篠島・日間賀島・佐久島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
夏の名残りを求めて佐久島に行ってきました。<br /><br />残暑が厳しかったけど、イメージしていた夏らしい景色は堪能できたかな。<br /><br />島内には所々にアートや弘法様が設けられ、佐久島の景色と溶け合っているのも魅力的でありました。<br /><br />その中の一つ、築100年の空き家をまるごと作品化した大葉邸。<br /><br />庭はいつでも見学可能ですが、内部は弁天サロンで申し込まなければ見ることができません。<br /><br />古い建物好きとしては、内部が気になるところ。<br /><br />さっそく弁天サロンで鍵を借りて、大葉邸内部に潜入です!

佐久島・夏の名残を求めて★大葉邸の室内見学+カフェ・もんぺまるけ

3いいね!

2012/09/15 - 2012/09/16

168位(同エリア186件中)

0

28

夏の名残りを求めて佐久島に行ってきました。

残暑が厳しかったけど、イメージしていた夏らしい景色は堪能できたかな。

島内には所々にアートや弘法様が設けられ、佐久島の景色と溶け合っているのも魅力的でありました。

その中の一つ、築100年の空き家をまるごと作品化した大葉邸。

庭はいつでも見学可能ですが、内部は弁天サロンで申し込まなければ見ることができません。

古い建物好きとしては、内部が気になるところ。

さっそく弁天サロンで鍵を借りて、大葉邸内部に潜入です!

PR

  • 大葉邸は佐久島の人気アート、おひるねハウスへ向かう途中にあります。

    大葉邸は佐久島の人気アート、おひるねハウスへ向かう途中にあります。

  • 大葉邸周辺の黒壁集落は、三河湾の黒真珠と呼ばれる独特の景観であります。<br /><br />黒い壁は、潮風から建物を守るためにコールタールで塗られているそうな。

    大葉邸周辺の黒壁集落は、三河湾の黒真珠と呼ばれる独特の景観であります。

    黒い壁は、潮風から建物を守るためにコールタールで塗られているそうな。

  • 人気のおひるねハウスを見学後、大葉邸に潜入です。

    人気のおひるねハウスを見学後、大葉邸に潜入です。

  • 大葉邸見学の鑑賞手引きによると、大葉邸の門も作品の一部。<br /><br />門に入る前に、格子の間から見える風景を鑑賞して下さいとの記載が!<br /><br />残念ながら、大葉邸・鑑賞手引きを読んだのは見学後だったの。。。<br /><br />(鑑賞手引きの紙は、鍵を借りた時に頂きました)

    大葉邸見学の鑑賞手引きによると、大葉邸の門も作品の一部。

    門に入る前に、格子の間から見える風景を鑑賞して下さいとの記載が!

    残念ながら、大葉邸・鑑賞手引きを読んだのは見学後だったの。。。

    (鑑賞手引きの紙は、鍵を借りた時に頂きました)

  • まずは、お庭を見学♪<br /><br />緻密な石畳は1ヶ月間、ボランティアによる手作業で行われたそうな。

    まずは、お庭を見学♪

    緻密な石畳は1ヶ月間、ボランティアによる手作業で行われたそうな。

  • 瓦の塀も然り。

    瓦の塀も然り。

  • 庭の真ん中には、思わず覗きこんでしまう深い溝があります。<br /><br />地下には水脈があるそうな。

    庭の真ん中には、思わず覗きこんでしまう深い溝があります。

    地下には水脈があるそうな。

  • ひと通りお庭を見学したので、鍵を開けて大葉邸の室内に潜入です!<br /><br />

    ひと通りお庭を見学したので、鍵を開けて大葉邸の室内に潜入です!

  • 当然ながら、土間の玄関。<br /><br />自動的に照明が付くのですが、中は暗いです。<br /><br />玄関のスリットから日差しが差し込み、立派なアートとなっております。

    当然ながら、土間の玄関。

    自動的に照明が付くのですが、中は暗いです。

    玄関のスリットから日差しが差し込み、立派なアートとなっております。

  • スリットから眺めたお庭もアーティスティック!

    スリットから眺めたお庭もアーティスティック!

  • スリッパを履いて、いよいよ室内見学。

    スリッパを履いて、いよいよ室内見学。

  • いちばん奥の部屋から見学。<br /><br />磨き漆喰による白いお部屋だそうな。<br /><br />この部屋は中には入れず、ガラス戸から覗くかたちとなります。

    いちばん奥の部屋から見学。

    磨き漆喰による白いお部屋だそうな。

    この部屋は中には入れず、ガラス戸から覗くかたちとなります。

  • 庭から見た白いお部屋。<br /><br />建物全体がアートなので、説明がないと良くわからない部分も存在します。<br /><br />きっと何らかのテーマはあると思うのですが。。。

    庭から見た白いお部屋。

    建物全体がアートなので、説明がないと良くわからない部分も存在します。

    きっと何らかのテーマはあると思うのですが。。。

  • 白いお部屋の反対側は、幻想的な光のアート♪<br /><br />路地を歩く観光客の声が窓越しに響いてきて、とっても不思議な感じでした。

    白いお部屋の反対側は、幻想的な光のアート♪

    路地を歩く観光客の声が窓越しに響いてきて、とっても不思議な感じでした。

  • 光のアートを良く見ると、外の景色を逆さまに映しだしております。<br /><br />外側の木の節穴が、ピンホール効果となっているようです。

    光のアートを良く見ると、外の景色を逆さまに映しだしております。

    外側の木の節穴が、ピンホール効果となっているようです。

  • 奥から手前の部屋に移りましょう。<br /><br />正面には土間とくど(かまど)が見えます。<br /><br />まだ幼かった頃、土間と台所がつながったお家に遊びに行くのが大好きでした。<br /><br />さすがに台所は、かまどではなかったけど。<br /><br />懐かしさを感じます。

    奥から手前の部屋に移りましょう。

    正面には土間とくど(かまど)が見えます。

    まだ幼かった頃、土間と台所がつながったお家に遊びに行くのが大好きでした。

    さすがに台所は、かまどではなかったけど。

    懐かしさを感じます。

  • 大葉邸見学の手引きによると、こちらは第二の部屋とのこと。<br /><br />2つのアートがあったとは気付かなかった!<br /><br />センサーで照明が付くらしいですが、真っ暗でよくわかりませんでした。

    大葉邸見学の手引きによると、こちらは第二の部屋とのこと。

    2つのアートがあったとは気付かなかった!

    センサーで照明が付くらしいですが、真っ暗でよくわかりませんでした。

  • 第一の部屋から見た第二の部屋。<br /><br />細かいスリット越しに見るお部屋が美しい。

    第一の部屋から見た第二の部屋。

    細かいスリット越しに見るお部屋が美しい。

  • 上がり段からすぐの第一の部屋。<br /><br />築100年の大葉邸ですが、50年間も空き家だったそうな。

    上がり段からすぐの第一の部屋。

    築100年の大葉邸ですが、50年間も空き家だったそうな。

  • 当時のものかな?

    当時のものかな?

  • サザエさんのイラストが描かれた、昭和28年のカレンダーらしきものが!<br /><br />ノスタルジックなサザエさん一家は、現在のものとは微妙に顔が異なっております。

    サザエさんのイラストが描かれた、昭和28年のカレンダーらしきものが!

    ノスタルジックなサザエさん一家は、現在のものとは微妙に顔が異なっております。

  • 最後に土間部分を見学。<br /><br />衝立でしょうか?<br /><br />室内は暗いので、外からの光とセンサー照明だけが頼りです。

    最後に土間部分を見学。

    衝立でしょうか?

    室内は暗いので、外からの光とセンサー照明だけが頼りです。

  • 「くど」と呼ばれる煮炊きするスペース。

    「くど」と呼ばれる煮炊きするスペース。

  • なんと!<br /><br />くどの中にもアートが設置されておりました。

    なんと!

    くどの中にもアートが設置されておりました。

  • 室内は暗かったけど、外は眩しいくらいの晴天。<br /><br />スリットから入り込む日差しや景色が印象的な大葉邸でありました。

    室内は暗かったけど、外は眩しいくらいの晴天。

    スリットから入り込む日差しや景色が印象的な大葉邸でありました。

  • 大葉邸からOyaoyacafe もんぺまるけを目指します。<br /><br />この辺りはニャンコが多いと地図に記されていたけど、出会ったのはこの子のみ。<br /><br />目やにだらけのちょっと活気のない子ニャンコでした。

    大葉邸からOyaoyacafe もんぺまるけを目指します。

    この辺りはニャンコが多いと地図に記されていたけど、出会ったのはこの子のみ。

    目やにだらけのちょっと活気のない子ニャンコでした。

  • カフェ好きとしては、ありがたい空間のもんぺまるけ。<br /><br />抹茶プリンやスカッシュを注文してクールダウンを図ります。<br /><br />暑さでスカッシュは一気飲みしてしまい、写真を撮り忘れてしまった!<br /><br />無料で出されるハブ茶が美味しくて、暑さも手伝ってガブ飲みでした。

    カフェ好きとしては、ありがたい空間のもんぺまるけ。

    抹茶プリンやスカッシュを注文してクールダウンを図ります。

    暑さでスカッシュは一気飲みしてしまい、写真を撮り忘れてしまった!

    無料で出されるハブ茶が美味しくて、暑さも手伝ってガブ飲みでした。

  • 店内も手作り感満載のもんぺまるけですが、庭にあるこの空間にはビックリでした(笑)<br /><br />上りたかったけど、暑さバテで断念。<br /><br />次回、来れた時の楽しみにとっておこう。

    店内も手作り感満載のもんぺまるけですが、庭にあるこの空間にはビックリでした(笑)

    上りたかったけど、暑さバテで断念。

    次回、来れた時の楽しみにとっておこう。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

篠島・日間賀島・佐久島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集