その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2008年2月9日:成田−バンコク<br />2008年2月10日:バンコク−チェンライ−メーサイ−タチレク−<br />         メーサイ−チェンライ<br />2008年2月11日:チェンライ−チェンセーン−<br />        ゴールデントライアングル−チェンセーン−<br />        チェンコーン−フエサイ−チェンコーン−<br />        チェンライ<br />2008年2月12日:チェンライ−バンコク<br />2008年2月13日:バンコク−成田

タイ、ミャンマー、ラオス周遊の旅

1いいね!

2008/02/09 - 2008/02/13

447位(同エリア472件中)

0

32

kazuuzoo

kazuuzooさん

2008年2月9日:成田−バンコク
2008年2月10日:バンコク−チェンライ−メーサイ−タチレク−
       メーサイ−チェンライ
2008年2月11日:チェンライ−チェンセーン−
        ゴールデントライアングル−チェンセーン−
        チェンコーン−フエサイ−チェンコーン−
        チェンライ
2008年2月12日:チェンライ−バンコク
2008年2月13日:バンコク−成田

同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
高速・路線バス
航空会社
ANA

PR

  • 2月は航空運賃が安く特に2008年は3連休がある!<br />と言うことで、2日ほどその3連休につけてどこか<br />行くことにしました。<br />当初、ヨーロッパが良かったのですが・・・あまりの<br />ユーロ高で断念。アジアもちょうど旧正月の時期<br />と重なってしまったので、旧正月の無いタイに<br />ひとまず行くことにしました。<br /><br />今回は北の田舎を周る事にして、まずはチェンライ<br />を目指します。<br />ちょうどバンコクに知り合いが居るので、夜の<br />フライトでバンコクに到着後1泊して、次の日の<br />朝初Air Asiaでチェンライへ。<br />Air Asiaは遅延で有名ですが、どうも朝の便は<br />それほど遅延は無く、午後、夜となるにつれて<br />どんどん遅延が発生するみたいです。<br /><br />ということで、遅延も無く無事チェンライ到着です。

    2月は航空運賃が安く特に2008年は3連休がある!
    と言うことで、2日ほどその3連休につけてどこか
    行くことにしました。
    当初、ヨーロッパが良かったのですが・・・あまりの
    ユーロ高で断念。アジアもちょうど旧正月の時期
    と重なってしまったので、旧正月の無いタイに
    ひとまず行くことにしました。

    今回は北の田舎を周る事にして、まずはチェンライ
    を目指します。
    ちょうどバンコクに知り合いが居るので、夜の
    フライトでバンコクに到着後1泊して、次の日の
    朝初Air Asiaでチェンライへ。
    Air Asiaは遅延で有名ですが、どうも朝の便は
    それほど遅延は無く、午後、夜となるにつれて
    どんどん遅延が発生するみたいです。

    ということで、遅延も無く無事チェンライ到着です。

  • チェンライ空港からチェンライの市街までは車で<br />15分くらいの距離です。<br />ただ、空港から市街までは流しのタクシーは無く<br />仕方なく空港のツアータクシーのようなもので、<br />チェンライのバスターミナルまで行きました。<br /><br />

    チェンライ空港からチェンライの市街までは車で
    15分くらいの距離です。
    ただ、空港から市街までは流しのタクシーは無く
    仕方なく空港のツアータクシーのようなもので、
    チェンライのバスターミナルまで行きました。

  • チェンライのバスターミナルでタクシーを降りて、<br />早速チェンライの街を散策です。<br />ブラブラしていると早速寺院を発見しました。<br />ここはワット・チェットヨートです。

    チェンライのバスターミナルでタクシーを降りて、
    早速チェンライの街を散策です。
    ブラブラしていると早速寺院を発見しました。
    ここはワット・チェットヨートです。

  • 寺院には必ず仏像があります。<br />ワット・チェットヨートの仏像はこんな感じ<br />です。

    寺院には必ず仏像があります。
    ワット・チェットヨートの仏像はこんな感じ
    です。

  • メンラーイ王の記念碑です。<br />メンラーイ王は13世紀にチェンライが属していた<br />ラーンナー・タイ王国を作った人で、王として<br />性格もよく、戦士としてもとても有能だった<br />そうです。<br />いまでも、像の前の献花台でお祈りをしている人が<br />沢山います。

    メンラーイ王の記念碑です。
    メンラーイ王は13世紀にチェンライが属していた
    ラーンナー・タイ王国を作った人で、王として
    性格もよく、戦士としてもとても有能だった
    そうです。
    いまでも、像の前の献花台でお祈りをしている人が
    沢山います。

  • チェンライは2月の朝は20℃を切ります。<br />とてもカラっとしていて、過ごしやすいのですが<br />それでも南国!!椰子の実だけを運んでいるトラックが<br />ありました。<br /><br />でも、この椰子の実全部下ろすの大変そう・・・

    チェンライは2月の朝は20℃を切ります。
    とてもカラっとしていて、過ごしやすいのですが
    それでも南国!!椰子の実だけを運んでいるトラックが
    ありました。

    でも、この椰子の実全部下ろすの大変そう・・・

  • チェンライのソンテウ乗り場です。<br />ここは市場のそばにあるのですごく活気があります。<br />チェンライのソンテウは日本の路線バスのように<br />乗り合いで色々な方面へ向かって決まった時間に<br />運行されているみたいです。

    チェンライのソンテウ乗り場です。
    ここは市場のそばにあるのですごく活気があります。
    チェンライのソンテウは日本の路線バスのように
    乗り合いで色々な方面へ向かって決まった時間に
    運行されているみたいです。

  • ソンテウ乗り場のそばにあるワット・ムーンムアン<br />にある仏像です。<br />とてもふくよかです!<br />でもお祈りするとすごく幸せになれそうです!?<br />もしかすると全くお祈りしてもご利益が無いかも!?<br />

    ソンテウ乗り場のそばにあるワット・ムーンムアン
    にある仏像です。
    とてもふくよかです!
    でもお祈りするとすごく幸せになれそうです!?
    もしかすると全くお祈りしてもご利益が無いかも!?

  • 続いてワット・プラケオです。<br />このお寺はチェンライの街で一番立派な寺院だと<br />思いました。

    続いてワット・プラケオです。
    このお寺はチェンライの街で一番立派な寺院だと
    思いました。

  • この寺院の奥にあるエメラルド仏があるお堂です。<br />そばにあるベンチで一休み。<br />ここのベンチは日陰で心地よいです。<br />

    この寺院の奥にあるエメラルド仏があるお堂です。
    そばにあるベンチで一休み。
    ここのベンチは日陰で心地よいです。

  • エメラルド仏です。緑の部分はカナダ産のヒスイ<br />だそうです。<br />

    エメラルド仏です。緑の部分はカナダ産のヒスイ
    だそうです。

  • 続きましてワット・プラ・シンです。<br />ここはワット・プラケオのそばにある寺院です。<br />

    続きましてワット・プラ・シンです。
    ここはワット・プラケオのそばにある寺院です。

  • チェンライの市場の入口です。<br />市場はアーケードみたいになっており、<br />色々なものが売られてます。

    チェンライの市場の入口です。
    市場はアーケードみたいになっており、
    色々なものが売られてます。

  • チェンライには元来時計塔が中心にあります。<br />が、この時計塔が修理中でした...<br />完成予想図をご覧下さい!(笑)<br /><br />完成すればまたチェンライの街のシンボルと<br />なることでしょう!

    チェンライには元来時計塔が中心にあります。
    が、この時計塔が修理中でした...
    完成予想図をご覧下さい!(笑)

    完成すればまたチェンライの街のシンボルと
    なることでしょう!

  • チェンライをぶらぶらするのも疲れてきたので、<br />チェンライから移動することにしました。<br />チェンコーンに最初に行くか、メーサイに最初に<br />行くか?これで最初にラオスに行くかミャンマー<br />に行くかが決まります。<br />で、ミャンマーに行くことに。<br />早速メーサイへ向かいました。<br /><br />メーサイは国境の街ですが、結構大きいです。<br />タイの人も物価の安いミャンマーによく買出しに<br />行くようで、観光バスが沢山列をなしていました。<br />

    チェンライをぶらぶらするのも疲れてきたので、
    チェンライから移動することにしました。
    チェンコーンに最初に行くか、メーサイに最初に
    行くか?これで最初にラオスに行くかミャンマー
    に行くかが決まります。
    で、ミャンマーに行くことに。
    早速メーサイへ向かいました。

    メーサイは国境の街ですが、結構大きいです。
    タイの人も物価の安いミャンマーによく買出しに
    行くようで、観光バスが沢山列をなしていました。

  • メーサイ到着後、タイの出国検査場へ向かいました。<br />タイ側の税関はこんな感じです。<br />ものの1分くらいで無事出国審査は終了です。

    メーサイ到着後、タイの出国検査場へ向かいました。
    タイ側の税関はこんな感じです。
    ものの1分くらいで無事出国審査は終了です。

  • タイとミャンマーの国境は小さな川です。<br />ちょうどこの川を跨ぐ橋の中央、ここが国境です。<br />

    タイとミャンマーの国境は小さな川です。
    ちょうどこの川を跨ぐ橋の中央、ここが国境です。

  • 川を渡ってミャンマー側のイミグレーションはこんな<br />感じです。<br />日本人は、本当はミャンマー入国の際にビザが必要<br />なのですが、ここタチレク周辺は期間、範囲限定の<br />簡単な入国許可書を作成することで入国できます。ただ、パスポートはここの税関にて保管。<br />(入国許可書と引き換えでパスポートを返してくれます。)<br />なので、他の場所から出国することは出来ません。<br />ちなみに500BもしくはUS$10が必要ですが・・・<br />どう考えてもUS$10.00の方が得な気が!!<br />まあ、とは言ってもドル持ってないし、500B払って<br />入国です。

    川を渡ってミャンマー側のイミグレーションはこんな
    感じです。
    日本人は、本当はミャンマー入国の際にビザが必要
    なのですが、ここタチレク周辺は期間、範囲限定の
    簡単な入国許可書を作成することで入国できます。ただ、パスポートはここの税関にて保管。
    (入国許可書と引き換えでパスポートを返してくれます。)
    なので、他の場所から出国することは出来ません。
    ちなみに500BもしくはUS$10が必要ですが・・・
    どう考えてもUS$10.00の方が得な気が!!
    まあ、とは言ってもドル持ってないし、500B払って
    入国です。

  • 入国手続きも5分もかからず終了。で、ミャンマーに<br />入国です。<br />タチレクの入り口にCity Of Golden Triangleの<br />看板が。でもタチレクからだとちょっと距離がある<br />気がするんだけど・・・<br /><br />メーサイに比べるとやはり街も小さく、走ってる<br />車、バイクもちょっと古いです。タイより田舎って<br />感じですがこの雰囲気がいいです。

    入国手続きも5分もかからず終了。で、ミャンマーに
    入国です。
    タチレクの入り口にCity Of Golden Triangleの
    看板が。でもタチレクからだとちょっと距離がある
    気がするんだけど・・・

    メーサイに比べるとやはり街も小さく、走ってる
    車、バイクもちょっと古いです。タイより田舎って
    感じですがこの雰囲気がいいです。

  • タチレク到着後、早速国境沿いの店をぶらぶら。<br />やっぱり国境はどこも一緒だ・・・と思わせるほどの<br />客引きの多さ!ちょっと休憩してバイクタクシーで<br />どこかに連れて行ってもらうことにしました。<br />100Bとの話しでしたが、何だかんだ言って80Bまで<br />にしてもらいました(^^)v

    タチレク到着後、早速国境沿いの店をぶらぶら。
    やっぱり国境はどこも一緒だ・・・と思わせるほどの
    客引きの多さ!ちょっと休憩してバイクタクシーで
    どこかに連れて行ってもらうことにしました。
    100Bとの話しでしたが、何だかんだ言って80Bまで
    にしてもらいました(^^)v

  • まず連れて行ってもらったところは・・・<br />運ちゃんに教えてもらったんですが、忘れて<br />しまいました。<br />TOWNSHIP DHAMMAYONと書いてありますが、<br />はっきりとした名前は分かりませんm(_ _)m

    まず連れて行ってもらったところは・・・
    運ちゃんに教えてもらったんですが、忘れて
    しまいました。
    TOWNSHIP DHAMMAYONと書いてありますが、
    はっきりとした名前は分かりませんm(_ _)m

  • この寺院の中にある仏像です。<br />それほど大きくありません。<br />タイの仏像とも顔、表情とも違う気がします。

    この寺院の中にある仏像です。
    それほど大きくありません。
    タイの仏像とも顔、表情とも違う気がします。

  • 仏像に下にある小さな仏像。この仏像は<br />内側に凹んで彫られています。<br /><br />これは、どの角度から見ても見ている人の<br />方向を向いているように目の錯覚を狙って<br />このような彫り方をしているそうです。

    仏像に下にある小さな仏像。この仏像は
    内側に凹んで彫られています。

    これは、どの角度から見ても見ている人の
    方向を向いているように目の錯覚を狙って
    このような彫り方をしているそうです。

  • 続いてシュエダゴンパゴダです。<br />ここは、高台にあってタチレクのイミグレ<br />からも金色の仏塔が見えます。<br />この高台から見る景色はすばらしいです!

    続いてシュエダゴンパゴダです。
    ここは、高台にあってタチレクのイミグレ
    からも金色の仏塔が見えます。
    この高台から見る景色はすばらしいです!

  • シュエダゴンパゴダの仏塔です。<br />ヤンゴンに同じ名前の仏塔があります。<br />残念ながら行ったとき改修工事を行って<br />いました…<br /><br />ここは、仏塔の周りに日曜−土曜の仏像があり、<br />自分の生まれた曜日の仏様にお祈りします。

    シュエダゴンパゴダの仏塔です。
    ヤンゴンに同じ名前の仏塔があります。
    残念ながら行ったとき改修工事を行って
    いました…

    ここは、仏塔の周りに日曜−土曜の仏像があり、
    自分の生まれた曜日の仏様にお祈りします。

  • さて、自分が何曜日生まれか・・・そんなこと<br />覚えているわけも無いのです。<br />で、おみやげ屋のおばちゃんの登場です!<br />このおばちゃんが昔のカレンダーも持っていて、<br />調べてくれました。ちなみに”火曜日”でした。<br />

    さて、自分が何曜日生まれか・・・そんなこと
    覚えているわけも無いのです。
    で、おみやげ屋のおばちゃんの登場です!
    このおばちゃんが昔のカレンダーも持っていて、
    調べてくれました。ちなみに”火曜日”でした。

  • このまま、おばちゃんが見逃してくれるわけ無く、<br />かごを買えと言い始めました。<br />このかご、中にはすずめ??が入っていて、お祈り<br />したあと、すずめを空に放つのが正式なお祈り<br />方法なのだそうです。<br /><br />まぁ、いいか。というわけですずめを購入です。<br /><br />その後、敷地内に有る仏像展示場??に。<br />ここは、タイ様式の仏像、中国様式の仏像、<br />ビルマ様式の仏像が鎮座しています。<br /><br />確かに少しずつ表情など異なる気が・・・

    このまま、おばちゃんが見逃してくれるわけ無く、
    かごを買えと言い始めました。
    このかご、中にはすずめ??が入っていて、お祈り
    したあと、すずめを空に放つのが正式なお祈り
    方法なのだそうです。

    まぁ、いいか。というわけですずめを購入です。

    その後、敷地内に有る仏像展示場??に。
    ここは、タイ様式の仏像、中国様式の仏像、
    ビルマ様式の仏像が鎮座しています。

    確かに少しずつ表情など異なる気が・・・

  • シュエダゴンパゴダの後、うんちゃんに首長族を<br />見に行きたいかと聞かれて、首長族の村にいくことに。<br />街中から10分くらい行ったところにありました。<br />入場料で150バーツ払って・・・結構な値段ですが<br />早速入場です。この坂に沿って首長族の民族品を<br />売ってました。<br />きっとこの中に首長族の人は住んでいるのでしょう。<br />店と家が一体となった建物に何人かずつ首長族の人<br />がいました。

    シュエダゴンパゴダの後、うんちゃんに首長族を
    見に行きたいかと聞かれて、首長族の村にいくことに。
    街中から10分くらい行ったところにありました。
    入場料で150バーツ払って・・・結構な値段ですが
    早速入場です。この坂に沿って首長族の民族品を
    売ってました。
    きっとこの中に首長族の人は住んでいるのでしょう。
    店と家が一体となった建物に何人かずつ首長族の人
    がいました。

  • 丘の上にステージがありました。<br />そこで、首長族の踊りのショーをやってました。<br />ただ・・・あまりやる気が無い様子。<br />そうだよなぁ、無理やりやらされているんだろうなぁ<br />・・・なんてことを考えながら見てました。<br /><br />ちなみに、写真はアカ族の人の踊りの様子です。

    丘の上にステージがありました。
    そこで、首長族の踊りのショーをやってました。
    ただ・・・あまりやる気が無い様子。
    そうだよなぁ、無理やりやらされているんだろうなぁ
    ・・・なんてことを考えながら見てました。

    ちなみに、写真はアカ族の人の踊りの様子です。

  • 続いてカレン族です。<br />首には真鍮製の輪がありますが、これは棒状のもの<br />を巻きつけているそうです。<br />今までで25mの真鍮棒を巻きつけていた人もいた<br />そうです。

    続いてカレン族です。
    首には真鍮製の輪がありますが、これは棒状のもの
    を巻きつけているそうです。
    今までで25mの真鍮棒を巻きつけていた人もいた
    そうです。

  • アカ族の子供です。<br />笑顔の無いこの姿が全てを物語っているような・・・<br />なんか無理やり。<br />どこかで人間の動物園という話を聞いたことがありますがまさにそんな感じでした。<br /><br />この女の子の横で無邪気に遊んでいた男の子を見て<br />ちょっとうれしくなりました。<br />ホントは向いてくれればもっと良かったんだけど。

    アカ族の子供です。
    笑顔の無いこの姿が全てを物語っているような・・・
    なんか無理やり。
    どこかで人間の動物園という話を聞いたことがありますがまさにそんな感じでした。

    この女の子の横で無邪気に遊んでいた男の子を見て
    ちょっとうれしくなりました。
    ホントは向いてくれればもっと良かったんだけど。

  • この後、タチレクの国境に帰る途中、のどかな<br />ミャンマーの田舎の風景を見て帰りました。<br />タイと比べても確かに貧しく、とくに少数民族は<br />ほかに生きるすべが無く仕方なく首長族の村といった<br />ところに行ってしまうんだろうなぁ...なんてことを<br />考えてしまいました。<br /><br />タチレクの国境では無事に??パスポートも返してもらい、タイに戻ってきました。<br />この後、本当はゴールデントライアングルの方に<br />行きたかったのですが・・・すでにソンテウが終了!!<br />どうしようか考えた末、いったんチェンライに戻る<br />ことにしました。

    この後、タチレクの国境に帰る途中、のどかな
    ミャンマーの田舎の風景を見て帰りました。
    タイと比べても確かに貧しく、とくに少数民族は
    ほかに生きるすべが無く仕方なく首長族の村といった
    ところに行ってしまうんだろうなぁ...なんてことを
    考えてしまいました。

    タチレクの国境では無事に??パスポートも返してもらい、タイに戻ってきました。
    この後、本当はゴールデントライアングルの方に
    行きたかったのですが・・・すでにソンテウが終了!!
    どうしようか考えた末、いったんチェンライに戻る
    ことにしました。

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ミャンマーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ミャンマー最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ミャンマーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集