津和野 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
いや、そりゃぁ途中休憩しながらの道のりだったが<br />津和野到着が、やっとこさの17時前。<br /><br />ドコも同じだが、高齢ドライバーが遅ぇのなんの!<br /><br /><br />そんな津和野到着後、今夜の泊まりは「わた屋」さん。<br />ポイントのある楽天トラベルで“素泊まり”ができるのは洋室のみ。<br />事前に電話で「露天風呂付き」の客室に<br />素泊まりするコトはできぬか聞いてみたのだが<br />愛想のないおばちゃんが「ムリ」・・・・との一言でしてね(爆)<br /><br />思った通りのビミョーなチェックインを済ませる。<br />説明がめんどうなのか、コレを読めと紙1枚(爆)<br /><br />「あのっ 貸切風呂があるって聞いたんですけどっ」<br />「あぁ、今はやってないんです。」<br /><br />「足湯はどこにあるんですか?」<br />「ソコです。それも紙に書いてありますから」<br />紙見たら、書いてないし(爆)<br /><br />最近では安いビジネスホテルでも<br />標準化されたサービスが当たり前になってるもんだが<br />田舎の旅館にソレを要求するのがムリだってコトは<br />あたしも田舎暮らしをやってるんで・・・・ね(笑)<br /><br /><br />ま、今は時間が無い!<br />荷物を部屋に投げ込んだら、小走りで向かうのは・・・・・<br /><br />

目的はふたつ! Vol.02 『美加登家』で鮎!

17いいね!

2014/07/29 - 2014/07/30

82位(同エリア267件中)

いや、そりゃぁ途中休憩しながらの道のりだったが
津和野到着が、やっとこさの17時前。

ドコも同じだが、高齢ドライバーが遅ぇのなんの!


そんな津和野到着後、今夜の泊まりは「わた屋」さん。
ポイントのある楽天トラベルで“素泊まり”ができるのは洋室のみ。
事前に電話で「露天風呂付き」の客室に
素泊まりするコトはできぬか聞いてみたのだが
愛想のないおばちゃんが「ムリ」・・・・との一言でしてね(爆)

思った通りのビミョーなチェックインを済ませる。
説明がめんどうなのか、コレを読めと紙1枚(爆)

「あのっ 貸切風呂があるって聞いたんですけどっ」
「あぁ、今はやってないんです。」

「足湯はどこにあるんですか?」
「ソコです。それも紙に書いてありますから」
紙見たら、書いてないし(爆)

最近では安いビジネスホテルでも
標準化されたサービスが当たり前になってるもんだが
田舎の旅館にソレを要求するのがムリだってコトは
あたしも田舎暮らしをやってるんで・・・・ね(笑)


ま、今は時間が無い!
荷物を部屋に投げ込んだら、小走りで向かうのは・・・・・

PR

  • 津和野駅!<br /><br />うわっ 電車、来てんじゃん!<br /><br />げぇっ ICOCA使えないのかよ(爆)<br /><br />駅員さんの尋ねに、汗だくになりながら必死で駅名を思い出す。<br />「にっ にちはらまで行きたいんですケドっ」(爆)<br />17:14発の電車に飛び乗る。<br /><br /><br />ローカルな風情。<br />いやいや、線路があるだけ羨まし。<br /><br />どんなに汗だくでもなぜか爽やかに見える高校生たちと共に<br />おっさん・おばはん、「まずは速攻“生”頼もう!」と意気込みながら<br />ローカル線の、ちいさな旅のはじまりはじまり(笑)

    津和野駅!

    うわっ 電車、来てんじゃん!

    げぇっ ICOCA使えないのかよ(爆)

    駅員さんの尋ねに、汗だくになりながら必死で駅名を思い出す。
    「にっ にちはらまで行きたいんですケドっ」(爆)
    17:14発の電車に飛び乗る。


    ローカルな風情。
    いやいや、線路があるだけ羨まし。

    どんなに汗だくでもなぜか爽やかに見える高校生たちと共に
    おっさん・おばはん、「まずは速攻“生”頼もう!」と意気込みながら
    ローカル線の、ちいさな旅のはじまりはじまり(笑)

  • 想像以上に長い駅と駅の距離。<br /><br />ふた駅目、「日原」で下車。<br />学生たちもみんな降りて行く。<br /><br />降りるドアは前、ひとつのみ。<br />切符を運転手さんの後ろの箱に入れて降りる。

    想像以上に長い駅と駅の距離。

    ふた駅目、「日原」で下車。
    学生たちもみんな降りて行く。

    降りるドアは前、ひとつのみ。
    切符を運転手さんの後ろの箱に入れて降りる。

  • 降りた客が線路を渡り終えるのを待って出発して行く電車。<br /><br />ディーゼル。<br /><br />学生たちは、迎えに来た親たちのクルマで帰っていく。<br /><br />さて・・・・ウチらはココからどうするか・・・。<br /><br />窓口は17時で終了済み。<br />タクシーは・・・・・いるワケがない(爆)<br /><br />仕方ないので「美加登家」に電話し、1台手配してもらう。<br />待つコト少しでおじぃちゃん運転手の<br />これまたおじぃちゃんなタクシーがやって来た(笑)<br /><br />

    降りた客が線路を渡り終えるのを待って出発して行く電車。

    ディーゼル。

    学生たちは、迎えに来た親たちのクルマで帰っていく。

    さて・・・・ウチらはココからどうするか・・・。

    窓口は17時で終了済み。
    タクシーは・・・・・いるワケがない(爆)

    仕方ないので「美加登家」に電話し、1台手配してもらう。
    待つコト少しでおじぃちゃん運転手の
    これまたおじぃちゃんなタクシーがやって来た(笑)

  • 駅から美加登家まではすぐ。<br /><br />もう着くと分かっているので<br />着物の女将が出迎えてくれる。<br /><br />うん!想像した通りだ!<br /><br />こんな山奥に、凛とした風格!

    駅から美加登家まではすぐ。

    もう着くと分かっているので
    着物の女将が出迎えてくれる。

    うん!想像した通りだ!

    こんな山奥に、凛とした風格!

  • 中へ入ると、よく磨きこまれた古い古い木のぬくもり。<br /><br />古き良き時代を感じる「電話室」なんて表記。<br /><br />折れ曲がった廊下を歩き、時代を感じる丸みを帯びた階段を上がる。<br /><br />すでに先客がいるのか、障子の向こうからはにぎやかな声。

    中へ入ると、よく磨きこまれた古い古い木のぬくもり。

    古き良き時代を感じる「電話室」なんて表記。

    折れ曲がった廊下を歩き、時代を感じる丸みを帯びた階段を上がる。

    すでに先客がいるのか、障子の向こうからはにぎやかな声。

  • 案内されたのは、一番奥の部屋。<br /><br />目の前がトイレとなるが・・・・<br /><br />先に話すが、コレが笑った。<br />まず、鍵がない(爆)<br /><br />ま、田舎なんてこんなもんなのだが<br />女性用の引き戸を開けて驚いた!<br /><br />普通、引き戸をガラっと開けたら<br />便器は右の壁もしくは正面に設置されてあるものだが<br />どう言ったらいいのだろう・・・・<br /><br />ガラっと開けた目の前左壁。<br />右手で開けたら、入ってすぐの左壁に設置されている便器。<br /><br />開けたら便器“側面”にぶつかるワケで<br />グルっとまわって、正面に行かねばならない・・・・<br /><br />が、座りながらカギの無い引き戸を<br />開かないように押さえておくにはいい配置だった(爆)<br /><br />あ、アメニティはなんも無し。

    案内されたのは、一番奥の部屋。

    目の前がトイレとなるが・・・・

    先に話すが、コレが笑った。
    まず、鍵がない(爆)

    ま、田舎なんてこんなもんなのだが
    女性用の引き戸を開けて驚いた!

    普通、引き戸をガラっと開けたら
    便器は右の壁もしくは正面に設置されてあるものだが
    どう言ったらいいのだろう・・・・

    ガラっと開けた目の前左壁。
    右手で開けたら、入ってすぐの左壁に設置されている便器。

    開けたら便器“側面”にぶつかるワケで
    グルっとまわって、正面に行かねばならない・・・・

    が、座りながらカギの無い引き戸を
    開かないように押さえておくにはいい配置だった(爆)

    あ、アメニティはなんも無し。

  • 案内されたお部屋はこんな感じ。<br /><br />年代物の“クーラー”では<br />正直パワー不足(笑)<br /><br />部屋の隅々に「鮎」なデザイン。<br /><br />入った瞬間香ったお茶の香りは、香炉かぁ!

    案内されたお部屋はこんな感じ。

    年代物の“クーラー”では
    正直パワー不足(笑)

    部屋の隅々に「鮎」なデザイン。

    入った瞬間香ったお茶の香りは、香炉かぁ!

  • お箸置きも鮎!

    お箸置きも鮎!

  • コースターも鮎!<br /><br />うふっ<br /><br />「かに道楽」みたい♪(爆)

    コースターも鮎!

    うふっ

    「かに道楽」みたい♪(爆)

  • お酒の品ぞろえはこんな感じ。<br /><br />注目は、そう!<br />あゆ酒!!!<br /><br />とりあえずビールと叫んだが<br />コレはあとで絶対いただこうとココロに決める(笑)

    お酒の品ぞろえはこんな感じ。

    注目は、そう!
    あゆ酒!!!

    とりあえずビールと叫んだが
    コレはあとで絶対いただこうとココロに決める(笑)

  • お土産や地方発送はこんな感じらしく・・・<br /><br />うわぁっ<br />鮎ごはんまで持って帰れるのかぁ!

    お土産や地方発送はこんな感じらしく・・・

    うわぁっ
    鮎ごはんまで持って帰れるのかぁ!

  • そんなコト言ってると、すぐに運ばれてくる先附。<br /><br />あひゃぁっ 鮎だぁ!

    そんなコト言ってると、すぐに運ばれてくる先附。

    あひゃぁっ 鮎だぁ!

  • 奥のガラスが、子うるか。<br /><br />こんなの初めて見た!<br />鮎の白子と真子でできているそうで<br />やさしいお味。<br /><br />でも、やっぱり酒盗。

    奥のガラスが、子うるか。

    こんなの初めて見た!
    鮎の白子と真子でできているそうで
    やさしいお味。

    でも、やっぱり酒盗。

  • 手前が苦うるか。自家製で一年かけて作るのだとか。<br /><br />うるかって、実はあんまり縁の無い食べ物だったのだが<br />独特のほろ苦さがもぉ・・・・<br /><br />こりゃいかん!<br />コレを生ビールなんかでヤってはいけない!(爆)<br /><br /><br />

    手前が苦うるか。自家製で一年かけて作るのだとか。

    うるかって、実はあんまり縁の無い食べ物だったのだが
    独特のほろ苦さがもぉ・・・・

    こりゃいかん!
    コレを生ビールなんかでヤってはいけない!(爆)


  • 中居さんが来たら、お酒を頼もうと<br />ゆっくり酒盗を愉しむ。<br /><br />うふっ 鮎だらけ♪

    中居さんが来たら、お酒を頼もうと
    ゆっくり酒盗を愉しむ。

    うふっ 鮎だらけ♪

  • すぐに背ごしも運ばれてくる。

    すぐに背ごしも運ばれてくる。

  • うわぁ〜っ<br /><br />なんてキレイなんだろう!<br /><br />しかも、氷に直置きでなく<br />葉っぱ1枚かませてくれてあるので<br />冷え過ぎなくてヨシ。

    うわぁ〜っ

    なんてキレイなんだろう!

    しかも、氷に直置きでなく
    葉っぱ1枚かませてくれてあるので
    冷え過ぎなくてヨシ。

  • それにしても・・・・<br /><br />実はわたくし、「背ごし」と言う調理法はあまり好きではない。<br />骨が当たるんでね。<br />鮎もホントは三枚におろしてからお刺身にして欲しいのだが・・・・<br /><br />そんなコト言ってるとオヤジはオヤジで<br />川魚はお造りでいただくより<br />加熱した方がそれっぽさがよく分かると・・・<br /><br />なるほどそれも一理ある(笑)

    それにしても・・・・

    実はわたくし、「背ごし」と言う調理法はあまり好きではない。
    骨が当たるんでね。
    鮎もホントは三枚におろしてからお刺身にして欲しいのだが・・・・

    そんなコト言ってるとオヤジはオヤジで
    川魚はお造りでいただくより
    加熱した方がそれっぽさがよく分かると・・・

    なるほどそれも一理ある(笑)

  • お酒はまずは「あゆ酒」を頼んだのだが<br />お勧めの飲み方は“常温”でだそうで・・・・<br /><br />鮎を漬けて15分ほどかかるそうなので<br />待ってる間に「初陣」。<br />地元津和野のお酒。<br /><br />なるほど。こういう酒器でくるか。<br /><br /><br /><br />お酒をゆっくりいただきながら<br />酒盗を舐めて、背ごしをいただく。<br /><br />しばらくすると・・・・・

    お酒はまずは「あゆ酒」を頼んだのだが
    お勧めの飲み方は“常温”でだそうで・・・・

    鮎を漬けて15分ほどかかるそうなので
    待ってる間に「初陣」。
    地元津和野のお酒。

    なるほど。こういう酒器でくるか。



    お酒をゆっくりいただきながら
    酒盗を舐めて、背ごしをいただく。

    しばらくすると・・・・・

  • キタ!コレ!<br /><br />コレが呑んでみたかったのである!

    キタ!コレ!

    コレが呑んでみたかったのである!

  • 聞けば炭火で“干物”状態にした鮎を<br />燗酒に浸してから、常温まで冷ましてあるそうで・・・<br /><br />ヒレ酒みたいで、香ばしくておいちぃ〜っ<br /><br />ちなみにこの中身の鮎。<br />食べたらどうなんだろうと食べようとするも<br />さすが“干物”。浸かってあっても案外硬い。<br />しかも、聞いた通り、味はもぉすっかり酒に抜け出てる?<br />不思議だなぁ〜!

    聞けば炭火で“干物”状態にした鮎を
    燗酒に浸してから、常温まで冷ましてあるそうで・・・

    ヒレ酒みたいで、香ばしくておいちぃ〜っ

    ちなみにこの中身の鮎。
    食べたらどうなんだろうと食べようとするも
    さすが“干物”。浸かってあっても案外硬い。
    しかも、聞いた通り、味はもぉすっかり酒に抜け出てる?
    不思議だなぁ〜!

  • お椀。<br /><br />鮎清汁仕立て。<br /><br />水をシュっと瑞々しい心配り。

    お椀。

    鮎清汁仕立て。

    水をシュっと瑞々しい心配り。

  • 開けるとあふれ出る、お出汁の香り!<br /><br />うわぁ〜!<br />コレにも鮎がまるごと入ってるんだ!<br /><br />下には冬瓜。ちょっと吸い地が強いかな?

    開けるとあふれ出る、お出汁の香り!

    うわぁ〜!
    コレにも鮎がまるごと入ってるんだ!

    下には冬瓜。ちょっと吸い地が強いかな?

  • ぎゃぁっ キタ! 塩焼き!<br /><br />今年は去年の豪雨の影響か<br />高津川の鮎は不漁なんだそうで・・・<br /><br />なので、上の二匹は高津川産。<br />下の二匹は錦川の上流の、宇佐川産だそうで。<br /><br />検索してみると、この宇佐川の鮎も<br />日本一になるほどの有名な鮎らしい!

    ぎゃぁっ キタ! 塩焼き!

    今年は去年の豪雨の影響か
    高津川の鮎は不漁なんだそうで・・・

    なので、上の二匹は高津川産。
    下の二匹は錦川の上流の、宇佐川産だそうで。

    検索してみると、この宇佐川の鮎も
    日本一になるほどの有名な鮎らしい!

  • そにれしても、すごいクチだ(笑)<br /><br />アタマからバリバリといただいてみる。<br /><br />地元、高津川の鮎は、ふわっと、トロっと。<br />宇佐川の方がしっかりしたように感じた。

    そにれしても、すごいクチだ(笑)

    アタマからバリバリといただいてみる。

    地元、高津川の鮎は、ふわっと、トロっと。
    宇佐川の方がしっかりしたように感じた。

  • せっかくなので、逆側からも(笑)<br /><br />バリバリっと香ばしいアタマを食べると<br />スポっとワタの部分が出てきて<br />濃厚でほろ苦さがまた旨い!<br /><br />香ばしい皮も最高だし、身の香りも美味しい!<br /><br />なのでそろりと追加をお願いしてみる。<br />やった!高津川産の鮎、まだ注文可能だって!(笑)

    せっかくなので、逆側からも(笑)

    バリバリっと香ばしいアタマを食べると
    スポっとワタの部分が出てきて
    濃厚でほろ苦さがまた旨い!

    香ばしい皮も最高だし、身の香りも美味しい!

    なのでそろりと追加をお願いしてみる。
    やった!高津川産の鮎、まだ注文可能だって!(笑)

  • 続いて煮物・・・・「うるか茄子」。<br /><br />いったいどんなお料理だろうと<br />“御献立”の書かれた紙を見て以来気になっていたのだが・・・<br /><br />お椀が、ふたつ?<br /><br /><br />開けてみる。

    続いて煮物・・・・「うるか茄子」。

    いったいどんなお料理だろうと
    “御献立”の書かれた紙を見て以来気になっていたのだが・・・

    お椀が、ふたつ?


    開けてみる。

  • 手前はうるかを入れて甘辛く炊かれたお茄子。<br /><br />奥は何かと言うと、コレがびっくり・・・・・

    手前はうるかを入れて甘辛く炊かれたお茄子。

    奥は何かと言うと、コレがびっくり・・・・・

  • ごはんなのである!<br /><br />コレはすごいな!

    ごはんなのである!

    コレはすごいな!

  • 言われた通り、まずはお茄子から・・・<br /><br />細かく入れられた包丁。<br />じゅわっとシミ出る甘辛いおつゆ。<br /><br />ほろ苦さがまた美味しくて<br />ごはんにバウンドさせて食べる。<br /><br />なるほど!<br />コレはごはんが欲しくなる味だわ!(爆)

    言われた通り、まずはお茄子から・・・

    細かく入れられた包丁。
    じゅわっとシミ出る甘辛いおつゆ。

    ほろ苦さがまた美味しくて
    ごはんにバウンドさせて食べる。

    なるほど!
    コレはごはんが欲しくなる味だわ!(爆)

  • 聞けばお客さんの頼みから<br />ごはんを添えて出すようになったメニューだそうで<br />最後はおつゆを全部お茶碗に移していただいた。<br /><br />ニッポン人に生まれてヨかった!<br />お米、最高!鮎、最高!<br /><br />そしてコレが酒に合う!(爆)

    聞けばお客さんの頼みから
    ごはんを添えて出すようになったメニューだそうで
    最後はおつゆを全部お茶碗に移していただいた。

    ニッポン人に生まれてヨかった!
    お米、最高!鮎、最高!

    そしてコレが酒に合う!(爆)

  • 「あゆ酒」も「初陣」も飲み乾しちまったので<br />今度は「都錦」原酒。<br /><br />今度は栗久さんのわっぱで。<br /><br />実はこの酒器、欲しいなと憧れていたのだが・・・<br /><br />なるほどねぇ。<br />さっきの酒器もそうだったのだが<br />わたしは木の酒器はキライだなと・・・。<br />買う前に気づけてよかった。<br /><br />だって、何を呑んでも、木の香りが強すぎて<br />どれも鏡割りした樽酒にしか思えない。<br /><br />見た目はカッコいいんだけどなぁ〜。

    「あゆ酒」も「初陣」も飲み乾しちまったので
    今度は「都錦」原酒。

    今度は栗久さんのわっぱで。

    実はこの酒器、欲しいなと憧れていたのだが・・・

    なるほどねぇ。
    さっきの酒器もそうだったのだが
    わたしは木の酒器はキライだなと・・・。
    買う前に気づけてよかった。

    だって、何を呑んでも、木の香りが強すぎて
    どれも鏡割りした樽酒にしか思えない。

    見た目はカッコいいんだけどなぁ〜。

  • 強肴。<br /><br />うるか味噌揚げ。<br /><br />コレもいったいどんなお料理なのか<br />皆目見当が付かなかったのだが<br />コレも鮎、まるごとなんだぁ!<br /><br />あまりの迫力に感動する。

    強肴。

    うるか味噌揚げ。

    コレもいったいどんなお料理なのか
    皆目見当が付かなかったのだが
    コレも鮎、まるごとなんだぁ!

    あまりの迫力に感動する。

  • 食べるとね?<br /><br />バリサクっとした生地の中に鮎のふんわりした身。<br />間にお味噌とほろ苦いうるかが挟まれてあり・・・<br /><br />コレがまた旨いのである!<br />しかも、こんな鮎を使ったお料理は初めて!<br /><br />だから止められないんですよ!(爆)<br /><br />聞けばこの生地、コーンスターチに<br />ベイキングパウダーに・・・とかなんとか言ってたような。

    食べるとね?

    バリサクっとした生地の中に鮎のふんわりした身。
    間にお味噌とほろ苦いうるかが挟まれてあり・・・

    コレがまた旨いのである!
    しかも、こんな鮎を使ったお料理は初めて!

    だから止められないんですよ!(爆)

    聞けばこの生地、コーンスターチに
    ベイキングパウダーに・・・とかなんとか言ってたような。

  • 続いて、先ほど追加でお願いした<br />高津川産の鮎が運ばれてくる。<br /><br />オヤジが2尾。わたしが1尾。

    続いて、先ほど追加でお願いした
    高津川産の鮎が運ばれてくる。

    オヤジが2尾。わたしが1尾。

  • ところで・・・<br /><br />背ごしもそうなのだが<br />このサイズになってくると、やっぱり背骨の存在が大きい。<br /><br />なので中居さんに見てもらいながら<br />滅多にやらない骨抜きを試してみる。<br /><br />見事に失敗する(爆)<br /><br />いや、普段は「できない」のと「手が汚れる」ので<br />オヤジに頼んでばかりでしてね(笑)<br /><br />なのでやっぱりオヤジに頼む。<br />

    ところで・・・

    背ごしもそうなのだが
    このサイズになってくると、やっぱり背骨の存在が大きい。

    なので中居さんに見てもらいながら
    滅多にやらない骨抜きを試してみる。

    見事に失敗する(爆)

    いや、普段は「できない」のと「手が汚れる」ので
    オヤジに頼んでばかりでしてね(笑)

    なのでやっぱりオヤジに頼む。

  • 今回は中居さんに言われた通り<br />しっぽ側から抜いてみると・・・・<br /><br />なるほど!<br />こうすればワタの部分が骨ごと抜けず<br />身の中にとどめたまま、骨が抜けるんだ!<br /><br />クチに当たる骨がなくなり<br />ただふわふわと身の美味しさと香りを愉しむ。<br /><br />皮も香ばしい。<br />やってきた女将が、宇佐川産との味の違いを気にしていたが<br />あたしはどっちも美味しかったなぁ(笑)<br /><br />でも、高津川の方が、ふわふわでとろとろだった!

    今回は中居さんに言われた通り
    しっぽ側から抜いてみると・・・・

    なるほど!
    こうすればワタの部分が骨ごと抜けず
    身の中にとどめたまま、骨が抜けるんだ!

    クチに当たる骨がなくなり
    ただふわふわと身の美味しさと香りを愉しむ。

    皮も香ばしい。
    やってきた女将が、宇佐川産との味の違いを気にしていたが
    あたしはどっちも美味しかったなぁ(笑)

    でも、高津川の方が、ふわふわでとろとろだった!

  • 鮎 酢の物。<br /><br />これもどうやって出してくるのか気になっていたのだが・・・・・

    鮎 酢の物。

    これもどうやって出してくるのか気になっていたのだが・・・・・

  • 昆布〆かぁ!<br /><br />ねったり美味しい!<br /><br />言われた通り、土佐酢も飲みほす。<br />お出汁が美味ちぃ〜っ

    昆布〆かぁ!

    ねったり美味しい!

    言われた通り、土佐酢も飲みほす。
    お出汁が美味ちぃ〜っ

  • ついね。つい(笑)<br /><br />今度は熱燗で。<br /><br />だってココ、何を呑んでも木の酒器のようだし(笑)<br /><br />香ばしい香りが最高!<br /><br />嗚呼!ココまでいったい、何匹の鮎を食べちゃったんだろう?!

    ついね。つい(笑)

    今度は熱燗で。

    だってココ、何を呑んでも木の酒器のようだし(笑)

    香ばしい香りが最高!

    嗚呼!ココまでいったい、何匹の鮎を食べちゃったんだろう?!

  • お食事。<br /><br />鮎ごはんに、止椀は白味噌仕立て。<br /><br />ごはんもわっぱで来るんだねぇ!<br /><br />開けてみると・・・・

    お食事。

    鮎ごはんに、止椀は白味噌仕立て。

    ごはんもわっぱで来るんだねぇ!

    開けてみると・・・・

  • ぎゃはぁ〜っ<br /><br />鮎ごはん!大好き!<br />って言うか、愛してる!(爆)

    ぎゃはぁ〜っ

    鮎ごはん!大好き!
    って言うか、愛してる!(爆)

  • っつうか、何匹入ってるんだ?!<br /><br />なんちぅ豪華さ!

    っつうか、何匹入ってるんだ?!

    なんちぅ豪華さ!

  • やさしく美味しい白味噌のお椀は<br />こちらにも焼かれた鮎!<br /><br />骨もなく、ふわりと美味しくいただける。

    やさしく美味しい白味噌のお椀は
    こちらにも焼かれた鮎!

    骨もなく、ふわりと美味しくいただける。

  • 嗚呼、もぉ鼻から鮎が出てきそうなほどお腹いっぱいなのだが<br />オヤジにあげずに、全部ひとりでたいらげる(爆)<br /><br />ま、ちょっとお出汁の味が強めの鮎ごはんだったが<br />美味しかった〜!<br /><br />こんなにたくさん鮎を食べたのなんて<br />当たり前だが人生初めて!<br /><br />幸せだった〜!<br /><br /><br />そうそう!香の物に入ってた「からし茄子」!<br />ピリっと辛い茄子のお漬物で、あんまり美味しかったから<br />お土産にひとつ、いただいて帰る。冷凍です。

    嗚呼、もぉ鼻から鮎が出てきそうなほどお腹いっぱいなのだが
    オヤジにあげずに、全部ひとりでたいらげる(爆)

    ま、ちょっとお出汁の味が強めの鮎ごはんだったが
    美味しかった〜!

    こんなにたくさん鮎を食べたのなんて
    当たり前だが人生初めて!

    幸せだった〜!


    そうそう!香の物に入ってた「からし茄子」!
    ピリっと辛い茄子のお漬物で、あんまり美味しかったから
    お土産にひとつ、いただいて帰る。冷凍です。

  • お菓子。<br /><br />青梅甘露煮。<br /><br />開けてびっくり。

    お菓子。

    青梅甘露煮。

    開けてびっくり。

  • こうキタかぁ!<br /><br />なんかココ、いい意味で驚かせてくれるなぁ!

    こうキタかぁ!

    なんかココ、いい意味で驚かせてくれるなぁ!

  • 氷の下の青梅を崩しながら<br />しゃりしゃりと氷をいただく。<br /><br />館が古けりゃエアコンも古いので、効きが悪くてね。<br />この冷たさに生き返る(笑)<br /><br />女将と若女将?<br />楽しくおしゃべりしている間に、タクシーもやってくる。<br />あ、帰りは電車は使いませんよ?<br />だって90分に1本?(爆)<br /><br />玄関で女将と記念撮影してタクシーに乗り込んで驚いた。<br />往路と同じおじーちゃんドライバー!<br />この集落には、このじーちゃんしかタクシーがいないのだろうか?(爆)<br /><br />津和野のいろんなお話を聞きながら、旅館まで帰る。<br />いったい、時速何キロで走ってるのか知らんが<br />途中、何回も・・・そりゃもぉ何回も<br />たまった後続車を脇に避けて抜かせていく。<br /><br />あの・・・ウチも、できれば早く帰りたいんですけど(爆)<br /><br />料金は3,910円だったかな。<br />往路は電車で正解だったよ(笑)

    氷の下の青梅を崩しながら
    しゃりしゃりと氷をいただく。

    館が古けりゃエアコンも古いので、効きが悪くてね。
    この冷たさに生き返る(笑)

    女将と若女将?
    楽しくおしゃべりしている間に、タクシーもやってくる。
    あ、帰りは電車は使いませんよ?
    だって90分に1本?(爆)

    玄関で女将と記念撮影してタクシーに乗り込んで驚いた。
    往路と同じおじーちゃんドライバー!
    この集落には、このじーちゃんしかタクシーがいないのだろうか?(爆)

    津和野のいろんなお話を聞きながら、旅館まで帰る。
    いったい、時速何キロで走ってるのか知らんが
    途中、何回も・・・そりゃもぉ何回も
    たまった後続車を脇に避けて抜かせていく。

    あの・・・ウチも、できれば早く帰りたいんですけど(爆)

    料金は3,910円だったかな。
    往路は電車で正解だったよ(笑)

  • 20時過ぎ。<br /><br />この時間とは思えぬ、死んだような町並み(爆)<br /><br />通りがかった中居さんに「足湯は?」と聞くと<br />「片づけました」だってさ。<br />っつうかもしかして、初めから稼働してなかったとか?(笑)<br /><br /><br />二次会に行く店も無かろうと<br />ちょっとコンビニ寄って缶ビール買って<br />持参の泡と「道の駅 往還」で買ってきた<br />ソフトジャーキーやチョコケーキを食べながら<br />部屋でだらだらと夜を過ごす。<br />案外旨いし、こんなのもいいもんだ(笑)<br /><br /><br /><br />そういやココの部屋風呂はヒサンだった〜!<br /><br />ま、大浴場まで行けばいいのだろうが、下着やメイク落としや<br />あれこれ持参するのが面倒だし、浴衣だけで羽織も無い。<br />だから部屋風呂でさっと済ませようと思ったのだが<br />あるのはボディソープだけ。フロントに言えばもらえるようだが<br />田舎の旅館なんてこんなもんだと、持参しといてよかったゼ。<br /><br />しかもシャワーヘッドが詰まっているのか<br />まるでヒマワリのように噴射する(爆)<br /><br />こんなヒサンな風呂は久しぶりだったゼ。

    20時過ぎ。

    この時間とは思えぬ、死んだような町並み(爆)

    通りがかった中居さんに「足湯は?」と聞くと
    「片づけました」だってさ。
    っつうかもしかして、初めから稼働してなかったとか?(笑)


    二次会に行く店も無かろうと
    ちょっとコンビニ寄って缶ビール買って
    持参の泡と「道の駅 往還」で買ってきた
    ソフトジャーキーやチョコケーキを食べながら
    部屋でだらだらと夜を過ごす。
    案外旨いし、こんなのもいいもんだ(笑)



    そういやココの部屋風呂はヒサンだった〜!

    ま、大浴場まで行けばいいのだろうが、下着やメイク落としや
    あれこれ持参するのが面倒だし、浴衣だけで羽織も無い。
    だから部屋風呂でさっと済ませようと思ったのだが
    あるのはボディソープだけ。フロントに言えばもらえるようだが
    田舎の旅館なんてこんなもんだと、持参しといてよかったゼ。

    しかもシャワーヘッドが詰まっているのか
    まるでヒマワリのように噴射する(爆)

    こんなヒサンな風呂は久しぶりだったゼ。

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

津和野(島根) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集