千葉市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
住居地区にもかかわらず、<br /><br />廃墟な建物があります!!<br /><br /><br />恐る恐る近づいてみますが。。。<br /><br />何の建物だかさっぱり分からず、<br />不気味な雰囲気が漂ってます。

【千葉:検見川】 千葉の廃墟~検見川送信所

3いいね!

2007/11/27 - 2007/11/27

751位(同エリア971件中)

0

5

住居地区にもかかわらず、

廃墟な建物があります!!


恐る恐る近づいてみますが。。。

何の建物だかさっぱり分からず、
不気味な雰囲気が漂ってます。

交通手段
自家用車
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.0

PR

  • かなり放置されているのでしょう。<br />建物は、2階建てですが草木に埋もれてしまって<br />1階の部分はほとんど隠れてしまっています。

    かなり放置されているのでしょう。
    建物は、2階建てですが草木に埋もれてしまって
    1階の部分はほとんど隠れてしまっています。

  • でも、建物のデザインが凝っています。<br /><br />これは、アーチ型の入口です。

    でも、建物のデザインが凝っています。

    これは、アーチ型の入口です。

  • 建物の角が丸味をおびていたり、<br />窓の形やエントランス風の入り口など、<br />外観はおしゃれな造りです。

    建物の角が丸味をおびていたり、
    窓の形やエントランス風の入り口など、
    外観はおしゃれな造りです。

  • 記念碑のようなものがありました。<br /><br />しかし、壊れてしまっていて全然分かりません。

    記念碑のようなものがありました。

    しかし、壊れてしまっていて全然分かりません。

  • 調べてみると、<br />「検見川無線送信所」というらしいです。<br /><br />建設は大正12年。<br />昭和54年に閉局するまで<br />無線を飛ばし続けていたそうです。<br /><br />かの有名な 「ニイタカヤマノボレ」も<br />ここから発信されたとか!!<br /><br />しかしどうして現在まで<br />取り壊されずにすんでいたのでしょうね。

    調べてみると、
    「検見川無線送信所」というらしいです。

    建設は大正12年。
    昭和54年に閉局するまで
    無線を飛ばし続けていたそうです。

    かの有名な 「ニイタカヤマノボレ」も
    ここから発信されたとか!!

    しかしどうして現在まで
    取り壊されずにすんでいたのでしょうね。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

千葉市(千葉) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集