ポツダム 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ポツダムにはツアーで何度か訪れており、フリードリヒ大王のサンスーシー宮殿も2,3回内部見学をしています。<br />ですから、ここ数年何度もベルリンまでは足を運んでいるものの、ポツダム再訪は何となく後回しになっていました。<br /><br />しかし・・・、ポツダムはサンスーシー宮殿だけではありませんよね。<br />第二次世界大戦の戦後処理の会談の場、日本にも大変関係が深いポツダム宣言が表明された場でもあるツェツィーリエン宮殿があるのです。<br /><br />ここは前に一度だけツアーで内部見学をしたことがありましたが、そのころはまだ歴史に興味が薄かった若いころ(笑)、大して熱心に見なかったような記憶があります。<br />でも、今回はしっかり見てまいりました。<br /><br />次の旅行計画も立てなければならないので、旅行記はさらっと流そうと思ったのですが、調べるほどに興味が湧いてきて、結局またくどい旅行記になってしまいました。<br />写真説明については私の独断と偏見ですので、間違い勘違いなどありましたらご教示くださるとうれしいです。<br />

2013(37) ツェツィーリエンホーフでポツダム宣言の勉強と、サンスーシー宮殿では「墓に耳あり」よ !

26いいね!

2013/05/07 - 2013/05/07

15位(同エリア172件中)

    74

    ポツダムにはツアーで何度か訪れており、フリードリヒ大王のサンスーシー宮殿も2,3回内部見学をしています。
    ですから、ここ数年何度もベルリンまでは足を運んでいるものの、ポツダム再訪は何となく後回しになっていました。

    しかし・・・、ポツダムはサンスーシー宮殿だけではありませんよね。
    第二次世界大戦の戦後処理の会談の場、日本にも大変関係が深いポツダム宣言が表明された場でもあるツェツィーリエン宮殿があるのです。

    ここは前に一度だけツアーで内部見学をしたことがありましたが、そのころはまだ歴史に興味が薄かった若いころ(笑)、大して熱心に見なかったような記憶があります。
    でも、今回はしっかり見てまいりました。

    次の旅行計画も立てなければならないので、旅行記はさらっと流そうと思ったのですが、調べるほどに興味が湧いてきて、結局またくどい旅行記になってしまいました。
    写真説明については私の独断と偏見ですので、間違い勘違いなどありましたらご教示くださるとうれしいです。

    PR

    • アパート近くの邸宅のお庭です。<br /><br />この時期チューリップが満開で、ここを通るたびに目を楽しませてくれました。<br />

      アパート近くの邸宅のお庭です。

      この時期チューリップが満開で、ここを通るたびに目を楽しませてくれました。

    • 今日も出発はUバーンのバイエリッシャープラッツ駅から。<br /><br />いつものようにベルリンABCゾーンターゲスカルテ(1日乗り放題チケット)を購入します。<br /><br />バイエリッシャープラッツ駅のホームには、壁のタイルにこの歴史的地区のパネルがはめ込んであります。<br />とても興味深い絵です。<br />

      今日も出発はUバーンのバイエリッシャープラッツ駅から。

      いつものようにベルリンABCゾーンターゲスカルテ(1日乗り放題チケット)を購入します。

      バイエリッシャープラッツ駅のホームには、壁のタイルにこの歴史的地区のパネルがはめ込んであります。
      とても興味深い絵です。

    • Uバーンでツオー駅まで行き、Sバーンを乗り継いでポツダムまで。<br /><br />Sバーンがツオー駅を出発してからチケットに刻印していないことに気が付きました。<br />車掌が検札に来れば、もちろん罰金を払わなければなりませんし、それよりも衆人の目に晒されることが恥ずかしいです。<br /><br />ポツダム駅に着くまで生きた心地はしませんでした。<br />幸いに車掌は検札に来なかったので、罰金は免れましたが・・。<br />

      Uバーンでツオー駅まで行き、Sバーンを乗り継いでポツダムまで。

      Sバーンがツオー駅を出発してからチケットに刻印していないことに気が付きました。
      車掌が検札に来れば、もちろん罰金を払わなければなりませんし、それよりも衆人の目に晒されることが恥ずかしいです。

      ポツダム駅に着くまで生きた心地はしませんでした。
      幸いに車掌は検札に来なかったので、罰金は免れましたが・・。

    • ポツダム駅には観光案内の若い女性が何人かいて、「どこに行くのですか?お手伝いしましょうか?」と、親切に聞いてくれます。<br /><br />私たちはツェツィーリエン宮殿の行き方を教えてもらいました。<br />92番のトラムに乗ればいいと・・。<br /><br />駅前の給水塔。トラム・バスはこの前から出ます。<br />

      ポツダム駅には観光案内の若い女性が何人かいて、「どこに行くのですか?お手伝いしましょうか?」と、親切に聞いてくれます。

      私たちはツェツィーリエン宮殿の行き方を教えてもらいました。
      92番のトラムに乗ればいいと・・。

      駅前の給水塔。トラム・バスはこの前から出ます。

    • ベルリンABCチケットはポツダム市内のトラムやバスにも使えます。<br /><br />ところで92番のトラムに乗ったのはいいけど、いつまで経っても乗換駅に着きません。<br />車窓はポツダム郊外の住宅地を走っています。<br />

      ベルリンABCチケットはポツダム市内のトラムやバスにも使えます。

      ところで92番のトラムに乗ったのはいいけど、いつまで経っても乗換駅に着きません。
      車窓はポツダム郊外の住宅地を走っています。

    • あ〜またやっちゃいました。<br />結局反対方向に延々30分、終点(Marie-Juchacz-strasse)まで乗ってしまいました。<br /><br />しょっちゅうこんな失敗ばかりやっています。<br />私たちは時間に縛られない気まま旅だからいいけど、時間がない人は気が気じゃないでしょうね。<br />

      あ〜またやっちゃいました。
      結局反対方向に延々30分、終点(Marie-Juchacz-strasse)まで乗ってしまいました。

      しょっちゅうこんな失敗ばかりやっています。
      私たちは時間に縛られない気まま旅だからいいけど、時間がない人は気が気じゃないでしょうね。

    • 通りかかった人に聞いて同じ電車に乗って引き返します。<br />Nauener Tor駅で降りてバス603番でツェツィーリエンホーフに向かいます。<br />

      通りかかった人に聞いて同じ電車に乗って引き返します。
      Nauener Tor駅で降りてバス603番でツェツィーリエンホーフに向かいます。

    • シュロス・ツェツィーリエンホーフバス停。<br /><br />宮殿は矢印に沿って歩いて行きます。<br />

      シュロス・ツェツィーリエンホーフバス停。

      宮殿は矢印に沿って歩いて行きます。

    • ポツダムの緑深いノイガルテン(新庭園)。宮殿はこの森の中にあります。<br />

      ポツダムの緑深いノイガルテン(新庭園)。宮殿はこの森の中にあります。

    • 宮殿というより、いつかイギリスの田舎町で見た大きな農園か別荘のような感じの建物です。<br />

      宮殿というより、いつかイギリスの田舎町で見た大きな農園か別荘のような感じの建物です。

    • 入り口。<br /><br />この宮殿は、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世の長男、ヴィルヘルム皇太子とその妃ツェツィーリエの居城として1913年から1917年にかけて建設されました。<br /><br />皇太子の希望で、イギリスのチューダー朝のカントリーハウス様式の建築にしたそうです。<br />またここは皇太子妃の名前をとってツェツィーリエンホフと名づけられました。<br />

      入り口。

      この宮殿は、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世の長男、ヴィルヘルム皇太子とその妃ツェツィーリエの居城として1913年から1917年にかけて建設されました。

      皇太子の希望で、イギリスのチューダー朝のカントリーハウス様式の建築にしたそうです。
      またここは皇太子妃の名前をとってツェツィーリエンホフと名づけられました。

    • 入り口の門の紋章は、ホーエンツォレルン家の鷲と、メクレンブルク家の野牛を象った2つの紋章が合わさったものです。<br /><br />皇太子妃は、北ドイツのメクレンブルク家からお輿入れしてきました。<br />

      入り口の門の紋章は、ホーエンツォレルン家の鷲と、メクレンブルク家の野牛を象った2つの紋章が合わさったものです。

      皇太子妃は、北ドイツのメクレンブルク家からお輿入れしてきました。

    • 門を入ると、終戦後ここをいち早く占拠した、ソ連の赤い星の紋章がモチーフとなった花壇があります。<br /><br />受付で入場料5ユーロと、カメラ撮影料2ユーロ(?)を払って中に入ります。<br />

      門を入ると、終戦後ここをいち早く占拠した、ソ連の赤い星の紋章がモチーフとなった花壇があります。

      受付で入場料5ユーロと、カメラ撮影料2ユーロ(?)を払って中に入ります。

    • 中に入るとまず、ヴィルヘルム皇太子一家の写真が目に入りました。<br /><br />君主制と共和制の間で大きく揺れたヴィルヘルム皇太子一家の運命。<br />最後のドイツ皇帝の皇太子であったヴィルヘルム皇太子と妃ツェツィーリエとの間には四男二女がありました。<br /><br />この写真を見ると、歴史に翻弄された一家の、幸せな時代と激動の時代が伝わってきます。<br />

      中に入るとまず、ヴィルヘルム皇太子一家の写真が目に入りました。

      君主制と共和制の間で大きく揺れたヴィルヘルム皇太子一家の運命。
      最後のドイツ皇帝の皇太子であったヴィルヘルム皇太子と妃ツェツィーリエとの間には四男二女がありました。

      この写真を見ると、歴史に翻弄された一家の、幸せな時代と激動の時代が伝わってきます。

    • ヴィルヘルム皇太子とツェツィーリエは、プロイセン王国の崩壊、ワイマール共和制の制定、ヒトラーの台頭、第二次世界大戦勃発・敗戦と、ドイツのさまざまな時代を経験しました。<br /><br />皇太子が父ヴィルヘルム二世とともにオランダに亡命したときは、妃ツェツィーリエは子供たちとこの宮殿に残ったそうです。<br />その後皇太子はヒトラーを支持し、ナチスの政権誕生後はナチス党の宣伝にしばしば利用されましたが、「長いナイフの夜」事件以来ナチスに疑問を抱き、第二次世界大戦後は一市民として過ごしたそうです。<br />皇太子は1951年心臓発作で死去しました。<br /><br />それらの激動の変遷の写真です。<br />

      ヴィルヘルム皇太子とツェツィーリエは、プロイセン王国の崩壊、ワイマール共和制の制定、ヒトラーの台頭、第二次世界大戦勃発・敗戦と、ドイツのさまざまな時代を経験しました。

      皇太子が父ヴィルヘルム二世とともにオランダに亡命したときは、妃ツェツィーリエは子供たちとこの宮殿に残ったそうです。
      その後皇太子はヒトラーを支持し、ナチスの政権誕生後はナチス党の宣伝にしばしば利用されましたが、「長いナイフの夜」事件以来ナチスに疑問を抱き、第二次世界大戦後は一市民として過ごしたそうです。
      皇太子は1951年心臓発作で死去しました。

      それらの激動の変遷の写真です。

    • 船室を模した皇太子妃の小部屋。<br />皇太子妃の生まれ故郷北ドイツの船舶会社からの贈り物だそう。<br /><br />この部屋で一家で楽しく団欒した日もあったのですね。<br />

      船室を模した皇太子妃の小部屋。
      皇太子妃の生まれ故郷北ドイツの船舶会社からの贈り物だそう。

      この部屋で一家で楽しく団欒した日もあったのですね。

    • この館が有名になったのは、第2次世界大戦末期の1945年7月17日〜8月2日にわたって、 米・トルーマン、英・チャーチル、ソ連・スターリンによる世界三巨頭が集まってポツダム会談が開かれたことです。<br /><br />館内にはそれらの歴史年表が展示してありましたので、私の歴史勉強のつもりで主だったものを年代を追って見て行きたいと思います。<br />

      この館が有名になったのは、第2次世界大戦末期の1945年7月17日〜8月2日にわたって、 米・トルーマン、英・チャーチル、ソ連・スターリンによる世界三巨頭が集まってポツダム会談が開かれたことです。

      館内にはそれらの歴史年表が展示してありましたので、私の歴史勉強のつもりで主だったものを年代を追って見て行きたいと思います。

    • 第二次世界大戦は、1939年、ドイツ軍のポーランド侵攻により勃発し、ポーランドと同盟関係にあった仏英の対独宣戦布告によりヨーロッパ戦争として始まりました。<br />ソ連もそれに乗じて、ポーランド侵攻やバルト三国への領土侵略への野心を示し、軍隊を駐留させました。<br /><br />さらに日独伊三国同盟が結ばれ、アジアでも戦火は広がり、文字通り世界大戦となっていきました。<br />

      第二次世界大戦は、1939年、ドイツ軍のポーランド侵攻により勃発し、ポーランドと同盟関係にあった仏英の対独宣戦布告によりヨーロッパ戦争として始まりました。
      ソ連もそれに乗じて、ポーランド侵攻やバルト三国への領土侵略への野心を示し、軍隊を駐留させました。

      さらに日独伊三国同盟が結ばれ、アジアでも戦火は広がり、文字通り世界大戦となっていきました。

    • 巨頭会談はポツダム会談が初めてではありません。<br /><br />1941年8月9日 - 12日には、イギリス首相のウィンストン・チャーチルと、アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトが、英戦艦プリンス・オブ・ウェールス上で会談しています(大西洋会談)。<br /><br />そこで戦後の世界構想が組み込まれた大西洋憲章が調印されています。<br />

      巨頭会談はポツダム会談が初めてではありません。

      1941年8月9日 - 12日には、イギリス首相のウィンストン・チャーチルと、アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトが、英戦艦プリンス・オブ・ウェールス上で会談しています(大西洋会談)。

      そこで戦後の世界構想が組み込まれた大西洋憲章が調印されています。

    • 大西洋憲章から4ヵ月後、1941年12月8日、日本がハワイの真珠湾を攻撃して米英に宣戦布告、<br />戦火は全世界に拡大し、人類史上最大の世界大戦へと拡大していきました。<br />

      大西洋憲章から4ヵ月後、1941年12月8日、日本がハワイの真珠湾を攻撃して米英に宣戦布告、
      戦火は全世界に拡大し、人類史上最大の世界大戦へと拡大していきました。

    1件目~20件目を表示(全74件中)

    この旅行記のタグ

      26いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      ドイツ最安 375円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      ドイツの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      ポツダム(ドイツ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集