イエローナイフ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

数年前から一度オーロラを見たいと思っていました。先入観でオーロラは冬と思っていたら夏も鑑賞できることを発見。場所はカナダ イエローナイフ。折角、カナダに行くからには他にも行こうと調べているうちにナイアガラとイエローナイフのツアーを発見。自己手配で行こうかと思ったら意外と安くない、国内線の手配もあり、ツアーを調べたら、エアチケットとホテルのパックツアーを発見、久々にツアーでの海外旅行。1日ナイアガラで延泊追加した8日間の夏休み旅行でした。<br />旅行後半のイエローナイフ編です。<br /><br />ナイアガラ編は以下をご覧ください<br />http://4travel.jp/travelogue/11170010<br />http://4travel.jp/travelogue/11171124

オーロラって、夏でも見えるんですぅ!ということでカナダ イエローナイフへ

37いいね!

2016/08/14 - 2016/08/17

24位(同エリア349件中)

    63

    数年前から一度オーロラを見たいと思っていました。先入観でオーロラは冬と思っていたら夏も鑑賞できることを発見。場所はカナダ イエローナイフ。折角、カナダに行くからには他にも行こうと調べているうちにナイアガラとイエローナイフのツアーを発見。自己手配で行こうかと思ったら意外と安くない、国内線の手配もあり、ツアーを調べたら、エアチケットとホテルのパックツアーを発見、久々にツアーでの海外旅行。1日ナイアガラで延泊追加した8日間の夏休み旅行でした。
    旅行後半のイエローナイフ編です。

    ナイアガラ編は以下をご覧ください
    http://4travel.jp/travelogue/11170010
    http://4travel.jp/travelogue/11171124

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    一人あたり費用
    30万円 - 50万円
    交通手段
    観光バス 徒歩
    航空会社
    エアカナダ
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行なし)
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    3.0
    グルメ
    2.5
    ショッピング
    3.0

    PR

    • ナイアガラフォールズのホテルを出てトロント空港に向かいます。ルートはトロント→カルガリー→イエローナイフです。トランジットでの待ちを含めて8時間半ですがトロント-カルガリーで2時間の時差の戻りがあります。

      ナイアガラフォールズのホテルを出てトロント空港に向かいます。ルートはトロント→カルガリー→イエローナイフです。トランジットでの待ちを含めて8時間半ですがトロント-カルガリーで2時間の時差の戻りがあります。

    • カルガリーについてお腹が減ったので売店でサンドイッチとコーヒーと思ったらサーモンとエビのお寿司発見。10カナダドルくらいでした。サーモン握り旨い!

      カルガリーについてお腹が減ったので売店でサンドイッチとコーヒーと思ったらサーモンとエビのお寿司発見。10カナダドルくらいでした。サーモン握り旨い!

    • カルガリーまではジェット機でしたが、YK(Yellow Knife)へはプロペラ機です。

      カルガリーまではジェット機でしたが、YK(Yellow Knife)へはプロペラ機です。

    • こんな飛行機です。40-50人乗りかな。YK着は19時半ですが、このくらい明るいです。なるほど、夏のオーロラツアーが8月中旬からなのは頷けます。それ以前では暗くなるのが遅く鑑賞時間が短いからです。夏の鑑賞時間は冬と比べて1時間くらい短いし、ツアーの出発も2時間くらい遅いです。

      こんな飛行機です。40-50人乗りかな。YK着は19時半ですが、このくらい明るいです。なるほど、夏のオーロラツアーが8月中旬からなのは頷けます。それ以前では暗くなるのが遅く鑑賞時間が短いからです。夏の鑑賞時間は冬と比べて1時間くらい短いし、ツアーの出発も2時間くらい遅いです。

    • なぜ、オーロラ鑑賞でYKを選んだか?カナダでオーロラというとホワイトホースとイエローナイフ、フォートマクマレーのいずれかだと思いますが、決め手はYK3日間の滞在(鑑賞)でオーロラ鑑賞率95%ということでした。夏のオーロラ鑑賞は8月中旬から9月中旬でその後は冬まで天候が不順になり結果的に夏のツアーは費用が高めです。行くからには確実にオーロラが見たい!!!ということでYKに決定。結果的に、ナイアガラ観光も加えたため距離的にもYKがベストでした。

      なぜ、オーロラ鑑賞でYKを選んだか?カナダでオーロラというとホワイトホースとイエローナイフ、フォートマクマレーのいずれかだと思いますが、決め手はYK3日間の滞在(鑑賞)でオーロラ鑑賞率95%ということでした。夏のオーロラ鑑賞は8月中旬から9月中旬でその後は冬まで天候が不順になり結果的に夏のツアーは費用が高めです。行くからには確実にオーロラが見たい!!!ということでYKに決定。結果的に、ナイアガラ観光も加えたため距離的にもYKがベストでした。

    • 空港建物に入ると、いきなりほかの方の旅行記に出ているホッキョクグマとアザラシをみつけ、写真を撮りまくりました。ちょっとテンション高かったかな。

      空港建物に入ると、いきなりほかの方の旅行記に出ているホッキョクグマとアザラシをみつけ、写真を撮りまくりました。ちょっとテンション高かったかな。

    • この日はホテルにチェックインしてすぐにオーロラ鑑賞に行く準備をし、ツアーバスでオーロラビレッジに向かいます。いくつかホテルによりツアー客をピックアップするのでバスで40-50分で鑑賞ポイントのオーロラビレッジに着きました。<br />オーロラビレッジのツアーは今回の旅行のツアーに組まれているもので3日間の鑑賞です。

      この日はホテルにチェックインしてすぐにオーロラ鑑賞に行く準備をし、ツアーバスでオーロラビレッジに向かいます。いくつかホテルによりツアー客をピックアップするのでバスで40-50分で鑑賞ポイントのオーロラビレッジに着きました。
      オーロラビレッジのツアーは今回の旅行のツアーに組まれているもので3日間の鑑賞です。

    • こんな感じでティピーが20張り強あります。大きさにもよりますが1つのテントに16人-30人くらい入れます。オーロラビッレジ社は現地ツアーの中でも大きい方ですが<br />ツアー主催者は20社以上あります。それぞれウィンタースポーツに強いとか、釣りに強いとか特徴があるようです。<br />尚、オーロラビッレジ社のツアーの参加者はは日本人85%、韓国・中国人10%、白人系5%という感じの比率でした。<br />スタッフも6-7割がアルバイトも含む日本人残りがローカルスタッフです。バスに最初から担当として2名体制で乗ってきます。ただ、アルバイトの学生は一所懸命であるものの経験の差で当たり外れがあります。外れにあたると初日の鑑賞はまだ勝手がわからないにもかかわらず説明に配慮が足らず、二日目に昨日教えてくれればと思ったことしばしばでした。

      こんな感じでティピーが20張り強あります。大きさにもよりますが1つのテントに16人-30人くらい入れます。オーロラビッレジ社は現地ツアーの中でも大きい方ですが
      ツアー主催者は20社以上あります。それぞれウィンタースポーツに強いとか、釣りに強いとか特徴があるようです。
      尚、オーロラビッレジ社のツアーの参加者はは日本人85%、韓国・中国人10%、白人系5%という感じの比率でした。
      スタッフも6-7割がアルバイトも含む日本人残りがローカルスタッフです。バスに最初から担当として2名体制で乗ってきます。ただ、アルバイトの学生は一所懸命であるものの経験の差で当たり外れがあります。外れにあたると初日の鑑賞はまだ勝手がわからないにもかかわらず説明に配慮が足らず、二日目に昨日教えてくれればと思ったことしばしばでした。

    • 現地には6-8か所の鑑賞ポイントがあり、椅子も用意されています。でも、椅子は足りないケースもありますので椅子の確保は重要です。冬は寒いから防寒具があるにせよ、外にいる時間少ないでしょうから椅子はカメラ撮影しない人はいらないかも。

      現地には6-8か所の鑑賞ポイントがあり、椅子も用意されています。でも、椅子は足りないケースもありますので椅子の確保は重要です。冬は寒いから防寒具があるにせよ、外にいる時間少ないでしょうから椅子はカメラ撮影しない人はいらないかも。

    • 初日からしっかりオーロラを見ることができました。<br />恥ずかしい下手くそな写真ですが撮影したオーロラアップします。<br />私はレリーズを買って日本で動作確認はしましたが、バルブ撮影の経験がなく、事前にネットで学習したISOとシャッター時間で撮りました。やはりカメラの個体差はあるようです。F2.8 ISO1600で7秒前後をイメージしましたが、結果的に長すぎたようです。あわてていたのでRAW/JPEGにせず、JPEGのみにしていたので加工も限度があり・・・。何事もぶっつけ本番はダメですね。

      初日からしっかりオーロラを見ることができました。
      恥ずかしい下手くそな写真ですが撮影したオーロラアップします。
      私はレリーズを買って日本で動作確認はしましたが、バルブ撮影の経験がなく、事前にネットで学習したISOとシャッター時間で撮りました。やはりカメラの個体差はあるようです。F2.8 ISO1600で7秒前後をイメージしましたが、結果的に長すぎたようです。あわてていたのでRAW/JPEGにせず、JPEGのみにしていたので加工も限度があり・・・。何事もぶっつけ本番はダメですね。

    • でも初めて見たオーロラは期待に背かずすばらしいものでした。

      イチオシ

      でも初めて見たオーロラは期待に背かずすばらしいものでした。

    • カメラの三脚は持っていかなくても有料でレンタルできます。10カナダドル+20C$のデポジット。結構、しっかりした三脚です。私は、デジ一用のミニ三脚はありますが、通常のものがないのでコンデジ用を持っていきましたが不安定なのでダメですね。

      カメラの三脚は持っていかなくても有料でレンタルできます。10カナダドル+20C$のデポジット。結構、しっかりした三脚です。私は、デジ一用のミニ三脚はありますが、通常のものがないのでコンデジ用を持っていきましたが不安定なのでダメですね。

    • 初日から次から次に夜空のショーが繰り広げられます。

      初日から次から次に夜空のショーが繰り広げられます。

    • 夏は寒くないので滞在時間ずーっと外で観測できます。冬の方がツアーの所要時間は長いですが、実際はマイナス10-30度では防寒していてもずーっと外では難しいと思われ、実質の鑑賞時間は夏が長いかもしれませんね。

      イチオシ

      夏は寒くないので滞在時間ずーっと外で観測できます。冬の方がツアーの所要時間は長いですが、実際はマイナス10-30度では防寒していてもずーっと外では難しいと思われ、実質の鑑賞時間は夏が長いかもしれませんね。

    • 椅子に座って楽チンです。ただ、ここは池(湖)もあり蚊がいますので虫よけスプレーは必須です。

      椅子に座って楽チンです。ただ、ここは池(湖)もあり蚊がいますので虫よけスプレーは必須です。

    • 下手くそな写真ですみません。m(__)m

      下手くそな写真ですみません。m(__)m

    • ところで、スマホで写るか?ですが、結構厳しいです。奥さんのiPhone6S, 私のXperia ULで撮りましたが、iPhoneでうっすらと撮れただけです。その後、アプリがあるのに気づきましたがその時は知りませんでした。普通のコンパクトカメラはちょっと厳しそうでが、コンデジでもハイエンド機ならオーロラ撮れると思います。広角で明るいレンズを備え、バルブ撮影が可能ならOKです。私のコンデジでも撮影できましたがセンサーサイズが小さいためか画質が良くありませんでした。

      ところで、スマホで写るか?ですが、結構厳しいです。奥さんのiPhone6S, 私のXperia ULで撮りましたが、iPhoneでうっすらと撮れただけです。その後、アプリがあるのに気づきましたがその時は知りませんでした。普通のコンパクトカメラはちょっと厳しそうでが、コンデジでもハイエンド機ならオーロラ撮れると思います。広角で明るいレンズを備え、バルブ撮影が可能ならOKです。私のコンデジでも撮影できましたがセンサーサイズが小さいためか画質が良くありませんでした。

    • この時間帯で深夜1時ころだと思いますが地平線はまだまだ明るいですね

      この時間帯で深夜1時ころだと思いますが地平線はまだまだ明るいですね

    • いい感じです。やっぱり、おいらは普段の行いが良いから見れたんだな。

      いい感じです。やっぱり、おいらは普段の行いが良いから見れたんだな。

    1件目~20件目を表示(全63件中)

    この旅行記のタグ

      37いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • by ミカン さん 2016/10/02 11:08:26
        行く時は
        カメラ設定など教えてください。
        私も思い出に残る素敵な写真撮りたいです^ ^

        marius

        by marius さん 2016/10/09 08:50:20
        RE: 行く時は
        > カメラ設定など教えてください。
        > 私も思い出に残る素敵な写真撮りたいです^ ^

        コメントありがとうございます。
        ミカンさんのカメラはミラーレスのデジタルカメラですか?レンズ交換できるなら
        夜空やオーロラを撮影するときは、広角レンズがあると便利です。
        意外とレンズを通した世界は狭くなるのでズームでも単焦点レンズでもいいので
        F値が2.8以上(数値が2.8以下)の広角レンズがあると、日常も使えて料理の撮影
        にも便利です。広角ズームレンズは高いので単焦点がお勧めです。

        ではでは。

      ピックアップ特集

      イエローナイフ(カナダ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集