トゥール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ただいま、私情によりフランスに滞在中です♪<br />そしてフランスの中でも最もきれいな街だともいわれているトゥール地方!ここは14世紀ごろのフランスの中心地であったため、多くのお城が残されております。<br />今回はそのなかでも、当時の王フランソワ1世に招かれてこの地方に移住したかの超有名な画家であり、設計師であり、、、多彩な才能を発揮したレオナルド=ダ=ヴィンチが眠っているアンボワーズ城編です。<br />ダヴィンチをフランスに招いたのが当時のフランス王フランソワ1世であり、彼はフランソワ1世の腕に抱かれて亡くなったと言われております。

レオナルドダヴィンチが眠るアンボワーズ城~ロワール川沿いにあるフランスの庭 トゥール地方~

19いいね!

2015/08/09 - 2015/08/09

4位(同エリア34件中)

0

79

トラベラー・マリーさん

ただいま、私情によりフランスに滞在中です♪
そしてフランスの中でも最もきれいな街だともいわれているトゥール地方!ここは14世紀ごろのフランスの中心地であったため、多くのお城が残されております。
今回はそのなかでも、当時の王フランソワ1世に招かれてこの地方に移住したかの超有名な画家であり、設計師であり、、、多彩な才能を発揮したレオナルド=ダ=ヴィンチが眠っているアンボワーズ城編です。
ダヴィンチをフランスに招いたのが当時のフランス王フランソワ1世であり、彼はフランソワ1世の腕に抱かれて亡くなったと言われております。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
5.0
交通
3.0

PR

  • アンボワーズ城までは電車で行くこともできますが、駅から徒歩20分ほどかかるらしい、、、わたしは車で行きました。トゥール地方の古城をめぐるにはどうしても車が必要になるかと思います。<br /><br />ここは日本でいう城下町といったところでしょうか、道も石畳のところが多くあり、風情溢れています。この日の天気があまりよくなかったのが残念。

    アンボワーズ城までは電車で行くこともできますが、駅から徒歩20分ほどかかるらしい、、、わたしは車で行きました。トゥール地方の古城をめぐるにはどうしても車が必要になるかと思います。

    ここは日本でいう城下町といったところでしょうか、道も石畳のところが多くあり、風情溢れています。この日の天気があまりよくなかったのが残念。

  • ここがアンボワーズ城です。

    ここがアンボワーズ城です。

  • 着いたのがお昼頃だったのでこのお店で先にランチをします。

    着いたのがお昼頃だったのでこのお店で先にランチをします。

  • かなり評価の高いお店のようです。

    かなり評価の高いお店のようです。

  • メニュー

    メニュー

  • 前菜

    前菜

  • フランスといえばガレット。

    フランスといえばガレット。

  • デザートのチョコレートムース

    デザートのチョコレートムース

  • では、アンボワーズ城へ。

    では、アンボワーズ城へ。

  • アンボワーズ城 城・宮殿

  • ほとんどのトゥール地方の古城には日本語のガイドと有料ですが日本語のオーディオガイドがあります。この日はここでは日本人は一人もみませんでしたが、みなさんツアーか何かで訪れるのかな?

    ほとんどのトゥール地方の古城には日本語のガイドと有料ですが日本語のオーディオガイドがあります。この日はここでは日本人は一人もみませんでしたが、みなさんツアーか何かで訪れるのかな?

  • では入場料を払って入ります。<br />フランスのほとんどの観光地の入場料は現金だけでなくカードでも支払うことができます。カード社会が進んでいる証拠かな、日本ももっとクレジットカードが使える場所を増やさなければさらに観光客は増えないのでは?とも思いました。

    では入場料を払って入ります。
    フランスのほとんどの観光地の入場料は現金だけでなくカードでも支払うことができます。カード社会が進んでいる証拠かな、日本ももっとクレジットカードが使える場所を増やさなければさらに観光客は増えないのでは?とも思いました。

  • アンボワーズ城です。

    アンボワーズ城です。

  • ここが、例のダヴィンチが眠る教会です。思ったよりも小さく、質素な感じではありますが、造りはとても素敵です。

    ここが、例のダヴィンチが眠る教会です。思ったよりも小さく、質素な感じではありますが、造りはとても素敵です。

  • お城のそばから見える街並みです。

    お城のそばから見える街並みです。

  • 奥に見える川がフランスで最も長い川、ロワール川です。<br />アンボワーズ城はロワール川を見下ろす場所に建っていてとても素敵なお城です。

    奥に見える川がフランスで最も長い川、ロワール川です。
    アンボワーズ城はロワール川を見下ろす場所に建っていてとても素敵なお城です。

  • とても画になります。

    とても画になります。

  • 教会です。

    教会です。

  • 中に入ります。

    中に入ります。

  • ステンドグラスがとてもきれいです。

    ステンドグラスがとてもきれいです。

  • 写真の右に写っているユリの花は本物で、教会内にとってもいい香りを充満させています。

    写真の右に写っているユリの花は本物で、教会内にとってもいい香りを充満させています。

  • ここにダヴィンチが眠っております。

    ここにダヴィンチが眠っております。

  • さて場内に入ります。

    さて場内に入ります。

  • これが当時の設計図です。赤い部分はすでに無くなってしまっており、現存しているアンボワーズ城は黒い部分のみです。

    これが当時の設計図です。赤い部分はすでに無くなってしまっており、現存しているアンボワーズ城は黒い部分のみです。

  • 階段を上っていきます。

    階段を上っていきます。

  • アンボワーズ城を建てた、フランス王シャルル8世と王妃アンヌの画(だったはずです)

    アンボワーズ城を建てた、フランス王シャルル8世と王妃アンヌの画(だったはずです)

  • ダヴィンチの最期について書かれています。

    ダヴィンチの最期について書かれています。

  • 暖炉

    暖炉

  • 至るところに顔があります。(笑)

    至るところに顔があります。(笑)

  • にやり。

    にやり。

  • あーーーーきつい〜〜〜〜〜て感じ?かな。

    あーーーーきつい〜〜〜〜〜て感じ?かな。

  • おっも〜(重たすぎる!って感じ?)

    おっも〜(重たすぎる!って感じ?)

  • 若き日のフランソワ1世。<br />彼はルネッサンス芸術の庇護者であったため、当時のフランスではルネッサンス様式を取り入れた建築物や絵画などが発達します。また、イタリアから多くの芸術家を自分の身近に集めました。ダヴィンチもその一人です。

    若き日のフランソワ1世。
    彼はルネッサンス芸術の庇護者であったため、当時のフランスではルネッサンス様式を取り入れた建築物や絵画などが発達します。また、イタリアから多くの芸術家を自分の身近に集めました。ダヴィンチもその一人です。

  • 城内には貴重な食器の展示もあります。

    城内には貴重な食器の展示もあります。

  • ここは給仕係の間(だったはず)

    ここは給仕係の間(だったはず)

  • アンリ2世の部屋

    アンリ2世の部屋

  • フランシスコ会修道女控えの間<br /><br />彼があのブルボン王朝創始者のアンリ4世です。<br />

    フランシスコ会修道女控えの間

    彼があのブルボン王朝創始者のアンリ4世です。

  • ドラゴンを刺しているサン=ミッシェルです。これ結構有名ですよね♪

    ドラゴンを刺しているサン=ミッシェルです。これ結構有名ですよね♪

  • ルイ=フィリップの家系の書斎です。

    ルイ=フィリップの家系の書斎です。

  • ルイ=フィリップ

    ルイ=フィリップ

  • この絵は結構フランスの多くの宮殿にあります。たしかヴェルサイユにも。

    この絵は結構フランスの多くの宮殿にあります。たしかヴェルサイユにも。

  • 音楽サロン

    音楽サロン

  • ハープがあり、混乱した世であっても優雅な生活を送っていたであろう当時の貴族たちが想像できます。

    ハープがあり、混乱した世であっても優雅な生活を送っていたであろう当時の貴族たちが想像できます。

  • アンボワーズ城の外壁です

    アンボワーズ城の外壁です

  • 塔です。ここをでたら、アンボワーズ城自慢の広い庭が広がっています。

    塔です。ここをでたら、アンボワーズ城自慢の広い庭が広がっています。

  • そして、お城を出るとレオナルドダヴィンチの像があります。だいたいの人はこの像と一緒に写真を撮っています。(笑)

    そして、お城を出るとレオナルドダヴィンチの像があります。だいたいの人はこの像と一緒に写真を撮っています。(笑)

  • 庭から見たアンボワーズ城

    庭から見たアンボワーズ城

  • 大きな木の隣にはこのような???があります。これもダヴィンチと関係があるのかな?

    大きな木の隣にはこのような???があります。これもダヴィンチと関係があるのかな?

  • という感じです。<br /><br />多くのツアー会社のロワール地方の古城めぐりで訪れる古城といえばシャンポール城やシュノンソー城だと思います。このアンボワーズ城は大きくはないですが、見どころのあるお城なのでおすすめです♪♪

    という感じです。

    多くのツアー会社のロワール地方の古城めぐりで訪れる古城といえばシャンポール城やシュノンソー城だと思います。このアンボワーズ城は大きくはないですが、見どころのあるお城なのでおすすめです♪♪

この旅行記のタグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集