ウィーン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

今回は、「ドナウ川が見えるホテルをハシゴしてみる!」というテーマを勝手に設けて、ドナウ川沿いにある都市のうち、ブダペスト→ブラチスラバ→ウィーンと移動し、それぞれドナウ川が見える部屋を滞在する旅をしてきました。<br /><br />◆行程<br />12/25(土)<br />  ■ホリデイイン東武成田 泊<br />12/26(日)<br /> 【航空機】KL864 東京NRT 1200→1535 アムステルダムAMS<br /> 【航空機】KL1979 アムステルダムAMS 2020→2225 ブダペストBUD<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/27(月)<br />  ★ブダペスト市内観光<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/28(火)<br />  ★ブダペスト市内観光<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/29(水)<br /> 【列車】ブダペスト東Keleti駅 925→1205 ブラチスラバHlavna駅<br />  ★ブラチスラバ市内観光<br />  ■パーク・イン 泊<br />12/30(木)<br />  ★ブラチスラバ市内観光<br /> 【バス】NovyMostバスターミナル 1200→1245 ウィーン空港<br />  ★ウィーン市内観光<br />  ■nhウィーンエアポートホテル 泊<br />12/31(金)<br /> 【航空機】KL1840 ウィーンVIE 1035→1240 アムステルダムAMS<br /> 【航空機】KL861 アムステルダムAMS 1745→(翌日着)<br />1/1(土)<br /> 【航空機】 →1250 東京NRT

2010ドナウ川が見えるホテル巡り(その3・ウィーン編)

4いいね!

2010/12/30 - 2011/01/01

2778位(同エリア4651件中)

    29

    今回は、「ドナウ川が見えるホテルをハシゴしてみる!」というテーマを勝手に設けて、ドナウ川沿いにある都市のうち、ブダペスト→ブラチスラバ→ウィーンと移動し、それぞれドナウ川が見える部屋を滞在する旅をしてきました。

    ◆行程
    12/25(土)
      ■ホリデイイン東武成田 泊
    12/26(日)
     【航空機】KL864 東京NRT 1200→1535 アムステルダムAMS
     【航空機】KL1979 アムステルダムAMS 2020→2225 ブダペストBUD
      ■ブダペスト・マリオット 泊
    12/27(月)
      ★ブダペスト市内観光
      ■ブダペスト・マリオット 泊
    12/28(火)
      ★ブダペスト市内観光
      ■ブダペスト・マリオット 泊
    12/29(水)
     【列車】ブダペスト東Keleti駅 925→1205 ブラチスラバHlavna駅
      ★ブラチスラバ市内観光
      ■パーク・イン 泊
    12/30(木)
      ★ブラチスラバ市内観光
     【バス】NovyMostバスターミナル 1200→1245 ウィーン空港
      ★ウィーン市内観光
      ■nhウィーンエアポートホテル 泊
    12/31(金)
     【航空機】KL1840 ウィーンVIE 1035→1240 アムステルダムAMS
     【航空機】KL861 アムステルダムAMS 1745→(翌日着)
    1/1(土)
     【航空機】 →1250 東京NRT

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    飛行機
    航空会社
    KLMオランダ航空
    利用旅行会社
    個別手配

    PR

    • 写真は、今日宿泊するnhホテルで、ウィーン国際空港の目の前にあります。12時45分頃、部屋の準備がまだということなので、荷物をホテルに預けて、これからウィーン市内に向かいます。

      写真は、今日宿泊するnhホテルで、ウィーン国際空港の目の前にあります。12時45分頃、部屋の準備がまだということなので、荷物をホテルに預けて、これからウィーン市内に向かいます。

    • ホテルも市内行き電車も空港構内にあるので、アクセスは抜群(ちょっと歩くけど)。まずは空港駅から近郊電車7号線に乗車し、プラーターシュテルン駅(Praterstern)で下車します。

      ホテルも市内行き電車も空港構内にあるので、アクセスは抜群(ちょっと歩くけど)。まずは空港駅から近郊電車7号線に乗車し、プラーターシュテルン駅(Praterstern)で下車します。

    • プラーターシュテルン駅からは、地下鉄2号線(紫色)に乗車し、Stadion駅で下車しました。ここから徒歩で、本来宿泊する予定だったヒルトン・ドナウに行ってみます。<br />ウィーンは、電車も地下鉄も比較的きれいでした。

      プラーターシュテルン駅からは、地下鉄2号線(紫色)に乗車し、Stadion駅で下車しました。ここから徒歩で、本来宿泊する予定だったヒルトン・ドナウに行ってみます。
      ウィーンは、電車も地下鉄も比較的きれいでした。

    • 駅から5分ほど歩くと、ヒルトンホテルが見えてきます。<br />本当はここに宿泊する予定だったのですが、レートが異様に高く、予約にもたついているうちに満室となってしまったので、ここウィーンだけ、今回の目的である「ドナウ川が眺められるホテル滞在」ができなくなっていました。しかし、泊まらなくても、カフェぐらいはできるかな?と思い、どんな眺めだったか確かめられればいいかなー、という気持ちで来てみました。

      駅から5分ほど歩くと、ヒルトンホテルが見えてきます。
      本当はここに宿泊する予定だったのですが、レートが異様に高く、予約にもたついているうちに満室となってしまったので、ここウィーンだけ、今回の目的である「ドナウ川が眺められるホテル滞在」ができなくなっていました。しかし、泊まらなくても、カフェぐらいはできるかな?と思い、どんな眺めだったか確かめられればいいかなー、という気持ちで来てみました。

    • 写真の左がホテル、右がドナウ川です。確かに川沿いに建つのですが、川の向こうは野原というか、特に何かあるわけではなく、遠くにビル群が見えるだけ。夜景は期待できそうにない感じでした。

      写真の左がホテル、右がドナウ川です。確かに川沿いに建つのですが、川の向こうは野原というか、特に何かあるわけではなく、遠くにビル群が見えるだけ。夜景は期待できそうにない感じでした。

    • 川辺からホテルの建物を見てみると・・・コンクリートミキサーとか工事の仮設物とかが鎮座しており、まさに全力で改装中。とても営業中とは思えない感じでした。

      川辺からホテルの建物を見てみると・・・コンクリートミキサーとか工事の仮設物とかが鎮座しており、まさに全力で改装中。とても営業中とは思えない感じでした。

    • で、中には入れるのだろうか・・・?と思い、入口、ロビーに行ってみると、そこはホテルマンがいて営業しているようで、数名の宿泊客と見られる方々がいました。<br />そして、最上階(8階)のレストラン&ラウンジは、この時間、カフェとして営業していたので、利用することにしました。

      で、中には入れるのだろうか・・・?と思い、入口、ロビーに行ってみると、そこはホテルマンがいて営業しているようで、数名の宿泊客と見られる方々がいました。
      そして、最上階(8階)のレストラン&ラウンジは、この時間、カフェとして営業していたので、利用することにしました。

    • カフェから眺めるドナウ川は、こんな感じです。運搬船が悠々と通り過ぎていきます。夜の景色は、なにも見えないのでしょうね。

      イチオシ

      カフェから眺めるドナウ川は、こんな感じです。運搬船が悠々と通り過ぎていきます。夜の景色は、なにも見えないのでしょうね。

    • カフェラテ(3.5ユーロ)を注文し、暮れゆくドナウ川を眺めながら、しばらく小休止です。

      カフェラテ(3.5ユーロ)を注文し、暮れゆくドナウ川を眺めながら、しばらく小休止です。

    • そして、再び地下鉄、トラムを乗り継いでウィーン中心部に向かい、日が暮れるまで駆け足で観光します。日が暮れるまで30分しかないので、とりあえず「リンク」と呼ばれるエリアに行ってみます。<br />写真は、トラムを市庁舎前で下車したときに写したものです。

      そして、再び地下鉄、トラムを乗り継いでウィーン中心部に向かい、日が暮れるまで駆け足で観光します。日が暮れるまで30分しかないので、とりあえず「リンク」と呼ばれるエリアに行ってみます。
      写真は、トラムを市庁舎前で下車したときに写したものです。

    • 時間がない場合は、とりあえず「リンク」に行けば、主要なスポットを回ることができます。本当はゆっくり見て回りたいのですが、今回のウィーンはトランジットみたいなようなので、仕方ありません。<br />では早速、市庁舎から。イベントの準備のようで、中には入るどころか、建物の近くまで行くこともできませんでしたので、若干遠目での撮影です。

      時間がない場合は、とりあえず「リンク」に行けば、主要なスポットを回ることができます。本当はゆっくり見て回りたいのですが、今回のウィーンはトランジットみたいなようなので、仕方ありません。
      では早速、市庁舎から。イベントの準備のようで、中には入るどころか、建物の近くまで行くこともできませんでしたので、若干遠目での撮影です。

    • 市庁舎の1ブロック隣に、国会議事堂があります。日本の国会議事堂と違って、ある程度近くまで建物に近寄れるようです。

      市庁舎の1ブロック隣に、国会議事堂があります。日本の国会議事堂と違って、ある程度近くまで建物に近寄れるようです。

    • 次に、国会議事堂から少し歩いたところのマリア・テレジア広場と、広場の両端に建つ美術史博物館と自然史博物館です。この両博物館は、見た目がそっくり。

      次に、国会議事堂から少し歩いたところのマリア・テレジア広場と、広場の両端に建つ美術史博物館と自然史博物館です。この両博物館は、見た目がそっくり。

    • マリア・テレジア広場の道路向かいには、王宮と関連施設があります。ブルク門(写真)から王宮エリアに入ります。

      マリア・テレジア広場の道路向かいには、王宮と関連施設があります。ブルク門(写真)から王宮エリアに入ります。

    • 新王宮です。建物で描かれるカーブが立派です。

      新王宮です。建物で描かれるカーブが立派です。

    • だんだん暗くなってきました。再びブルク門から王宮エリアを出て、これから500mほど歩いて、国立オペラ座と、繁華街ケルントナー通りに行ってみます。<br />写真は、ブルク門から撮影したマリア・テレジア広場です。右に見える建物が自然史博物館、左が美術史博物館です。ほぼ左右対称ですね。

      だんだん暗くなってきました。再びブルク門から王宮エリアを出て、これから500mほど歩いて、国立オペラ座と、繁華街ケルントナー通りに行ってみます。
      写真は、ブルク門から撮影したマリア・テレジア広場です。右に見える建物が自然史博物館、左が美術史博物館です。ほぼ左右対称ですね。

    • 国立オペラ座です。この周辺は、市内ツアーの客引きのお兄様方がいろいろがんばっています。興味がなければすぐ引いてくれるのでしつこくないのですが、その数は本当に多いです。

      国立オペラ座です。この周辺は、市内ツアーの客引きのお兄様方がいろいろがんばっています。興味がなければすぐ引いてくれるのでしつこくないのですが、その数は本当に多いです。

    • ケルントナー通りは、日が暮れて、イルミネーションが輝きはじめました。やはりブダペスト、ブラチスラバと比べて飾り付けや人通りが賑やかでした。

      ケルントナー通りは、日が暮れて、イルミネーションが輝きはじめました。やはりブダペスト、ブラチスラバと比べて飾り付けや人通りが賑やかでした。

    • この付近のランドマークであるシュテファン寺院に向け、ケルントナー通りをずんずんと進みます。

      イチオシ

      この付近のランドマークであるシュテファン寺院に向け、ケルントナー通りをずんずんと進みます。

    • シュテファン寺院があるシュテファン広場に到達しました。

      シュテファン寺院があるシュテファン広場に到達しました。

    1件目~20件目を表示(全29件中)

    この旅行記のタグ

      4いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ウィーン(オーストリア) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集