サンクトペテルブルク 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

日本を出てから三日目、サンクトペテルブルク観光の二日目です。<br />今日は下船してからバスで市内観光をした後、エミルタージュ美術館をメインに観光します。<br />エミルタージュ美術館はピョーテル大帝の冬の宮殿、大小エミルタージュ、エミルタージュ劇場の建物群から構成されています。<br />現在は帝政ロシアの皇帝の御所として使われた豪華な建築物と世界中に知れ渡る美術品のコレクションを持つ美術館として公開されています。

サンクトペテルブルクと北欧・バルト海四か国周遊クルーズ旅行(エルミタージュ美術館)

6いいね!

2017/06/29 - 2017/07/06

829位(同エリア1281件中)

    47

    日本を出てから三日目、サンクトペテルブルク観光の二日目です。
    今日は下船してからバスで市内観光をした後、エミルタージュ美術館をメインに観光します。
    エミルタージュ美術館はピョーテル大帝の冬の宮殿、大小エミルタージュ、エミルタージュ劇場の建物群から構成されています。
    現在は帝政ロシアの皇帝の御所として使われた豪華な建築物と世界中に知れ渡る美術品のコレクションを持つ美術館として公開されています。

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    一人あたり費用
    30万円 - 50万円
    交通手段
    観光バス
    航空会社
    JAL
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行あり)
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0

    PR

    • ベッドは少し小さ目でしたが程良い硬さで寝心地は最高でした。<br />朝3時半に起きて洋上から出る日の出を期待していましたが、時々小雨の降る肌寒い朝になってしまいました。<br />太陽は見えませんでしたがすっかり夜は明けていました。

      ベッドは少し小さ目でしたが程良い硬さで寝心地は最高でした。
      朝3時半に起きて洋上から出る日の出を期待していましたが、時々小雨の降る肌寒い朝になってしまいました。
      太陽は見えませんでしたがすっかり夜は明けていました。

    • 聖イサク大聖堂。<br />サンクトペテルブルグの中心にあるロシア正教会の大聖堂です。<br />ドームの高さは101.5メートル。聖イサーク大聖堂、聖イサーク寺院とも表記されます。

      聖イサク大聖堂。
      サンクトペテルブルグの中心にあるロシア正教会の大聖堂です。
      ドームの高さは101.5メートル。聖イサーク大聖堂、聖イサーク寺院とも表記されます。

    • 血の上の教会。<br />この名称は、1881年3月13日(ユリウス暦3月1日)のロシア皇帝アレクサンドル2世暗殺によるもので、教会が建つ場所は、皇帝遭難の地です。高さは94m。

      血の上の教会。
      この名称は、1881年3月13日(ユリウス暦3月1日)のロシア皇帝アレクサンドル2世暗殺によるもので、教会が建つ場所は、皇帝遭難の地です。高さは94m。

    • 青銅の騎士像。<br />ロシア皇帝ピョートル1世大帝の騎馬像で、この都市を創建したピョートル大帝の偉業を称えたプーシキン作の叙事詩『青銅の騎士』が有名になったため、この名で呼ばれるようになりました。<br />馬の後ろ脚には蛇が巻き付いています。

      青銅の騎士像。
      ロシア皇帝ピョートル1世大帝の騎馬像で、この都市を創建したピョートル大帝の偉業を称えたプーシキン作の叙事詩『青銅の騎士』が有名になったため、この名で呼ばれるようになりました。
      馬の後ろ脚には蛇が巻き付いています。

    • ネヴァー川対岸にペトロパヴロフスク要塞が見えます。

      ネヴァー川対岸にペトロパヴロフスク要塞が見えます。

    • エルミタージュ美術館前の広場側から入る美術館の入口。

      エルミタージュ美術館前の広場側から入る美術館の入口。

    • 広場中央に建つアレクサンドルの円柱。<br />後方は新宮殿。

      広場中央に建つアレクサンドルの円柱。
      後方は新宮殿。

    • 小雨が降る中沢山の見学者が並んでいます。

      小雨が降る中沢山の見学者が並んでいます。

    • 広場側入口から入場し、中庭を通ってメインエントランスから館内に入ります。

      広場側入口から入場し、中庭を通ってメインエントランスから館内に入ります。

    • 正面階段。<br />正面階段は、「大使の階段」と呼ばれています。<br />観光客で大混雑していました。<br />私達もこの階段を上って入館しました。

      正面階段。
      正面階段は、「大使の階段」と呼ばれています。
      観光客で大混雑していました。
      私達もこの階段を上って入館しました。

    • 豪華な正面階段。<br />白い大理石、金色の装飾、三階まで吹き抜けになっている空間に圧倒されます。

      豪華な正面階段。
      白い大理石、金色の装飾、三階まで吹き抜けになっている空間に圧倒されます。

    • 正面階段の天井画。

      正面階段の天井画。

    • 正面階段を上がった部屋の天井から三台の巨大なシャンデリヤが下がっていました。<br />一番大きなシャンデリヤの重さは3トン、三台で合計5トンあるそうです。

      正面階段を上がった部屋の天井から三台の巨大なシャンデリヤが下がっていました。
      一番大きなシャンデリヤの重さは3トン、三台で合計5トンあるそうです。

    • ピョートル大帝の間。<br />ピョートル大帝がこの部屋で各国の大使と謁見した所です。<br />現在飾られている玉座はアンナ・ヨアノヴナ女帝の玉座。<br />

      ピョートル大帝の間。
      ピョートル大帝がこの部屋で各国の大使と謁見した所です。
      現在飾られている玉座はアンナ・ヨアノヴナ女帝の玉座。

    • 紋章の間。<br />ロシアの戦士をあらわした彫像が置かれ、その手にロシア帝国の各県の紋章が描かれた旗が握られていました。現在は彫像は喪失してしまい、金箔されたブロンズのシャンデリヤが残っているだけです。

      紋章の間。
      ロシアの戦士をあらわした彫像が置かれ、その手にロシア帝国の各県の紋章が描かれた旗が握られていました。現在は彫像は喪失してしまい、金箔されたブロンズのシャンデリヤが残っているだけです。

    • 中庭には入場券を求める人達の長蛇の列が出来ていました。

      中庭には入場券を求める人達の長蛇の列が出来ていました。

    • 1812年戦争のギャラリー。<br />宮殿の中の回想的意味を持つ部屋の中で最も有名な部屋です。

      1812年戦争のギャラリー。
      宮殿の中の回想的意味を持つ部屋の中で最も有名な部屋です。

    • 戦闘時将軍だった人と戦闘の終結時に将軍の称号受けた人の肖像画332枚が掲げられています。<br />戦死者と肖像画が見付からなかった将軍の場所は名前だけ表示されています。

      戦闘時将軍だった人と戦闘の終結時に将軍の称号受けた人の肖像画332枚が掲げられています。
      戦死者と肖像画が見付からなかった将軍の場所は名前だけ表示されています。

    • ゲオルギーの間(大玉座の間)<br />イタリヤから輸入された白い大理石が使われています。<br />白い大理石と金色の装飾品が豪華さを演出しています。

      ゲオルギーの間(大玉座の間)
      イタリヤから輸入された白い大理石が使われています。
      白い大理石と金色の装飾品が豪華さを演出しています。

    • 玉座、この椅子に座って臣下と謁見しました。

      玉座、この椅子に座って臣下と謁見しました。

    1件目~20件目を表示(全47件中)

    この旅行記のタグ

      6いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      サンクトペテルブルク(ロシア) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集