ポルト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
学生さんの卒業旅行に対抗して、定年記念旅行に、ファーストクラスで世界一周旅行に出かけました。<br /><br />今回は旅行の途中で、ポルトガル・ポルトに寄り、サンデンマンの本場のポートワインを味わいました。その時の報告を致します。<br /><br />なお、世界一周旅行記の詳細は↓にまとめました。こちらもご覧ください。<br />        http://tnplan.net/<br /><br />今まで、ポートワインは、単に甘いだけで、そんなに美味しいとは思っていませんでした。<br />恥ずかしながら、本場のポートワインのワイナリーで、ビンテージポートワインを体験し、その認識が、大間違いだったことを、改めて反省しております。<br /><br />訪問した、ワイナリーは「SANDEMAN:サンデンマン」。<br /><br />世界遺産ポルトの歴史地区から見てドウロ川の対岸にサンデンマンがあります。<br /><br />商標に使っている、黄色のバックにマントを着た姿は、ポルトの南にあるコインブラ大学の学生服姿をモチーフにしている。<br />一度見たら、忘れられないようなインパクトのある、華やかさがある。<br /><br />ワイナリーツアーに参加した。<br />ヨーロッパ随一の歴史を誇るコインブラ大学の黒い学生服をまとった、美しい女性が、案内してくれた。甘酸っぱい香りのする蔵の中には何百の酒樽が積んであり、説明を受けながら、ツアーを楽しんだ。<br /><br />ポートワインを熟成させている樽の貯蔵庫を、見た後、ティスティングルームで、ワインの試飲が楽しめる。<br /><br />用意されていたのは、良く冷やされた、若いホワイトと、熟成されたヴィンテージの2種類である。ホワイトはさっぱりしていて、ヴィンテージは軽いが深くコクのあ味わいである。<br /><br />うまい! ポートワインがこんなに饒舌で美味しいワインだとは知らなかった。<br /><br />思わず、ヴィンテージの中瓶を旅のお供に、購入した。<br /><br />暗くて、しっとりした甘い香りに満ちていた、ワイナリーを出ると、全面いっぱいに美しい世界遺産の街ポルトが、広がっている。<br /><br />ドウロ川の手前には、昔ワインの搬送に使った運搬船が世界遺産の街並みに花を添えている。そのむかしは、遠くイギリスまで何回も往復したことを思い出しているのだろう。歴史の凝縮した深みのあるポルトの街である。<br /><br /><br />それでは、写真をお楽しみください!<br />

ファーストクラスで世界一周した時、ポルトガル・ポルトで,本場のポートワインに酔いました。うまあ~い!

31いいね!

2010/03/01 - 2010/03/03

130位(同エリア940件中)

0

15

学生さんの卒業旅行に対抗して、定年記念旅行に、ファーストクラスで世界一周旅行に出かけました。

今回は旅行の途中で、ポルトガル・ポルトに寄り、サンデンマンの本場のポートワインを味わいました。その時の報告を致します。

なお、世界一周旅行記の詳細は↓にまとめました。こちらもご覧ください。
        http://tnplan.net/

今まで、ポートワインは、単に甘いだけで、そんなに美味しいとは思っていませんでした。
恥ずかしながら、本場のポートワインのワイナリーで、ビンテージポートワインを体験し、その認識が、大間違いだったことを、改めて反省しております。

訪問した、ワイナリーは「SANDEMAN:サンデンマン」。

世界遺産ポルトの歴史地区から見てドウロ川の対岸にサンデンマンがあります。

商標に使っている、黄色のバックにマントを着た姿は、ポルトの南にあるコインブラ大学の学生服姿をモチーフにしている。
一度見たら、忘れられないようなインパクトのある、華やかさがある。

ワイナリーツアーに参加した。
ヨーロッパ随一の歴史を誇るコインブラ大学の黒い学生服をまとった、美しい女性が、案内してくれた。甘酸っぱい香りのする蔵の中には何百の酒樽が積んであり、説明を受けながら、ツアーを楽しんだ。

ポートワインを熟成させている樽の貯蔵庫を、見た後、ティスティングルームで、ワインの試飲が楽しめる。

用意されていたのは、良く冷やされた、若いホワイトと、熟成されたヴィンテージの2種類である。ホワイトはさっぱりしていて、ヴィンテージは軽いが深くコクのあ味わいである。

うまい! ポートワインがこんなに饒舌で美味しいワインだとは知らなかった。

思わず、ヴィンテージの中瓶を旅のお供に、購入した。

暗くて、しっとりした甘い香りに満ちていた、ワイナリーを出ると、全面いっぱいに美しい世界遺産の街ポルトが、広がっている。

ドウロ川の手前には、昔ワインの搬送に使った運搬船が世界遺産の街並みに花を添えている。そのむかしは、遠くイギリスまで何回も往復したことを思い出しているのだろう。歴史の凝縮した深みのあるポルトの街である。


それでは、写真をお楽しみください!

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ルフトハンザドイツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 世界遺産の街ポルト。<br />ドウロ川にかかるドン・ルイス1世橋。<br /><br />パリのエッフェル塔を作ったエッフェルの弟子、テオフィロ・セイリグが設計した。

    世界遺産の街ポルト。
    ドウロ川にかかるドン・ルイス1世橋。

    パリのエッフェル塔を作ったエッフェルの弟子、テオフィロ・セイリグが設計した。

  • サンデンマンの樽

    サンデンマンの樽

  • かっこいい! ワイナリーツアーのガイド。場面にぴったり。

    かっこいい! ワイナリーツアーのガイド。場面にぴったり。

  • いい香りに満ちています。

    いい香りに満ちています。

  • 見ただけで酔いそうでしょ!

    見ただけで酔いそうでしょ!

  • ワイナリツアーの後は試飲会。ホワイトとビンテージ。どちらも香りがいいし、味も申し分なし。

    ワイナリツアーの後は試飲会。ホワイトとビンテージ。どちらも香りがいいし、味も申し分なし。

  • ロゴ入りのワイングラス

    ロゴ入りのワイングラス

  • ワイナリーのお土産店

    ワイナリーのお土産店

  • ワイナリの前にあるワイン運搬船。今は、動いていない。

    ワイナリの前にあるワイン運搬船。今は、動いていない。

  • 絵になります。

    絵になります。

  • もう一枚パチリ

    もう一枚パチリ

  • 後ろを振り向くと、ワイナリー。屋根にはコインブラ大学のマント学生姿。

    後ろを振り向くと、ワイナリー。屋根にはコインブラ大学のマント学生姿。

  • ポルトの市内電車。哀愁があります。

    ポルトの市内電車。哀愁があります。

  • ご存じ。カステラ。カステラはここポルトガルが本家。味は日本のカステラより、卵の味が前面に出ている。

    ご存じ。カステラ。カステラはここポルトガルが本家。味は日本のカステラより、卵の味が前面に出ている。

  • もうひとつ。コンペイトウもポルトガルが原産です。日本のコンペイトウより、少し小粒。味は同じ。

    もうひとつ。コンペイトウもポルトガルが原産です。日本のコンペイトウより、少し小粒。味は同じ。

この旅行記のタグ

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ポルトガルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポルトガル最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポルトガルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集