デルフト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
この旅の目的は『マウリッツハイス美術館』所蔵の『真珠の耳飾りの少女』に会いに行くことでした。<br /><br />この美術館が修築中の時に、絵が東京都美術館に貸し出されていまして、当然見に行ったのですが、<br />それは酷い人混みで、絵のあるフロアで幾重にも列が作られ、しかも係員がこう宣った。<br /><br />「絵の前で立ち止まらないでくださーい!」<br /><br />は?<br /><br />まあ、東京の人混み見た時点で「いいよ、現地で見るから」と思ったのですがね。<br />もちろん、フェルメールの眠っている街・デルフトを拠点にしましたよ。

真珠の耳飾りの少女の唇は結構エロい/デルフト、デン・ハーグ、ついでにアムステルダム

8いいね!

2015/12/26 - 2015/12/29

67位(同エリア152件中)

0

57

この旅の目的は『マウリッツハイス美術館』所蔵の『真珠の耳飾りの少女』に会いに行くことでした。

この美術館が修築中の時に、絵が東京都美術館に貸し出されていまして、当然見に行ったのですが、
それは酷い人混みで、絵のあるフロアで幾重にも列が作られ、しかも係員がこう宣った。

「絵の前で立ち止まらないでくださーい!」

は?

まあ、東京の人混み見た時点で「いいよ、現地で見るから」と思ったのですがね。
もちろん、フェルメールの眠っている街・デルフトを拠点にしましたよ。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アントワープからデルフトまでは、ロッテルダム乗り換えで50分くらいです。<br />片道23.8ユーロ(2015年12月当時)。<br /><br />写真はロッテルダム駅のホーム。

    アントワープからデルフトまでは、ロッテルダム乗り換えで50分くらいです。
    片道23.8ユーロ(2015年12月当時)。

    写真はロッテルダム駅のホーム。

  • 3泊したデルフトのホテルは、運河沿いの『ホテル・ロイヤル・ブリッジ(Hotel Royal Bridges)』http://www.royalbridges.nl/<br /><br />ツインのシングルユースで1泊100ユーロくらい。<br />駅から徒歩約5分。市庁舎のある広場までも徒歩約5分。<br />とっても便利なロケーションでした。

    3泊したデルフトのホテルは、運河沿いの『ホテル・ロイヤル・ブリッジ(Hotel Royal Bridges)』http://www.royalbridges.nl/

    ツインのシングルユースで1泊100ユーロくらい。
    駅から徒歩約5分。市庁舎のある広場までも徒歩約5分。
    とっても便利なロケーションでした。

  • 質素ですね。清潔です。

    質素ですね。清潔です。

  • 運河側の部屋はうるさいと口コミであったので、<br />奥のお部屋にしました。<br />冬に運河見ても寒いし。<br /><br />中庭に面していて、とても静かなお部屋で良かったです。<br />

    運河側の部屋はうるさいと口コミであったので、
    奥のお部屋にしました。
    冬に運河見ても寒いし。

    中庭に面していて、とても静かなお部屋で良かったです。

  • お部屋から見たホテルの中庭。<br /><br />

    お部屋から見たホテルの中庭。

  • デルフトに到着したときすでに日が暮れていました。<br />お水とビールを買いがてらお散歩。

    デルフトに到着したときすでに日が暮れていました。
    お水とビールを買いがてらお散歩。

  • クリスマスは昨日で終わっています。<br />でも、ツリー残ってました。ツリーの後ろは市庁舎。

    クリスマスは昨日で終わっています。
    でも、ツリー残ってました。ツリーの後ろは市庁舎。

  • 広場の新教会。

    広場の新教会。

  • すっかり夜。<br />観光は明日から。<br />

    すっかり夜。
    観光は明日から。

  • 今日は午前中にデン・ハークのマウリッツハイス美術館に行って参ります。<br /><br />ホテルの朝食ルームは中庭側にあります。<br />運河沿いのロビーにもテーブル席がありましたので、<br />ここで食べてもOKのようです(使わなかったけど)。

    今日は午前中にデン・ハークのマウリッツハイス美術館に行って参ります。

    ホテルの朝食ルームは中庭側にあります。
    運河沿いのロビーにもテーブル席がありましたので、
    ここで食べてもOKのようです(使わなかったけど)。

  • 駅の切符自動販売機。<br />画面左下に英語のマークがありましたので、<br />切り替えてサクサク購入できました。

    駅の切符自動販売機。
    画面左下に英語のマークがありましたので、
    切り替えてサクサク購入できました。

  • 最初、カードの絵の箇所にカード当ててしまいました。<br />その上のガラスの所にバーコードをかざします。

    最初、カードの絵の箇所にカード当ててしまいました。
    その上のガラスの所にバーコードをかざします。

  • デルフトの駅は建て替えたばかりだったようで、<br />綺麗でした。<br />改札外にコンビニやコーヒースタンド等もありました。

    デルフトの駅は建て替えたばかりだったようで、
    綺麗でした。
    改札外にコンビニやコーヒースタンド等もありました。

  • マウリッツハイツ王立美術館。<br />フェルメールの絵が3点所蔵されています。<br /><br />朝、開館10分前くらいに着いたら、10人ほど待っている人がいました。<br />半分は個人旅行の日本人です。<br /><br />開館時間と共に、係の人が現れて門を開けてくれました。<br />建物の正面が入口かと思っていたら、<br />左手の現代的な建物が出入口でした。<br />チケット売り場は地下にあります。

    マウリッツハイツ王立美術館。
    フェルメールの絵が3点所蔵されています。

    朝、開館10分前くらいに着いたら、10人ほど待っている人がいました。
    半分は個人旅行の日本人です。

    開館時間と共に、係の人が現れて門を開けてくれました。
    建物の正面が入口かと思っていたら、
    左手の現代的な建物が出入口でした。
    チケット売り場は地下にあります。

  • チケット売り場。

    チケット売り場。

  • 他の絵は後回しにして、彼女に会いに直行。<br />できれば誰もいないフロアで会いたかった。<br /><br />ほーら、誰もいなーい。

    他の絵は後回しにして、彼女に会いに直行。
    できれば誰もいないフロアで会いたかった。

    ほーら、誰もいなーい。

  • やっと会えたね。<br /><br />3年振り~。<br /><br />彼女の前にソファがありまして、<br />そこで座って眺めたり、<br />人がいなくなったら、近くに寄って凝視したり。<br />30分は彼女の前にいたと思います。<br /><br />堪能したわ~。

    やっと会えたね。

    3年振り~。

    彼女の前にソファがありまして、
    そこで座って眺めたり、
    人がいなくなったら、近くに寄って凝視したり。
    30分は彼女の前にいたと思います。

    堪能したわ~。

  • 彼女の対面には、『デルフトの眺望』があります。<br /><br />この絵も良かったです~

    彼女の対面には、『デルフトの眺望』があります。

    この絵も良かったです~

  • 1時間も過ぎると、人が途切れずやってきたので、<br />彼女にお別れして、別の絵も見に行きました。<br />オランダ初代国王のコレクションが主となっているようです。

    1時間も過ぎると、人が途切れずやってきたので、
    彼女にお別れして、別の絵も見に行きました。
    オランダ初代国王のコレクションが主となっているようです。

  • だから、美術館というより、貴族の家に飾ってある絵を見て歩いてる感じ。

    だから、美術館というより、貴族の家に飾ってある絵を見て歩いてる感じ。

  • 2階から美術館の入口を撮った写真。<br /><br />マニアックな美術館なので、ここまで見に来る人は絵が好きな人が多く、<br />とても見やすかったです。

    2階から美術館の入口を撮った写真。

    マニアックな美術館なので、ここまで見に来る人は絵が好きな人が多く、
    とても見やすかったです。

  • 外に出て美術館の周りを散策。

    外に出て美術館の周りを散策。

  • 雨が降ったりやんだり。

    雨が降ったりやんだり。

  • 広場。

    広場。

  • 美術館は湖の上に建ってます。<br />右側奥の黄色の建物がマリッツハイス。

    美術館は湖の上に建ってます。
    右側奥の黄色の建物がマリッツハイス。

  • デルフトに帰ります。<br />美術館からデン・ハークの駅まで徒歩15分くらい。

    デルフトに帰ります。
    美術館からデン・ハークの駅まで徒歩15分くらい。

  • 駅の近くのすんごいオランダな建築物。

    駅の近くのすんごいオランダな建築物。

  • デン・ハークの駅はとっても近代的です。

    デン・ハークの駅はとっても近代的です。

  • デルフトに帰りました。<br />こじんまりした良い街です。

    デルフトに帰りました。
    こじんまりした良い街です。

  • 水門。

    水門。

  • 橋~

    橋~

  • 運河~<br /><br />運河だらけなので、<br />どこを撮っても運河。

    運河~

    運河だらけなので、
    どこを撮っても運河。

  • 市庁舎。

    市庁舎。

  • アップ。

    アップ。

  • 街角のデルフト焼き。

    街角のデルフト焼き。

  • お菓子屋さん。

    お菓子屋さん。

  • ホテルに帰って一休み。<br /><br />部屋に差し込んでいた西陽が、フェルメールの色そっくりだったので、<br />本当に彼はこの地に住んでいたのだなーと感慨に浸りました。

    ホテルに帰って一休み。

    部屋に差し込んでいた西陽が、フェルメールの色そっくりだったので、
    本当に彼はこの地に住んでいたのだなーと感慨に浸りました。

  • デルフトには広場の新教会と、東側にある旧教会があります。<br /><br />フェルメールは旧教会に眠っています。

    デルフトには広場の新教会と、東側にある旧教会があります。

    フェルメールは旧教会に眠っています。

  • 教会名物ステンドグラス。

    教会名物ステンドグラス。

  • フェルメールの墓石(新しいバージョン)。

    フェルメールの墓石(新しいバージョン)。

  • 古いバージョン。

    古いバージョン。

  • フェルメールセンターも入ったのですが、地下の他に2階も展示室があるとは気づかず、とっても未消化なまま出てきました。<br /><br />写真はフェルメールの『小路』のモデルとなった場所らしい。<br />

    フェルメールセンターも入ったのですが、地下の他に2階も展示室があるとは気づかず、とっても未消化なまま出てきました。

    写真はフェルメールの『小路』のモデルとなった場所らしい。

  • 街の北側に行って、<br />今度は『デルフトの眺望』を描いた場所へ。

    街の北側に行って、
    今度は『デルフトの眺望』を描いた場所へ。

  • このあたりから描いたのでは?

    このあたりから描いたのでは?

  • 『デルフトの眺望』

    『デルフトの眺望』

  • 明日は帰国日。<br />夜便なので、空港に荷物預けて、国立美術館に行く予定です。<br /><br />デルフト楽しかった!<br /><br />人と車が少ないというのは私の中でポイント高いです。

    明日は帰国日。
    夜便なので、空港に荷物預けて、国立美術館に行く予定です。

    デルフト楽しかった!

    人と車が少ないというのは私の中でポイント高いです。

  • 翌日、朝8時前にホテルをチェックアウトして駅へ。<br />まだ日は昇っていません。

    翌日、朝8時前にホテルをチェックアウトして駅へ。
    まだ日は昇っていません。

  • 列車に乗っていたら、すんごい綺麗な朝焼け。

    列車に乗っていたら、すんごい綺麗な朝焼け。

  • オランダは風力発電。<br /><br />夕暮れのようですが、朝焼けです。

    オランダは風力発電。

    夕暮れのようですが、朝焼けです。

  • 列車に乗ってデルフトから直接アムステルダム空港へ。<br /><br />まだチェックインできないので、ロッカーに荷物を預けます。<br />バーコードのレシート(鍵代わり?)が出てきた。

    列車に乗ってデルフトから直接アムステルダム空港へ。

    まだチェックインできないので、ロッカーに荷物を預けます。
    バーコードのレシート(鍵代わり?)が出てきた。

  • 空港の前から、美術館行きのバスが出ています。<br />往復で買っておいたほうが無難。<br /><br />ちなみに写真の赤い車が切符売り場。

    空港の前から、美術館行きのバスが出ています。
    往復で買っておいたほうが無難。

    ちなみに写真の赤い車が切符売り場。

  • B9乗り場から出発(2015年12月当時)。

    B9乗り場から出発(2015年12月当時)。

  • アムステルダム国立美術館。<br /><br />開館直後の時は列はなかったのに、お昼ごろ出てきたら100mくらいの列ができていた。<br /><br />中は開館直後から激混みです。

    アムステルダム国立美術館。

    開館直後の時は列はなかったのに、お昼ごろ出てきたら100mくらいの列ができていた。

    中は開館直後から激混みです。

  • 各フロアに絵の解説書が置いてありました。

    各フロアに絵の解説書が置いてありました。

  • 美術館の中の図書館。<br />ここは観光するだけで、利用はできなかった。

    美術館の中の図書館。
    ここは観光するだけで、利用はできなかった。

  • 図書館ってなんで心が和むのだろう?<br /><br />人間に知性があることを信じられるからかしら?

    図書館ってなんで心が和むのだろう?

    人間に知性があることを信じられるからかしら?

  • 長蛇の列~<br /><br />この後、空港に戻って帰国。<br />やはり私は都会より田舎町が好き(この写真の少なさよ)。

    長蛇の列~

    この後、空港に戻って帰国。
    やはり私は都会より田舎町が好き(この写真の少なさよ)。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 380円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集