八瀬・大原・貴船・鞍馬旅行記(ブログ) 一覧に戻る
マッチ箱の電車は細長い座席が沿線で生活する人々で埋め尽くされて出町柳駅をあとにしました。<br />出町柳とは京都の北方にある駅、これから北の山へ向かう叡山電車。<br />通称「えいでん」は沿線の学生たちを降ろしてしまうとわずかな地元民だけを乗せて山あいを縫い始めました。<br />執着の鞍馬に着いた頃には、ぼたん雪が一面に舞っていました。<br />鞍馬の冬は訪れる人もまちまち。

鞍馬 はれときどき雪

19いいね!

2018/02/17 - 2018/02/17

543位(同エリア1733件中)

0

53

nomadic dream

nomadic dreamさん

マッチ箱の電車は細長い座席が沿線で生活する人々で埋め尽くされて出町柳駅をあとにしました。
出町柳とは京都の北方にある駅、これから北の山へ向かう叡山電車。
通称「えいでん」は沿線の学生たちを降ろしてしまうとわずかな地元民だけを乗せて山あいを縫い始めました。
執着の鞍馬に着いた頃には、ぼたん雪が一面に舞っていました。
鞍馬の冬は訪れる人もまちまち。

PR

  • 鞍馬に行くには京阪電車の出町柳駅から叡山電車に乗り換えるのが通常のルートです。出町柳駅は京都の北方にあります。

    鞍馬に行くには京阪電車の出町柳駅から叡山電車に乗り換えるのが通常のルートです。出町柳駅は京都の北方にあります。

    出町柳駅

  • 2両のマッチ箱の電車が15分間隔で鞍馬に向けて出発します。出町柳駅から鞍馬駅までは約30分の小さな旅。

    2両のマッチ箱の電車が15分間隔で鞍馬に向けて出発します。出町柳駅から鞍馬駅までは約30分の小さな旅。

  • となりの電車は大原方面へ行く列車。

    となりの電車は大原方面へ行く列車。

  • 出町柳駅を出発した電車は町中を駆け抜け、学生を下してしまうと山に入っていきます。山あいをくねくねとたどりながら、列車は山を徐々に登っていきます。

    出町柳駅を出発した電車は町中を駆け抜け、学生を下してしまうと山に入っていきます。山あいをくねくねとたどりながら、列車は山を徐々に登っていきます。

  • 鞍馬は終着駅です。<br />外は曇り空でぼたんゆきがちらつき始めました。

    鞍馬は終着駅です。
    外は曇り空でぼたんゆきがちらつき始めました。

  • 鞍馬駅の改札をくぐり抜けるとそこは雪景色でした。<br />電車の中から見えていた曇り空は鞍馬に雪を降らせていました。

    鞍馬駅の改札をくぐり抜けるとそこは雪景色でした。
    電車の中から見えていた曇り空は鞍馬に雪を降らせていました。

    鞍馬駅

    鞍馬駅は山深い終着駅 by nomadic dreamさん
  • 雪の中、鞍馬駅。

    雪の中、鞍馬駅。

  • ぼたん雪舞う駅舎。

    ぼたん雪舞う駅舎。

  • 駅舎の右には旧い電車が置かれています。

    駅舎の右には旧い電車が置かれています。

  • 駅前の天狗も雪化粧。

    駅前の天狗も雪化粧。

  • 駅前にあるお土産屋。

    駅前にあるお土産屋。

  • 駅前を抜ける細い道。

    駅前を抜ける細い道。

  • 山門も雪で霞んでいました。

    山門も雪で霞んでいました。

  • 先が見えなくなってきました。

    先が見えなくなってきました。

  • 一瞬真っ白になりました。

    一瞬真っ白になりました。

  • 山門から振り向き里を見渡してみました。

    山門から振り向き里を見渡してみました。

  • 鞍馬寺の山門。ここで300円を支払い、浄域へ足を踏み入れました。

    鞍馬寺の山門。ここで300円を支払い、浄域へ足を踏み入れました。

  • ここは里との分岐点。

    ここは里との分岐点。

  • 少し経つと雪は止み晴れ間が見えてきました。<br />まったく山あいの天気は変わりやすいです。

    少し経つと雪は止み晴れ間が見えてきました。
    まったく山あいの天気は変わりやすいです。

  • ところどころに。

    ところどころに。

  • 中腹にある由岐神社には残雪が。

    中腹にある由岐神社には残雪が。

    由岐神社 寺・神社

  • 寒々しい季節。

    寒々しい季節。

  • 中腹にある山門

    中腹にある山門

  • 人がいない山道を登っていきます。

    人がいない山道を登っていきます。

  • まだまだ長い階段が。

    まだまだ長い階段が。

  • 南天は強いですね。

    南天は強いですね。

  • 鞍馬寺へ到着。

    鞍馬寺へ到着。

  • 鞍馬寺に着きました。ほっと一息。<br />山門から鞍馬寺まで約30分くらいです。<br />急に青空が顔を出しました。

    鞍馬寺に着きました。ほっと一息。
    山門から鞍馬寺まで約30分くらいです。
    急に青空が顔を出しました。

    鞍馬寺 寺・神社

  • 急に空が明るくなりました。

    急に空が明るくなりました。

  • 鞍馬寺から更に奥の院へ向かいます。

    鞍馬寺から更に奥の院へ向かいます。

  • 鞍馬寺から奥の院へ向かう登山道です。<br />右側の階段を登っていきます。

    鞍馬寺から奥の院へ向かう登山道です。
    右側の階段を登っていきます。

  • 奥の院まで続く道。

    奥の院まで続く道。

  • 少し標高が上がると、辺りは雪景色に変わり始めました。

    少し標高が上がると、辺りは雪景色に変わり始めました。

  • あたりは雪景色に

    あたりは雪景色に

  • 雪の道。

    雪の道。

  • 少し登ると、大杉権現社への分岐があります。

    少し登ると、大杉権現社への分岐があります。

  • 少し本道を外れると雪が深くなりました。その先にお堂が見えてきました。

    少し本道を外れると雪が深くなりました。その先にお堂が見えてきました。

    木の根道 自然・景勝地

    雪化粧の杉の根はまた一段と芸術の域に by nomadic dreamさん
  • 大杉権現社は寒さに凍えるように静かにたたずんでいました。

    大杉権現社は寒さに凍えるように静かにたたずんでいました。

    大杉権現社 名所・史跡

  • その時、粉雪舞う杉林に光がさしてきました。<br />キラキラと雪片が輝き天から降りてくる様子は小さな妖精が舞っているようでした。これが鞍馬の良さなのでしょう。

    その時、粉雪舞う杉林に光がさしてきました。
    キラキラと雪片が輝き天から降りてくる様子は小さな妖精が舞っているようでした。これが鞍馬の良さなのでしょう。

  • 木の根道といわれる場所。

    木の根道といわれる場所。

    木の根道 自然・景勝地

    雪化粧の杉の根はまた一段と芸術の域に by nomadic dreamさん
  • 大杉権現社を後にして少し坂を下ります。

    大杉権現社を後にして少し坂を下ります。

  • 雪化粧

    雪化粧

  • 山あいを抜けていきます。

    山あいを抜けていきます。

  • 間も無く、義経(よしつね)堂に辿り着きました。

    間も無く、義経(よしつね)堂に辿り着きました。

  • 静かにたたずむ義経堂

    静かにたたずむ義経堂

    鞍馬寺 義経堂 名所・史跡

  • 少し日が差したり

    少し日が差したり

  • 義経堂の池には金魚が佇んでいました。

    義経堂の池には金魚が佇んでいました。

  • たまに日差しが

    たまに日差しが

  • 階段は続きます

    階段は続きます

  • 杉の木が鬱蒼と茂ります

    杉の木が鬱蒼と茂ります

  • もう少しで奥の院

    もう少しで奥の院

  • そして目的地の奥の院に着きました。<br />所要時間は山門から1時間くらいでした。<br />

    そして目的地の奥の院に着きました。
    所要時間は山門から1時間くらいでした。

  • なぜ鞍馬に来てしまうのか?森林の香りを身体一杯受け止めたり、数多くの登山者の歴史がここには刻まれているように感じるのです。夏は冷んやりして気持ちがよく、冬は冬らしい景色が見れて四季折々の楽しみもまた格別です。

    なぜ鞍馬に来てしまうのか?森林の香りを身体一杯受け止めたり、数多くの登山者の歴史がここには刻まれているように感じるのです。夏は冷んやりして気持ちがよく、冬は冬らしい景色が見れて四季折々の楽しみもまた格別です。

    鞍馬寺 魔王殿 名所・史跡

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

八瀬・大原・貴船・鞍馬の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集