エルサレム 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2016年5月1日から5月6日まで、イスラエルとヨルダンを訪れました。<br /><br />5月2日の朝8時にアンマンを出発して陸路国境を越えてエルサレムには15時過ぎに到着しました。<br /><br />【日程】<br />5月2日:旧市街のホテルで旅装をといた後、嘆きの壁をを訪れます。<br />5月3日:早朝6時頃に聖墳墓教会を訪れた後、イエスの聖跡巡りを兼ねて街歩きをします。<br />5月4日:午前中は生誕教会(ベツレヘム)を訪れ、午後はエルサレム旧市街の街歩きをします。<br />5月5日:聖墳墓教会を訪れた後、エルサレムを発ち国境(アレンビー橋)に向かいます。<br /><br />※最難関と言われる陸路でのイスラエル入国やエルサレムへの移動、食事につき現地で出会った邦人の方々にフォロー頂き感謝です。

2016年GW 中東の旅【イスラエル】

36いいね!

2016/05/02 - 2016/05/05

20位(同エリア373件中)

    72

    2016年5月1日から5月6日まで、イスラエルとヨルダンを訪れました。

    5月2日の朝8時にアンマンを出発して陸路国境を越えてエルサレムには15時過ぎに到着しました。

    【日程】
    5月2日:旧市街のホテルで旅装をといた後、嘆きの壁をを訪れます。
    5月3日:早朝6時頃に聖墳墓教会を訪れた後、イエスの聖跡巡りを兼ねて街歩きをします。
    5月4日:午前中は生誕教会(ベツレヘム)を訪れ、午後はエルサレム旧市街の街歩きをします。
    5月5日:聖墳墓教会を訪れた後、エルサレムを発ち国境(アレンビー橋)に向かいます。

    ※最難関と言われる陸路でのイスラエル入国やエルサレムへの移動、食事につき現地で出会った邦人の方々にフォロー頂き感謝です。

    同行者
    一人旅
    一人あたり費用
    20万円 - 25万円
    交通手段
    タクシー 徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    4.0
    グルメ
    4.0
    ショッピング
    3.5
    交通
    3.5

    PR

    • 【5月2日】<br />シェルート(乗り合いタクシー)を降り、ダマスカス門から旧市街に向かいます。自宅を出てから2日後にダマスカス門にいることに少し高揚しました。

      【5月2日】
      シェルート(乗り合いタクシー)を降り、ダマスカス門から旧市街に向かいます。自宅を出てから2日後にダマスカス門にいることに少し高揚しました。

      ダマスカス門 建造物

    • 旧市街のホテルで旅装をとき、早速にユダヤの聖地である「嘆きの壁」を訪れます。男女別になっており男はキッパ(小さな帽子)を借りて入ります。

      旧市街のホテルで旅装をとき、早速にユダヤの聖地である「嘆きの壁」を訪れます。男女別になっており男はキッパ(小さな帽子)を借りて入ります。

    • 嘆きの壁にいることに唯々、感動しました。壁の隙間に願い事を書いた紙が詰まっています。

      嘆きの壁にいることに唯々、感動しました。壁の隙間に願い事を書いた紙が詰まっています。

      嘆きの壁 史跡・遺跡

    • 壁に生えている植物が以前から気なっており近くに寄ってみました。

      壁に生えている植物が以前から気なっており近くに寄ってみました。

    • ユダヤ教正統派の方が壁の前で聖書を詠んでいます。風でキッパが飛んでしましますが、注意されることはまずありません。

      ユダヤ教正統派の方が壁の前で聖書を詠んでいます。風でキッパが飛んでしましますが、注意されることはまずありません。

    • 嘆きの壁で猫を発見。猫好きとしては当然撮影。野良犬は皆無ですが野良猫はたくさん見かけます。

      嘆きの壁で猫を発見。猫好きとしては当然撮影。野良犬は皆無ですが野良猫はたくさん見かけます。

    • 旧市街は迷路のような路地で慣れるまで移動が大変ですが、少し迷い歩くのが楽しいです。

      旧市街は迷路のような路地で慣れるまで移動が大変ですが、少し迷い歩くのが楽しいです。

    • イスラエル入国からエルサレム移動時にご一緒させて頂いたご夫婦に誘って頂き新市街で夕食を頂きます。

      イスラエル入国からエルサレム移動時にご一緒させて頂いたご夫婦に誘って頂き新市街で夕食を頂きます。

    • ひとりご飯と異なり色々食べられ、お酒も少し頂き気持ちよく過ごします。

      ひとりご飯と異なり色々食べられ、お酒も少し頂き気持ちよく過ごします。

    • 夕食も終わり旧市街(新門)に戻ってくると、武装警官にこの門とダマスカス門からは入れないのでヤッホ門に回れとの指示。

      夕食も終わり旧市街(新門)に戻ってくると、武装警官にこの門とダマスカス門からは入れないのでヤッホ門に回れとの指示。

    • ヤッホ門から旧市街に入り、ご夫婦と別れひとり武装警官が走り回る路地をホテルに向かいます。さすがに少し心細かったです。在イスラエル日本大使館からのメールで「エルサレム旧市街のライオン門付近において、イスラエル人男性(60才)が何者かに刺され重傷を負う事件が発生」を後で知りました。

      ヤッホ門から旧市街に入り、ご夫婦と別れひとり武装警官が走り回る路地をホテルに向かいます。さすがに少し心細かったです。在イスラエル日本大使館からのメールで「エルサレム旧市街のライオン門付近において、イスラエル人男性(60才)が何者かに刺され重傷を負う事件が発生」を後で知りました。

    • 【5月3日】<br />早朝6時に聖墳墓教会を訪れます。イエスが十字架にかけられたゴルゴダの丘に建ちます。

      【5月3日】
      早朝6時に聖墳墓教会を訪れます。イエスが十字架にかけられたゴルゴダの丘に建ちます。

      聖墳墓教会 寺院・教会

    • 香油の注がれた赤い大理石板はイエスの聖骸に香油を塗った場所です。敬虔な信者は拝礼して接吻をしたり、布に香油を染み込ませたりしています。

      香油の注がれた赤い大理石板はイエスの聖骸に香油を塗った場所です。敬虔な信者は拝礼して接吻をしたり、布に香油を染み込ませたりしています。

    • 早朝のためのイエスのお墓には入れず、色々な宗派の礼拝堂を見学します。

      早朝のためのイエスのお墓には入れず、色々な宗派の礼拝堂を見学します。

    • 朝食後は、ヤッホ門から城壁巡りをします。

      朝食後は、ヤッホ門から城壁巡りをします。

    • 城壁をダマスカス門まで歩きます。エルサレム滞在中に入場料を支払ったのは城壁くらいです。

      城壁をダマスカス門まで歩きます。エルサレム滞在中に入場料を支払ったのは城壁くらいです。

      エルサレムの旧市街とその城壁群 史跡・遺跡

    • 城壁から新市街を眺めます。新市街は初日の夕食時以外は訪れませんでした。

      城壁から新市街を眺めます。新市街は初日の夕食時以外は訪れませんでした。

    • ダマスカス門の上から旧市街を眺めます。

      ダマスカス門の上から旧市街を眺めます。

    1件目~20件目を表示(全72件中)

    この旅行記のタグ

      36いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • by リリー さん 2017/08/03 22:18:08
        初めまして(^∇^)
        先ほどは、私の拙い旅行記にいいねを下さってありがとうございました(^^)。

        私もイスラエルに行ったことがあります。テルアビブに両親が住んでいた時、遊びに行きました。そこから
        エルサレムのツァーが出ていて参加したのです(^∇^)。私の他は南アフリカの家族を除いて、全員ユダヤ系アメリカ人でした。嘆きの壁を見たときは私も感動しました。

        イスラエルも観光スポットが沢山ありますので、治安さえもっと改善されれば、多くの人が行けるのになあと
        思います。

        OKW

        by OKW さん 2017/08/05 11:02:12
        RE: 初めまして(^∇^)
        こちらこそ旅行記を閲覧、投票頂きありがとうございます。

        エルサレムとベツレヘムのみ訪れましたので、イエスの聖蹟を含め他の街も訪れてみたいですね。治安については、旅行前に心配していましたが、実際に訪れてみたら杞憂でした。また、現地の料理が好みに合ってたので楽しく過ごせました。

      ピックアップ特集

      エルサレム(イスラエル) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集