出雲市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

平成の大遷宮「本殿遷座際」を2ヵ月後に控えて、3月8日より10日の3日間、地元の氏子に玉垣内の特別拝観が許され、氏子特別拝観に30分先だち首都圏のメディア18社の記者とカメラマンによって八足門内の取材と撮影も許された。<br />翌9日は、5年振りに雄姿をお見せになった素鵞社(そがのやしろ)において「福杓子祭」が執り行われた。<br /><br /><br />※出雲大社のご本殿は、荒垣、瑞垣、玉垣の三つの垣根によって守られ、銅の鳥居が立つ荒垣の内が所謂境内と呼ばれている。<br />また、瑞垣内は外務省とか宮内庁、神社庁など所定の機関の紹介がないと入れない。<br /><br />※福杓子祭は、旧暦の1月28日に出雲大社の真裏に建つ素鵞社で執り行われる、五穀豊穣を祈願するお祭り。

『平成の大遷宮』出雲大社ご本殿「玉垣内特別拝観」と素鵞社「福杓子祭」

68いいね!

2013/03/08 - 2013/03/09

49位(同エリア1356件中)

    31

    平成の大遷宮「本殿遷座際」を2ヵ月後に控えて、3月8日より10日の3日間、地元の氏子に玉垣内の特別拝観が許され、氏子特別拝観に30分先だち首都圏のメディア18社の記者とカメラマンによって八足門内の取材と撮影も許された。
    翌9日は、5年振りに雄姿をお見せになった素鵞社(そがのやしろ)において「福杓子祭」が執り行われた。


    ※出雲大社のご本殿は、荒垣、瑞垣、玉垣の三つの垣根によって守られ、銅の鳥居が立つ荒垣の内が所謂境内と呼ばれている。
    また、瑞垣内は外務省とか宮内庁、神社庁など所定の機関の紹介がないと入れない。

    ※福杓子祭は、旧暦の1月28日に出雲大社の真裏に建つ素鵞社で執り行われる、五穀豊穣を祈願するお祭り。

    旅行の満足度
    5.0

    PR

    • <br />お仮殿前を行くメディア関係者と県や市の職員達。<br /><br />遷座祭後の島根観光に協力してもらうため、地元行政がツアーを組んだらしい。


      お仮殿前を行くメディア関係者と県や市の職員達。

      遷座祭後の島根観光に協力してもらうため、地元行政がツアーを組んだらしい。

    • <br />午前9時より氏子の特別拝観が始まる30分前にメディアの人たちは八足門から瑞垣内に入る


      午前9時より氏子の特別拝観が始まる30分前にメディアの人たちは八足門から瑞垣内に入る

    • ご参拝でも八足門内に入ることを許されるのを正式参拝と言って、神社庁を通じて申し込むのが一般的。<br /><br /><br /><br />※旅行社が正式参拝として募集しているのは神楽殿とか仮拝殿でご祈祷(祈念)を行う、単なるご祈祷参拝で瑞垣内には入れない。<br />

      ご参拝でも八足門内に入ることを許されるのを正式参拝と言って、神社庁を通じて申し込むのが一般的。



      ※旅行社が正式参拝として募集しているのは神楽殿とか仮拝殿でご祈祷(祈念)を行う、単なるご祈祷参拝で瑞垣内には入れない。

    • 楼門と神饌所、玉垣。<br />そしてその奥に鎮座する国宝のご本殿。<br /><br />立派に修復され、今月の2日には文化庁の審査も受けたとか。<br />

      楼門と神饌所、玉垣。
      そしてその奥に鎮座する国宝のご本殿。

      立派に修復され、今月の2日には文化庁の審査も受けたとか。

    • 氏子さん達はまだ入っていないが、氏子は八足門から楼門まで数メートル往復しか出来ない。<br /><br />ましてカメラや携帯などでの撮影は厳禁。

      氏子さん達はまだ入っていないが、氏子は八足門から楼門まで数メートル往復しか出来ない。

      ましてカメラや携帯などでの撮影は厳禁。

    • <br />今回は何となく紛れ込んだが、まさかここまで見れるとは・・・!?<br /><br />皆様にも、このご利益をおすそ分けをしなければ罰があたります。


      今回は何となく紛れ込んだが、まさかここまで見れるとは・・・!?

      皆様にも、このご利益をおすそ分けをしなければ罰があたります。

    • <br />瑞垣の隙間からは、明日福杓子祭が行われる素鵞社が望めます。<br />


      瑞垣の隙間からは、明日福杓子祭が行われる素鵞社が望めます。

    • <br />案内の禰宜さんの説明を受けるメディアの方々。


      案内の禰宜さんの説明を受けるメディアの方々。

    • 玉垣の周りを一周。<br /><br />まさに八百万(やおろず)の神々を統べる大神の宮殿。<br />言葉では言い表せないほどの風格や威厳を感じた。

      玉垣の周りを一周。

      まさに八百万(やおろず)の神々を統べる大神の宮殿。
      言葉では言い表せないほどの風格や威厳を感じた。

    • 楼門内はプレスの方でも撮影禁止。<br /><br />ご本殿に昇る階段が見える。<br /><br />確かに楼門から玉垣内の浜床、そしてご本殿の階段前に進んだ。<br />しかし不思議なことに、ここからの記憶が殆んどない。<br /><br />神様と共に、その神殿さえも見てはならないものかも知れない。

      楼門内はプレスの方でも撮影禁止。

      ご本殿に昇る階段が見える。

      確かに楼門から玉垣内の浜床、そしてご本殿の階段前に進んだ。
      しかし不思議なことに、ここからの記憶が殆んどない。

      神様と共に、その神殿さえも見てはならないものかも知れない。

    • <br />神楽殿の大注連縄の下に立つ神職と巫女。<br /><br />このような構成の写真がJTBの会員誌に載るそうです。<br /><br />


      神楽殿の大注連縄の下に立つ神職と巫女。

      このような構成の写真がJTBの会員誌に載るそうです。

    • これはどうでしょうかね!?<br /><br />ピカイチのアングルだと教えてあげた二の鳥居から一の鳥居を見渡せる勢溜。<br /><br />プレスの方は、北島国造館前の「社家通り」が一番気に入ったとおっしゃってましたが・・。<br /><br />出来上がったJTBの会員誌、見てみたいものですな!

      これはどうでしょうかね!?

      ピカイチのアングルだと教えてあげた二の鳥居から一の鳥居を見渡せる勢溜。

      プレスの方は、北島国造館前の「社家通り」が一番気に入ったとおっしゃってましたが・・。

      出来上がったJTBの会員誌、見てみたいものですな!

    • <br />明くる9日。<br />瑞垣外を右周りに素鵞社(そがのやしろ)に向かう。


      明くる9日。
      瑞垣外を右周りに素鵞社(そがのやしろ)に向かう。

    • <br />素鵞社は、大国主大神の御父神とも言われる素戔鳴尊を祀る出雲大社の摂社。


      素鵞社は、大国主大神の御父神とも言われる素戔鳴尊を祀る出雲大社の摂社。

    • <br />御子神を見守るように1段と高いところに祀られている。


      御子神を見守るように1段と高いところに祀られている。

    • <br />まだ準備のようですね?


      まだ準備のようですね?

    • <br />この度の平成の大遷宮では、桧皮葺の屋根だけが取り替えられたようだ。<br /><br /><br /><br />※5月10日のご遷宮後も数年は、摂社、末社の修造は続く。


      この度の平成の大遷宮では、桧皮葺の屋根だけが取り替えられたようだ。



      ※5月10日のご遷宮後も数年は、摂社、末社の修造は続く。

    • <br />勾欄の先は歪んでいるが修理がしてない。<br /><br />ここは、地元の人には肩痛にご利益のある所だと信じられている。<br />


      勾欄の先は歪んでいるが修理がしてない。

      ここは、地元の人には肩痛にご利益のある所だと信じられている。

    • <br />この歪んだところに肩をあてると、肩痛がたちどころに直るというから不思議だ。<br /><br /><br />本当に僕も治りました! 絶対お勧め!!


      この歪んだところに肩をあてると、肩痛がたちどころに直るというから不思議だ。


      本当に僕も治りました! 絶対お勧め!!

    • 真裏にある磐座<br /><br />ここは真夏でもひんやりしていて、凛とした空気が満溢れている。<br />今のようなブームになる前から、地元民に古くから知られたパワースポットなのだ。<br /><br />素鵞社はこの霊気漂う磐座を背負うように建っている。

      真裏にある磐座

      ここは真夏でもひんやりしていて、凛とした空気が満溢れている。
      今のようなブームになる前から、地元民に古くから知られたパワースポットなのだ。

      素鵞社はこの霊気漂う磐座を背負うように建っている。

    1件目~20件目を表示(全31件中)

    この旅行記のタグ

      68いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (6)

      開く

      閉じる

      • by 前日光 さん 2013/05/30 13:55:58
        あらためまして。。。
        りょしゅうさん、こんにちは。

        遷座祭絡みの奉祝行事など見た後で、りょしゅうさんの「玉垣内特別拝観」を拝読いたしますと、改めまして、いろいろなことが思い出されます。

        3月にはこのような旅行社や地元の方にとっての、特別拝観があったのですね。
        特に「素鳶社」については、もっときちんとこの旅行記を拝読してから行けば、「肩痛」が治ったかもしれませんね。
        私は反対側からの磐座の写真は撮ったのですが(ブレてますけど(^_-))左側ではなくて、右側の方に歪んだ部分(肩痛に効くという)があったのですねぇ。

        この後の修理で、この歪んだ部分も修復されてしまうのでしょうか?
        そうでしたら、その前にもう一度ぜひここに行って、肩痛を治さなければ。

        出雲では、本当に色々なところで始終例大祭などが行われているのですね。
        ゆっくり滞在できれば、そういったものを余裕をもって見学できるのですが。独り者だったらよかったのにと、つくづく思う一瞬です。

        でも少しでも時間を見つけては、そちらに伺いたいと思います。
        以前に投票だけしていて、なかなかコメントできませんでしたが、この旅行記への感想と、この間の奉祝行事の際の御礼を申し上げます。
        またその後の出雲大社の様子等、ご報告くださいませ。


          前日光

        りょしゅう

        by りょしゅう さん 2013/05/30 19:55:33
        RE: あらためまして。。。
        前日光さん、こんばんは!

        実は3時間前に返信をしましたが都合の悪い部分があり削除をしました。
        これは改めての返信です(その間に読んでいただけていたらよろしかったのですが・・・)  

        10日の「遷座祭」が終わり、そのブログアップを目指していましたがどうも気が重くて、いまだに躊躇しています。

        「素鳶社」も引き続き修復されるようですから、肩を当てるところは無くなるでしょう。
        でも社の床下に「砂」がおいてあるのに気がつきませんでしたか?
        実はその砂には非常な霊力があるのです。これは肩痛どころではありません。
        機会があればそのお話をすることもあるでしょう。

        毎年6月1日は凉殿祭 (真菰神事)が執り行われます。また毎月1日は地元民の風習「潮汲み」なども行なわれます。どちらも大社の住民以外にはなじみの薄いものですが、できるものならアップしたいと思っています。

          りょしゅう

        前日光

        by 前日光 さん 2013/06/01 00:21:49
        RE: RE: あらためまして。。。
        りょしゅうさん、こんばんは。
        本日は梅雨の晴れ間の爽やかな一日でした。

        > 実は3時間前に返信をしましたが都合の悪い部分があり削除をしました。
        > これは改めての返信です(その間に読んでいただけていたらよろしかったのですが・・・)  

        前のコメント、拝読させていただきました。
        で、正直、ここまで書いていいのかな?とは思ったのですよ。
        ですから削除されてよかったのではないでしょうか。

        > 10日の「遷座祭」が終わり、そのブログアップを目指していましたがどうも気が重くて、いまだに躊躇しています。

        本当は、10日の遷座祭の詳細について知りたいとは思うのですが、何かと差し障りはあることでしょうから、どうしてもとは言えません。

        > 「素鳶社」も引き続き修復されるようですから、肩を当てるところは無くなるでしょう。

        やっぱり全部修復ですか。
        ではそれまでにもう一度行く必要がありますね。

        > でも社の床下に「砂」がおいてあるのに気がつきませんでしたか?
        > 実はその砂には非常な霊力があるのです。これは肩痛どころではありません。

        この砂って、2月の節分の頃に、地元の方が豆や砂を持ってお参りにくる時のものですか?
        床下の砂には気づきませんでしたが、興味あります。

        > 機会があればそのお話をすることもあるでしょう。

        ぜひお聞きしたいです。

        > 毎年6月1日は凉殿祭 (真菰神事)が執り行われます。また毎月1日は地元民の風習「潮汲み」なども行なわれます。どちらも大社の住民以外にはなじみの薄いものですが、できるものならアップしたいと思っています。

        6月1日とは、もう今日のことですね。
        遠く離れた地にいますと知りたいのは、地元民の風習などなのです。
        アップされることを期待しております。

        日御碕編、アップしました。
        その中で分からないことがありまして。
        (半分土に埋まったような状態の井戸のことです。)
        教えていただければ幸いです。
        よろしくお願いいたします。


          前日光

        りょしゅう

        by りょしゅう さん 2013/06/03 17:46:18
        RE: RE: RE: あらためまして。。。
        > 日御碕編、アップしました。

        日御碕編拝読いたしました。
        さすがと言うか、きめ細かく丹念に書かれていて地元の者でも脱帽です。

        > その中で分からないことがありまして。
        > (半分土に埋まったような状態の井戸のことです。)
        > 教えていただければ幸いです。

        井戸のことは、前日光さんの日御碕編の掲示板に簡単に書き込みをいたしました。

           りょしゅう
      • by poemy さん 2013/03/22 22:44:50
        またまたお裾分け頂きました
        りょしゅうさん、こんばんは。
        御無沙汰しております。

        その節はいろいろと、ありがとうございました。

        またまた、この旅行記にて貴重なお話や体験のお裾分けとご利益のお裾分けを頂きました^_^

        平成の大遷宮、できることなら赴きたいものです。

        叶わぬ時は、りょしゅうさんならではの旅行記にて、お裾分け頂かせていただきます。
        いつも、情報発信ありがとうございます。

           poemy

        りょしゅう

        by りょしゅう さん 2013/03/23 15:40:28
        RE: またまたお裾分け頂きました
        福杓子祭は旧暦の1月28日に行なわれ、例年はまだ肌寒いのに今年はもう春の陽気。
        60年に1度の大遷宮遷座祭が神様も待ちきれないかもしれませんね!?

        僕にとって幼い時以来2度目のことですが、いよいよその時を迎えました。
        人生において2度も体験できるのは、この地に住むものならではと大社町民として誇りに思っています。

        5月10日の本殿遷座祭から約2ヶ月奉祝行事が続きます。
        poemyさんも是非今回の大遷宮にお出でいただき、大神様のご幸縁を授かってください。

        情報、その他僕に出来ることがあれば何なりとおっしゃってください。

           りょしゅう

      ピックアップ特集

      出雲市(島根) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集