと思う。 <br /><br />そんなこんなで、ぐるっと歩くと自動的に虎の口から出てくる。 これで、ご利益があるようなのだが、はたしてどうだろう? <br />

      自分の目で実際に見ると、ガイド本やネットでは絶対に写真が載らないような角度で見れるのも醍醐味だと思う。

      ということで、ガイド本には絶対載らないようなアングルの「後ろから」という写真をあえてアップしておこうと思う。

      そんなこんなで、ぐるっと歩くと自動的に虎の口から出てくる。 これで、ご利益があるようなのだが、はたしてどうだろう?

    • 龍虎塔の前にある「慈濟宮」という神社の前で、やる気はなさそうだが、結構優しかったおばちゃんがカットフルーツを売っていたので、思わず寄ってしまう。 <br />

      龍虎塔の前にある「慈濟宮」という神社の前で、やる気はなさそうだが、結構優しかったおばちゃんがカットフルーツを売っていたので、思わず寄ってしまう。

    • 南国のフルーツが美味しいってのは知っているので、何の迷いもなく、ただただ「欲」に従って食べたいフルーツを食べる。 まあ、間違いなく美味いよね。 我々は、甘くはないけどたっぷりの水分、そして梨のような独特の食感が特徴の「レンブ(蓮霧・レッドアップルとも呼ばれる)」がお好み。 <br /><br />ここで、たまたま日本人ツアー客を引率していた「見た目は怪しげなガイド」とちょっと話す。 どうやら、ツアー客には自由に龍虎塔を見学させて、その間このガイドはここでタバコ休憩をしているようだった。 <br /><br />まあ、話自体はちょっとした世間話だったのだが、しばらくすると日本人ツアー客が戻って来た。 すると、そのガイドは彼の自費で台湾バナナを購入し、日本人ツアー客に「これ、台湾バナナ。完熟で美味しいですよ~」と配った。 それを見ていた我々は「おっ!いいなぁ~。台湾の完熟バナナはきっと美味いだろうなぁ~」と思って見ていた。 <br /><br />ところがどっこい、その日本人ツアー客は<br />「えっ?ここでバナナ? ってか、こんな暑いのにバナナとかいらないし。 バナナなんて日本でも食べれるぢゃん! しかも、ホテルで朝飯食べて来たばっかりだから、バナナなんて重いもの入らないし。 どうせだったらマンゴーとかぢゃないの?」<br />的な感じ(あくまでも私の予想)が丸出しで、だれも口にしようとはせず。 <br /><br />日本のバナナって、フィリピンとかから早熟の状態で輸入して、日本で無理やり追熟させてるから、甘さもねっとり感も無いけど、現地の完熟バナナなら本当に甘くて、下にまとわりつくねっとり感が美味しいのにね。 と我々は思うのだが、「それを知っているガイド」と「それを知らない日本人ツアー客」の温度差がものすごく大きくて、傍(はた)から見てるとちょっと面白かった。 <br /><br />

      南国のフルーツが美味しいってのは知っているので、何の迷いもなく、ただただ「欲」に従って食べたいフルーツを食べる。 まあ、間違いなく美味いよね。 我々は、甘くはないけどたっぷりの水分、そして梨のような独特の食感が特徴の「レンブ(蓮霧・レッドアップルとも呼ばれる)」がお好み。

      ここで、たまたま日本人ツアー客を引率していた「見た目は怪しげなガイド」とちょっと話す。 どうやら、ツアー客には自由に龍虎塔を見学させて、その間このガイドはここでタバコ休憩をしているようだった。

      まあ、話自体はちょっとした世間話だったのだが、しばらくすると日本人ツアー客が戻って来た。 すると、そのガイドは彼の自費で台湾バナナを購入し、日本人ツアー客に「これ、台湾バナナ。完熟で美味しいですよ~」と配った。 それを見ていた我々は「おっ!いいなぁ~。台湾の完熟バナナはきっと美味いだろうなぁ~」と思って見ていた。

      ところがどっこい、その日本人ツアー客は
      「えっ?ここでバナナ? ってか、こんな暑いのにバナナとかいらないし。 バナナなんて日本でも食べれるぢゃん! しかも、ホテルで朝飯食べて来たばっかりだから、バナナなんて重いもの入らないし。 どうせだったらマンゴーとかぢゃないの?」
      的な感じ(あくまでも私の予想)が丸出しで、だれも口にしようとはせず。

      日本のバナナって、フィリピンとかから早熟の状態で輸入して、日本で無理やり追熟させてるから、甘さもねっとり感も無いけど、現地の完熟バナナなら本当に甘くて、下にまとわりつくねっとり感が美味しいのにね。 と我々は思うのだが、「それを知っているガイド」と「それを知らない日本人ツアー客」の温度差がものすごく大きくて、傍(はた)から見てるとちょっと面白かった。

    • さて、そんな感じでカットフルーツを食べていた「慈濟宮」という神社もせっかくなので見てみることに。 <br /><br />外観は結構派手で立派な建物。 ガイド本とかにもあまり載ってないのでどんな神社なのか?がよく分からなかったのだが、帰国後にネットで調べてみると、どうやら「お医者様」を祀っているそうだ。 <br /><br />んで、ここの神社の壁や柱には見事な彫刻が施されていて「えっ?龍虎塔よりもこっちの方がすごくね?」という感じの神社だった。 <br /><br />

      さて、そんな感じでカットフルーツを食べていた「慈濟宮」という神社もせっかくなので見てみることに。

      外観は結構派手で立派な建物。 ガイド本とかにもあまり載ってないのでどんな神社なのか?がよく分からなかったのだが、帰国後にネットで調べてみると、どうやら「お医者様」を祀っているそうだ。

      んで、ここの神社の壁や柱には見事な彫刻が施されていて「えっ?龍虎塔よりもこっちの方がすごくね?」という感じの神社だった。

    • 「蓮池潭」には龍虎塔だけでなく、他にも観光スポットがあるので行ってみる。 続いて向かうは「春秋閣」と「五里亭」そして「?明堂」という所。 みんな同じような場所にあるので、一気に見れちゃってお得。 <br />

      「蓮池潭」には龍虎塔だけでなく、他にも観光スポットがあるので行ってみる。 続いて向かうは「春秋閣」と「五里亭」そして「?明堂」という所。 みんな同じような場所にあるので、一気に見れちゃってお得。

    • まずは「春秋閣」へ。 <br /><br />こちらも龍虎塔と同じく龍がある(虎は無い)。 んで龍の上には観音菩薩が立っている。 龍の後ろにはやはり2つの塔が建っていて、それぞれ「春閣」「秋閣」というらしく、だからここは「春秋閣」という名前らしい。 <br /><br />龍虎塔の龍はちょっと恐そうな感じで力強いが、こちらの龍はなんとなくコミカル。 どちらかと言えば「まんが日本むかしばなし」で出て来そうな感じだ(古い?) <br /><br />

      まずは「春秋閣」へ。

      こちらも龍虎塔と同じく龍がある(虎は無い)。 んで龍の上には観音菩薩が立っている。 龍の後ろにはやはり2つの塔が建っていて、それぞれ「春閣」「秋閣」というらしく、だからここは「春秋閣」という名前らしい。

      龍虎塔の龍はちょっと恐そうな感じで力強いが、こちらの龍はなんとなくコミカル。 どちらかと言えば「まんが日本むかしばなし」で出て来そうな感じだ(古い?)

    • こちらの中へ入ってみたが、こちらも壁面にはいろいろな絵が描かれているのだが、こちらは龍虎塔のような気持ち悪さは無い感じで、龍虎塔と同じく宗教観が描かれていた。 <br />

      こちらの中へ入ってみたが、こちらも壁面にはいろいろな絵が描かれているのだが、こちらは龍虎塔のような気持ち悪さは無い感じで、龍虎塔と同じく宗教観が描かれていた。

    • 龍の口から入ってそのまま進み、外へ出ると「え”っ?まぢで?」と思わず言ってしまいそうな長い通路が現れ、その先に何かの建物が見える。 その建物が「五里亭」。 とりあえず行ってみる。 <br />

      龍の口から入ってそのまま進み、外へ出ると「え”っ?まぢで?」と思わず言ってしまいそうな長い通路が現れ、その先に何かの建物が見える。 その建物が「五里亭」。 とりあえず行ってみる。

    • 「五里亭」はこんな感じの色鮮やかで屋根の反り返りが芸術的な建物なのだが、特に中に何かあるわけでもなく、何のための建物なのか?は不明な感じ。 中の階段から2階に上がることもできるのだが、大した高さではないので、すでに龍虎塔の塔にのぼってしまっていると「ふ~ん」という感じ。 <br /><br />元気いっぱいだったら行っても良いが、そうでなければわざわざ行くほどでもないかな。 <br /><br />

      「五里亭」はこんな感じの色鮮やかで屋根の反り返りが芸術的な建物なのだが、特に中に何かあるわけでもなく、何のための建物なのか?は不明な感じ。 中の階段から2階に上がることもできるのだが、大した高さではないので、すでに龍虎塔の塔にのぼってしまっていると「ふ~ん」という感じ。

      元気いっぱいだったら行っても良いが、そうでなければわざわざ行くほどでもないかな。

    • さて五里亭から春秋閣へ戻り、春秋閣の目の前にある?明堂へ。 <br /><br />こちらは龍虎塔の前にあった慈濟宮とは違い、かなりたくさんの地元民らしき人がお参りに来ていた。 慈濟宮よりも2まわりぐらい大きな建物で、中はキンキラキン。 ご利益がありそうな感じだった。 <br />

      さて五里亭から春秋閣へ戻り、春秋閣の目の前にある?明堂へ。

      こちらは龍虎塔の前にあった慈濟宮とは違い、かなりたくさんの地元民らしき人がお参りに来ていた。 慈濟宮よりも2まわりぐらい大きな建物で、中はキンキラキン。 ご利益がありそうな感じだった。

    • ここからさらに行くと「玄天上帝神像」というのがあるらしいので行ってみる。 <br />

      ここからさらに行くと「玄天上帝神像」というのがあるらしいので行ってみる。

    • 「玄天上帝神像」へ向かう道を歩いていると、カットパイナップルを売っている店があった。 先ほどカットフルーツを結構食べたので、多少お腹は満たされていたし、パイナップルだったら日本でも普通に食べられるのでスルーするつもりだった。 <br /><br />すると、突然妻が「パイナップルが食べたい」と言い出す。 <br /><br />「え”っ?パイナップルなんて日本でも食べられるぢゃ~ん!」と思ったが、食べたいと言うので渋々買う。 んで、期待薄でそこら辺のベンチで食べてみると… <br /><br />すんげぇ~美味い! ってか、こんな甘いパイナップル食べたことないぞぉ~! <br /><br />本当に「シロップ漬けのパイナップルか?」と疑うぐらい。 しかしながらシロップ漬けとは違い、生パイナップルのフレッシュ感もある。 しかしながら、酸味は全く無く、ただただ甘さとジューシーさを詰め込んだと言う感じだ。 <br /><br />正直こんな美味いパイナップルを食べてしまったら、日本でパイナップルは食べられないなぁ~というほどの美味さ。 実は今回の台湾旅で最も美味しく、そして最も驚いたのが、このパイナップルかもしれない。 <br /><br />今は「食べたい」と言ってくれた妻に感謝したい。 <br />

      「玄天上帝神像」へ向かう道を歩いていると、カットパイナップルを売っている店があった。 先ほどカットフルーツを結構食べたので、多少お腹は満たされていたし、パイナップルだったら日本でも普通に食べられるのでスルーするつもりだった。

      すると、突然妻が「パイナップルが食べたい」と言い出す。

      「え”っ?パイナップルなんて日本でも食べられるぢゃ~ん!」と思ったが、食べたいと言うので渋々買う。 んで、期待薄でそこら辺のベンチで食べてみると…

      すんげぇ~美味い! ってか、こんな甘いパイナップル食べたことないぞぉ~!

      本当に「シロップ漬けのパイナップルか?」と疑うぐらい。 しかしながらシロップ漬けとは違い、生パイナップルのフレッシュ感もある。 しかしながら、酸味は全く無く、ただただ甘さとジューシーさを詰め込んだと言う感じだ。

      正直こんな美味いパイナップルを食べてしまったら、日本でパイナップルは食べられないなぁ~というほどの美味さ。 実は今回の台湾旅で最も美味しく、そして最も驚いたのが、このパイナップルかもしれない。

      今は「食べたい」と言ってくれた妻に感謝したい。

    • さて、この辺の道沿いにはこんな感じでいたるところに野菜や果物を売る露店がいっぱいある。 我々はおもっきし観光客が集まる「龍虎塔」の前でカットフルーツを食べてしまったので、若干お値段高めだったと思う。 どうせだったらちょっと歩いた観光客が集まりにくい場所の店でカットフルーツは食べた方が良いと思う。 <br />

      さて、この辺の道沿いにはこんな感じでいたるところに野菜や果物を売る露店がいっぱいある。 我々はおもっきし観光客が集まる「龍虎塔」の前でカットフルーツを食べてしまったので、若干お値段高めだったと思う。 どうせだったらちょっと歩いた観光客が集まりにくい場所の店でカットフルーツは食べた方が良いと思う。

    1件目~20件目を表示(全75件中)

    この旅行記のタグ

      554いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • OTレインボーさん 2018/02/17 21:42:52
        いつも楽しく拝見しています
        hornets.homeunix.org様

        いつもながら詳しい地図入りの旅行記、楽しく拝見しております。

        この4月に高雄、台北を予定しており現在情報収集中のところ大変詳しい旅行記にめぐりあい大変参考になります。

        これからたびたびお邪魔すると思いフォローさせていただきました。

        今後ともよろしくお願いします。

        OTレインボー
      • trat baldさん 2018/02/17 07:10:33
        大きさ広さは敵わないけど濃縮な感じ!
        何より親日が嬉しいね、現在の台南は地震で大変だろうけど、謹んでお悔やみ。
        果物だけは完熟を食べるとスィート(カルチャー)ショックを受けるよね、春秋の果物は日本が勝るけど基本南国が甘い!
        Ps.個人手配の旅に慣れると煩わしさや苦労なんか吹き飛んじゃう楽しさや幅&自由度+時間が持てるもんね。

      hornets.homeunix.orgさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      台湾最安 290円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      台湾の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      高雄(台湾) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集