品川 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
品川宿は、東海道五十三次の宿場の一つ。東海道の第一宿であり、中山道の板橋宿、甲州街道の内藤新宿、日光街道・奥州街道の千住宿と並んで江戸四宿と呼ばれた。<br />慶長6年(1601年)に中世以来の港町、品川湊の近くに設置され、北宿、南宿、新宿にわかれていた。場所は、現在の東京都品川区内で、京急本線の北品川駅から青物横丁駅周辺にかけて広がっていた。目黒川を境に、それより北が北品川、南が南品川とされた。<br /><br />土蔵相模 - 幕末の志士たちが、時に密議を凝らし、時に遊女と遊んだ宿。<br />幕府御用宿釜屋跡 - 土方歳三ら新撰組が定宿としていた茶屋。<br />品川寺 - 空海開山の寺。江戸六地蔵第一番や洋行還りの大梵鐘、樹齢推定300年の大銀杏などで知られる。<br />東海寺 - 大徳寺住持沢庵宗彭のために三代将軍徳川家光が建立した。<br />(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)<br /><br /><br />品川宿については・・<br />http://www.natsuzora.com/dew/tokyo-east/shinagawashuku.html<br />http://yuhoyuyu.sakura.ne.jp/course/cn455/index.html<br />http://www.keikyu.co.jp/webtrain/ryouma/spot/spot_tokaido_honjin.html<br />http://japan-city.com/sina/100kei/index.html<br />

東海道 品川宿の面影を訪ねて ☆品川宿本陣跡は聖蹟公園に

5いいね!

2013/03/26 - 2013/03/26

570位(同エリア845件中)

0

92

品川宿は、東海道五十三次の宿場の一つ。東海道の第一宿であり、中山道の板橋宿、甲州街道の内藤新宿、日光街道・奥州街道の千住宿と並んで江戸四宿と呼ばれた。
慶長6年(1601年)に中世以来の港町、品川湊の近くに設置され、北宿、南宿、新宿にわかれていた。場所は、現在の東京都品川区内で、京急本線の北品川駅から青物横丁駅周辺にかけて広がっていた。目黒川を境に、それより北が北品川、南が南品川とされた。

土蔵相模 - 幕末の志士たちが、時に密議を凝らし、時に遊女と遊んだ宿。
幕府御用宿釜屋跡 - 土方歳三ら新撰組が定宿としていた茶屋。
品川寺 - 空海開山の寺。江戸六地蔵第一番や洋行還りの大梵鐘、樹齢推定300年の大銀杏などで知られる。
東海寺 - 大徳寺住持沢庵宗彭のために三代将軍徳川家光が建立した。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)


品川宿については・・
http://www.natsuzora.com/dew/tokyo-east/shinagawashuku.html
http://yuhoyuyu.sakura.ne.jp/course/cn455/index.html
http://www.keikyu.co.jp/webtrain/ryouma/spot/spot_tokaido_honjin.html
http://japan-city.com/sina/100kei/index.html

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル 私鉄
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
4.0

PR

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

品川(東京) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集