長岡・寺泊旅行記(ブログ) 一覧に戻る
中越地方は地震以降2、3年おきに自転車旅行のコースにしている。<br />最初は被災地支援という生硬な思いで訪ねていたが、この地の魅力を知るようになった。その中でも、特にひかれたのは小千谷や長岡、そして今回の山古志で行われてる「牛の角突き」だった。<br /><br />牛の角突きは、言い換えれば闘牛で、獣たちがただその本能をあらわにして闘う、いささか野蛮な、そんな単純なイメージだった。ところが、その闘いにはさまざまな技があり、さらに、牛同士の心理戦もあり、まるで人間同士のスポーツを見るようだった。さらに、この地では、昔から勝敗をつけないというルールがあった。家族のような牛を傷つけることなく、さらに、敗北することで闘争心を失わせることなく、綿々と受け継がれてきたものだった。

山古志村 牛の角突き

16いいね!

2014/05/05 - 2014/05/05

164位(同エリア430件中)

0

8

中越地方は地震以降2、3年おきに自転車旅行のコースにしている。
最初は被災地支援という生硬な思いで訪ねていたが、この地の魅力を知るようになった。その中でも、特にひかれたのは小千谷や長岡、そして今回の山古志で行われてる「牛の角突き」だった。

牛の角突きは、言い換えれば闘牛で、獣たちがただその本能をあらわにして闘う、いささか野蛮な、そんな単純なイメージだった。ところが、その闘いにはさまざまな技があり、さらに、牛同士の心理戦もあり、まるで人間同士のスポーツを見るようだった。さらに、この地では、昔から勝敗をつけないというルールがあった。家族のような牛を傷つけることなく、さらに、敗北することで闘争心を失わせることなく、綿々と受け継がれてきたものだった。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
同行者
一人旅
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 山古志地区の入り口辺りにある観光案内板。小千谷市と長岡市の開催状況が一目で分かる。一見どうということはないと思うかもしれないが、自治体をまたいでの観光情報の共有というのは、どこも意外とうまくいっていない。<br />失礼を顧みずいうなら、地震がこの地域を一つにしたといっていいだろう。

    山古志地区の入り口辺りにある観光案内板。小千谷市と長岡市の開催状況が一目で分かる。一見どうということはないと思うかもしれないが、自治体をまたいでの観光情報の共有というのは、どこも意外とうまくいっていない。
    失礼を顧みずいうなら、地震がこの地域を一つにしたといっていいだろう。

    小千谷駅

  • 闘牛場の入り口

    闘牛場の入り口

    越後山古志の闘牛大会 牛の角突き 祭り・イベント

  • 闘牛場の座席

    闘牛場の座席

  • 天井に貼られている板は、もともと闘牛場の木道の板だった。<br />(2008年8月撮影)

    天井に貼られている板は、もともと闘牛場の木道の板だった。
    (2008年8月撮影)

  • 2008年の時点では、観客席もほとんど屋根がなかった。

    2008年の時点では、観客席もほとんど屋根がなかった。

  • 山古志では小学校で闘牛の牛を飼っていたりする。この写真のように、子どもが牛をリードする風景も珍しいものではない。

    山古志では小学校で闘牛の牛を飼っていたりする。この写真のように、子どもが牛をリードする風景も珍しいものではない。

  • 牛の闘いは大迫力。角や頭が当たるゴツンという鈍い音や、牛の雄叫びは写真では伝えきれない。

    牛の闘いは大迫力。角や頭が当たるゴツンという鈍い音や、牛の雄叫びは写真では伝えきれない。

  • 2008年の時も今回も、右側の男性がさまざまな解説をしていた。<br />見所や牛の来歴など誰でもわかりやすく解説してくれ、何より声がいい。

    2008年の時も今回も、右側の男性がさまざまな解説をしていた。
    見所や牛の来歴など誰でもわかりやすく解説してくれ、何より声がいい。

この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集