ボルドー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
<br />2012年7月〜10月までの、3か月のヨーロッパ周遊記録(Vol.68)です。<br />13カ国を周遊し、旅もとうとうあと3日。<br />現在マドリッドから、最終目的地パリへ向かっています。<br /><br />ノンストップで一気にパリまで行こうかとも思いましたが、せっかくボルドーを経由するので少しだけ立ち寄ってみることにしました。<br />ボルドーといえばワインで有名ですが、お酒が飲めないのと滞在時間が少ないのとで郊外のワイナリーまでは行かれませんでした。月の港といわれる旧市街だけ散策しています。<br /><br />南から移動してきたせいか、ボルドーはすっかり秋の気配!旅がもうじき終わるのをあらためて意識して、なんだか悲しい気分になってきました・・・。<br /><br />写真はボルドーの旧市街です。<br />※1ユーロ=100〜104円<br />(フランス語の綴り記号が文字化けするので、ないまま表記します。<br /><br />

行きあたりばったり、ヨーロッパ周遊一人旅2012 Vol.68 すっかり秋の気配・・・月の港ボルドー

5いいね!

2012/10/01 - 2012/10/01

201位(同エリア334件中)

0

37

ローズベリー

ローズベリーさん


2012年7月〜10月までの、3か月のヨーロッパ周遊記録(Vol.68)です。
13カ国を周遊し、旅もとうとうあと3日。
現在マドリッドから、最終目的地パリへ向かっています。

ノンストップで一気にパリまで行こうかとも思いましたが、せっかくボルドーを経由するので少しだけ立ち寄ってみることにしました。
ボルドーといえばワインで有名ですが、お酒が飲めないのと滞在時間が少ないのとで郊外のワイナリーまでは行かれませんでした。月の港といわれる旧市街だけ散策しています。

南から移動してきたせいか、ボルドーはすっかり秋の気配!旅がもうじき終わるのをあらためて意識して、なんだか悲しい気分になってきました・・・。

写真はボルドーの旧市街です。
※1ユーロ=100〜104円
(フランス語の綴り記号が文字化けするので、ないまま表記します。

同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス

PR

  • <br />◆10月1日(月)第89日目<br /><br />ALSA社の夜行バスで、ボルドーにやってきました。<br />20:30マドリッド→5:15ボルドー<br />2時間半ごとの休憩で毎回降ろされるので大変でした。<br /><br />さて、ボルドーに到着してある通りで降ろされたものの、ここがどこなのかさっぱりわかりません。<br />一緒にバスを降りたのはほんの数人。<br />ほとんどの人が終点のパリへ向かっていきました。<br /><br />


    ◆10月1日(月)第89日目

    ALSA社の夜行バスで、ボルドーにやってきました。
    20:30マドリッド→5:15ボルドー
    2時間半ごとの休憩で毎回降ろされるので大変でした。

    さて、ボルドーに到着してある通りで降ろされたものの、ここがどこなのかさっぱりわかりません。
    一緒にバスを降りたのはほんの数人。
    ほとんどの人が終点のパリへ向かっていきました。

  • <br />駅まで向かうという人がいたので同行させてもらい、しばらく歩くとBordeaux St-Jean駅に到着しました。<br />まだ真っ暗なので、明るくなるまでしばらく駅の構内で待機します。<br /><br /><br />


    駅まで向かうという人がいたので同行させてもらい、しばらく歩くとBordeaux St-Jean駅に到着しました。
    まだ真っ暗なので、明るくなるまでしばらく駅の構内で待機します。


  • <br />駅を出たところのツーリストインフォメーションが9:30オープンなので、それに合わせて駅構内の荷物預かり所へ行きました。<br /><br />有人の預かり所なのですが、係員は何もしてれません。<br />2人もいるのに、使い方を教えるだけです・・・<br />荷物は自分でセキュリティーに通し、奥のロッカーで荷物を詰め込んだらロック。<br />料金は大きさによって異なりますが、24時間単位になっており5.5ユーロで預けられました。<br /><br />


    駅を出たところのツーリストインフォメーションが9:30オープンなので、それに合わせて駅構内の荷物預かり所へ行きました。

    有人の預かり所なのですが、係員は何もしてれません。
    2人もいるのに、使い方を教えるだけです・・・
    荷物は自分でセキュリティーに通し、奥のロッカーで荷物を詰め込んだらロック。
    料金は大きさによって異なりますが、24時間単位になっており5.5ユーロで預けられました。

  • <br />インフォメーションへ入ります。<br />地図をもらって見どころを聞き、さっそく街歩きをスタート。<br />ワイナリーツアーについても尋ねてみましたが、午後スタートで時間的に無理でした。<br /><br />


    インフォメーションへ入ります。
    地図をもらって見どころを聞き、さっそく街歩きをスタート。
    ワイナリーツアーについても尋ねてみましたが、午後スタートで時間的に無理でした。

  • <br />駅から市内中心部まで2.5?あるので、“トラムC”が便利です。<br />ですが、途中の教会にも行ってみたかったのでトラムを使わず、トラムに沿って歩いてみることにしました。<br />街路樹が、早くも色づき始めています。<br /><br />


    駅から市内中心部まで2.5?あるので、“トラムC”が便利です。
    ですが、途中の教会にも行ってみたかったのでトラムを使わず、トラムに沿って歩いてみることにしました。
    街路樹が、早くも色づき始めています。

  • <br />うっすら赤色に染まった葉っぱ。<br />今日から10月です。<br />ボルドーの空も、とても高く見えます。<br /><br />旅もあと3日。<br />わかってはいたものの、今まで当たり前でやってきたことが当たり前でなくなり、夢が醒めてしまう・・・。<br />そう思うと、もの悲しい気持ちに(:_;)<br /><br />


    うっすら赤色に染まった葉っぱ。
    今日から10月です。
    ボルドーの空も、とても高く見えます。

    旅もあと3日。
    わかってはいたものの、今まで当たり前でやってきたことが当たり前でなくなり、夢が醒めてしまう・・・。
    そう思うと、もの悲しい気持ちに(:_;)

  • <br />ぼーっとしながら、しばらく歩いてきました。<br />夜行バス明けで、ふらふらしているせいもあるかもしれません。<br />街の中心街にだいぶ近づいてきたようです。<br /><br />


    ぼーっとしながら、しばらく歩いてきました。
    夜行バス明けで、ふらふらしているせいもあるかもしれません。
    街の中心街にだいぶ近づいてきたようです。

  • <br />ピエール橋が見えてきました。<br />空の色が、ガロンヌ川も青く染めています。<br /><br />ところで“月の港ボルドー”とは。<br />私はこのとき、てっきり港があるものだと思って探していましたが(@_@;)<br />この三日月型に蛇行するガロンヌ川を中心に発展した、ボルドー歴史地区のことなんだそうです。<br /><br />


    ピエール橋が見えてきました。
    空の色が、ガロンヌ川も青く染めています。

    ところで“月の港ボルドー”とは。
    私はこのとき、てっきり港があるものだと思って探していましたが(@_@;)
    この三日月型に蛇行するガロンヌ川を中心に発展した、ボルドー歴史地区のことなんだそうです。

  • <br />建物の向こうには、サン・ミッシェル教会のそばに建つ鐘楼が見えます。<br />まずはインフォメーションでおすすめされた、その教会を訪ねます。<br /><br />


    建物の向こうには、サン・ミッシェル教会のそばに建つ鐘楼が見えます。
    まずはインフォメーションでおすすめされた、その教会を訪ねます。

  • <br />“サン・ミッシェル教会”<br />15世紀末〜16世紀にかけて建てられたゴシック様式の教会です。<br />遠くから見るとわかりませんでしたが、鐘楼と教会とは別々に建てられています。<br />市内にある“サン・タンドレ大聖堂”、“サン・スラン大寺院”とともに、『フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路』のモニュメントとして、世界遺産に登録されています。<br /><br />


    “サン・ミッシェル教会”
    15世紀末〜16世紀にかけて建てられたゴシック様式の教会です。
    遠くから見るとわかりませんでしたが、鐘楼と教会とは別々に建てられています。
    市内にある“サン・タンドレ大聖堂”、“サン・スラン大寺院”とともに、『フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路』のモニュメントとして、世界遺産に登録されています。

  • <br />シンプルで薄暗い内部。<br />説教壇はドラゴンを打ち倒す大天使ミカエルです。<br /><br />


    シンプルで薄暗い内部。
    説教壇はドラゴンを打ち倒す大天使ミカエルです。

  • <br />Victor Hugo通りの“Grosse Cloche(大時計)”<br />鐘が吊り下がっている城門です。<br />北側は15世紀の大時計が、南側には18世紀の大時計があります。


    Victor Hugo通りの“Grosse Cloche(大時計)”
    鐘が吊り下がっている城門です。
    北側は15世紀の大時計が、南側には18世紀の大時計があります。

  • <br />パリを思わせる、優美な大通り。<br /><br />


    パリを思わせる、優美な大通り。

  • <br />サンタンドレ大聖堂の横の市庁舎。<br />大聖堂は14:00オープンだったので、もう少し先まで北上してみます。<br />


    サンタンドレ大聖堂の横の市庁舎。
    大聖堂は14:00オープンだったので、もう少し先まで北上してみます。

  • <br />“Grand Theatre(大劇場)”<br />18世紀後半に建築家ヴィクトル・ルイによって設計された大劇場は、音響効果の高い劇場として知られています。<br />エントランスホールにある大階段は、パリのオペラ座のモデルにもなりました。<br />水曜と土曜、ガイドツアーでのみ見学ができるそうです。<br /><br />


    “Grand Theatre(大劇場)”
    18世紀後半に建築家ヴィクトル・ルイによって設計された大劇場は、音響効果の高い劇場として知られています。
    エントランスホールにある大階段は、パリのオペラ座のモデルにもなりました。
    水曜と土曜、ガイドツアーでのみ見学ができるそうです。

  • <br />市街の主な見どころは、美術館が多いようです。<br />あまり興味がなかったので、地図に載っていたローマ遺跡を求めて、さらに歩きました。


    市街の主な見どころは、美術館が多いようです。
    あまり興味がなかったので、地図に載っていたローマ遺跡を求めて、さらに歩きました。

  • <br />“Palais Gallien”<br />ローマ時代の円形競技場です。


    “Palais Gallien”
    ローマ時代の円形競技場です。

  • <br />大きな屋内アリーナだったようですが、残っているのはほんの一部のみです。<br />裏側にもまわってみましたが、到底アリーナのようには見えませんでした。<br /><br />


    大きな屋内アリーナだったようですが、残っているのはほんの一部のみです。
    裏側にもまわってみましたが、到底アリーナのようには見えませんでした。

  • <br />再び大聖堂に戻ってきました。<br />


    再び大聖堂に戻ってきました。

  • <br />大聖堂の内部。


    大聖堂の内部。

  • <br />大聖堂の隣にそびえ建つのは、“Tour Pey-Berland (ペイ・ベルランの塔)”<br />15世紀に建てられたもので、塔の上には金色のアキテーヌの聖母像が輝いています。<br />塔の上からはボルドーの街が一望できるそうです。<br /><br />


    大聖堂の隣にそびえ建つのは、“Tour Pey-Berland (ペイ・ベルランの塔)”
    15世紀に建てられたもので、塔の上には金色のアキテーヌの聖母像が輝いています。
    塔の上からはボルドーの街が一望できるそうです。

  • <br />重厚な建物が並ぶ旧市街の通り。<br />まだ少し時間があるので、川沿いを散策しながら駅へ向かうことにしました。


    重厚な建物が並ぶ旧市街の通り。
    まだ少し時間があるので、川沿いを散策しながら駅へ向かうことにしました。

  • <br />遊覧船が泊まっています。<br /><br />


    遊覧船が泊まっています。

  • <br />ブレス広場。<br />1730〜1775年にかけて建設がすすめられたボルドーの表玄関ともいえる広場で、かつては王宮広場とよばれていました。<br />時間になると広場から水が湧き出す仕組みになっていて、水の鏡にこれらの建物が映し出されるそうです。<br /><br />


    ブレス広場。
    1730〜1775年にかけて建設がすすめられたボルドーの表玄関ともいえる広場で、かつては王宮広場とよばれていました。
    時間になると広場から水が湧き出す仕組みになっていて、水の鏡にこれらの建物が映し出されるそうです。

  • <br />“Porte Cailhau(ポルト・カイヨー)”<br />宮殿広場に建つこの門は、1495年に国王シャルル8世のフォルヌーの戦いの勝利を記念して建てられたものだそうです。<br /><br />


    “Porte Cailhau(ポルト・カイヨー)”
    宮殿広場に建つこの門は、1495年に国王シャルル8世のフォルヌーの戦いの勝利を記念して建てられたものだそうです。

  • <br />すすきが風になびいていました。<br />すっかり、秋の訪れを感じます・・・


    すすきが風になびいていました。
    すっかり、秋の訪れを感じます・・・

  • <br />


  • <br />駅に戻ってきました。<br />これから最終目的地パリへ向かいます。


    駅に戻ってきました。
    これから最終目的地パリへ向かいます。

  • <br />荷物を受け取って、構内でふと気になったお菓子を買いました。<br />“Canele(カヌレ)”という、ボルドー修道院生まれの伝統的な焼菓子だそうです。<br />甘さ控えめで、表面がカラメルのようなものでコーティングされています。<br /><br />


    荷物を受け取って、構内でふと気になったお菓子を買いました。
    “Canele(カヌレ)”という、ボルドー修道院生まれの伝統的な焼菓子だそうです。
    甘さ控えめで、表面がカラメルのようなものでコーティングされています。

  • <br />18:36 Bordeaux St-Jean→21:55 Paris Montparnasse


    18:36 Bordeaux St-Jean→21:55 Paris Montparnasse

  • <br />フランス高速列車TGVに乗ります。


    フランス高速列車TGVに乗ります。

  • <br />ついに一度も使わなかった食堂車。<br />


    ついに一度も使わなかった食堂車。

  • <br />パリには、行きたいような、行きたくないような。<br />着いたら旅が終わってしまうと思うと、複雑な心境です(:_;)<br /><br />


    パリには、行きたいような、行きたくないような。
    着いたら旅が終わってしまうと思うと、複雑な心境です(:_;)

  • <br />モンパルナスに到着しました。<br />ここからメトロでルーヴル美術館の駅へ向かいます。<br /><br />


    モンパルナスに到着しました。
    ここからメトロでルーヴル美術館の駅へ向かいます。

  • <br />最後の宿になりました。<br />“BVJ Louvre”<br />20 Rue Jean Jacques Rousseau<br />ルーブル美術館の駅から徒歩5分ほどです。<br />4人部屋を利用しました。<br />残り2日ですが、明日はパリからストラスブールへ日帰りで出かけます。<br /><br />≪出費≫<br />・朝食 2.5ユーロ;クロワッサンとコーヒー<br />・トイレ 1ユーロ<br />・荷物預かり 5.5ユーロ<br />・昼食 4.9ユーロ;サラダ<br />・電車代 73ユーロ;ボルドー→パリ<br />・伝統菓子カヌレ 2.4ユーロ<br />・夕食 5.64ユーロ;バゲット、飲料<br />・地下鉄 1.7ユーロ<br />・宿代 33ユーロ<br /><br />


    最後の宿になりました。
    “BVJ Louvre”
    20 Rue Jean Jacques Rousseau
    ルーブル美術館の駅から徒歩5分ほどです。
    4人部屋を利用しました。
    残り2日ですが、明日はパリからストラスブールへ日帰りで出かけます。

    ≪出費≫
    ・朝食 2.5ユーロ;クロワッサンとコーヒー
    ・トイレ 1ユーロ
    ・荷物預かり 5.5ユーロ
    ・昼食 4.9ユーロ;サラダ
    ・電車代 73ユーロ;ボルドー→パリ
    ・伝統菓子カヌレ 2.4ユーロ
    ・夕食 5.64ユーロ;バゲット、飲料
    ・地下鉄 1.7ユーロ
    ・宿代 33ユーロ

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集