宇治旅行記(ブログ) 一覧に戻る
TVのニュースで、京都の紅葉だよりを見ました。<br />そう言えば、今年の秋は、珍しく京都へ行ってないなあ。<br /><br />そうや・・・京都へ行こう!<br /><br />というわけで、<br />今日は、お茶をしに、<br />宇治へ行ってみることにしました。<br />

そうや・・・京都へ行こう!宇治編

101いいね!

2013/11/28 - 2013/11/28

26位(同エリア1139件中)

10

32

旅 愛子

旅 愛子さん

TVのニュースで、京都の紅葉だよりを見ました。
そう言えば、今年の秋は、珍しく京都へ行ってないなあ。

そうや・・・京都へ行こう!

というわけで、
今日は、お茶をしに、
宇治へ行ってみることにしました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 京阪本線の「中書島」から、<br />宇治線へ乗り換えて、<br />終点「宇治」に降り着きました。<br /><br />駅の近くには、源氏物語ミュージアムがあります。<br />源氏物語宇治十帖の古跡もいくつか存します。<br /><br />それにしても、<br />11月も下旬になると、京都は冷え込みます。<br />コンビニでカイロを買って、ちょっとホッこり。<br /><br />ここから、朝霧通りをぷらぷらと歩きながら、<br />紅葉で有名な興聖寺へ向かうことにします。

    京阪本線の「中書島」から、
    宇治線へ乗り換えて、
    終点「宇治」に降り着きました。

    駅の近くには、源氏物語ミュージアムがあります。
    源氏物語宇治十帖の古跡もいくつか存します。

    それにしても、
    11月も下旬になると、京都は冷え込みます。
    コンビニでカイロを買って、ちょっとホッこり。

    ここから、朝霧通りをぷらぷらと歩きながら、
    紅葉で有名な興聖寺へ向かうことにします。

    宇治市源氏物語ミュージアム 美術館・博物館

  • 宇治駅のすぐ傍には、宇治川が流れており、<br />日本最古に架けられたという「宇治橋」が観られます。<br /><br />写真は、帰り路に撮ったものです。<br />

    宇治駅のすぐ傍には、宇治川が流れており、
    日本最古に架けられたという「宇治橋」が観られます。

    写真は、帰り路に撮ったものです。

    宇治橋 名所・史跡

  • 椿寺放生院あたりを過ぎる頃、<br />艶やかな紅葉樹が、出迎えてくれました。

    椿寺放生院あたりを過ぎる頃、
    艶やかな紅葉樹が、出迎えてくれました。

    地蔵院 (椿寺) 寺・神社

  • さざんかでしょうか、<br />ピンクの愛らしい姿が、紅葉に寄り添うように、<br />優しく咲いていました。<br /><br />このあたりは、さわらびの道という小道を通じて、<br />源氏物語宇治十帖古跡があります。

    さざんかでしょうか、
    ピンクの愛らしい姿が、紅葉に寄り添うように、
    優しく咲いていました。

    このあたりは、さわらびの道という小道を通じて、
    源氏物語宇治十帖古跡があります。

  • 宇治神社を通り、観流橋を渡ると、<br />今日の目的地、興聖寺の山門に到着です。<br />

    宇治神社を通り、観流橋を渡ると、
    今日の目的地、興聖寺の山門に到着です。

    興聖寺 寺・神社

  • 山門から「琴坂」を歩きます。<br />

    山門から「琴坂」を歩きます。

  • 少しピークは過ぎたようですが、<br />晩秋の紅葉は、まだまだ綺麗ですね。

    少しピークは過ぎたようですが、
    晩秋の紅葉は、まだまだ綺麗ですね。

  • 琴坂の傍らの溝路<br />京都らしさを感じますね。

    琴坂の傍らの溝路
    京都らしさを感じますね。

  • 境内の「ひめこまつ」<br />手入れの行き届いた、りっぱな風格です。

    境内の「ひめこまつ」
    手入れの行き届いた、りっぱな風格です。

  • 境内の風景です。

    境内の風景です。

  • こちらも境内の風景。<br />

    こちらも境内の風景。

  • 興聖寺からの帰り道、<br />「福寿園」さんで、ちょっと一服です。

    興聖寺からの帰り道、
    「福寿園」さんで、ちょっと一服です。

  • 茶葉の手もみ実演を拝見。<br /><br />茶葉が、松葉のようになるまで、<br />丁寧に仕上げていくそうです。<br />職人技を感じます。

    茶葉の手もみ実演を拝見。

    茶葉が、松葉のようになるまで、
    丁寧に仕上げていくそうです。
    職人技を感じます。

  • せっかくなので、<br />自分で挽いたお抹茶をいただこうと、<br />臼挽きに挑戦!

    せっかくなので、
    自分で挽いたお抹茶をいただこうと、
    臼挽きに挑戦!

  • お抹茶用の茶葉です。<br />これで、約2杯分のお抹茶がいただけるそうです。

    お抹茶用の茶葉です。
    これで、約2杯分のお抹茶がいただけるそうです。

  • 最初は、なかなか臼が回ってくれませんが、<br />徐々に慣れてきます。<br /><br />下部の方に、少しずつ挽かれた抹茶に、<br />ちょっとうきうき^^

    最初は、なかなか臼が回ってくれませんが、
    徐々に慣れてきます。

    下部の方に、少しずつ挽かれた抹茶に、
    ちょっとうきうき^^

  • 福寿園の方とお話をさせていただきながら、<br />挽くこと20分ほど、<br /><br />出来あがってまいりました。<br />挽きたての抹茶です。<br />

    福寿園の方とお話をさせていただきながら、
    挽くこと20分ほど、

    出来あがってまいりました。
    挽きたての抹茶です。

  • さっそく、点てま〜す^^<br /><br />本日のお菓子は、<br />ほうじ茶の羊羹だそうです。

    さっそく、点てま〜す^^

    本日のお菓子は、
    ほうじ茶の羊羹だそうです。

  • 点てるのは、コツがいりますね。<br /><br />力を入れずに、フワッと仕上げるのは、<br />結構むずかしい(-.-)<br /><br />ちなみに、<br />挽きたての抹茶は、渋みもなく、<br />若々しい、飲みやすさなので、<br />抹茶の苦手な方でも、楽しんでいただけそうな感じです。<br />

    点てるのは、コツがいりますね。

    力を入れずに、フワッと仕上げるのは、
    結構むずかしい(-.-)

    ちなみに、
    挽きたての抹茶は、渋みもなく、
    若々しい、飲みやすさなので、
    抹茶の苦手な方でも、楽しんでいただけそうな感じです。

  • 点てながら、お茶の花の話になりまして、<br />まだ少しなら見れますよと、<br />工房の裏手の茶畑へ案内していただきました。<br /><br />椿の花に似ていると聞いていましたが、<br />なるほど、ホントに似ています。<br />白い小さな椿のようです。<br /><br />お茶は椿の仲間なのだそうで、<br />11月上旬頃までが、見頃だそうです。

    点てながら、お茶の花の話になりまして、
    まだ少しなら見れますよと、
    工房の裏手の茶畑へ案内していただきました。

    椿の花に似ていると聞いていましたが、
    なるほど、ホントに似ています。
    白い小さな椿のようです。

    お茶は椿の仲間なのだそうで、
    11月上旬頃までが、見頃だそうです。

  • 美味しいお茶を体験したあと、<br />これから朝霧橋を渡って、平等院へ向かいます。<br /><br />橋の上から、宇治神社の鳥居が見えます。<br />その後ろには、世界遺産「宇治上神社」が、<br />あります。

    美味しいお茶を体験したあと、
    これから朝霧橋を渡って、平等院へ向かいます。

    橋の上から、宇治神社の鳥居が見えます。
    その後ろには、世界遺産「宇治上神社」が、
    あります。

  • 朝霧橋から見る風景。<br />風景の先には、天ケ瀬ダムがあります。<br /><br />このあたりは、鵜飼でも有名ですね。

    朝霧橋から見る風景。
    風景の先には、天ケ瀬ダムがあります。

    このあたりは、鵜飼でも有名ですね。

  • 宇治川先陣の碑です。

    宇治川先陣の碑です。

  • 橘島から橘橋を渡ると、<br />平等院の参道に入ります。<br /><br />扇の芝あたりの紅葉樹も、綺麗です。

    橘島から橘橋を渡ると、
    平等院の参道に入ります。

    扇の芝あたりの紅葉樹も、綺麗です。

  • 平等院の表参道風景です。<br /><br />ここは、<br />日本かおり風景百選の道となっています。

    平等院の表参道風景です。

    ここは、
    日本かおり風景百選の道となっています。

  • 平等院、石碑です。<br />近くには、頼政の墓もあります。

    平等院、石碑です。
    近くには、頼政の墓もあります。

  • 平等院 正門です。<br /><br />現在、平等院は大修復工事中なので、<br />あの十円玉の風景を観ることは出来ません。<br /><br />2014年春には拝観できるそうなので、<br />今日はここまで。

    平等院 正門です。

    現在、平等院は大修復工事中なので、
    あの十円玉の風景を観ることは出来ません。

    2014年春には拝観できるそうなので、
    今日はここまで。

  • 正門近くの紅葉も綺麗です。

    正門近くの紅葉も綺麗です。

  • 少し小腹が空いたので、<br />こちらで、遅めのランチとします。

    少し小腹が空いたので、
    こちらで、遅めのランチとします。

  • 茶そばとお茶のふりかけごはん、<br />デザートに、宇治スイーツをいただきます。

    茶そばとお茶のふりかけごはん、
    デザートに、宇治スイーツをいただきます。

  • 夕方の16時頃の宇治橋の風景です。<br /><br />源氏物語宇治十帖古跡「夢浮橋」のそばには、<br />紫式部像があります。

    夕方の16時頃の宇治橋の風景です。

    源氏物語宇治十帖古跡「夢浮橋」のそばには、
    紫式部像があります。

  • そろそろ、帰ろうかな。<br /><br />散歩がてらの旅行記でしたが、<br />楽しんでいただけたでしょうか?<br /><br />今度は春の宇治を訪れる予定なので、<br />良ければ、お立ち寄りくださいね。<br />

    そろそろ、帰ろうかな。

    散歩がてらの旅行記でしたが、
    楽しんでいただけたでしょうか?

    今度は春の宇治を訪れる予定なので、
    良ければ、お立ち寄りくださいね。

この旅行記のタグ

101いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (10)

開く

閉じる

  • jh2fxvさん 2014/10/02 21:03:43
    旅 愛子さん はじめまして
    もんじゃの月島、訪問ついでのポチッと投票ありがとうございます。

    宇治の紅葉見事です。
    そのシーズンになりますね。

    今まで紅葉の旅行記無かったんで旅 愛子さんのを見て今年は…とも考えております。
    まずは地元のコスモス祭りから…

    今後ともよろしくお願いします。

    jh2fxv

    旅 愛子

    旅 愛子さん からの返信 2014/10/08 10:12:15
    RE: こちらこそ、はじめまして。
    jh2fxvさんへ

    お返事、遅くなりすみません。
    宇治の旅行記をみていただき、ありがとうございました。
    こうして、見ていただいて、コメントをいただくと、
    励みになりますね(笑)

    宇治は、平等院も修復を終え、
    今年の秋は、また一段と楽しみな風景を見せてくれると思います。

    jh2fxvさんのコスモスも、美しい一景でしょう。
    旅行記、楽しみにしていますね。

    今後ともよろしくお願いします。

    旅 愛子より
  • ねいちゃさん 2014/03/18 08:37:55
    ご投票ありがとうございました。
    はじめまして、旅 愛子さん。
    この度は「京都冬編」にご訪問ならびにご投票感謝いたします。

    宇治の秋模様・・・素敵な写真ばかりですね。
    平等院鳳凰堂は4月3日からいよいよ一般公開されるようです。
    朱色に塗られて鮮やかな建物が蘇りますね。

    京都はいよいよ春を迎える季節となってきました。
    寒い冬が終わってそろそろ私もお出かけしようかな。

    これからもよろしくお願いもうしあげます。

    ねいちゃ

    旅 愛子

    旅 愛子さん からの返信 2014/03/18 17:02:27
    こちらこそ、ありがとうございます

    ねいちゃさんへ

    ご丁寧に、メッセージありがとうございました。
    京都の魅力、楽しませていただきました。
    京都への思いが、とてもよく伝わって、ステキでした。

    これからも、京都のステキを、惜しみなく、
    お伝えくださいね。
    楽しみにしていますね。

    これからも、よろしくお願いします。

    旅 愛子より

  • tanichanさん 2014/03/04 15:58:10
    こんにちは(*^_^*)
    旅 愛子さん 「初めまして」

    沖縄の旅行記にたくさん投票頂き有難うございます m(__)m。

    「そうや・・・京都へ行こう!宇冶編」を拝見させて頂きました、実は私の親父(既に他界)は京都の伏見出身で、私もよく京都は訪れていました。

    懐かしい場所も旅 愛子さんの旅行記で拝見できました、久しく紅葉時の京都は訪れていないので今年の秋は行きたいですね。

    此れからも宜しくお願いいたします。

    旅 愛子

    旅 愛子さん からの返信 2014/03/05 10:19:12
    こんにちは(*^_^*)

    tanichanさまへ

    メッセージありがとうございます。
    こちらこそ、愛子の旅行記に立寄っていただき、
    ありがとうございました。

    京都は、大切な方の、思い出が深いところなんですね。
    私も、気分転換に、よく京都を訪れますが、
    同じところでも、違う雰囲気を感じることのできるので、
    大好きです。

    これから、桜のシーズンを迎えるので、
    また、楽しみですね。

    これからも、よろしくお願いします。

    旅 愛子より
  • たらよろさん 2014/02/18 00:49:02
    真っ赤な宇治
    こんばんは、旅愛子さま。
    初めまして♪

    赤い宇治の世界を楽しませていただきました。
    寒い寒い冬の京都。
    秋の美しい京都が懐かしいなぁ。。。
    早く暖かくなって、綺麗なお花が咲いて、そしてまた美しい秋がきて欲しいな、、、
    なんて思いながら旅行記を拝見してました。

    興聖寺は、私が以前いったときは、かなり早かったので緑色の葉が主流だったんです。
    こんなにオレンジ色に色づくんですね。
    琴坂の美しい秋が目に眩しかったです。

    また、遊びに来ますね〜
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    たらよろ

    旅 愛子

    旅 愛子さん からの返信 2014/02/25 17:51:33
    ありがとうございます^^

    たらよろさまへ

    温かいメッセージありがとうございます。

    ほんの三カ月前の風景ですが、
    時の流れは早いものですね。

    冬の京都もステキなので、訪れようと思ったりしていたら、
    もう、春の足音がそこまで来ているようです^^
    春は少しこまめに足を運ぼうかと考えます。

    たらよろさまの楽しい旅行記も楽しみにしております。
    これからもよろしくお願いします。

    旅 愛子

  • ダメちゃんさん 2013/12/02 16:07:10
    「紅葉と茶葉」の配色が素敵ですね〜
    おじゃまします。
    紅葉の宇治方面に行かれたのですね〜うらやましぃ〜
    おかげさまで、私も紅葉狩りに連れて行ってもらった気がします(^^)。

    椿寺放生院あたりの紅葉の見事なこと・・・山茶花もやさしい色合いですねぇ。
    興聖寺の”琴坂”は紅葉の頃に私も訪れましたが、綺麗な坂道ですよね。
    ピークを少し過ぎていたようですが、画像でも十分に美しさが伝わってきました。

    有名な「福寿園」さんで、自分が挽いたお抹茶をいただこうとは、良い思い出になりましたね・・・お茶の花も可憐な色ですね。
    中村藤吉本店での「茶そばとお茶ふりかけごはん」も美味しそうですし、”晩秋の宇治”を楽しまれたようですね。

    来春の宇治旅行記も、楽しみにしています。

    旅 愛子

    旅 愛子さん からの返信 2013/12/02 17:29:53
    ありがとうございます^^

    ダメちゃんさんへ

    寒くなってきましたね。
    こう寒くなると、運動不足は避けられず、
    歩かねば・・・という感じで、行ってきました。
    なので、いっぷく、いっぷくの連続です^^

    宇治は、平等院も修復中で観れないので、
    訪れる人も、少ない感じで、のんびりできました。

    特に福寿園さんでは、
    楽しいひとときを過ごさせていただきました。
    平日でもあったせいか、私の貸切りでしたから(笑)

    師走に入り、慌ただしくなってきましたが、
    冬の京都も格別なので、
    足を運べればいいなと思いま〜す^^






旅 愛子さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集