富良野旅行記(ブログ) 一覧に戻る
観光しているうちに、偶然、鉄道院(ぽっぽや)のロケセットにたどり着きました。<br /><br />なお、このアルバムは、ガンまる日記:「鉄道員(ぽっぽや)」のロケセットを見学する[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2016/10/post-7ccf.html]<br />とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

「鉄道員(ぽっぽや)」のロケセットを見学する

28いいね!

2016/08/09 - 2016/08/09

175位(同エリア1106件中)

0

22

観光しているうちに、偶然、鉄道院(ぽっぽや)のロケセットにたどり着きました。

なお、このアルバムは、ガンまる日記:「鉄道員(ぽっぽや)」のロケセットを見学する[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2016/10/post-7ccf.html]
とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

同行者
カップル・夫婦
交通手段
自家用車
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.5

PR

  • 民宿の名前が面白い。

    民宿の名前が面白い。

  • 道の駅で休憩。

    道の駅で休憩。

  • ここでもメロンが販売されていた。

    ここでもメロンが販売されていた。

  • おそらく、これがラベンダー畑である。時期を過ぎてしまっているので、色が寂しい。

    おそらく、これがラベンダー畑である。時期を過ぎてしまっているので、色が寂しい。

  • 熊の剥製があった。

    熊の剥製があった。

  • さて、偶然たどり着いた鉄道員(ぽっぽや)のロケセット。ここは、映画の中に登場する食堂らしい。

    さて、偶然たどり着いた鉄道員(ぽっぽや)のロケセット。ここは、映画の中に登場する食堂らしい。

  • 何とも味のあるロケセットである。

    何とも味のあるロケセットである。

  • ヘッドマークに「鉄道員」と書かれた列車。

    ヘッドマークに「鉄道員」と書かれた列車。

  • 列車の中に入ることができたので入ってみたところ、「撮鉄」ではなく「盗鉄」禁止と書かれていた。

    列車の中に入ることができたので入ってみたところ、「撮鉄」ではなく「盗鉄」禁止と書かれていた。

  • 車内はこんな感じ。

    車内はこんな感じ。

  • これが、「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台となった幌舞駅。これは架空の駅の名前で、実際の駅の名前は幾寅駅(いくとらえき)だそうだ。ここは、実際に列車も停まる駅である。

    これが、「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台となった幌舞駅。これは架空の駅の名前で、実際の駅の名前は幾寅駅(いくとらえき)だそうだ。ここは、実際に列車も停まる駅である。

  • 映画を観ていないのでわからないが、どうやらこの改札が撮影に使われたようである。

    映画を観ていないのでわからないが、どうやらこの改札が撮影に使われたようである。

  • 駅のホームに列車が入って来た。

    駅のホームに列車が入って来た。

この旅行記のタグ

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集