その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ちょっと長居をしたパクセーをやっと脱け出した。<br />サワンナケートを目指すことにした。<br />パクセーより北方面の近場の町へのバスは、ツーリスト・バスは無く、ローカル・バスしかない。<br />これは2007年時と全く変わっていない。<br />このローカル・バスが超スローなんです。<br />行けども行けども、中々着かないのです。<br />でも、他に選択肢は無いのです。<br /><br />朝7時40分、北バスターミナル発のバス、35000キップ(約350円)。<br />超スローなバス旅が続きます。<br />ひょんなことから、サワンナケートをパスして、その日のうちにタケクまで行くことになりました。<br />そのタケク行きのバスも、超スローだった、、、、<br /><br />*パクセー以降、タケク、ナコーン・パノム、ウドンターニー、バンビエン、ポーンサワン、サワンナケート、フエ、ホイアンなど、撮り貯めていた写真がPCの不慮の事故で(というか、メモリーMDの扱いの不備というか、PCウィルスのせいか?)どこかに飛んで行ってしまったのです。<br />ゆえに、最近復元ソフトで復活できた一部の写真を駆使してのプアな旅行記となります。<br />あしからず、、、、

中部ラオス・タケク1: 「超スロー・バス」 パクセー⇒サワンナケート⇒タケク

7いいね!

2011/01/22 - 2011/01/22

292位(同エリア462件中)

0

15

アリヤン

アリヤンさん

ちょっと長居をしたパクセーをやっと脱け出した。
サワンナケートを目指すことにした。
パクセーより北方面の近場の町へのバスは、ツーリスト・バスは無く、ローカル・バスしかない。
これは2007年時と全く変わっていない。
このローカル・バスが超スローなんです。
行けども行けども、中々着かないのです。
でも、他に選択肢は無いのです。

朝7時40分、北バスターミナル発のバス、35000キップ(約350円)。
超スローなバス旅が続きます。
ひょんなことから、サワンナケートをパスして、その日のうちにタケクまで行くことになりました。
そのタケク行きのバスも、超スローだった、、、、

*パクセー以降、タケク、ナコーン・パノム、ウドンターニー、バンビエン、ポーンサワン、サワンナケート、フエ、ホイアンなど、撮り貯めていた写真がPCの不慮の事故で(というか、メモリーMDの扱いの不備というか、PCウィルスのせいか?)どこかに飛んで行ってしまったのです。
ゆえに、最近復元ソフトで復活できた一部の写真を駆使してのプアな旅行記となります。
あしからず、、、、

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
ホテル
4.5
グルメ
3.5
ショッピング
3.5
交通
3.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • パクセー・北バスターミナルまで、サバイディー2GHからツクツクで行った。<br />宿のムッシュ・フォンがローカル価格を運転手に厳しく指導して10000キップ(100円)<br /><br />朝7時40amのバスに乗ることにしました。<br />サワンナケートまで35000キップ(350円)<br /><br />超スローなバスなので、途中お腹が空く。<br />困るので、おやつ類持参です。<br />でも、知ってる、ってことは気が楽です。<br />初めて乗った4年前は、その遅さにある一種の感動さえ覚えました。<br />⇒http://4travel.jp/traveler/ariyan-eurasia/album/10139184/

    パクセー・北バスターミナルまで、サバイディー2GHからツクツクで行った。
    宿のムッシュ・フォンがローカル価格を運転手に厳しく指導して10000キップ(100円)

    朝7時40amのバスに乗ることにしました。
    サワンナケートまで35000キップ(350円)

    超スローなバスなので、途中お腹が空く。
    困るので、おやつ類持参です。
    でも、知ってる、ってことは気が楽です。
    初めて乗った4年前は、その遅さにある一種の感動さえ覚えました。
    http://4travel.jp/traveler/ariyan-eurasia/album/10139184/

  • ローカル国内線の運賃表。

    ローカル国内線の運賃表。

  • オンボロバスの中は踏み場も無いほど、配達品で埋まっていました。<br /><br />ワタクシたちが選んだ席には、おコメ袋が満載されていました。<br />ムカシの人が聞いたら怒るに違いない「おコメの上に足を載せて」イナカのバスはゆっくりと進んだのでした。

    オンボロバスの中は踏み場も無いほど、配達品で埋まっていました。

    ワタクシたちが選んだ席には、おコメ袋が満載されていました。
    ムカシの人が聞いたら怒るに違いない「おコメの上に足を載せて」イナカのバスはゆっくりと進んだのでした。

  • 途中の村。

    イチオシ

    途中の村。

  • 今回の写真が足りないので、4年前の写真にご登場願います。<br /><br />途中の風景。

    今回の写真が足りないので、4年前の写真にご登場願います。

    途中の風景。

  • 今回は、歌謡曲の車内放送は無かった。<br />前回は耳障りで、ウルサかったが、無ければ、ないで、なにか寂しい。

    今回は、歌謡曲の車内放送は無かった。
    前回は耳障りで、ウルサかったが、無ければ、ないで、なにか寂しい。

  • 足を米袋に置いての姿勢は疲れてくるので、逆向きになる姿勢をとってみた。<br />これが、意外にも非常に楽チンで、良く眠れました。

    足を米袋に置いての姿勢は疲れてくるので、逆向きになる姿勢をとってみた。
    これが、意外にも非常に楽チンで、良く眠れました。

  • 約5時間半の13:10pmにサワンナケートに到着。<br /><br />町に出ることも考えたが、タケク行きのバスが14:40pmだったので、引き続きタケクまで行くことにした。<br />だって、地図を見れば、サワンナケートからタケクまでは近いのです。<br />2時間かかってもまだ夕方4時台でまだ明るかろう!

    約5時間半の13:10pmにサワンナケートに到着。

    町に出ることも考えたが、タケク行きのバスが14:40pmだったので、引き続きタケクまで行くことにした。
    だって、地図を見れば、サワンナケートからタケクまでは近いのです。
    2時間かかってもまだ夕方4時台でまだ明るかろう!

  • サワンナケートのバスターミナルの時刻表です。<br />特にベトナム行きのバスが目を引きます。<br />

    サワンナケートのバスターミナルの時刻表です。
    特にベトナム行きのバスが目を引きます。

  • これは2007年当時の運賃表です。<br /><br />今とほとんど変わりが無い運賃です。

    これは2007年当時の運賃表です。

    今とほとんど変わりが無い運賃です。

  • タケク行きのバスは予定通り14:40pmに出発。<br />ランチはサワンナケートのバスTで済ませたので、すぐに着くだろう!<br /><br />アニハカランヤ!<br />出発してすぐの隣町のバスTで、運転手+車掌のおネエちゃんがランチをとります。<br />それも1時間強もです。<br />*どうもサワンナケートのバスTの売店は観光用で、値段が高いらしく、彼らは隣町の全くのローカルなバスTの売店で買ってきて、ランチをしていた、らしい。

    タケク行きのバスは予定通り14:40pmに出発。
    ランチはサワンナケートのバスTで済ませたので、すぐに着くだろう!

    アニハカランヤ!
    出発してすぐの隣町のバスTで、運転手+車掌のおネエちゃんがランチをとります。
    それも1時間強もです。
    *どうもサワンナケートのバスTの売店は観光用で、値段が高いらしく、彼らは隣町の全くのローカルなバスTの売店で買ってきて、ランチをしていた、らしい。

  • いずれにせよ、この隣町=ケンカバオで1時間休んで、16:10pmに再出発。

    いずれにせよ、この隣町=ケンカバオで1時間休んで、16:10pmに再出発。

  • それからワレラのローカル・バスはチンタラ進んでは、休みして、ついにタケクに着いたのでした。<br />もう暗くなりかけた夕方の6時だった。<br /><br />パクセーを出て約10時間強も掛かった、超スローなローカル・バスの旅でした。

    それからワレラのローカル・バスはチンタラ進んでは、休みして、ついにタケクに着いたのでした。
    もう暗くなりかけた夕方の6時だった。

    パクセーを出て約10時間強も掛かった、超スローなローカル・バスの旅でした。

  • 薄暗くなったタケクのバスTで、オランダ人連中とツクツクをシェアして、バックパッカー人気のトラベラーズ・ロッジを目指しました。<br /><br />ところが、すでにフルブッキングで、真っ暗な中、宿を探してウロウロする羽目に落ちました。<br /><br />やっぱり、急に予定を変更しては、ロクな結果になりますネエ。<br /><br />結局、チッパチャンGHというシケた宿(50000キップ[500円]、ツイン、トイレ+シャワー)に寝ることになってしまったのでした。<br />居心地はわるいが、「どこかにワタクシたちに合った快適な宿があるに違いナイッ」っと思い、明日の宿捜索に賭けて、寝ることにしました。

    イチオシ

    薄暗くなったタケクのバスTで、オランダ人連中とツクツクをシェアして、バックパッカー人気のトラベラーズ・ロッジを目指しました。

    ところが、すでにフルブッキングで、真っ暗な中、宿を探してウロウロする羽目に落ちました。

    やっぱり、急に予定を変更しては、ロクな結果になりますネエ。

    結局、チッパチャンGHというシケた宿(50000キップ[500円]、ツイン、トイレ+シャワー)に寝ることになってしまったのでした。
    居心地はわるいが、「どこかにワタクシたちに合った快適な宿があるに違いナイッ」っと思い、明日の宿捜索に賭けて、寝ることにしました。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集