グランドキャニオン周辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
冬のアメリカ西海岸国立公園めぐりへ行ってきました。<br /><br />[ 充実のアメリカ西海岸 7大絶景めぐり7日間 ]<br /><br /> 1日目 成田~LA乗り換え~ラスベガス<br />              (グランドキャニオン国立公園内泊)<br /> 2日目 グランドキャニオン・モニュメントバレー観光<br />              (モニュメントバレー泊)<br /> 3日目 アンテロープキャニオン・レイクパウエル<br />      ホースシューベント観光 (ブライスキャニオン泊)<br /> 4日目 ナバホループトレイル・ラスベガス観光 (ラスベガス泊)<br /> 5日目 デスバレー・ラスベガス観光 (ラスベガス泊)<br /> 6日目 ラスベガス~LA乗り換え~ (機中泊)<br /> 7日目 ~成田

【 2010年 アメリカ旅行 】 ~絶景グランド・サークル~

10いいね!

2010/02/07 - 2010/02/13

499位(同エリア1362件中)

5

43

冬のアメリカ西海岸国立公園めぐりへ行ってきました。

[ 充実のアメリカ西海岸 7大絶景めぐり7日間 ]

 1日目 成田~LA乗り換え~ラスベガス
              (グランドキャニオン国立公園内泊)
 2日目 グランドキャニオン・モニュメントバレー観光
              (モニュメントバレー泊)
 3日目 アンテロープキャニオン・レイクパウエル
      ホースシューベント観光 (ブライスキャニオン泊)
 4日目 ナバホループトレイル・ラスベガス観光 (ラスベガス泊)
 5日目 デスバレー・ラスベガス観光 (ラスベガス泊)
 6日目 ラスベガス~LA乗り換え~ (機中泊)
 7日目 ~成田

同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
観光バス
航空会社
大韓航空
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • 『サウスウエスト航空』<br /><br />成田からLA乗り継ぎでラスベガスへ<br /><br /> 成田〜LA (KE001) 所要時間:約9時間50分<br /><br /> LA〜ラスベガス (WN421) 所要時間:約1時間5分<br /><br />サウスウエストの客席はすべてエコノミークラスで、指定席ではなく全席自由席でした。搭乗券にはA,B,Cグループと番号が書いてあり、搭乗ゲート前の柱の番号順に並んで順番に機内に乗り込み席を選びます。<br /><br />(Bグループだったので席は窓際と通路側はほぼ埋まっていましたが、最後尾席の窓際に落ち着きました。)<br /><br />LA国際空港ターミナルでは国際線・国内線ターミナルは9つに分かれていて乗継にはスーツケースを持って広い空港をかなり歩いて移動(疲れる・・・)<br />

    『サウスウエスト航空』

    成田からLA乗り継ぎでラスベガスへ

     成田〜LA (KE001) 所要時間:約9時間50分

     LA〜ラスベガス (WN421) 所要時間:約1時間5分

    サウスウエストの客席はすべてエコノミークラスで、指定席ではなく全席自由席でした。搭乗券にはA,B,Cグループと番号が書いてあり、搭乗ゲート前の柱の番号順に並んで順番に機内に乗り込み席を選びます。

    (Bグループだったので席は窓際と通路側はほぼ埋まっていましたが、最後尾席の窓際に落ち着きました。)

    LA国際空港ターミナルでは国際線・国内線ターミナルは9つに分かれていて乗継にはスーツケースを持って広い空港をかなり歩いて移動(疲れる・・・)

  • 『大韓航空機内食 ビビンバ・わかめスープ付き』<br /><br />大韓航空では搭乗すると、まずミニペットボトルの水が配られます。(旅行中、大きめのミネラルウォーターを買ってはミニボトルに小わけにして最終日まで持ち歩きました。)<br /><br />大韓航空定番の「ビビンバ」はチューブ入りコチュジャンとゴマ油を入れ混ぜ混ぜして頂きます。<br />(機内食部門のオスカー賞と呼ばれるマーキュリー賞の「最優秀機内食賞」を受賞している)<br /><br />2回目の機内食はお茶漬ふりかけの「お粥」か「オムレツ」から選択が出来ます。<br /><br />サウスウエストでは搭乗後、直ぐにドリンクの注文を聞いてくるので言っておかないとドリンクは配られません。<br />(あっという間の1時間です。)

    『大韓航空機内食 ビビンバ・わかめスープ付き』

    大韓航空では搭乗すると、まずミニペットボトルの水が配られます。(旅行中、大きめのミネラルウォーターを買ってはミニボトルに小わけにして最終日まで持ち歩きました。)

    大韓航空定番の「ビビンバ」はチューブ入りコチュジャンとゴマ油を入れ混ぜ混ぜして頂きます。
    (機内食部門のオスカー賞と呼ばれるマーキュリー賞の「最優秀機内食賞」を受賞している)

    2回目の機内食はお茶漬ふりかけの「お粥」か「オムレツ」から選択が出来ます。

    サウスウエストでは搭乗後、直ぐにドリンクの注文を聞いてくるので言っておかないとドリンクは配られません。
    (あっという間の1時間です。)

  • 『グランドキャニオン ブライトエンジェル・ポイント』<br /><br />ラスベガスからバスに乗り継ぎ一路約5時間をかけてグランドキャニオンを目指します。途中から降水量の少ない地域なのに雪が降りだし道の通行止めの心配もある中、夜到着。<br /><br />(宿泊はロッジなのでレストランのある建物へは雪道を歩いて行きました・・・雪のため、星空観賞も出来ず・・・)<br /><br />早起きして降り積もった雪の中試みたマーサポイントからの日の出もあいにくの曇りでした・・・<br /><br />(日出時刻:7:15頃 気温:マイナス4℃)<br /><br />サウスリム・ビレッジのホテルに戻って朝食

    『グランドキャニオン ブライトエンジェル・ポイント』

    ラスベガスからバスに乗り継ぎ一路約5時間をかけてグランドキャニオンを目指します。途中から降水量の少ない地域なのに雪が降りだし道の通行止めの心配もある中、夜到着。

    (宿泊はロッジなのでレストランのある建物へは雪道を歩いて行きました・・・雪のため、星空観賞も出来ず・・・)

    早起きして降り積もった雪の中試みたマーサポイントからの日の出もあいにくの曇りでした・・・

    (日出時刻:7:15頃 気温:マイナス4℃)

    サウスリム・ビレッジのホテルに戻って朝食

  • 『グランドキャニオン ブライトエンジェル・ポイント』<br /><br />ブライトエンジェルロッジの暖炉のあるロビーをぬけると裏庭からは渓谷が一望

    『グランドキャニオン ブライトエンジェル・ポイント』

    ブライトエンジェルロッジの暖炉のあるロビーをぬけると裏庭からは渓谷が一望

  • 『グランドキャニオン ウォッチタワー』<br /><br />Watch Towerは女性建築家メアリー・コルターが先住民ホピ族の遺跡を元に設計

    『グランドキャニオン ウォッチタワー』

    Watch Towerは女性建築家メアリー・コルターが先住民ホピ族の遺跡を元に設計

  • 『グランドキャニオン ウォッチタワー』<br /><br />円柱のタワーの1階はギフトショップで吹き抜けの内部には先住民のイメージのデザインがあり、上に登ると渓谷が見渡せる展望台になっています。<br />

    『グランドキャニオン ウォッチタワー』

    円柱のタワーの1階はギフトショップで吹き抜けの内部には先住民のイメージのデザインがあり、上に登ると渓谷が見渡せる展望台になっています。

  • 『グランドキャニオン デザートビュー・ポイント』<br /><br />ウォッチタワーのところからは蛇行しているコロラド川が見えます。<br /><br />(見学後、一瞬迷子に・・・<br />各自バスに戻るのですが、タワーから駐車場までは徒歩5分程度のなだらかな上り坂。途中のトイレに寄ったら雪道で方向感覚が分からなくなり、あれれ!<br />ツアーのときは意外に戻るのに時間がかかるので遅れないように!)

    『グランドキャニオン デザートビュー・ポイント』

    ウォッチタワーのところからは蛇行しているコロラド川が見えます。

    (見学後、一瞬迷子に・・・
    各自バスに戻るのですが、タワーから駐車場までは徒歩5分程度のなだらかな上り坂。途中のトイレに寄ったら雪道で方向感覚が分からなくなり、あれれ!
    ツアーのときは意外に戻るのに時間がかかるので遅れないように!)

  • 『モニュメントバレー ビューホテル』<br /><br />お昼はリトルコロラド川の渓谷の景色が見える「キャメロン トレーディング ポスト ロッジ」で先住民族ナバホの料理の昼食。ナバホシチュー、フライブレッド(揚げパン)に蜂蜜をつけて頂きました。<br /><br />その後、約4時間かけて西部劇の世界が広がるモニュメントバレーへ<br /><br />ホテルはモニュメントバレーの荒野に建つ「ビューホテル」に宿泊!!<br /><br /><br /><br /><br />

    『モニュメントバレー ビューホテル』

    お昼はリトルコロラド川の渓谷の景色が見える「キャメロン トレーディング ポスト ロッジ」で先住民族ナバホの料理の昼食。ナバホシチュー、フライブレッド(揚げパン)に蜂蜜をつけて頂きました。

    その後、約4時間かけて西部劇の世界が広がるモニュメントバレーへ

    ホテルはモニュメントバレーの荒野に建つ「ビューホテル」に宿泊!!




  • 『ビューホテル バルコニー』<br /><br />ホテルの部屋からはモニュメントバレーのビュートが目の前に広がる

    『ビューホテル バルコニー』

    ホテルの部屋からはモニュメントバレーのビュートが目の前に広がる

  • 『モニュメントバレー ジョンフォードポイント』<br /><br />午後はジープに乗り換え西部劇の名場面ポイントへ出発!<br /><br />雪が溶けだして川のように流れるぬかるんだ道をガタガタ走ります。<br /><br /><br />

    『モニュメントバレー ジョンフォードポイント』

    午後はジープに乗り換え西部劇の名場面ポイントへ出発!

    雪が溶けだして川のように流れるぬかるんだ道をガタガタ走ります。


  • 『モニュメントバレー ノースウィンドウポイント』

    『モニュメントバレー ノースウィンドウポイント』

  • 『モニュメントバレー ホーガン』<br /><br />ホーガン=ナバホの言葉で“家”という意味<br />     ナバホ族の伝統的な住居<br /><br />家の中ではナバホのおばあちゃんが、刈り取った羊毛を紡いで織物を作っていました。<br /><br />ドリームキャッチャーなどお土産物も少しだけありました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

    『モニュメントバレー ホーガン』

    ホーガン=ナバホの言葉で“家”という意味
         ナバホ族の伝統的な住居

    家の中ではナバホのおばあちゃんが、刈り取った羊毛を紡いで織物を作っていました。

    ドリームキャッチャーなどお土産物も少しだけありました。





  • 『モニュメントバレー トーテムポール』

    『モニュメントバレー トーテムポール』

  • 『モニュメントバレー ミトンポイント』<br /><br />

    『モニュメントバレー ミトンポイント』

  • 『モニュメントバレー スリーシスターズ』

    『モニュメントバレー スリーシスターズ』

  • 『モニュメントバレー』<br /><br />ホテルのテラスから朝日観賞ですが、水平線まで雲におおわれ朝日は見られませんでした・・・<br /><br />(日出時刻:7:15頃 気温:マイナス4℃)<br /><br />残念・・・<br /><br />(暗い中ジープのライトが見えます。朝日を見に行くツアーがあるんですかね)<br /><br />この後、部屋からの朝日観賞はあきらめ朝食へ<br />ホテルレストランからもこの景色が見えます。<br />時間がたっても結局朝日は見れなく食事の後ホテルを出発しました。

    『モニュメントバレー』

    ホテルのテラスから朝日観賞ですが、水平線まで雲におおわれ朝日は見られませんでした・・・

    (日出時刻:7:15頃 気温:マイナス4℃)

    残念・・・

    (暗い中ジープのライトが見えます。朝日を見に行くツアーがあるんですかね)

    この後、部屋からの朝日観賞はあきらめ朝食へ
    ホテルレストランからもこの景色が見えます。
    時間がたっても結局朝日は見れなく食事の後ホテルを出発しました。

  • 『アンテロープキャニオン』<br /><br />観光バスからトラックに乗り換えしばらく一般道を走り、途中からドライクリーク(乾いた川底の砂地)を走ってキャニオン入口へ向かいます。<br /><br />座席はトラックの荷台で長椅子があり、大人数ギュウギュウに詰め込まれ、ドライクリーク道はボンボン揺れます。

    『アンテロープキャニオン』

    観光バスからトラックに乗り換えしばらく一般道を走り、途中からドライクリーク(乾いた川底の砂地)を走ってキャニオン入口へ向かいます。

    座席はトラックの荷台で長椅子があり、大人数ギュウギュウに詰め込まれ、ドライクリーク道はボンボン揺れます。

  • 『火力発電所』アンテロープキャニオン近郊<br /><br />アンテロープキャニオンへ行く途中の風景

    『火力発電所』アンテロープキャニオン近郊

    アンテロープキャニオンへ行く途中の風景

  • 『アンテロープキャニオン ドライクリーク』

    『アンテロープキャニオン ドライクリーク』

  • 『アンテロープキャニオン ドライクリーク』<br /><br />行き止りがキャニオン入口

    『アンテロープキャニオン ドライクリーク』

    行き止りがキャニオン入口

  • 『アンテロープキャニオン 入口』<br /><br />ナバホ族の聖地<br /><br />射し込む光を浴びると聖なる力が宿ると信じられているナバホのサンディーン

    『アンテロープキャニオン 入口』

    ナバホ族の聖地

    射し込む光を浴びると聖なる力が宿ると信じられているナバホのサンディーン

  • 『アンテロープキャニオン』 <br /><br />時間は10:40頃<br /><br />何メートルあるのか、ガイドの説明と撮影ポイントを教えてもらいながら撮影しつつゆっくり進みます。<br /><br />カメラの絞り、シャッタースピードも設定してくれて、地面からや壁ギリギリや空を入らないでとか丁寧に教えてくれて撮影講習会になっていました。

    『アンテロープキャニオン』

    時間は10:40頃

    何メートルあるのか、ガイドの説明と撮影ポイントを教えてもらいながら撮影しつつゆっくり進みます。

    カメラの絞り、シャッタースピードも設定してくれて、地面からや壁ギリギリや空を入らないでとか丁寧に教えてくれて撮影講習会になっていました。

  • 『アンテロープキャニオン』 <br /><br />天気は曇り<br /><br />二月のこの時間の日差しでは「レンブラント光線」は期待できないけど、綺麗なマーブル模様が写ります。<br /><br />(カメラでは明るく写っていますが、もう少し暗いです。)<br /><br />流泉が創りだした美しい渓谷!!<br /><br />WARNING! Flash Flood Area 注意!鉄砲水<br />雨の日は観光中止になります。鉄砲水が発生する危険性があるので、その時はナバホ族が鐘を鳴らしてキャニオン内にいる人達に知らせがあるようです。でも過去に急な大雨で鉄砲水が発生して観光客の犠牲者が出たことがあるそうです・・・

    『アンテロープキャニオン』

    天気は曇り

    二月のこの時間の日差しでは「レンブラント光線」は期待できないけど、綺麗なマーブル模様が写ります。

    (カメラでは明るく写っていますが、もう少し暗いです。)

    流泉が創りだした美しい渓谷!!

    WARNING! Flash Flood Area 注意!鉄砲水
    雨の日は観光中止になります。鉄砲水が発生する危険性があるので、その時はナバホ族が鐘を鳴らしてキャニオン内にいる人達に知らせがあるようです。でも過去に急な大雨で鉄砲水が発生して観光客の犠牲者が出たことがあるそうです・・・

  • 『アンテロープキャニオン』 <br /><br />ガイドさんが一生懸命に砂をかけて砂の流れの演出までしてくれました。<br /><br />岩の裂け目が抜け、またUターン<br /><br />約1時間の見学時間でした。<br /><br /><br />お昼は近郊の中華料理レストラン『MANDARIN GOURMET』で食事をしました。<br />(ツアーなので予約をしてあるはずでしたが、他の日本人のグループとダブルブッキングで待たされるはめに・・・ 現地のお客さんも沢山いて、食事の内容は中華料理なので普通に美味しかったです。)<br /><br />午後はコロラド川が大きく蛇行する『ホースシューベント』の観光です。<br />

    『アンテロープキャニオン』

    ガイドさんが一生懸命に砂をかけて砂の流れの演出までしてくれました。

    岩の裂け目が抜け、またUターン

    約1時間の見学時間でした。


    お昼は近郊の中華料理レストラン『MANDARIN GOURMET』で食事をしました。
    (ツアーなので予約をしてあるはずでしたが、他の日本人のグループとダブルブッキングで待たされるはめに・・・ 現地のお客さんも沢山いて、食事の内容は中華料理なので普通に美味しかったです。)

    午後はコロラド川が大きく蛇行する『ホースシューベント』の観光です。

  • 『ホースシューベント』<br /><br />観光バスを駐車場に停め、そこから砂地の坂道を歩いて越えるとコロラド川が180度蛇行しているホースシューベントが見えてきます。

    『ホースシューベント』

    観光バスを駐車場に停め、そこから砂地の坂道を歩いて越えるとコロラド川が180度蛇行しているホースシューベントが見えてきます。

  • 『ホースシューベント』

    『ホースシューベント』

  • 『ホースシューベント』<br /><br />策があるわけではないので落ちないように気をつけましょう!!

    『ホースシューベント』

    策があるわけではないので落ちないように気をつけましょう!!

  • 『ホースシューベント』<br /><br />この景色を撮影したカメラは28mmのレンズです。<br />もっと広角レンズでないと一度に収まらないほど広大な景色です。

    『ホースシューベント』

    この景色を撮影したカメラは28mmのレンズです。
    もっと広角レンズでないと一度に収まらないほど広大な景色です。

  • 『レイクパウエル ビジターセンター』<br /><br />コロラド川の上流のグレンキャニオンダムによって造られた人造湖がレイクパウエル<br /><br />ダムのビジターセンターの外には恐竜「Dinosaur」の足跡のレプリカが展示してありました。

    『レイクパウエル ビジターセンター』

    コロラド川の上流のグレンキャニオンダムによって造られた人造湖がレイクパウエル

    ダムのビジターセンターの外には恐竜「Dinosaur」の足跡のレプリカが展示してありました。

  • 『レイクパウエル グレンキャニオンブリッジ』<br /><br />ダムの横の橋の歩道からダムと反対側にはコロラド川の深い渓谷が見えます。<br /><br />(車道は大きなトラックが通るので、ガードレールの切れ目から気をつけて渡ります。通り過ぎるトラックに手を振ると親切なドライバーさんが手を振りかえしてくれました♪)

    『レイクパウエル グレンキャニオンブリッジ』

    ダムの横の橋の歩道からダムと反対側にはコロラド川の深い渓谷が見えます。

    (車道は大きなトラックが通るので、ガードレールの切れ目から気をつけて渡ります。通り過ぎるトラックに手を振ると親切なドライバーさんが手を振りかえしてくれました♪)

  • 『レイクパウエル グレンキャニオンダム』

    『レイクパウエル グレンキャニオンダム』

  • 『コロラド川』

    『コロラド川』

  • 『ブライスキャニオン ブライスポイント』<br /><br />またもや雪道を行軍して日の出観賞<br />ピンク色に染まる空は見ることが出来ましたが朝日は見られず。<br /><br />(残念・・・雲がなければ太陽に照らされたブライスキャニオンの尖塔が見られるはずでした。)

    『ブライスキャニオン ブライスポイント』

    またもや雪道を行軍して日の出観賞
    ピンク色に染まる空は見ることが出来ましたが朝日は見られず。

    (残念・・・雲がなければ太陽に照らされたブライスキャニオンの尖塔が見られるはずでした。)

  • 『ブライスキャニオン インスピレーションポイント』

    『ブライスキャニオン インスピレーションポイント』

  • 『ブライスキャニオン ナバホループトレイル』<br /><br />ナバホループトレイルには手すりの高さまで雪が積っていました。途中、滑りそうになりながらも頑張って進んで行き下からのブライスキャニオンの景観を見ました。

    『ブライスキャニオン ナバホループトレイル』

    ナバホループトレイルには手すりの高さまで雪が積っていました。途中、滑りそうになりながらも頑張って進んで行き下からのブライスキャニオンの景観を見ました。

  • 『ブライスキャニオン ナバホループトレイル』

    『ブライスキャニオン ナバホループトレイル』

  • 『ブライスキャニオン ナバホループトレイル』

    『ブライスキャニオン ナバホループトレイル』

  • 『レッドキャニオン salt and pepper』<br /><br />ブライスキャニオン国立公園近くにあるレッドキャニオン<br /><br /> バスを停めて写真ストップ<br /> 道路から見上げて撮影<br /><br />2本の尖塔は塩や胡椒入れに似ていることから「塩の岩」「胡椒の岩」を呼ばれている。

    『レッドキャニオン salt and pepper』

    ブライスキャニオン国立公園近くにあるレッドキャニオン

     バスを停めて写真ストップ
     道路から見上げて撮影

    2本の尖塔は塩や胡椒入れに似ていることから「塩の岩」「胡椒の岩」を呼ばれている。

  • 『デスバレー ザブリスキーポイント』<br /><br />小さい駐車場にバスを停め、そこから直ぐ目の前の舗装されている坂道を行くとこの景色が見れます。<br /><br />デスバレーの太陽の光で金色に輝くと言われるザブリスキーポイントでは不思議な稜線の山々が眺めることが出来ます。

    『デスバレー ザブリスキーポイント』

    小さい駐車場にバスを停め、そこから直ぐ目の前の舗装されている坂道を行くとこの景色が見れます。

    デスバレーの太陽の光で金色に輝くと言われるザブリスキーポイントでは不思議な稜線の山々が眺めることが出来ます。

  • 『デスバレー バッドウォーター』<br /><br />大塩原バッドウォーター<br /><br />真夏には連日40℃を越える灼熱の場所<br /><br />塩の結晶が浮いています。

    『デスバレー バッドウォーター』

    大塩原バッドウォーター

    真夏には連日40℃を越える灼熱の場所

    塩の結晶が浮いています。

  • 『デスバレー バッドウォーター』<br /><br />真夏ではないので水が蒸発していなく、少し溶け気味の大塩湖を歩きます。

    『デスバレー バッドウォーター』

    真夏ではないので水が蒸発していなく、少し溶け気味の大塩湖を歩きます。

  • 『デスバレー バッドウォーター』<br /><br />真っ白な塩原を想像していましたが、見た目は霜が残る田んぼの様に見えました。<br /><br />この塩と泥が混ざった感じのボコボコしているのが塩の結晶です。<br /><br />味見をしてみるとやっぱり塩<br />(以外に美味しい。地形に傾斜があり不純物は流れて行くのでこの辺りは不純物が少ないとか???)

    『デスバレー バッドウォーター』

    真っ白な塩原を想像していましたが、見た目は霜が残る田んぼの様に見えました。

    この塩と泥が混ざった感じのボコボコしているのが塩の結晶です。

    味見をしてみるとやっぱり塩
    (以外に美味しい。地形に傾斜があり不純物は流れて行くのでこの辺りは不純物が少ないとか???)

  • 『デスバレー サンドデューン』<br /><br />砂丘を観光<br /><br />所々に低木や立ち枯れた木がある砂丘<br /><br />(小さい砂丘に見えますが、行っても行っても景色が変わらずツアーなので時間内に戻らなければならないので写真を撮って途中で引き返しました。)<br /><br /><br /><br /><br /><br />

    『デスバレー サンドデューン』

    砂丘を観光

    所々に低木や立ち枯れた木がある砂丘

    (小さい砂丘に見えますが、行っても行っても景色が変わらずツアーなので時間内に戻らなければならないので写真を撮って途中で引き返しました。)





この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • mudayoさん 2010/05/05 11:47:56
    広大な大自然
    2週間後にラスベガスに行く予定です♪ モニュメントバレーにもいこうかどうしようか検討中。 広大な大自然いいですねぇ

    sceptre_y

    sceptre_yさんからの返信 2010/05/05 23:27:04
    RE: 広大な大自然
    > 2週間後にラスベガスに行く予定です♪ モニュメントバレーにもいこうかどうしようか検討中。 広大な大自然いいですねぇ

    mudayoさん
    ご訪問ありがとうございます。
    モニュメントバレーに自分が行ったのは2月だったので雪が降ってしまい砂漠らしくありませんでしたが、2週間後のご旅行は良い時期ですね。素晴らしい景色が見られると思いますよ。

    mudayo

    mudayoさんからの返信 2010/05/06 11:58:54
    RE: 広大な大自然
    sceptre_yさんにご相談したいことがあります。
    モニュメントバレーに行くか行かないか検討中ですが、以下の点を心配しています。
    1、30代の夫婦ですが、地元ツアー(グランドキャニオン国立公園&モニュメントバレー&アンテロープ1泊2日ツアー)参加予定ですが、往復1400kmのドライブがどれくらい大変かいまひとつ想像つきません。 妻が、長距離ドライブで体調を崩さないか心配です。  いかがでしょうか?

    2、どこのツアー会社を利用しましたか?おすすめは、ありますか?

    よろしくお願いします。

    sceptre_y

    sceptre_yさんからの返信 2010/05/07 00:33:59
    RE: RE: 広大な大自然
    > sceptre_yさんにご相談したいことがあります。
    > モニュメントバレーに行くか行かないか検討中ですが、以下の点を心配しています。
    > 1、30代の夫婦ですが、地元ツアー(グランドキャニオン国立公園&モニュメントバレー&アンテロープ1泊2日ツアー)参加予定ですが、往復1400kmのドライブがどれくらい大変かいまひとつ想像つきません。 妻が、長距離ドライブで体調を崩さないか心配です。  いかがでしょうか?
    >
    > 2、どこのツアー会社を利用しましたか?おすすめは、ありますか?
    >
    > よろしくお願いします。

    mudayoさん こんばんは

    2月の旅行は添乗員付きのツアーで現地旅行会社のことについては詳しくなくアドバイスはできませんが、行程は下記とほぼ同じでした。

    クラブツーリズム
    [デスバレーなどアメリカの自然名所を満喫!充実のアメリカ西海岸7大絶景めぐり7日間]
    http://tour.club-t.com/vstour/WEB/web_tour3_tour_tmp.aspx?p_company_cd=1002000&p_course_no=87620&p_date=2010/02/01&p_from=800000&p_disp=&p_afset=&p_AffFrom=&p_baitai=926

    1日目のラスベガスからグランドキャニオンまでの約5時間の道のりは雪が降ると通行止めになるような峠道があったので(標高はそんなにありませんが)観光バスで夜到着するかハラハラでした。

    mudayo

    mudayoさんからの返信 2010/05/07 06:37:49
    RE: 広大な大自然
    グランドキャニオンに行くのもけっこう面白そうな道のりなんですね。。。
    モニュメントバレーは、その倍の距離なんですよね、、、、 

    返信ありがとうございました。

sceptre_yさんのトラベラーページ

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

グランドキャニオン周辺(アメリカ) で人気のタグ

アメリカでおすすめの観光スポット

PAGE TOP

ピックアップ特集