道後温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GWの四国旅行。3日目は道後温泉と松山城です。<br />1日目→http://4travel.jp/traveler/bikketravel/album/10565927/<br />2日目→http://4travel.jp/traveler/bikketravel/album/10565939/

新緑の四国旅行3 道後温泉と松山城

4いいね!

2011/05/03 - 2011/05/04

722位(同エリア1029件中)

0

15

bikke3

bikke3さん

GWの四国旅行。3日目は道後温泉と松山城です。
1日目→http://4travel.jp/traveler/bikketravel/album/10565927/
2日目→http://4travel.jp/traveler/bikketravel/album/10565939/

同行者
家族旅行
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー ANAグループ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 宿泊した「ふなや」さん外観。

    宿泊した「ふなや」さん外観。

  • チェックインの後、すぐ近くにある道後温泉本巻へ。スゴイ行列!

    チェックインの後、すぐ近くにある道後温泉本巻へ。スゴイ行列!

  • ホテルは高いので(笑)、夕食抜きのプランで予約し、道後温泉の町へ繰り出しました。道後麦酒館にてご当地ビールで乾杯。<br /><br />写真取り忘れたけど、鯛飯などお料理もおいしかった!

    ホテルは高いので(笑)、夕食抜きのプランで予約し、道後温泉の町へ繰り出しました。道後麦酒館にてご当地ビールで乾杯。

    写真取り忘れたけど、鯛飯などお料理もおいしかった!

  • 商店街の「豆吉本舗」というお豆専門店にて。全種類試食可能!

    商店街の「豆吉本舗」というお豆専門店にて。全種類試食可能!

  • 翌日午前中に道後温泉本館へ。重要文化財なのに、誰でも入れる現役の入浴施設。昨日の夕方よりは少し空いていたけど、15分ぐらい待ったかな?<br /><br />1200円の「霊の湯2階コース」で入場。これは2階の休憩所。館内はレトロな感じで独特の雰囲気。

    翌日午前中に道後温泉本館へ。重要文化財なのに、誰でも入れる現役の入浴施設。昨日の夕方よりは少し空いていたけど、15分ぐらい待ったかな?

    1200円の「霊の湯2階コース」で入場。これは2階の休憩所。館内はレトロな感じで独特の雰囲気。

  • お茶と御菓子がつきます

    お茶と御菓子がつきます

  • 漱石ゆかりの「坊ちゃんの間」。2階にあり、自由に見学できます。

    漱石ゆかりの「坊ちゃんの間」。2階にあり、自由に見学できます。

  • ランチは、道後温泉本館の目の前にある「おいでん家」へ。前日の夜、あまりの混雑で入れなかった。ランチも30分ぐらい前から並んで入りました。

    ランチは、道後温泉本館の目の前にある「おいでん家」へ。前日の夜、あまりの混雑で入れなかった。ランチも30分ぐらい前から並んで入りました。

  • お刺身定食。お刺身がぷりっぷりでおいしかった!!!!

    お刺身定食。お刺身がぷりっぷりでおいしかった!!!!

  • デザートも美味なり。

    デザートも美味なり。

  • からくり時計。すぐそばには、自由に入れる足湯もあります。

    からくり時計。すぐそばには、自由に入れる足湯もあります。

  • 道後温泉駅から路面電車に乗りました。通常150円のところ、300円出すと、こんな「坊ちゃん電車」にも乗れます。(今回は普通の電車に乗りました)

    道後温泉駅から路面電車に乗りました。通常150円のところ、300円出すと、こんな「坊ちゃん電車」にも乗れます。(今回は普通の電車に乗りました)

  • 「大街道」という駅で降りて、徒歩5分ほどのところからロープウェイに乗り松山城へ。天守閣など中に入って見学できます。結構な混雑でした。

    「大街道」という駅で降りて、徒歩5分ほどのところからロープウェイに乗り松山城へ。天守閣など中に入って見学できます。結構な混雑でした。

  • 帰りがけに寄った「萬翠荘」。大正時代に建てられた急松山藩主の別邸だそうです。

    帰りがけに寄った「萬翠荘」。大正時代に建てられた急松山藩主の別邸だそうです。

  • 萬翠荘の内部。大正ロマンが漂っています。<br /><br />この後、「坂の上の雲ミュージアム」に寄ってから、再び市内電車で道後温泉に戻り、宿に預けておいた荷物と車をピックアップして空港へ。(途中、ラーメン屋さんに寄って、軽く夕食)。<br />

    萬翠荘の内部。大正ロマンが漂っています。

    この後、「坂の上の雲ミュージアム」に寄ってから、再び市内電車で道後温泉に戻り、宿に預けておいた荷物と車をピックアップして空港へ。(途中、ラーメン屋さんに寄って、軽く夕食)。

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

道後温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集