九寨溝旅行記(ブログ) 一覧に戻る
青色の湖に魅かれ、九寨溝、黄龍へ一人旅。中国語は数字と基本会話10文位しか話せないが、いろんな人に助けられ、楽しい旅となった。通常は2泊3日位の行程を、九寨溝を堪能すべく約1週間滞在した。<br /><br />6/8 成田→成都(成都泊)<br />6/9 成都→九寨溝 牟尼溝観光(九寨溝泊)<br />6/10 黄龍観光<br />6/11 九寨溝観光①<br />6/12 神仙池観光<br />6/13 九寨溝観光②<br />6/14 乗馬 九寨溝→成都(成都泊)<br />6/15 成都→成田<br /><br />~九寨溝観光編①~

九寨溝一人旅~その3 九寨溝~

7いいね!

2013/06/08 - 2013/06/15

301位(同エリア670件中)

0

78

undine

undineさん

青色の湖に魅かれ、九寨溝、黄龍へ一人旅。中国語は数字と基本会話10文位しか話せないが、いろんな人に助けられ、楽しい旅となった。通常は2泊3日位の行程を、九寨溝を堪能すべく約1週間滞在した。

6/8 成田→成都(成都泊)
6/9 成都→九寨溝 牟尼溝観光(九寨溝泊)
6/10 黄龍観光
6/11 九寨溝観光①
6/12 神仙池観光
6/13 九寨溝観光②
6/14 乗馬 九寨溝→成都(成都泊)
6/15 成都→成田

~九寨溝観光編①~

旅行の満足度
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
観光バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 九寨溝へ。朝7時半頃でも、そこそこ人がいる。

    九寨溝へ。朝7時半頃でも、そこそこ人がいる。

  • チケットは奥にみえる建物で購入。220元+バス90元。ランチ券も売っているが、お昼は持参しているので、チケットのみ購入。ちなみに、クレジット払いも出来る。

    チケットは奥にみえる建物で購入。220元+バス90元。ランチ券も売っているが、お昼は持参しているので、チケットのみ購入。ちなみに、クレジット払いも出来る。

  • ゲートをくぐり、バスに乗る。本当は、箭竹海へ直接行きたかったが、途中停車は出来ず、原始森林まで行き、バスで折り返えした。(他のバスや、2度目に来た時は、行き先を言えば、途中で停車できたので、乗ったバスが悪かったのかな?)

    ゲートをくぐり、バスに乗る。本当は、箭竹海へ直接行きたかったが、途中停車は出来ず、原始森林まで行き、バスで折り返えした。(他のバスや、2度目に来た時は、行き先を言えば、途中で停車できたので、乗ったバスが悪かったのかな?)

  • 原始森林までは、バスで約40分。山道で曲がりくねった道を進む。標高も上がる。そして、折り返して、箭竹海へ。

    原始森林までは、バスで約40分。山道で曲がりくねった道を進む。標高も上がる。そして、折り返して、箭竹海へ。

  • 朝なので、風もほとんどない。

    朝なので、風もほとんどない。

  • 今朝は晴天。山なので、天気は変わりやすいので、雲がかかる前に回りたいな〜

    今朝は晴天。山なので、天気は変わりやすいので、雲がかかる前に回りたいな〜

  • そして、箭竹海瀑布へ移動。

    そして、箭竹海瀑布へ移動。

  • 数分で到着。

    数分で到着。

  • 幅150mで、高さ7mの滝。

    幅150mで、高さ7mの滝。

  • 全体としては、こんな感じ。

    全体としては、こんな感じ。

  • 水の色が、グリーン。

    水の色が、グリーン。

  • ワイドな滝で、かつ遊歩道から近いので、超広角でないと全体像がとれない。

    ワイドな滝で、かつ遊歩道から近いので、超広角でないと全体像がとれない。

  • 滝は日当たりが良い。

    滝は日当たりが良い。

  • 熊猫海へ移動する。ちなみにバスでの移動可能だが、大半の人は歩いて行く。約20分位の距離。

    熊猫海へ移動する。ちなみにバスでの移動可能だが、大半の人は歩いて行く。約20分位の距離。

  • 熊猫海に到着。湖にそって遊歩道が続く。

    熊猫海に到着。湖にそって遊歩道が続く。

  • こちらもキレイな色。

    こちらもキレイな色。

  • 水が透き通っている。魚が泳いでいる。

    水が透き通っている。魚が泳いでいる。

  • 右奥の箇所がバス停がある個所。これから、写真の左側にある遊歩道で向かう。<br />

    右奥の箇所がバス停がある個所。これから、写真の左側にある遊歩道で向かう。

  • 所々、案内表示がある。丁度、熊猫海の遊歩道の中間点にいる。

    所々、案内表示がある。丁度、熊猫海の遊歩道の中間点にいる。

  • ビューポイントには、沢山の観光客。

    ビューポイントには、沢山の観光客。

  • 左側は岩壁です。

    左側は岩壁です。

  • 熊猫海を一望。右手には、先ほど通った遊歩道。

    熊猫海を一望。右手には、先ほど通った遊歩道。

  • 五花海へ向かう。所々、遊歩道に木!<br />

    五花海へ向かう。所々、遊歩道に木!

  • 写真の左側に遊歩道があり、階段状で、どんどん下っていく。先ほどの熊猫海から五花海へは標高が100m下がる。

    写真の左側に遊歩道があり、階段状で、どんどん下っていく。先ほどの熊猫海から五花海へは標高が100m下がる。

  • 五花海が見えてきた。

    五花海が見えてきた。

  • イチオシ

  • 湖の中には、朽ちた木々が。魚もいる。

    湖の中には、朽ちた木々が。魚もいる。

  • 遊歩道からの一枚。

    遊歩道からの一枚。

  • 湖の色が、場所によって変化している!

    湖の色が、場所によって変化している!

  • ビューポイントへ移動。

    ビューポイントへ移動。

  • ビューポイントはこんな感じ。

    ビューポイントはこんな感じ。

  • ここからの、景色はこんな感じ。

    ここからの、景色はこんな感じ。

  • 珍珠灘瀑布へ移動。先ほどの橋が小さく見える。

    珍珠灘瀑布へ移動。先ほどの橋が小さく見える。

  • 水は澄んでいるので、水面との境目があいまい。

    水は澄んでいるので、水面との境目があいまい。

  • いよいよ、珍珠灘。橋を渡ればバス停に続く。珍珠灘瀑布は、写真の左側で、この川が滝へと続く。

    いよいよ、珍珠灘。橋を渡ればバス停に続く。珍珠灘瀑布は、写真の左側で、この川が滝へと続く。

  • 幅270m、落差21mの滝。

    幅270m、落差21mの滝。

  • 滝の横に階段があり、滝を見ながら、滝壺下の展望台へ移動。

    滝の横に階段があり、滝を見ながら、滝壺下の展望台へ移動。

  • 滝の由来のように、水が真珠のように光り輝いている。

    イチオシ

    滝の由来のように、水が真珠のように光り輝いている。

  • 長秒撮影もする。

    長秒撮影もする。

  • 滝壺下の展望台はこんな感じ。滝を見ながら、ちょっと遅めのランチをとり、そして、撮影をしまくる。三脚を持ってきている人は、ほとんどいなかった。

    滝壺下の展望台はこんな感じ。滝を見ながら、ちょっと遅めのランチをとり、そして、撮影をしまくる。三脚を持ってきている人は、ほとんどいなかった。

  • 次は鏡海へ。この時間になると、風がでてきたのと、曇っていたので、撮影はイマイチだった。

    次は鏡海へ。この時間になると、風がでてきたのと、曇っていたので、撮影はイマイチだった。

  • 鏡海の後は、諾日朗餐飲接待中心という、休憩センターに立ち寄る。土産屋が集まっていて、人でごった返していた。(写真を撮り忘れた・・・)

    鏡海の後は、諾日朗餐飲接待中心という、休憩センターに立ち寄る。土産屋が集まっていて、人でごった返していた。(写真を撮り忘れた・・・)

  • 諾日朗瀑布へ。今回の旅行の目的でもある滝。幅320m、落差30mで、幅は中国国内で最大。

    諾日朗瀑布へ。今回の旅行の目的でもある滝。幅320m、落差30mで、幅は中国国内で最大。

  • 滝の目の前に展望スペースが続く。幅が広いため全体の撮影は出来ないので、移動しながら、好きなアングルを探す。

    滝の目の前に展望スペースが続く。幅が広いため全体の撮影は出来ないので、移動しながら、好きなアングルを探す。

  • 夕方になると曇ってきたが、晴れ間がのぞいた。

    夕方になると曇ってきたが、晴れ間がのぞいた。

  • PM4時頃。疲れてきたので、本日はこの位で宿へ戻ることにする。丁度、この位の時間から帰る客が増え始める。バスを乗るのが意外に大変。。。混んでいるし、列をなさない。入場ゲートに戻るためにバスに乗るが、諾日朗瀑布からのバスは樹正寨(九寨溝民族文化村)どまりで、ここで乗り換えてゲートへ戻る。

    PM4時頃。疲れてきたので、本日はこの位で宿へ戻ることにする。丁度、この位の時間から帰る客が増え始める。バスを乗るのが意外に大変。。。混んでいるし、列をなさない。入場ゲートに戻るためにバスに乗るが、諾日朗瀑布からのバスは樹正寨(九寨溝民族文化村)どまりで、ここで乗り換えてゲートへ戻る。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集