台北旅行記(ブログ) 一覧に戻る
台湾は間もなく春節旧正月(1月1日)の元旦を迎えます。<br />今年は2月19日が元旦に当たります。その直前に2泊3日で台北へ出かけてきました。<br />お正月前の賑やかな年末を体感してきました。<br /><br />日本を出たときは10度以下で底冷えがしていたのですが、台湾の気温は20度。独特の熱気に包まれていました。<br />台北の桃園空港から1歩出ると、外は温暖なアジア。<br />蒸し暑さ、漂う何とも言えない匂い、人々の熱気、携帯電話が鳴り響く音、おばちゃんたちのしゃべり声、車の渋滞そして何と言っても「キンキン」に冷えわたる冷房。<br /><br />初日、台北に着いたときはすでに19時を回っていました。本格稼動は翌日朝から夜まで行動。<br />十分は春節の天燈祭が有名ですが、ひとあし先に見てきました。<br />晴れ渡った空へ勢い良く立ち上っていくランタンは人々の願いや願いを天高く届けてくれるようです。<br />

春節前の十分 天燈(ランタン)高く舞い上がれ

96いいね!

2015/02/14 - 2015/02/16

699位(同エリア26760件中)

2

75

nomadic dream

nomadic dreamさん

台湾は間もなく春節旧正月(1月1日)の元旦を迎えます。
今年は2月19日が元旦に当たります。その直前に2泊3日で台北へ出かけてきました。
お正月前の賑やかな年末を体感してきました。

日本を出たときは10度以下で底冷えがしていたのですが、台湾の気温は20度。独特の熱気に包まれていました。
台北の桃園空港から1歩出ると、外は温暖なアジア。
蒸し暑さ、漂う何とも言えない匂い、人々の熱気、携帯電話が鳴り響く音、おばちゃんたちのしゃべり声、車の渋滞そして何と言っても「キンキン」に冷えわたる冷房。

初日、台北に着いたときはすでに19時を回っていました。本格稼動は翌日朝から夜まで行動。
十分は春節の天燈祭が有名ですが、ひとあし先に見てきました。
晴れ渡った空へ勢い良く立ち上っていくランタンは人々の願いや願いを天高く届けてくれるようです。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2月14日(土)の成田空港。人がまばらです。<br />13:30発のトランスアジア/台北行きに乗りました。<br />台北行きを決めたのが直前、2泊3日で急いでチケットとホテルを押さえました。何とかなるものです。<br />恐らく台湾の方はお正月前で忙しくて日本へ旅行している暇はないのだと思います。

    2月14日(土)の成田空港。人がまばらです。
    13:30発のトランスアジア/台北行きに乗りました。
    台北行きを決めたのが直前、2泊3日で急いでチケットとホテルを押さえました。何とかなるものです。
    恐らく台湾の方はお正月前で忙しくて日本へ旅行している暇はないのだと思います。

  • ゲートは一番端の方でした。<br />日中はさすがに飛び立つ飛行機は少なく、ひっそりです。<br />誰も歩いていません。ここで大丈夫かなと思いました。

    ゲートは一番端の方でした。
    日中はさすがに飛び立つ飛行機は少なく、ひっそりです。
    誰も歩いていません。ここで大丈夫かなと思いました。

  • この日に乗った飛行機です。<br />トランスアジア。<br />成田発13:30→台北16:30(4時間、時差は1時間台北が遅い)<br />

    この日に乗った飛行機です。
    トランスアジア。
    成田発13:30→台北16:30(4時間、時差は1時間台北が遅い)

  • 台北に着きました。<br />夕方なので少し暗くなっていました。

    台北に着きました。
    夕方なので少し暗くなっていました。

  • 桃園空港です。<br />天井も高くて広いです。<br />台湾は景気も良いので、空港も大きく綺麗です。<br />

    桃園空港です。
    天井も高くて広いです。
    台湾は景気も良いので、空港も大きく綺麗です。

  • 空港もお正月です。

    空港もお正月です。

  • リムジンバスで台北市内へ向かいます。<br />国光客運の台北駅行きに乗りました。<br />125元(片道)です。1元(台湾ドル)=約4円。<br /><br />台北駅までは空いていれば40分くらいです。

    リムジンバスで台北市内へ向かいます。
    国光客運の台北駅行きに乗りました。
    125元(片道)です。1元(台湾ドル)=約4円。

    台北駅までは空いていれば40分くらいです。

  • バスは10分から20分おきに出ています。<br />バスの中はこんな感じです。<br />結構空いていました。

    バスは10分から20分おきに出ています。
    バスの中はこんな感じです。
    結構空いていました。

  • アジア独特の交通渋滞にはまり始めました。<br />高速道路から台北市内に入る前から混み始めました。<br />バスやタクシーがすぐ停車するので後ろが詰まります。<br />その間をオートバイがすり抜けていきます。<br />

    アジア独特の交通渋滞にはまり始めました。
    高速道路から台北市内に入る前から混み始めました。
    バスやタクシーがすぐ停車するので後ろが詰まります。
    その間をオートバイがすり抜けていきます。

    三重国小駅

  • この当たりから道路は動かなくなって、暗くなってきました。<br />見ているとオートバイがすり抜けていきます。<br />向こうに渡ったり好き勝手な行動です。<br />

    この当たりから道路は動かなくなって、暗くなってきました。
    見ているとオートバイがすり抜けていきます。
    向こうに渡ったり好き勝手な行動です。

  • 台北駅に着きました。<br />バスは台北駅のすぐ脇に到着します。<br />みな荷物を持って台北駅に向かいます。<br />

    台北駅に着きました。
    バスは台北駅のすぐ脇に到着します。
    みな荷物を持って台北駅に向かいます。

    台北駅 <地下鉄> (台北車站)

  • 台北駅の中です。<br />人々は床にダイレクトに座っています。ちなみに床は綺麗に掃除されていて座っても苦にはなりません。<br />正面に見えるのが切符売り場です。<br />ここから新幹線も出ています。

    台北駅の中です。
    人々は床にダイレクトに座っています。ちなみに床は綺麗に掃除されていて座っても苦にはなりません。
    正面に見えるのが切符売り場です。
    ここから新幹線も出ています。

  • ホテルを目指します。<br />台北の駅周辺はネオンと様々な看板が立ち並んでいます。

    ホテルを目指します。
    台北の駅周辺はネオンと様々な看板が立ち並んでいます。

  • チェックイン後にお腹が空いていたので早速食事へ。<br />台北の駅近くにこんな空間が。<br />周りは大きなビルになっていますが、こんな一角がありました。<br />

    チェックイン後にお腹が空いていたので早速食事へ。
    台北の駅近くにこんな空間が。
    周りは大きなビルになっていますが、こんな一角がありました。

  • もう少し奥へ入ってみます。<br />

    もう少し奥へ入ってみます。

  • このおばちゃんとおっちゃんの店にしました。

    このおばちゃんとおっちゃんの店にしました。

  • 牛筋麺を選びました。100元でした。<br />スープの味付けは薄めで、麺も少なめでした。<br />日本風に言うと「さっぱり」が適当かもしれません。

    牛筋麺を選びました。100元でした。
    スープの味付けは薄めで、麺も少なめでした。
    日本風に言うと「さっぱり」が適当かもしれません。

  • 年末の風景です。<br />商店街は赤くなっています。

    年末の風景です。
    商店街は赤くなっています。

  • 焼き鳥屋さんです。<br />

    焼き鳥屋さんです。

  • ここで「おやき」のようなものを買いました。<br />30元。ビールに合いました。

    ここで「おやき」のようなものを買いました。
    30元。ビールに合いました。

  • ビールと「おやき」です。<br />実はギョーザも買ったのですが、すでに食べてしまいました。<br />

    ビールと「おやき」です。
    実はギョーザも買ったのですが、すでに食べてしまいました。

  • 2月15日(日)の朝です。<br />台北駅はまだ朝早いので人がいません。今のうちに行動です。

    2月15日(日)の朝です。
    台北駅はまだ朝早いので人がいません。今のうちに行動です。

  • 台北から十分へ向かいます。<br />台湾は国鉄です。運賃もリーズナブルで十分まで69元です。<br /><br />十分までは途中で平渓線に乗り換えて行きます。<br />ところが説明が十分でないので、駅員に聞くとよくわかりません。<br />筆談で行いますが、1時間後の電車に乗れとか言い出しました。<br /><br />そこでとにかく近くまで行って考えようと、台北駅から「基隆」行きの電車に乗ります。

    台北から十分へ向かいます。
    台湾は国鉄です。運賃もリーズナブルで十分まで69元です。

    十分までは途中で平渓線に乗り換えて行きます。
    ところが説明が十分でないので、駅員に聞くとよくわかりません。
    筆談で行いますが、1時間後の電車に乗れとか言い出しました。

    そこでとにかく近くまで行って考えようと、台北駅から「基隆」行きの電車に乗ります。

  • 朝早いので、日曜日でもあり誰も乗っていません。<br />電車の中はこんな感じです。

    朝早いので、日曜日でもあり誰も乗っていません。
    電車の中はこんな感じです。

  • やはりありました。<br />七堵(Qiduシードゥーと聞こえました)に行くと「平渓線」が見えました。ホームの端にこんな感じでした。<br />ここからディーゼルカーに乗り換えて「十分」へ。

    やはりありました。
    七堵(Qiduシードゥーと聞こえました)に行くと「平渓線」が見えました。ホームの端にこんな感じでした。
    ここからディーゼルカーに乗り換えて「十分」へ。

    七堵駅

  • 朝日を浴びています。<br />これから「十分」を目指します。<br /><br />この平渓線は、七堵駅が起点となっていました。<br />ガイドブックでは、台北から瑞芳(Ruifan)へ行って乗り換えとなっていましたが、ここで乗り換えればよいことがわかりました。<br /><br />数年前にも訪れて瑞芳で乗り換えたのですが、凄い混んでいました。

    朝日を浴びています。
    これから「十分」を目指します。

    この平渓線は、七堵駅が起点となっていました。
    ガイドブックでは、台北から瑞芳(Ruifan)へ行って乗り換えとなっていましたが、ここで乗り換えればよいことがわかりました。

    数年前にも訪れて瑞芳で乗り換えたのですが、凄い混んでいました。

  • 出発しました。こんな感じで起点となっています。ここで折り返しです。

    出発しました。こんな感じで起点となっています。ここで折り返しです。

  • 七堵へ向かう列車とすれ違いました。

    七堵へ向かう列車とすれ違いました。

  • かなり山奥に入っていきます。

    かなり山奥に入っていきます。

  • 十分につきました。<br />上り列車とここで交換です。<br />人々は線路を渡って駅へ入ります。

    十分につきました。
    上り列車とここで交換です。
    人々は線路を渡って駅へ入ります。

    十分駅

  • 列車は1時間に1本なので線路はこんな感じです。<br />ここで天燈(ランタン)飛ばしが間もなく始まります。

    列車は1時間に1本なので線路はこんな感じです。
    ここで天燈(ランタン)飛ばしが間もなく始まります。

  • 商店街から駅方面を見ます。

    商店街から駅方面を見ます。

  • 街はまだ朝なので豚の解体中でした。<br />観光客は10時頃よりどっと訪れます。それまではこんな風景です。

    街はまだ朝なので豚の解体中でした。
    観光客は10時頃よりどっと訪れます。それまではこんな風景です。

  • 列車が来ました。犬もよけていきます。

    イチオシ

    列車が来ました。犬もよけていきます。

  • でも列車が通り過ぎるとおばちゃんがすぐに渡り始めました。

    でも列車が通り過ぎるとおばちゃんがすぐに渡り始めました。

  • 人々が集まり始めました。列車が通り過ぎるとこんな感じになります。<br />これからランタンを飛ばし始めます。<br />韓国の方でした。

    人々が集まり始めました。列車が通り過ぎるとこんな感じになります。
    これからランタンを飛ばし始めます。
    韓国の方でした。

  • 願い事を書いて飛ばします。<br />十分の商店街がランタン飛ばしを売っています。<br /><br />

    イチオシ

    願い事を書いて飛ばします。
    十分の商店街がランタン飛ばしを売っています。

  • ランタンは家の間をすり抜けて高く上がっていきます。<br />線路の上で上げる理由が分かります。

    ランタンは家の間をすり抜けて高く上がっていきます。
    線路の上で上げる理由が分かります。

  • 線路から飛ばすと家にぶつからずに真っ直ぐ飛んで行くのです。

    線路から飛ばすと家にぶつからずに真っ直ぐ飛んで行くのです。

  • 日本の旅行者も登場。

    日本の旅行者も登場。

  • にぎやかです。

    にぎやかです。

  • 帰りはまたこの駅から台北へ戻ります。<br />戻りかけたころに一斉に観光客が訪れました。<br />やはり10時です。列車は満員でした。

    帰りはまたこの駅から台北へ戻ります。
    戻りかけたころに一斉に観光客が訪れました。
    やはり10時です。列車は満員でした。

  • 韓国の人ですが、その中で日本語が書かれていました。<br />何でもできる....と。希望一杯です。

    韓国の人ですが、その中で日本語が書かれていました。
    何でもできる....と。希望一杯です。

  • 緑色も出てきました。

    緑色も出てきました。

  • これがランタンです。<br />横に墨があります。これで願い事を書きます。

    これがランタンです。
    横に墨があります。これで願い事を書きます。

  • ここが一番有名なランタン屋さんと、大きな声で日本人を連れた台湾人のガイドさんが言っていました。<br />日本人は「一番」が好きです。それでいいと思います。

    ここが一番有名なランタン屋さんと、大きな声で日本人を連れた台湾人のガイドさんが言っていました。
    日本人は「一番」が好きです。それでいいと思います。

  • 十分の駅を向かい側から見てみます。

    十分の駅を向かい側から見てみます。

  • 十分の駅から川をわたってみます。大きなつり橋です。<br />

    十分の駅から川をわたってみます。大きなつり橋です。

  • 川を見てみます。

    川を見てみます。

  • 川の向こう側には民家が並んでいます。

    川の向こう側には民家が並んでいます。

  • こんな風景が見えます。<br />民家の軒先を通って駅へ向かうつり橋です。

    こんな風景が見えます。
    民家の軒先を通って駅へ向かうつり橋です。

  • のんびりした風景です。

    のんびりした風景です。

  • 線路で楽しむカップル。でもそのうちに列車がやってくるのです。

    線路で楽しむカップル。でもそのうちに列車がやってくるのです。

  • カップルは列車がきてびっくりして左側によけました。

    カップルは列車がきてびっくりして左側によけました。

  • この上り列車に乗って台北へ戻ることにしました。

    この上り列車に乗って台北へ戻ることにしました。

  • 帰りは何となく観光客と一緒に瑞芳で降りてしまいました。<br />恐らく観光客は十分まではバスで行って、十分から瑞芳まで列車に乗る、そして瑞芳からバスで今度は九分を目指すというルートをとるようです。<br />

    帰りは何となく観光客と一緒に瑞芳で降りてしまいました。
    恐らく観光客は十分まではバスで行って、十分から瑞芳まで列車に乗る、そして瑞芳からバスで今度は九分を目指すというルートをとるようです。

  • 何だか、江ノ電と提携しているようです。<br />瑞芳駅に出ていました。不思議な感じです。

    何だか、江ノ電と提携しているようです。
    瑞芳駅に出ていました。不思議な感じです。

    瑞芳駅

  • 瑞芳(ルイファン)から台北へ向かいます。<br />何だか不思議な列車がやってきました。客車です。<br />一般の人がみんな乗り込んだので、自分も乗り込みました。<br />どうも長距離列車で台北のあたりは誰でも乗れるようになっていました。<br />高雄行きの急行列車(キョ光号)だったようです。知らずに乗りました。

    瑞芳(ルイファン)から台北へ向かいます。
    何だか不思議な列車がやってきました。客車です。
    一般の人がみんな乗り込んだので、自分も乗り込みました。
    どうも長距離列車で台北のあたりは誰でも乗れるようになっていました。
    高雄行きの急行列車(キョ光号)だったようです。知らずに乗りました。

  • こんな感じです。通り過ぎていくかと思いきや停止しました。<br />慌てて走っていって乗りました。<br />日本にも客車がありましたが懐かしいです。

    こんな感じです。通り過ぎていくかと思いきや停止しました。
    慌てて走っていって乗りました。
    日本にも客車がありましたが懐かしいです。

  • ちなみに車内はこんな感じです。<br />この列車で今度は旅をしてみたいです。退屈そうですね。<br />乗り心地は悪く無かったです。

    ちなみに車内はこんな感じです。
    この列車で今度は旅をしてみたいです。退屈そうですね。
    乗り心地は悪く無かったです。

  • 台北に着きました。ここから旅に出る人が乗り込んできました。<br />凄い勢いでした。

    台北に着きました。ここから旅に出る人が乗り込んできました。
    凄い勢いでした。

  • 列車はこんな台北駅を出て高雄へ向かいました。<br />後で時刻表を見るとここから8時間くらいかかるようです。<br />375KM離れているようです。<br />人が立っているのが見えます。

    列車はこんな台北駅を出て高雄へ向かいました。
    後で時刻表を見るとここから8時間くらいかかるようです。
    375KM離れているようです。
    人が立っているのが見えます。

  • 台北市内を歩きます。<br />お正月ムードで、街中が旗で飾られています。

    台北市内を歩きます。
    お正月ムードで、街中が旗で飾られています。

  • 商店街は賑やかにお正月の商品を売っています。

    商店街は賑やかにお正月の商品を売っています。

  • 交差点まで旗がつけられています。

    交差点まで旗がつけられています。

  • バスがこんな感じで停車するので渋滞ができていきます。

    バスがこんな感じで停車するので渋滞ができていきます。

  • 最後の日、朝早くホテルを出て台北駅に向かいます。<br />台北駅の隣にあるバス乗り場から桃園空港へ向かいます。

    最後の日、朝早くホテルを出て台北駅に向かいます。
    台北駅の隣にあるバス乗り場から桃園空港へ向かいます。

  • 桃園空港発が8:00発だったので早めにバスに乗ります。<br />国光客運のバスは朝4:30から20分おきくらいにバスを走らしているようです。

    桃園空港発が8:00発だったので早めにバスに乗ります。
    国光客運のバスは朝4:30から20分おきくらいにバスを走らしているようです。

  • バスに乗り込みます。<br />写真を撮っていると、早く乗り込めと言われました。<br />どうも一番最後だったようで、自分が乗り込むと運転手はすぐに運転台に向かってエンジンをかけ始めました。

    バスに乗り込みます。
    写真を撮っていると、早く乗り込めと言われました。
    どうも一番最後だったようで、自分が乗り込むと運転手はすぐに運転台に向かってエンジンをかけ始めました。

  • バスの中はこんな感じ。<br />満席までは行かないものの結構一杯です。

    バスの中はこんな感じ。
    満席までは行かないものの結構一杯です。

  • 桃園空港につきました。

    桃園空港につきました。

  • 2泊3日の台北ツアーもこれで終わりです。<br />賑やかなお正月前の台北。忘れがたいです。

    2泊3日の台北ツアーもこれで終わりです。
    賑やかなお正月前の台北。忘れがたいです。

この旅行記のタグ

関連タグ

96いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • たろうどんさん 2015/03/01 11:28:09
    また行きたくなりました
    一度ツアーで行きました。日記が詳しいのでよく分かり個人でもう一度行きたくなりました。

    楽しい日記でした。

    nomadic dream

    nomadic dreamさん からの返信 2015/03/01 18:18:38
    Re: また行きたくなりました
    たろうどんさん
    ありがとうございました。
    個人で行きだすと、癖になってどこへでも行けそうな気がしてきます。

nomadic dreamさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集