熊本市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
九州新幹線利用の1泊2日ツアーが阪急交通社から25千円で出ていたので、3月1日から出かけてきました。<br />工程は、<br />3月1日(土)<br /> 山陽新幹線のぞみ95号で博多駅まで移動し、バスで熊本城。<br /> 熊本城観光後、バスで屋久杉工房見学後指宿温泉に宿泊<br />3月2日(日)<br /> 池田湖、知覧武家屋敷と特攻平和会館観光後、仙巌園、城山展望台を観光<br /> その後九州自動車道を走って、途中人吉の青井阿蘇神社で参拝し、JR新玉名駅へバスで移動<br /> JR新玉名駅から九州新幹線つばめ362号で博多に行き、のぞみ98号で帰宅。<br />天気予報では2日とも雨だったのですが、幸いなことに雨は観光に影響のない1日の夜だけで、翌2日は晴天になりとてもラッキーでした。<br />鹿児島は十数年ぶりでしたが、食べ物もおいしく、指宿温泉も最高でした。<br />今回の旅行では、きれいな開聞岳が見られなかったので、次回はレンタカーで自分のペースでゆっくり回りたいものです。<br />

九州新幹線で行く早春の熊本、鹿児島ツアー(1日目)

10いいね!

2014/03/01 - 2014/03/02

668位(同エリア1488件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

九州新幹線利用の1泊2日ツアーが阪急交通社から25千円で出ていたので、3月1日から出かけてきました。
工程は、
3月1日(土)
 山陽新幹線のぞみ95号で博多駅まで移動し、バスで熊本城。
 熊本城観光後、バスで屋久杉工房見学後指宿温泉に宿泊
3月2日(日)
 池田湖、知覧武家屋敷と特攻平和会館観光後、仙巌園、城山展望台を観光
 その後九州自動車道を走って、途中人吉の青井阿蘇神社で参拝し、JR新玉名駅へバスで移動
 JR新玉名駅から九州新幹線つばめ362号で博多に行き、のぞみ98号で帰宅。
天気予報では2日とも雨だったのですが、幸いなことに雨は観光に影響のない1日の夜だけで、翌2日は晴天になりとてもラッキーでした。
鹿児島は十数年ぶりでしたが、食べ物もおいしく、指宿温泉も最高でした。
今回の旅行では、きれいな開聞岳が見られなかったので、次回はレンタカーで自分のペースでゆっくり回りたいものです。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
3.5
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
観光バス 新幹線
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 九州新幹線利用とはいうものの、行きは新神戸駅から山陽新幹線で博多に移動。<br />久しぶりに電車での旅行のため、車内でおいしいビールをいただく。<br />そのため、はじめの観光地の熊本城までの写真を撮るのを忘れてしまいました。<br />新幹線は、バスと比べると座席は広いし、トイレの心配がないので、安心してお酒がいただけます。<br />この日は、家を朝6時前に出発し、博多駅には9時40分着。<br />そこからバスで九州自動車道を走って、熊本城に着いたのが12時30分。<br />九州新幹線を利用するともっと早く到着するのですが、安いツアーのため九州新幹線は帰りのみ利用でした。<br />

    九州新幹線利用とはいうものの、行きは新神戸駅から山陽新幹線で博多に移動。
    久しぶりに電車での旅行のため、車内でおいしいビールをいただく。
    そのため、はじめの観光地の熊本城までの写真を撮るのを忘れてしまいました。
    新幹線は、バスと比べると座席は広いし、トイレの心配がないので、安心してお酒がいただけます。
    この日は、家を朝6時前に出発し、博多駅には9時40分着。
    そこからバスで九州自動車道を走って、熊本城に着いたのが12時30分。
    九州新幹線を利用するともっと早く到着するのですが、安いツアーのため九州新幹線は帰りのみ利用でした。

  • 天気はバスで移動中小雨が降っていましたが、熊本城に着くと何とかやみ、傘をささずに観光できました。<br />熊本城の天守はとても立派です。

    天気はバスで移動中小雨が降っていましたが、熊本城に着くと何とかやみ、傘をささずに観光できました。
    熊本城の天守はとても立派です。

  • 今回のツアーでは、バスでこの写真の加藤神社に行き、ここから頬当御門から場内に入り観光しました。

    今回のツアーでは、バスでこの写真の加藤神社に行き、ここから頬当御門から場内に入り観光しました。

  • この写真の手前のお城に見えるのは、宇土櫓です。<br />熊本城の天守は、向こう側の建物です。<br />櫓とはいえとても立派な建物です。

    この写真の手前のお城に見えるのは、宇土櫓です。
    熊本城の天守は、向こう側の建物です。
    櫓とはいえとても立派な建物です。

  • 宇土櫓そばにある頬当御門で入場料の400円(団体割引)を払い、場内に入るとこのようなイケメンの武者が出迎えてくれます。<br />この武者たちは、『熊本城おもてなし武将隊』で、時間ごとに演舞などをしてくれるようです。

    宇土櫓そばにある頬当御門で入場料の400円(団体割引)を払い、場内に入るとこのようなイケメンの武者が出迎えてくれます。
    この武者たちは、『熊本城おもてなし武将隊』で、時間ごとに演舞などをしてくれるようです。

  • この写真は、本丸御殿大広間の下にある闇り(くらがり)通路です。<br />この通路を抜けて本丸に向かいます。

    この写真は、本丸御殿大広間の下にある闇り(くらがり)通路です。
    この通路を抜けて本丸に向かいます。

  • 先ほどの闇り通路を抜けて坂道を登ると本丸にで、熊本城の大天守と小天守を眺めることができます。<br />こうやって見るととても立派なお城です。<br />熊本城は、はるか30数年前に来たことがありますが、その当時よりだいぶ変わったような気がします。

    イチオシ

    先ほどの闇り通路を抜けて坂道を登ると本丸にで、熊本城の大天守と小天守を眺めることができます。
    こうやって見るととても立派なお城です。
    熊本城は、はるか30数年前に来たことがありますが、その当時よりだいぶ変わったような気がします。

  • 大天守には、コンクリート製の階段で天守閣に登ることができ、その途中の各階では、いろいろな展示物があり、結構勉強になります。<br />まだ改修中ですが、姫路城の天守閣に登るには急な木製の階段でしたので、それよりは楽に上れます。(ただコンクリート製ですので風情がないかな。)<br />この写真は、天守閣からの眺めで、中央は小天守です。

    大天守には、コンクリート製の階段で天守閣に登ることができ、その途中の各階では、いろいろな展示物があり、結構勉強になります。
    まだ改修中ですが、姫路城の天守閣に登るには急な木製の階段でしたので、それよりは楽に上れます。(ただコンクリート製ですので風情がないかな。)
    この写真は、天守閣からの眺めで、中央は小天守です。

  • 天守閣を回っていくと、下のビルにクマモンを発見。<br />熊本では、いたるところにクマモンを見つけることができます。<br />

    天守閣を回っていくと、下のビルにクマモンを発見。
    熊本では、いたるところにクマモンを見つけることができます。

  • これも天守閣からの眺めで、お城のように見えるのが宇土櫓です。<br />天気が良ければもっときれいに映るのに・・・。<br />残念。

    これも天守閣からの眺めで、お城のように見えるのが宇土櫓です。
    天気が良ければもっときれいに映るのに・・・。
    残念。

  • 天守閣をおり、場内を散策。<br />ちょうど重要文化財指定の不開門(あかずのもん)が見学できるとのことでそこに向かいました。<br />熊本城は天守も立派ですが、やはり城壁がとてもステキで、この写真のように苔むしていると本当に歴史を感じます。

    イチオシ

    天守閣をおり、場内を散策。
    ちょうど重要文化財指定の不開門(あかずのもん)が見学できるとのことでそこに向かいました。
    熊本城は天守も立派ですが、やはり城壁がとてもステキで、この写真のように苔むしていると本当に歴史を感じます。

  • これが不開門(あかずのもん)で、中に入ることができます。<br />この建物の下が門になっていて、敵が攻めてくると、この建物から矢や鉄砲を撃ったようです。

    これが不開門(あかずのもん)で、中に入ることができます。
    この建物の下が門になっていて、敵が攻めてくると、この建物から矢や鉄砲を撃ったようです。

  • これがその門です。<br />上部の建物の窓から敵を攻めていたようです。

    これがその門です。
    上部の建物の窓から敵を攻めていたようです。

  • 大天守の城壁で、武者返しになっています。<br />この城壁の石垣には積み方がいろいろとあるようで、場所(時代)によって積み方が異なっているようです。<br />でも熊本城は、石垣がとても立派なので、すごく映えて見えます。

    大天守の城壁で、武者返しになっています。
    この城壁の石垣には積み方がいろいろとあるようで、場所(時代)によって積み方が異なっているようです。
    でも熊本城は、石垣がとても立派なので、すごく映えて見えます。

  • この写真は、宇土櫓です。<br />櫓とはいえ、立派なお城に見えます。

    この写真は、宇土櫓です。
    櫓とはいえ、立派なお城に見えます。

  • 次に向かったのが、梅園。<br />今年は寒いので、梅はこの写真のように咲き始め程度でした。<br />お城と桜も絵になりますが、ピンクの梅とお城も絵になります。

    イチオシ

    次に向かったのが、梅園。
    今年は寒いので、梅はこの写真のように咲き始め程度でした。
    お城と桜も絵になりますが、ピンクの梅とお城も絵になります。

  • ここは梅園のそばにある、お城のビュースポットの一つ、二様の石垣です。<br />熊本城の石垣の角度は、下部が30度、上に向かうにしたがって急になり、天端では75度になっているそうです。

    ここは梅園のそばにある、お城のビュースポットの一つ、二様の石垣です。
    熊本城の石垣の角度は、下部が30度、上に向かうにしたがって急になり、天端では75度になっているそうです。

  • この写真の花は、熊本城の肥後六花の一つの肥後椿です。<br />時期が遅いせいか、ほとんどの椿の花は散りかけていました。

    この写真の花は、熊本城の肥後六花の一つの肥後椿です。
    時期が遅いせいか、ほとんどの椿の花は散りかけていました。

  • 城内を散策し、集合場所の桜の馬場城彩苑そばの櫨方門(はぜかたもん)を出てから眺めた飯田丸五階櫓です。<br />これも先ほどの宇土櫓と同様に、お城に見えます。

    城内を散策し、集合場所の桜の馬場城彩苑そばの櫨方門(はぜかたもん)を出てから眺めた飯田丸五階櫓です。
    これも先ほどの宇土櫓と同様に、お城に見えます。

  • これは、先ほどの櫨方門を出て、行幸橋を渡ったところにある、加藤清正像です。<br />

    これは、先ほどの櫨方門を出て、行幸橋を渡ったところにある、加藤清正像です。

  • ここは、熊本城のそばにある桜の馬場城彩苑で、いろいろなお土産屋さんが並んでいます。<br />ちなみにここには大きな駐車場があり、ここから先ほど入場した頬当御門までは、無料のシャトルバスが出ています。

    ここは、熊本城のそばにある桜の馬場城彩苑で、いろいろなお土産屋さんが並んでいます。
    ちなみにここには大きな駐車場があり、ここから先ほど入場した頬当御門までは、無料のシャトルバスが出ています。

  • 熊本城を観光後、再度バスに乗ってこの日の宿泊地、指宿を目指します。<br />その途中、トイレ休憩で寄ったのが、えびのパーキングエリア。<br />ここにはこの写真の「田の神さあ」の石像がありました。

    熊本城を観光後、再度バスに乗ってこの日の宿泊地、指宿を目指します。
    その途中、トイレ休憩で寄ったのが、えびのパーキングエリア。
    ここにはこの写真の「田の神さあ」の石像がありました。

  • これがえびのパーキングエリアです。<br />中には一般的なパーキングエリアと同様にお土産物屋や軽食を食べることもできます。

    これがえびのパーキングエリアです。
    中には一般的なパーキングエリアと同様にお土産物屋や軽食を食べることもできます。

  • 今回のツアーの通常のコースでは、知覧の武家屋敷か特攻平和会館に寄るのですが、指宿に到着する時間を早めにし、ゆっくりと砂風呂などにはいれるようにと添乗員さんが配慮してくれて、あまり時間がかからない、翌日行く予定の屋久杉工房に向かいいました。<br />ここでは、職人さんの屋久杉加工を見学することができました。

    今回のツアーの通常のコースでは、知覧の武家屋敷か特攻平和会館に寄るのですが、指宿に到着する時間を早めにし、ゆっくりと砂風呂などにはいれるようにと添乗員さんが配慮してくれて、あまり時間がかからない、翌日行く予定の屋久杉工房に向かいいました。
    ここでは、職人さんの屋久杉加工を見学することができました。

  • これが実演してくれた品物です。<br />職人さんの勘だけでこんな小さなものを削っています。

    これが実演してくれた品物です。
    職人さんの勘だけでこんな小さなものを削っています。

  • その後、団体ツアーにつきもののショッピング。<br />これら屋久杉を使ったテーブルなどで、値段はさすが貴重品の屋久杉だけあって、小さなテーブルでも数十万円していました。<br />ここのお店のおすすめは、屋久杉製の焼酎樽で、この樽に入れると焼酎がとてもまろやかになるそうです。<br />私も試飲しました、確かにおいしかったです。<br />でも、小さな樽が一つ1万ちょっとしましたので、購入を断念。<br />ただ結構多くの人が買っていました。

    その後、団体ツアーにつきもののショッピング。
    これら屋久杉を使ったテーブルなどで、値段はさすが貴重品の屋久杉だけあって、小さなテーブルでも数十万円していました。
    ここのお店のおすすめは、屋久杉製の焼酎樽で、この樽に入れると焼酎がとてもまろやかになるそうです。
    私も試飲しました、確かにおいしかったです。
    でも、小さな樽が一つ1万ちょっとしましたので、購入を断念。
    ただ結構多くの人が買っていました。

  • その後、ちょうど18時にホテルに到着。<br />今回宿泊したホテルは、指宿シーサイドホテル。<br />ホテル内には、指宿名物の砂むし風呂があり、1050円で入ることができます。<br />この写真は客室で、部屋はオーシャンビュー。ただ外は雨。<br />ここのホテルは施設が古かったけれど、部屋は広かったです。

    その後、ちょうど18時にホテルに到着。
    今回宿泊したホテルは、指宿シーサイドホテル。
    ホテル内には、指宿名物の砂むし風呂があり、1050円で入ることができます。
    この写真は客室で、部屋はオーシャンビュー。ただ外は雨。
    ここのホテルは施設が古かったけれど、部屋は広かったです。

  • そしてこれが洗面所。<br />ユニットバスがありますが、当然お風呂は大浴場を利用。<br />添乗員さんが言っていましたが、温泉に入るには3つのものをとらなければならないということで、<br />一つは、お風呂に入ってその日の汚れをとる。<br />二つ目は、疲れをとる。<br />三つ目は、元をとる。<br />とのことで、結局3回お風呂に入り、ツアーの元をとりました。<br />(ツアー料金は格安ですので、十分元をとっています)<br />でも指宿はさすが天下の名湯、とてもいいお湯でした。<br />

    そしてこれが洗面所。
    ユニットバスがありますが、当然お風呂は大浴場を利用。
    添乗員さんが言っていましたが、温泉に入るには3つのものをとらなければならないということで、
    一つは、お風呂に入ってその日の汚れをとる。
    二つ目は、疲れをとる。
    三つ目は、元をとる。
    とのことで、結局3回お風呂に入り、ツアーの元をとりました。
    (ツアー料金は格安ですので、十分元をとっています)
    でも指宿はさすが天下の名湯、とてもいいお湯でした。

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

熊本市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集