バリ島 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初めての投稿及び備忘録になります。<br /><br />海外旅行自体は7回目ですが、自分自身での手配は初めてです。<br />日本語⇒○ 英語⇒× その他言語⇒××<br /><br />この旅行記は出発前までの準備や計画になります。<br /><br />旅行会社:H.I.S.<br />航空会社:中国東方航空<br />出発地:静岡県⇒JR金山1泊⇒名鉄⇒中部国際空港セントレア<br />中継地:行き⇒北京首都国際空港<br />    帰り⇒上海浦東国際空港<br />帰着地:富士山静岡空港⇒親のお迎え<br />人数:2名

初めてのバリ島~計画・予定・準備編~

9いいね!

2017/01/07 - 2017/05/02

6048位(同エリア13569件中)

    1

    初めての投稿及び備忘録になります。

    海外旅行自体は7回目ですが、自分自身での手配は初めてです。
    日本語⇒○ 英語⇒× その他言語⇒××

    この旅行記は出発前までの準備や計画になります。

    旅行会社:H.I.S.
    航空会社:中国東方航空
    出発地:静岡県⇒JR金山1泊⇒名鉄⇒中部国際空港セントレア
    中継地:行き⇒北京首都国際空港
        帰り⇒上海浦東国際空港
    帰着地:富士山静岡空港⇒親のお迎え
    人数:2名

    同行者
    カップル・夫婦
    一人あたり費用
    20万円 - 25万円
    交通手段
    タクシー
    航空会社
    中国東方航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    3.0
    観光
    3.0
    ホテル
    3.0
    グルメ
    3.0
    ショッピング
    3.0
    交通
    2.0

    PR

    • (写真は出発直前のセントレアの通路です。本記事にはあまり関係ないです)<br /><br />正月休みにH.I.Sにてバリ島3泊5日の旅を予約しました。<br />予約といっても航空機とホテルのみ手配。<br />本当はツアーでいく予定でしたが、手配が遅く、既に1月の正月休みでは、航空機が一杯でツアーは取れませんでした。<br />ここにバリ島への旅はついえました。<br /><br />と言うわけにも行かず、なんとか航空券を探してもらうことに。<br />出てきた候補は3つ<br />①GWを諦め、夏休みに行く<br />②成田もしくは関空から行く(この二つならツアーはあるとのこと )<br />③よくわからん航空会社で行く<br /><br />GWを諦めるのはまだ、時期尚早だし、成田関空は1泊の前泊と交通費が割高。<br /><br />という事で、③のよく分からない航空会社で手配をお願いしました。<br /><br />で、結果…<br />『中国東方航空』を利用することに。<br />しかーも、<br />行きセントレア⇒北京経由、帰り上海経由⇒静岡空港と言う変則的な組み合わせで(笑)<br /><br />南国に行くのに何故か北上し、さらにいったことが無い中国で、しかもトランジットするはめに…<br /><br />とにもかくにも、不安材料てんこもりの、航空券ですが、なんとか手配!<br /><br />肝心のホテルは、海外旅行初心者で、しかもバリ島初、英語×なので、グレードは落とさずに、かといってせっかくの海外旅行なのでお手軽にリゾートを楽しむために<br />『リンバ・ジンバランbyアヤナ』<br />に決めました!<br /><br />決めては、いくつかありまして<br />①きれい&amp;ゴージャス<br />②お手軽だけどアヤナ内の施設や食事所が利用できる<br />③クチコミ見てご飯が美味しそう&amp;内装をきれい<br />等々ありまして決めました。<br /><br />航空券とホテルが決まったので、<br />他のアクティビティを決めていきました。<br /><br />二人で話して候補を絞り<br /><br />①バリ島1日目はチャーターカーでぐるぐる巡る(町歩きや買い物とトゥガラランのライステラスを見る)<br /><br />②バリ島2日目はレンボンガン島でシュノーケリング&amp;マングローブツアー<br /><br />③レンボンガン島後にホテルに戻り、舞踊を、見ながらのレストラン<br /><br />④バリ島最終日は午前中はホテルのプール、午後からはスパで癒される<br /><br />を大方針に、決定しました<br /><br /><br />さて、出発の準備です。<br />必要なものとしては<br />・パスポート<br />・服装品<br />・保険<br />を大雑把に用意していきました。<br /><br />パスポートはすでに期限が切れかけなので二人とも10年用を用意。<br /><br />服装品類は<br />日焼け対策→バリ島の日差し&紫外線&気温はインドア派の二人には最大の脅威でした。用意したものは主に<br />・帽子<br />・サングラス<br />・水着の上に羽織るもの(ラッシュガードとレンボンガン島へ行く際の濡れてもよい服)<br /><br />リゾート地を満喫できる服装→インドア派で地味な二人では普段の服装以上に派手目の服が必須。→『バリっぽい』が購入のテーマに(笑)<br /><br />プールで遊ぶ→浮き輪を新調。ちょっと子供っぽいくらいのも(クマの顔?の浮き輪(アマゾン1500円)とサッカーボール(100均)を持っていきました)<br /><br />レンボンガン島へ行く→着替えが入る大き目のトートバックを購入。(最終的に帰国時にトランクに入りきらない分をトートバックに詰めて飛行機預入をしました。<br />おそらくトランクは25㎏を超えていたっぽかったです)<br /><br /><br />結局持ち物は<br />相方…機内持ち込み可のトランクケース1個<br />私…機内持ち込み付加のトランクケース1個(16kgくらい→中国東方航空は預入20㎏を一人二つまで無料です)<br /><br />また、飛行機がバリ着が0時を回るということで、夜食にカップヌードル<br />(リフィルという嵩張らない、そして器があれば食べられる新製品?)を購入しました。→案の定ホテルに到着するも特に食べ物は無し。<br />ウェルカムフルーツは甘くものないミカン?オレンジ?があっただけでした。<br /><br />保険は会社の海外旅行保険に加入。<br />三井住友海上の海外旅行保険<br />内容は…<br />一人2500円程度で傷害死亡1000万、後遺症障害1000万、賠償責任1億、携行品損害30万(これに加入したことが後々助かるということに)、航空機手荷物遅延10万といった最低限の内容でした。<br /><br />ひとまず準備はこんな感じでした。

      (写真は出発直前のセントレアの通路です。本記事にはあまり関係ないです)

      正月休みにH.I.Sにてバリ島3泊5日の旅を予約しました。
      予約といっても航空機とホテルのみ手配。
      本当はツアーでいく予定でしたが、手配が遅く、既に1月の正月休みでは、航空機が一杯でツアーは取れませんでした。
      ここにバリ島への旅はついえました。

      と言うわけにも行かず、なんとか航空券を探してもらうことに。
      出てきた候補は3つ
      ①GWを諦め、夏休みに行く
      ②成田もしくは関空から行く(この二つならツアーはあるとのこと )
      ③よくわからん航空会社で行く

      GWを諦めるのはまだ、時期尚早だし、成田関空は1泊の前泊と交通費が割高。

      という事で、③のよく分からない航空会社で手配をお願いしました。

      で、結果…
      『中国東方航空』を利用することに。
      しかーも、
      行きセントレア⇒北京経由、帰り上海経由⇒静岡空港と言う変則的な組み合わせで(笑)

      南国に行くのに何故か北上し、さらにいったことが無い中国で、しかもトランジットするはめに…

      とにもかくにも、不安材料てんこもりの、航空券ですが、なんとか手配!

      肝心のホテルは、海外旅行初心者で、しかもバリ島初、英語×なので、グレードは落とさずに、かといってせっかくの海外旅行なのでお手軽にリゾートを楽しむために
      『リンバ・ジンバランbyアヤナ』
      に決めました!

      決めては、いくつかありまして
      ①きれい&ゴージャス
      ②お手軽だけどアヤナ内の施設や食事所が利用できる
      ③クチコミ見てご飯が美味しそう&内装をきれい
      等々ありまして決めました。

      航空券とホテルが決まったので、
      他のアクティビティを決めていきました。

      二人で話して候補を絞り

      ①バリ島1日目はチャーターカーでぐるぐる巡る(町歩きや買い物とトゥガラランのライステラスを見る)

      ②バリ島2日目はレンボンガン島でシュノーケリング&マングローブツアー

      ③レンボンガン島後にホテルに戻り、舞踊を、見ながらのレストラン

      ④バリ島最終日は午前中はホテルのプール、午後からはスパで癒される

      を大方針に、決定しました


      さて、出発の準備です。
      必要なものとしては
      ・パスポート
      ・服装品
      ・保険
      を大雑把に用意していきました。

      パスポートはすでに期限が切れかけなので二人とも10年用を用意。

      服装品類は
      日焼け対策→バリ島の日差し&紫外線&気温はインドア派の二人には最大の脅威でした。用意したものは主に
      ・帽子
      ・サングラス
      ・水着の上に羽織るもの(ラッシュガードとレンボンガン島へ行く際の濡れてもよい服)

      リゾート地を満喫できる服装→インドア派で地味な二人では普段の服装以上に派手目の服が必須。→『バリっぽい』が購入のテーマに(笑)

      プールで遊ぶ→浮き輪を新調。ちょっと子供っぽいくらいのも(クマの顔?の浮き輪(アマゾン1500円)とサッカーボール(100均)を持っていきました)

      レンボンガン島へ行く→着替えが入る大き目のトートバックを購入。(最終的に帰国時にトランクに入りきらない分をトートバックに詰めて飛行機預入をしました。
      おそらくトランクは25㎏を超えていたっぽかったです)


      結局持ち物は
      相方…機内持ち込み可のトランクケース1個
      私…機内持ち込み付加のトランクケース1個(16kgくらい→中国東方航空は預入20㎏を一人二つまで無料です)

      また、飛行機がバリ着が0時を回るということで、夜食にカップヌードル
      (リフィルという嵩張らない、そして器があれば食べられる新製品?)を購入しました。→案の定ホテルに到着するも特に食べ物は無し。
      ウェルカムフルーツは甘くものないミカン?オレンジ?があっただけでした。

      保険は会社の海外旅行保険に加入。
      三井住友海上の海外旅行保険
      内容は…
      一人2500円程度で傷害死亡1000万、後遺症障害1000万、賠償責任1億、携行品損害30万(これに加入したことが後々助かるということに)、航空機手荷物遅延10万といった最低限の内容でした。

      ひとまず準備はこんな感じでした。

      中部国際空港セントレア 空港

    1件目~1件目を表示(全1件中)

    この旅行記のタグ

      9いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      インドネシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      インドネシア最安 314円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      インドネシアの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      バリ島(インドネシア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集