二条・烏丸・河原町旅行記(ブログ) 一覧に戻る
かねてから訪れたい京都の修学院離宮と桂離宮。先ず日程を決め宿を予約します。半年前なのにやっと取れた念願の京都の老舗旅館「柊屋」の旧館です。それから旅の三か月前まで待って今度は宮内庁のホームページからオンラインで両離宮の参観申請をしたら、抽選で一箇月前に参観許可通知書が送付されてきました。ホッとすると同時に幸運に感謝です!<br />当日は快晴に恵まれ午前中に修学院離宮、午後から桂離宮を参観。それぞれ40名前後のグループに説明役と皇宮警護官がつく90分弱のツアーになっています。晩秋のこの宮家山荘には池が巧みに配置された美しい庭園があり、秋色に彩られた樹木が湖面に映え、それはそれは幻想的な別世界でした。<br />(表紙写真は修学院離宮の高台に位置する隣雲亭から俯瞰した浴龍池に浮かぶ西島の美しい紅葉風景)<br />夕刻に市役所から程近い麩屋町通りの老舗旅館「柊屋」へ足を運びます。香が漂う玄関では女将や仲居さんに「おかえりやす」と迎えられました。旧館は200年の伝統から醸し出されるしっとりとした佇まいと侘びさびの世界です。数寄屋造りの部屋に入ると床の掛け軸や生け花が素晴らしく、螺鈿や木目込みの調度品を含め何処か凛とした風情を感じるのです。<br />係の仲居さんも若いのに立ち振る舞いが清々しく、又部屋ごとに挨拶に訪れる女将のおもてなしにさすが超一流老舗旅館と感じました。部屋の風呂は小さめなので、貸切家族風呂を利用しました。やや広く沸かし湯ですが他人に気兼ねることなく夫婦でゆっくりと過ごし、美しい大原女のステンドグラスを愛でながら安らぐことが出来ました。<br />ここのハイライトは何と言っても部屋での夕食です。次から次と運ばれる旬の食材を吟味した本格的な京懐石とそれを彩る清水焼の器とのコラボレーション、更に絶妙なる味に感服です。和食がユネスコの無形文化遺産に登録されるのも、むべなるかなと感じます。<br />朝食も部屋食を選びました。鰈の干物、こだわりの湯豆腐、温泉卵、チリメンジャコ、京漬物など伝統的な朝食を美味しくいただきました。支払いのためフロントへ行くと少し混んでいましたが外国のお客様が多いのに驚きです。聞くところによると桜や紅葉の季節は外国のお客様が4割を超えると知り二度びっくりポンでした。<br />支払は二人で1泊締めて113,590円、これを高いと感じるか或るいは安いと感じるか、人それぞれでしょうが、私はお値段以上の至福の時と感じました。<br />チェックアウトの11時まで売店で柊マーク入りのお土産を買い、女将と大女将らに見送られ、爽やかな気分で雅な休日の終わりを迎えました。

雅な京の休日

8いいね!

2015/12/01 - 2015/12/03

2106位(同エリア3281件中)

0

18

いのししさん

かねてから訪れたい京都の修学院離宮と桂離宮。先ず日程を決め宿を予約します。半年前なのにやっと取れた念願の京都の老舗旅館「柊屋」の旧館です。それから旅の三か月前まで待って今度は宮内庁のホームページからオンラインで両離宮の参観申請をしたら、抽選で一箇月前に参観許可通知書が送付されてきました。ホッとすると同時に幸運に感謝です!
当日は快晴に恵まれ午前中に修学院離宮、午後から桂離宮を参観。それぞれ40名前後のグループに説明役と皇宮警護官がつく90分弱のツアーになっています。晩秋のこの宮家山荘には池が巧みに配置された美しい庭園があり、秋色に彩られた樹木が湖面に映え、それはそれは幻想的な別世界でした。
(表紙写真は修学院離宮の高台に位置する隣雲亭から俯瞰した浴龍池に浮かぶ西島の美しい紅葉風景)
夕刻に市役所から程近い麩屋町通りの老舗旅館「柊屋」へ足を運びます。香が漂う玄関では女将や仲居さんに「おかえりやす」と迎えられました。旧館は200年の伝統から醸し出されるしっとりとした佇まいと侘びさびの世界です。数寄屋造りの部屋に入ると床の掛け軸や生け花が素晴らしく、螺鈿や木目込みの調度品を含め何処か凛とした風情を感じるのです。
係の仲居さんも若いのに立ち振る舞いが清々しく、又部屋ごとに挨拶に訪れる女将のおもてなしにさすが超一流老舗旅館と感じました。部屋の風呂は小さめなので、貸切家族風呂を利用しました。やや広く沸かし湯ですが他人に気兼ねることなく夫婦でゆっくりと過ごし、美しい大原女のステンドグラスを愛でながら安らぐことが出来ました。
ここのハイライトは何と言っても部屋での夕食です。次から次と運ばれる旬の食材を吟味した本格的な京懐石とそれを彩る清水焼の器とのコラボレーション、更に絶妙なる味に感服です。和食がユネスコの無形文化遺産に登録されるのも、むべなるかなと感じます。
朝食も部屋食を選びました。鰈の干物、こだわりの湯豆腐、温泉卵、チリメンジャコ、京漬物など伝統的な朝食を美味しくいただきました。支払いのためフロントへ行くと少し混んでいましたが外国のお客様が多いのに驚きです。聞くところによると桜や紅葉の季節は外国のお客様が4割を超えると知り二度びっくりポンでした。
支払は二人で1泊締めて113,590円、これを高いと感じるか或るいは安いと感じるか、人それぞれでしょうが、私はお値段以上の至福の時と感じました。
チェックアウトの11時まで売店で柊マーク入りのお土産を買い、女将と大女将らに見送られ、爽やかな気分で雅な休日の終わりを迎えました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
4.0
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
タクシー 新幹線
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 修学院離宮参観にあたり集合時間の20分前に先ず受付で参観許可書と身分証明書を見せて待合室に入ります。荷物をロッカーに預けて10分ほどのビデオによる離宮内の解説があり、その後係官からグループごとに参観要領の説明を受けます。広大な苑内を3キロほど歩くことになりますから列の最後尾に皇宮警護官が交通整理に当たるのです。

    修学院離宮参観にあたり集合時間の20分前に先ず受付で参観許可書と身分証明書を見せて待合室に入ります。荷物をロッカーに預けて10分ほどのビデオによる離宮内の解説があり、その後係官からグループごとに参観要領の説明を受けます。広大な苑内を3キロほど歩くことになりますから列の最後尾に皇宮警護官が交通整理に当たるのです。

  • コースに従い下離宮の庭園に面した寿月観の説明を受けながら参観。数名の外国の方はイヤーホンを耳に掛け行動を共にしました。

    コースに従い下離宮の庭園に面した寿月観の説明を受けながら参観。数名の外国の方はイヤーホンを耳に掛け行動を共にしました。

  • 浴龍池に浮かぶ西島の紅葉が湖面に映え美しさを一層引き立てます。

    浴龍池に浮かぶ西島の紅葉が湖面に映え美しさを一層引き立てます。

  • 桂離宮の茅葺切妻屋根の御幸門から入ります。

    桂離宮の茅葺切妻屋根の御幸門から入ります。

  • 離宮内の御幸門から連なる錦秋の御幸道、絵のように綺麗でした。

    離宮内の御幸門から連なる錦秋の御幸道、絵のように綺麗でした。

  • 桂離宮の茶室松琴亭からの眺望は庭園に池が巧みに配置され絶景です。しかし参観道は飛び石を渡るのが多くて、注意深く歩き、膝の負担が大きく疲れました。

    桂離宮の茶室松琴亭からの眺望は庭園に池が巧みに配置され絶景です。しかし参観道は飛び石を渡るのが多くて、注意深く歩き、膝の負担が大きく疲れました。

  • 細い麩屋町通りに面した柊屋の玄関からは香の香りが漂い、古都の情緒を感じる静かな宿です

    細い麩屋町通りに面した柊屋の玄関からは香の香りが漂い、古都の情緒を感じる静かな宿です

    柊家旅館 宿・ホテル

    2名1室合計 77,000円~

    二百年の伝統を五感で味わう老舗旅館 by いのししさん
  • 玄関の正面に架かる額には「来者 如帰」(らいしゃにょき)。それは「我が家に帰ってきたようにくつろいでいただきたい」と言う柊屋のおもてなしの心だそうです。それゆえに川端康成が常宿としていたそうですし、また文人墨客ばかりでなく明治時代より皇族を始め政界人からも愛され、チャップリンも投宿したそうです。

    玄関の正面に架かる額には「来者 如帰」(らいしゃにょき)。それは「我が家に帰ってきたようにくつろいでいただきたい」と言う柊屋のおもてなしの心だそうです。それゆえに川端康成が常宿としていたそうですし、また文人墨客ばかりでなく明治時代より皇族を始め政界人からも愛され、チャップリンも投宿したそうです。

  • 2階の和室12畳と次の間付の二間、29号です。床の間の掛け軸と言い、生け花と言い、螺鈿(らでん)や木目込みの調度品も含め素敵で凛とした風情を感じました

    2階の和室12畳と次の間付の二間、29号です。床の間の掛け軸と言い、生け花と言い、螺鈿(らでん)や木目込みの調度品も含め素敵で凛とした風情を感じました

  • 次の間6畳の奥に洗面所と木の香りが高い高野槇の部屋風呂があり、反対側に洋式トイレがあります。目隠しとなる衝立も優雅な西陣織です。

    次の間6畳の奥に洗面所と木の香りが高い高野槇の部屋風呂があり、反対側に洋式トイレがあります。目隠しとなる衝立も優雅な西陣織です。

  • 階下に見える坪庭ですが紅葉はやや終わりのようです

    階下に見える坪庭ですが紅葉はやや終わりのようです

  • 案内された若い仲居さんから抹茶とお菓子をいただき、館内の説明を受けました。それから家族風呂に入って疲れを取り、6時半に夕食をお願いしました。<br />その時の献立表です。

    案内された若い仲居さんから抹茶とお菓子をいただき、館内の説明を受けました。それから家族風呂に入って疲れを取り、6時半に夕食をお願いしました。
    その時の献立表です。

  • 時間になると仲居さんが食前酒の大吟醸純米ささにごり生原酒と先付(秋茄子煮びたし、牛ロース、クルミ豆腐、いくら黄身おろし和え、柚子など)の料理をお盆に載せ運んできました。柊の葉模様の朱塗りのお盆に、彩り豊かな清水焼の器が映え一層料理を引き立てるのです。

    時間になると仲居さんが食前酒の大吟醸純米ささにごり生原酒と先付(秋茄子煮びたし、牛ロース、クルミ豆腐、いくら黄身おろし和え、柚子など)の料理をお盆に載せ運んできました。柊の葉模様の朱塗りのお盆に、彩り豊かな清水焼の器が映え一層料理を引き立てるのです。

  • お椀は鱧蟹真丈、大黒しめじ、青梗菜、松葉柚子、この味絶品!忘れることが出来ません!板前さんの腕の見せ所です。<br />料理の合間に柊屋の女将が挨拶に参りました。次の間から両手をついて丁重な挨拶をされ、二三言葉を交わしただけでしたが、女将のおもてなしの神髄に触れた感がありました

    お椀は鱧蟹真丈、大黒しめじ、青梗菜、松葉柚子、この味絶品!忘れることが出来ません!板前さんの腕の見せ所です。
    料理の合間に柊屋の女将が挨拶に参りました。次の間から両手をついて丁重な挨拶をされ、二三言葉を交わしただけでしたが、女将のおもてなしの神髄に触れた感がありました

  • 向付は車海老湯洗い、鯛、鮪、北寄貝、あしらい、山葵、そして別注の柊屋銘入りの大吟醸の冷がお供にお勧めでした。<br />その後八寸の鱈白子ポン酢、焼き物には鰆味噌幽庵焼き、炊き合わせに小蕪柚子味噌と穴子、揚げ物は帆立貝、舞茸、万願寺唐辛子と天出汁・塩。頃合を見計らって次々と料理が運ばれてくるのです。

    向付は車海老湯洗い、鯛、鮪、北寄貝、あしらい、山葵、そして別注の柊屋銘入りの大吟醸の冷がお供にお勧めでした。
    その後八寸の鱈白子ポン酢、焼き物には鰆味噌幽庵焼き、炊き合わせに小蕪柚子味噌と穴子、揚げ物は帆立貝、舞茸、万願寺唐辛子と天出汁・塩。頃合を見計らって次々と料理が運ばれてくるのです。

  • 最後にしめじ御飯と赤だしと香の物。水物には柿、ラフランスのゼリーと苺ミント。以上12種が師走の献立でした。<br />品数と言い内容と言い味と言い、よく吟味された申し分のないもので大満足でした。

    最後にしめじ御飯と赤だしと香の物。水物には柿、ラフランスのゼリーと苺ミント。以上12種が師走の献立でした。
    品数と言い内容と言い味と言い、よく吟味された申し分のないもので大満足でした。

  • 朝食は朝寝坊してゆっくりと7時半にお願いしました。洋食もチョイスできるようですがやはり和食をお願いしました。焼き魚は鰈、こだわりの京の湯豆腐、温泉卵、たらこ、ちりめんじゃこ、京漬物など、特に目新しいものはありませんが、よく気配りされた朝食に感心しました

    朝食は朝寝坊してゆっくりと7時半にお願いしました。洋食もチョイスできるようですがやはり和食をお願いしました。焼き魚は鰈、こだわりの京の湯豆腐、温泉卵、たらこ、ちりめんじゃこ、京漬物など、特に目新しいものはありませんが、よく気配りされた朝食に感心しました

  • チェックアウトの時間が11時なのでその間ゆっくり館内を拝見する事にしました。たまたまチャップリンが泊まった部屋も空いていたので覗かせて頂きましたし、3階新館の伝統を生かされた和モダンな部屋もなかなか良いものでした。精算のためフロントへ赴くとかなり混んでいて多くの外人のお客まがいるのに驚きました。国際化が進んでいるせいでしょうか、ピーク時には約4割が外国からの観光客となるそうです。 総部屋数が28室しかありませんので、なかなか予約が取れない理由が分かった気がします。<br />帰る間際に売店に立ち寄り、柊マークの入った品を買い求め、良き旅の記念としました。

    チェックアウトの時間が11時なのでその間ゆっくり館内を拝見する事にしました。たまたまチャップリンが泊まった部屋も空いていたので覗かせて頂きましたし、3階新館の伝統を生かされた和モダンな部屋もなかなか良いものでした。精算のためフロントへ赴くとかなり混んでいて多くの外人のお客まがいるのに驚きました。国際化が進んでいるせいでしょうか、ピーク時には約4割が外国からの観光客となるそうです。 総部屋数が28室しかありませんので、なかなか予約が取れない理由が分かった気がします。
    帰る間際に売店に立ち寄り、柊マークの入った品を買い求め、良き旅の記念としました。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

二条・烏丸・河原町の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集