ドックランズ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
12年ぶりの英国である。家族にとっては14年ぶり。しかも彼にとって14年ぶりの海外。右も左も分からなくて当然、ハプニング必須・・・とにかく彼が、金輪際海外はご免と言わなければ旅は成功したといえる。そんな珍道中だった。<br /><br />旅程<br />2月28日(木)ロンドン着 2連泊<br />3月 2日(土)Leamington Spa, Warwickshire泊<br />3月 3日(日)Kennington, Oxfordshire泊<br />3月 4日(月)ロンドン泊<br />3月 5日(火)Ivychurch, Kent泊<br />3月 6日(水)ロンドン泊<br />3月 7日(木)英国出国<br /><br />表紙写真:Chipping Campden(Cotswalds), Gloucestershire.かつてのMarket town(市場を立てる権利のある街)。chippingは、古語market-placeから出来た単語。右手のMarket Hallは、1627年の建築。

14年ぶりの英国2人旅前編-docklands, Blenheim Palace,etc.

4いいね!

2013/02/28 - 2013/03/07

2位(同エリア2件中)

0

50

Fluegel

Fluegelさん

12年ぶりの英国である。家族にとっては14年ぶり。しかも彼にとって14年ぶりの海外。右も左も分からなくて当然、ハプニング必須・・・とにかく彼が、金輪際海外はご免と言わなければ旅は成功したといえる。そんな珍道中だった。

旅程
2月28日(木)ロンドン着 2連泊
3月 2日(土)Leamington Spa, Warwickshire泊
3月 3日(日)Kennington, Oxfordshire泊
3月 4日(月)ロンドン泊
3月 5日(火)Ivychurch, Kent泊
3月 6日(水)ロンドン泊
3月 7日(木)英国出国

表紙写真:Chipping Campden(Cotswalds), Gloucestershire.かつてのMarket town(市場を立てる権利のある街)。chippingは、古語market-placeから出来た単語。右手のMarket Hallは、1627年の建築。

旅行の満足度
4.5
ホテル
4.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー
航空会社
ルフトハンザドイツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ロンドンへの直行便のないエリアに住んでいることが、12年も英国へ行かなかった理由のひとつ。lufthansa搭乗に際し、税関が気がかりだった。著名日本人演奏家のビオラに関税がかけられたりしていたから。ところが・・・フランクフルトの乗継で、税関を通らなかった。つい最近になって、乗継客の税関通過が廃止されたようだ。ホッとした。取り上げられた時のために、カメラを2台持参したのも、杞憂に終わった。

    ロンドンへの直行便のないエリアに住んでいることが、12年も英国へ行かなかった理由のひとつ。lufthansa搭乗に際し、税関が気がかりだった。著名日本人演奏家のビオラに関税がかけられたりしていたから。ところが・・・フランクフルトの乗継で、税関を通らなかった。つい最近になって、乗継客の税関通過が廃止されたようだ。ホッとした。取り上げられた時のために、カメラを2台持参したのも、杞憂に終わった。

  • 16:50、ヒースロー着。さてtubeの切符は、どうやって買うんだったか・・・彼が券売機の前で迷っていたら、通りすがりの日本人女性がサッと来て、教えてくれた。カッコいい。私?傍観者(笑)。Earl&#39;s Courtのホテルにチェックインすると、もう日が暮れた。レストランに入るのも億劫だから、惣菜を買おうと、歩いて5分のsainsbury&#39;s(@Cromwell Rd.)へ。営業時間は朝7時-23:59。

    16:50、ヒースロー着。さてtubeの切符は、どうやって買うんだったか・・・彼が券売機の前で迷っていたら、通りすがりの日本人女性がサッと来て、教えてくれた。カッコいい。私?傍観者(笑)。Earl's Courtのホテルにチェックインすると、もう日が暮れた。レストランに入るのも億劫だから、惣菜を買おうと、歩いて5分のsainsbury's(@Cromwell Rd.)へ。営業時間は朝7時-23:59。

  • 3月1日(金)、時差ぼけもあり、早く目覚めた。ホテル客室からの眺望(写真)。Earl&#39;s Courtって、こんな街だったのね。向かいのオフィスビルに、朝7時前、朝食が配達された。英国人は、朝飯前から働くのか。私達は、ホテルを朝食つきにしたので、1Fでブッフェ。

    3月1日(金)、時差ぼけもあり、早く目覚めた。ホテル客室からの眺望(写真)。Earl's Courtって、こんな街だったのね。向かいのオフィスビルに、朝7時前、朝食が配達された。英国人は、朝飯前から働くのか。私達は、ホテルを朝食つきにしたので、1Fでブッフェ。

  • 朝食後、tubeでCharing Crossへ。この日は、one day travel card(ゾーン2)を求めた。午前はbriefing,わ〜いQueen&#39;s Englishだ。一人旅じゃないと、気楽。ランチは、Trafalgar SquareのAlbannachへ。正午開店。5分前に着いたら、店から開くまで待ってと言われた。

    朝食後、tubeでCharing Crossへ。この日は、one day travel card(ゾーン2)を求めた。午前はbriefing,わ〜いQueen's Englishだ。一人旅じゃないと、気楽。ランチは、Trafalgar SquareのAlbannachへ。正午開店。5分前に着いたら、店から開くまで待ってと言われた。

  • ランチセットのhaggis。ハギスは初めて。羊の内臓のミンチで作ったプディング(詰め物料理)。スコットランド料理。店の味付けが良かったようで、美味しく頂いた。

    ランチセットのhaggis。ハギスは初めて。羊の内臓のミンチで作ったプディング(詰め物料理)。スコットランド料理。店の味付けが良かったようで、美味しく頂いた。

  • Albannachの化粧室。とてもスタイリッシュ。Albannachとは、ゲール語でScottishという意味。

    Albannachの化粧室。とてもスタイリッシュ。Albannachとは、ゲール語でScottishという意味。

  • 午後は街巡り。tubeをLiverpool St.で降り、Artillery Passageへ。こんな路地が、ロンドンにもあったのか。1888年Jack the ripperが出没した通り。この路地のあるSpitalfieldsは、Old Artillery Groundとも呼ばれ,かつて王室御料地だったらしい。artilleryとは、砲兵隊。

    午後は街巡り。tubeをLiverpool St.で降り、Artillery Passageへ。こんな路地が、ロンドンにもあったのか。1888年Jack the ripperが出没した通り。この路地のあるSpitalfieldsは、Old Artillery Groundとも呼ばれ,かつて王室御料地だったらしい。artilleryとは、砲兵隊。

  • London fruit &amp; wool exchange(1929, Spitalfields).果物(輸入品)と羊毛(国産品)を物々交換?していたであろう取引所。再開発から取り残されたエリア。渦中にあったけれど、この程、ファサードを残してオフィス&物販店としてリニューアルされることになった。

    London fruit & wool exchange(1929, Spitalfields).果物(輸入品)と羊毛(国産品)を物々交換?していたであろう取引所。再開発から取り残されたエリア。渦中にあったけれど、この程、ファサードを残してオフィス&物販店としてリニューアルされることになった。

  • old spitalfields market.1887年建築。

    old spitalfields market.1887年建築。

  • Lamb Street Market.1893年建築。

    Lamb Street Market.1893年建築。

  • Shoreditch High St.駅からLondon Overgroundに乗車。2007年開業の新しい鉄道。one day travel cardが使える。Wapping駅で下車。駅脇からスルリとゲートを抜けると、テムズ川に出る。そこからの眺望(写真)。Canada Water方面を望む。テムズ川の埠頭についている地名は、かつて、そこ行きの船が出港したことにちなむ。Canada Waterからは、カナダ行きの定期便が出ていたのだろう。

    Shoreditch High St.駅からLondon Overgroundに乗車。2007年開業の新しい鉄道。one day travel cardが使える。Wapping駅で下車。駅脇からスルリとゲートを抜けると、テムズ川に出る。そこからの眺望(写真)。Canada Water方面を望む。テムズ川の埠頭についている地名は、かつて、そこ行きの船が出港したことにちなむ。Canada Waterからは、カナダ行きの定期便が出ていたのだろう。

  • Wapping駅からCanada Water駅までovergroundはテムズ川の下を通る。overじゃなくunderだけど。テムズトンネルは1843年に開通した、世界初のunderwater tunnel.写真は、Jubilee線のCanary Warf駅前。Docklands Light Railwayの赤い電車が見える。

    Wapping駅からCanada Water駅までovergroundはテムズ川の下を通る。overじゃなくunderだけど。テムズトンネルは1843年に開通した、世界初のunderwater tunnel.写真は、Jubilee線のCanary Warf駅前。Docklands Light Railwayの赤い電車が見える。

  • DLRのWest India Quay駅。DLRは1987年開業の無人自動運転鉄道。改札がない。one day travel card利用可。

    DLRのWest India Quay駅。DLRは1987年開業の無人自動運転鉄道。改札がない。one day travel card利用可。

  • 駅の高架プラットホームからの眺望。ロンドンの景色とは思えない。新旧のビルがあり、ボストンみたい。

    駅の高架プラットホームからの眺望。ロンドンの景色とは思えない。新旧のビルがあり、ボストンみたい。

  • Warehouse at West India Quay.1800年代初頭に建てられ、ジョージアン様式。かつてカリブ海の島々の奴隷プランテーションからの輸入品であるコーヒー、砂糖、ラム酒を貯蔵していた。

    Warehouse at West India Quay.1800年代初頭に建てられ、ジョージアン様式。かつてカリブ海の島々の奴隷プランテーションからの輸入品であるコーヒー、砂糖、ラム酒を貯蔵していた。

  • No.1 WarehouseにMuseum of London(入場無料)がある。19世紀、倉庫として使われていた時は、1〜3階に重い砂糖、最上階には軽いコーヒー、ココア、コットン、唐辛子が置かれた。

    No.1 WarehouseにMuseum of London(入場無料)がある。19世紀、倉庫として使われていた時は、1〜3階に重い砂糖、最上階には軽いコーヒー、ココア、コットン、唐辛子が置かれた。

  • 19世紀、積荷を運ぶ人々の写真。

    19世紀、積荷を運ぶ人々の写真。

  • Old London Bridge, 1600年ごろ(展示品)。

    Old London Bridge, 1600年ごろ(展示品)。

  • 1608年ごろまでに、東インド会社は、スパイスとの貿易上(欧州大陸の人々と物々交換?通貨が異なるし)インド織物の購入を始めた。軽い綿の平織りは、英国本国での女性用服地に適しており、急速に広まった。<br /><br />伝統的なインド更紗のデザインは、鮮やかな赤や青の花柄。光沢をつけてあるので清潔に保てると、家庭用品(カーテン、ベッドカバーなど)に使われるようになった。<br /><br />写真:展示品。

    1608年ごろまでに、東インド会社は、スパイスとの貿易上(欧州大陸の人々と物々交換?通貨が異なるし)インド織物の購入を始めた。軽い綿の平織りは、英国本国での女性用服地に適しており、急速に広まった。

    伝統的なインド更紗のデザインは、鮮やかな赤や青の花柄。光沢をつけてあるので清潔に保てると、家庭用品(カーテン、ベッドカバーなど)に使われるようになった。

    写真:展示品。

  • リバティ、ウィリアム・モーリスや、ローラ・アシュレイといった綿プリント柄の伝統は、東インド会社から始まったのだろうか。

    リバティ、ウィリアム・モーリスや、ローラ・アシュレイといった綿プリント柄の伝統は、東インド会社から始まったのだろうか。

  • 3月2日(土)、レンタカーを探しに行った彼が、ホテル客室に戻ってくると、憔悴しきっていた。もう、今夜の宿をキャンセルしてロンドンに留まると。冗談じゃない。週末だから、日本から車を予約しておくべきだと言ったのに。JCBプラザの電話番号を差し出し、日本語で予約依頼できると言った。果たして、avisに一台見つかり、歩いて行くことに。ところが、混乱した彼は、今朝一度行ったavisへの道を間違った。そこで、St. Mary the Boltonsの前を通った(写真)。

    3月2日(土)、レンタカーを探しに行った彼が、ホテル客室に戻ってくると、憔悴しきっていた。もう、今夜の宿をキャンセルしてロンドンに留まると。冗談じゃない。週末だから、日本から車を予約しておくべきだと言ったのに。JCBプラザの電話番号を差し出し、日本語で予約依頼できると言った。果たして、avisに一台見つかり、歩いて行くことに。ところが、混乱した彼は、今朝一度行ったavisへの道を間違った。そこで、St. Mary the Boltonsの前を通った(写真)。

  • St. Mary the Boltonsは1850年からあるAnglican church.教会は石造り、表面をBath stone(石灰石の一種)で仕上げている。

    St. Mary the Boltonsは1850年からあるAnglican church.教会は石造り、表面をBath stone(石灰石の一種)で仕上げている。

  • 道に迷うと、いろいろなものを見つける。Beatrix Potterの生家跡だとか。<br />1866年に生まれてから、1913年47歳で結婚するまで、彼女が住んだ家の跡。<br />第二次大戦で家は消失、今は小さな小学校が建っている。<br />上の教会も、第二次大戦でかなり壊れ、再建されたらしい。<br />この辺りは、爆撃がひどかったようだ。

    道に迷うと、いろいろなものを見つける。Beatrix Potterの生家跡だとか。
    1866年に生まれてから、1913年47歳で結婚するまで、彼女が住んだ家の跡。
    第二次大戦で家は消失、今は小さな小学校が建っている。
    上の教会も、第二次大戦でかなり壊れ、再建されたらしい。
    この辺りは、爆撃がひどかったようだ。

  • colbeck mews. mewsとは、厩を改造したアパート。DVDポアロ・シリーズのMurder in the mewsを思い出す。

    colbeck mews. mewsとは、厩を改造したアパート。DVDポアロ・シリーズのMurder in the mewsを思い出す。

  • St.Jude&#39;s Church, Kensington.1867-70年頃の建築。様式はGothic Revival style.建材はKentish Ragstone(石灰石の一種)。2006年、教区が上のSt Mary the Boltonsに吸収合併された。<br /><br />教会の時計が正午すぎを指している。朝からレンタカーを探して、午後になった。人生に無駄なことはないのと同じで、旅も回り道をした分、いろいろな発見があった。

    St.Jude's Church, Kensington.1867-70年頃の建築。様式はGothic Revival style.建材はKentish Ragstone(石灰石の一種)。2006年、教区が上のSt Mary the Boltonsに吸収合併された。

    教会の時計が正午すぎを指している。朝からレンタカーを探して、午後になった。人生に無駄なことはないのと同じで、旅も回り道をした分、いろいろな発見があった。

  • 思わぬ街巡りの後、avisに到着。待っていた車は、KIA.韓国車らしい。カーナビはついていない。大きい車だ。A40-M40-M42と走ること100マイル余り、Solihull, Midlandsへ。<br />

    思わぬ街巡りの後、avisに到着。待っていた車は、KIA.韓国車らしい。カーナビはついていない。大きい車だ。A40-M40-M42と走ること100マイル余り、Solihull, Midlandsへ。

  • 知人宅に到着。屋根にソーラーパネルがついている。日々発電した電力を、売っているらしい。日本より採算がとれそう。

    知人宅に到着。屋根にソーラーパネルがついている。日々発電した電力を、売っているらしい。日本より採算がとれそう。

  • Mallory Court Hotel, Leamington Spa, Warwickshireにチェックインした時には、とっぷり日が暮れていた。この時期の日没は、17時50分くらい。客室は、新しい棟の方だった。ホテルバーでクロックムッシュを頂いたら、美味しかった。Warwickshireで唯一、ミシュランの星を獲得したシェフが作ったのかどうかは、分からない。レストランでなく、バーだったから。

    Mallory Court Hotel, Leamington Spa, Warwickshireにチェックインした時には、とっぷり日が暮れていた。この時期の日没は、17時50分くらい。客室は、新しい棟の方だった。ホテルバーでクロックムッシュを頂いたら、美味しかった。Warwickshireで唯一、ミシュランの星を獲得したシェフが作ったのかどうかは、分からない。レストランでなく、バーだったから。

  • 3月3日(日)朝、客室から出ると、昨夜は暗くて分からなかったけれど、ホテルの前庭にトピアリーがあった。ちなみに、駐車場左端の車は、RX-8。こんな所で見かけるとは。

    3月3日(日)朝、客室から出ると、昨夜は暗くて分からなかったけれど、ホテルの前庭にトピアリーがあった。ちなみに、駐車場左端の車は、RX-8。こんな所で見かけるとは。

  • Mallory Court Hotel本館正面エントランス。<br />新館に泊まったけれど、朝食は本館ダイニングにて。

    Mallory Court Hotel本館正面エントランス。
    新館に泊まったけれど、朝食は本館ダイニングにて。

  • ホテルの敷地内で、鳩が木の実を食べていた。<br />森に住むモリバト?

    ホテルの敷地内で、鳩が木の実を食べていた。
    森に住むモリバト?

  • 新館。

    新館。

  • 朝食、チェックアウトが済むと、Cotswaldsへ。私もハンドルを握ってみたけど、ギブアップ。片道一車線で、道を探しながら走っていると、すぐに後続車がピタリと張り付いてくる。マイルがいけない。50mile/h=80km/hなのに、地元の車は一般道をこのスピードで、まるで50km/hのような感覚で走る。<br /><br />写真は、St. James @ Chipping Campden, Gloucestershire.羊毛取引で得た富で建てたwool church.

    朝食、チェックアウトが済むと、Cotswaldsへ。私もハンドルを握ってみたけど、ギブアップ。片道一車線で、道を探しながら走っていると、すぐに後続車がピタリと張り付いてくる。マイルがいけない。50mile/h=80km/hなのに、地元の車は一般道をこのスピードで、まるで50km/hのような感覚で走る。

    写真は、St. James @ Chipping Campden, Gloucestershire.羊毛取引で得た富で建てたwool church.

  • Chipping CampdenのHight Streetにある、16世紀の建物を利用したホテル。<br />コッツウォルズらしい、蜂蜜色のライムストーン(石灰石)で出来ている。

    Chipping CampdenのHight Streetにある、16世紀の建物を利用したホテル。
    コッツウォルズらしい、蜂蜜色のライムストーン(石灰石)で出来ている。

  • Lower Slaughter, Gloucestershire.Chipping Campdenより、ずっと小さな村。River Eyeの向こうに、19世紀の水車と、煙突が見える。

    Lower Slaughter, Gloucestershire.Chipping Campdenより、ずっと小さな村。River Eyeの向こうに、19世紀の水車と、煙突が見える。

  • Anglican parish church of St. Mary.1866年に建築。

    Anglican parish church of St. Mary.1866年に建築。

  • Slaughters Country Inn.

    Slaughters Country Inn.

  • Lower Slaughterを訪ねる人々は、皆、footpath(未舗装道)に向かい、歩くために来ているようだった。

    Lower Slaughterを訪ねる人々は、皆、footpath(未舗装道)に向かい、歩くために来ているようだった。

  • Lower Slaughter Manor.17世紀の建物。

    Lower Slaughter Manor.17世紀の建物。

  • Lower SlaughterからWoodstockへ向かう途中、美しい風景に見とれた。

    Lower SlaughterからWoodstockへ向かう途中、美しい風景に見とれた。

  • Blenheim Park @ Woodstock, Oxfordshire.こちらは、その名もWoodstock gate.右手にチケットブースがあり、入場料を支払うと、車で中へ。広大な敷地の中央に、駐車場がある。

    Blenheim Park @ Woodstock, Oxfordshire.こちらは、その名もWoodstock gate.右手にチケットブースがあり、入場料を支払うと、車で中へ。広大な敷地の中央に、駐車場がある。

  • Blenheim Palace.世界遺産。王室の持ち物でないのに、palaceと名がつくのは、ここだけ。マールバラ公ジョン・チャーチルが1704年の戦功によって当時のアン王女から贈られた邸宅。ウィンストン・チャーチルが1874年に生まれた家。

    Blenheim Palace.世界遺産。王室の持ち物でないのに、palaceと名がつくのは、ここだけ。マールバラ公ジョン・チャーチルが1704年の戦功によって当時のアン王女から贈られた邸宅。ウィンストン・チャーチルが1874年に生まれた家。

  • east courtyard.右手のキオスクで、£21の入場料レシートを見せると、写真を撮ってくれ、年間パス(写真入りプラスチックカード)を作ってくれる。入場料は、一日でも一年でも、同額。

    east courtyard.右手のキオスクで、£21の入場料レシートを見せると、写真を撮ってくれ、年間パス(写真入りプラスチックカード)を作ってくれる。入場料は、一日でも一年でも、同額。

  • palace entrance.

    palace entrance.

  • The Great Hall.

    The Great Hall.

  • china ante roomのマイセン。

    china ante roomのマイセン。

  • water terrace.

    water terrace.

  • 羊毛の国、イギリスには今も羊が沢山いる。

    羊毛の国、イギリスには今も羊が沢山いる。

  • 園内に咲く花。

    園内に咲く花。

  • 駐車場に戻ると、雉がいた。まだ、mazeのあるPleasure Gardensを見ていないので、明朝、再訪しよう。年間パスも手に入ったし。今日は、Warwickshireの宿を発ち、Gloucestershireを回り、Oxfordshireに至るドライブだった。

    駐車場に戻ると、雉がいた。まだ、mazeのあるPleasure Gardensを見ていないので、明朝、再訪しよう。年間パスも手に入ったし。今日は、Warwickshireの宿を発ち、Gloucestershireを回り、Oxfordshireに至るドライブだった。

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ドックランズ(イギリス) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集