白樺湖・蓼科・車山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
11月下旬の蓼科・女神湖周辺の天気は目まぐるしく変わる。晩秋から初冬へ、雪が降り出したり、女神湖が凍り出したりする。この変化が面白い。<br />写真:凍り出した女神湖<br /><br />私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。<br />http://www.e-funahashi.jp/<br />

初冬のホテルアンビエント蓼科滞在②

7いいね!

2012/11/22 - 2012/11/29

691位(同エリア1336件中)

1

50

funasan

funasanさん

11月下旬の蓼科・女神湖周辺の天気は目まぐるしく変わる。晩秋から初冬へ、雪が降り出したり、女神湖が凍り出したりする。この変化が面白い。
写真:凍り出した女神湖

私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。
http://www.e-funahashi.jp/

PR

  • 朝6時、起床。カーテンを開けると「夜明け前の蓼科山」(写真)がくっきりと空に浮かんでいる。これはラッキーだ。<br />

    朝6時、起床。カーテンを開けると「夜明け前の蓼科山」(写真)がくっきりと空に浮かんでいる。これはラッキーだ。

  • 熱々のモーニング・コーヒーを煎れ、トースト半分をこんがり焼いて「プチプチ朝食」にする。外が明るく(写真)なるまで早朝の読書をする。<br />

    熱々のモーニング・コーヒーを煎れ、トースト半分をこんがり焼いて「プチプチ朝食」にする。外が明るく(写真)なるまで早朝の読書をする。

  • 明るくなってきたので、防寒をしっかりして朝の散歩に出かける。アネックス?号棟の前の小道を下って女神湖に下りる。<br />

    明るくなってきたので、防寒をしっかりして朝の散歩に出かける。アネックス?号棟の前の小道を下って女神湖に下りる。

  • 湖畔に下りてみると水面が部分的に凍っている。これは面白い自然現象だ。いつもの遊歩道(写真)を反時計回りに歩く。

    湖畔に下りてみると水面が部分的に凍っている。これは面白い自然現象だ。いつもの遊歩道(写真)を反時計回りに歩く。

  • 氷の面と水の面とが織り混ざり川の流れのように見える。湖面の「氷の芸術」(写真)は素晴らしい。私にとっては生まれてはじめて見る光景である。<br />

    氷の面と水の面とが織り混ざり川の流れのように見える。湖面の「氷の芸術」(写真)は素晴らしい。私にとっては生まれてはじめて見る光景である。

  •  もう少し「氷の芸術」(写真)を見てみよう。<br />

    もう少し「氷の芸術」(写真)を見てみよう。

  • 氷の面はザラザラしており、 凍っていない水面の部分に周囲の森(写真)が映る。<br />

    氷の面はザラザラしており、 凍っていない水面の部分に周囲の森(写真)が映る。

  • 朝の太陽が女神湖(写真)を照らし、とても美しい。

    朝の太陽が女神湖(写真)を照らし、とても美しい。

  • 早朝の湖畔は冷えるが、見応えのある風景(写真)が続く。何だか自然の宝物をもらった気がする。ここに、うっすらと雪が積もればさらにいい。<br />

    早朝の湖畔は冷えるが、見応えのある風景(写真)が続く。何だか自然の宝物をもらった気がする。ここに、うっすらと雪が積もればさらにいい。

  • 女神湖の周辺から水面が凍りはじめ中央部分に水が残る。そこに「ホテルアンビエント蓼科」(写真)が映る。

    女神湖の周辺から水面が凍りはじめ中央部分に水が残る。そこに「ホテルアンビエント蓼科」(写真)が映る。

  • 堤防の霜柱(写真)

    堤防の霜柱(写真)

  • 寒そうな女神湖センター(写真)

    寒そうな女神湖センター(写真)

  • 遊歩道に降りた霜(写真)が朝日にキラキラ輝いている。歩くと無数の宝石のように光る。これも今日の発見。

    遊歩道に降りた霜(写真)が朝日にキラキラ輝いている。歩くと無数の宝石のように光る。これも今日の発見。

  • 群から取り残された1羽のカモ(写真)。ここで越冬するのだろうか。注:翌日、合計5羽のカモを見つけた。

    群から取り残された1羽のカモ(写真)。ここで越冬するのだろうか。注:翌日、合計5羽のカモを見つけた。

  • 散歩、朝風呂、部屋での朝食を済ませ、さて、何をするか?。この日は天気がいいので山岳写真を撮りに軽いハイキングに出かける。

    散歩、朝風呂、部屋での朝食を済ませ、さて、何をするか?。この日は天気がいいので山岳写真を撮りに軽いハイキングに出かける。

  • しらかば2in1スキー場前の道(写真)を通りすずらん峠に向かう。

    しらかば2in1スキー場前の道(写真)を通りすずらん峠に向かう。

  • カラマツの林(写真)を抜けて山に向かう。この雰囲気が私は好きだ。<br />

    カラマツの林(写真)を抜けて山に向かう。この雰囲気が私は好きだ。

  • 遠くに白く雪化粧した北アルプス「槍・穂高連峰」が見える。

    遠くに白く雪化粧した北アルプス「槍・穂高連峰」が見える。

  • すずらん峠の駐車場に車を置き、八子ガ峰方面(写真)に登っていく。<br />

    すずらん峠の駐車場に車を置き、八子ガ峰方面(写真)に登っていく。

  • 登山道に積もった雪(写真)やぬかるみを避けて登っていく。

    登山道に積もった雪(写真)やぬかるみを避けて登っていく。

  • 15分も歩けば「八ヶ岳の大展望」(写真)が開ける。北アルプス並に雪が欲しい所であるが、そうなれば冬山となり(私にとっては)登山できなくなってしまう。<br />

    15分も歩けば「八ヶ岳の大展望」(写真)が開ける。北アルプス並に雪が欲しい所であるが、そうなれば冬山となり(私にとっては)登山できなくなってしまう。

  • ヒュッテ「アルビレオ」(写真)に到着。蓼科山が正面に見える。

    ヒュッテ「アルビレオ」(写真)に到着。蓼科山が正面に見える。

  • 草原の向こうに白銀の「槍・穂高連峰」(写真)が見える。<br />

    草原の向こうに白銀の「槍・穂高連峰」(写真)が見える。

  • ひときわ大きく迫る蓼科山(写真)

    ひときわ大きく迫る蓼科山(写真)

  • 北横岳(写真)

    北横岳(写真)

  • 八ヶ岳連峰(写真)

    八ヶ岳連峰(写真)

  • 昼過ぎにはホテルに帰ってきて、毎度ながら、バルコニーからの眺め(写真)を楽しむ。

    昼過ぎにはホテルに帰ってきて、毎度ながら、バルコニーからの眺め(写真)を楽しむ。

  • ホテルアンビエント蓼科のレストラン「ル・プラトー」は毎日ランチ営業をしている。この日は私の好きな「かけ蕎麦御膳」(写真:1617円、税・サ込)にする。

    ホテルアンビエント蓼科のレストラン「ル・プラトー」は毎日ランチ営業をしている。この日は私の好きな「かけ蕎麦御膳」(写真:1617円、税・サ込)にする。

  • 別の日のランチは「チキンソテーのカレー」(写真:1386円、税・サ込)

    別の日のランチは「チキンソテーのカレー」(写真:1386円、税・サ込)

  • ランチの後は部屋に帰って昼寝をする。これが実に気持ちがいい。蓼科山の山頂付近に樹氷ができている。

    ランチの後は部屋に帰って昼寝をする。これが実に気持ちがいい。蓼科山の山頂付近に樹氷ができている。

  • 天気のいい夕暮れは必ず女神湖を散歩・ジョギングする。静まりかえった初冬の女神湖(写真)

    天気のいい夕暮れは必ず女神湖を散歩・ジョギングする。静まりかえった初冬の女神湖(写真)

  • 女神湖の周辺から少しずつ氷(写真)が広がっていく。ひたひたと冬が近づいてきてる。

    女神湖の周辺から少しずつ氷(写真)が広がっていく。ひたひたと冬が近づいてきてる。

  • 陽の当たらない浅瀬(写真)から凍り付いていく。

    陽の当たらない浅瀬(写真)から凍り付いていく。

  • 初冬の夕暮れの女神湖畔(写真)

    初冬の夕暮れの女神湖畔(写真)

  • 夕陽に赤く染まる蓼科山(写真)

    夕陽に赤く染まる蓼科山(写真)

  • 女神湖に夜の闇(写真)が迫る。

    女神湖に夜の闇(写真)が迫る。

  • 滞在中、1泊だけ食事付きの「オフ宿プラン」にしてみた。平日の宿泊で1泊2食付きで5800円(税・サ込)である。ただし、1人で利用する場合は差額代金2000円が必要となる。写真:フレンチレストラン「ル・プラトー」にて

    滞在中、1泊だけ食事付きの「オフ宿プラン」にしてみた。平日の宿泊で1泊2食付きで5800円(税・サ込)である。ただし、1人で利用する場合は差額代金2000円が必要となる。写真:フレンチレストラン「ル・プラトー」にて

  • ドリンクとして「ナイアガラ葡萄ジュース」(写真:808円、税・サ込)を注文する。これが濃厚でうまい。<br />

    ドリンクとして「ナイアガラ葡萄ジュース」(写真:808円、税・サ込)を注文する。これが濃厚でうまい。

  • 本日のコース料理は「フォンティーヌ」(3675円、税込・サ別)である。<br />前菜:信州サーモンの自家製マリネ、香草クリームソース(写真)<br />

    本日のコース料理は「フォンティーヌ」(3675円、税込・サ別)である。
    前菜:信州サーモンの自家製マリネ、香草クリームソース(写真)

  • 蓼科産人参のポタージュ(写真)<br />

    蓼科産人参のポタージュ(写真)

  • パン2種(写真)白くて長いのが米粉パン、他が小麦の全粒粉パン<br />

    パン2種(写真)白くて長いのが米粉パン、他が小麦の全粒粉パン

  • メイン料理「科乃豚のポワレと寒鰤のソテー、季節の野菜と共に」(写真)1プレートに肉と魚がのっているのが嬉しい。

    メイン料理「科乃豚のポワレと寒鰤のソテー、季節の野菜と共に」(写真)1プレートに肉と魚がのっているのが嬉しい。

  • 季節のデザート「ヨーグルトとバニラアイス」(写真)<br />

    季節のデザート「ヨーグルトとバニラアイス」(写真)

  • 有機栽培の珈琲(写真)。以上、値段の割にはしっかりしたコース料理で十分満足した。

    有機栽培の珈琲(写真)。以上、値段の割にはしっかりしたコース料理で十分満足した。

  • 朝食はビュッフェで、少量多品種の和食メニュー(写真)を作る。

    朝食はビュッフェで、少量多品種の和食メニュー(写真)を作る。

  • さらに、洋食メニュー(写真)も作って完食する。

    さらに、洋食メニュー(写真)も作って完食する。

  • 朝食後、女神湖に下りてみると、猛烈に冷たい風が吹いている。数日前より湖面の氷(写真)が発達してきている。<br />

    朝食後、女神湖に下りてみると、猛烈に冷たい風が吹いている。数日前より湖面の氷(写真)が発達してきている。

  • 今朝の冷え込みは厳しく、遂に女神湖が全面凍結(写真)した。いよいよ冬の到来の雰囲気である。<br />

    今朝の冷え込みは厳しく、遂に女神湖が全面凍結(写真)した。いよいよ冬の到来の雰囲気である。

  • 非常に寒いが我慢して女神湖を一周する。自分の足で歩くと自然の移り変わりが良く分かる。寒さに耐える価値がある。湖畔の葦(写真)も氷の中である。<br />

    非常に寒いが我慢して女神湖を一周する。自分の足で歩くと自然の移り変わりが良く分かる。寒さに耐える価値がある。湖畔の葦(写真)も氷の中である。

  • そして、全面凍結した女神湖とホテルアンビエント蓼科(写真)。外は寒くてもホテル内は暖かい。初冬の寒い時期であったが、自炊を基本にしたホテル滞在は予想以上に快適であった。<br />

    そして、全面凍結した女神湖とホテルアンビエント蓼科(写真)。外は寒くてもホテル内は暖かい。初冬の寒い時期であったが、自炊を基本にしたホテル滞在は予想以上に快適であった。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • ACAさん 2012/12/01 23:16:42
    女神湖の氷
    氷の張って行く様子が分かりますね。残された水面にアンビエント蓼科が映っているのがきれいですね。
    最近の写真はブルーがとてもきれいですね。

funasanさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

白樺湖・蓼科・車山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集