ドゥシャンベ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

16時前にウズベキスタン側の国境(Sariosie)に着いたのだがここからタジキスタン側の国境(Turusunzoda)を通過するのに約1時間45分費やした。これは乗ってきた車がトランジット(タジキスタンへの輸出車だろうな)であり、ウズベキスタン側の税関がリージョナル税関への問い合わせたがネットワークがダウンしていて時間が掛かったとの説明だったが詳細は不明。<br /><br />タジキスタン側の国境は、電気が来ていないのでそんな手続きはなく、入国審査ではなく税関で興味深く日本のことを聞かれなかなか先へ進ませてくれなかった。<br /><br />全てロシア語が基本、サーシャがいなかったらどうなっていただろうか。<br /><br />18時を少し回ったころにドゥシャンベへ向けて走り出した。もうあたりは暗くなっており更に小雨が降る寂しい感じでのタジキスタンへの入国となった。<br /><br />写真はドゥシャンベのイルミネーション。

タシケントから陸路でタジキスタンの首都ドゥシャンベへ(4)

2いいね!

2007/02/11 - 2007/02/11

23位(同エリア26件中)

    5

    16時前にウズベキスタン側の国境(Sariosie)に着いたのだがここからタジキスタン側の国境(Turusunzoda)を通過するのに約1時間45分費やした。これは乗ってきた車がトランジット(タジキスタンへの輸出車だろうな)であり、ウズベキスタン側の税関がリージョナル税関への問い合わせたがネットワークがダウンしていて時間が掛かったとの説明だったが詳細は不明。

    タジキスタン側の国境は、電気が来ていないのでそんな手続きはなく、入国審査ではなく税関で興味深く日本のことを聞かれなかなか先へ進ませてくれなかった。

    全てロシア語が基本、サーシャがいなかったらどうなっていただろうか。

    18時を少し回ったころにドゥシャンベへ向けて走り出した。もうあたりは暗くなっており更に小雨が降る寂しい感じでのタジキスタンへの入国となった。

    写真はドゥシャンベのイルミネーション。

    PR

    • ドゥシャンベの市バスとイルミネーション

      ドゥシャンベの市バスとイルミネーション

    • 地質研究所?

      地質研究所?

    • 19時前にホテルへ到着。Lonely Planetに説明があったとおり100%ソヴィエトスタイルのタジキスタンホテルへチェックイン。<br /><br />10年前にウズベキスタンのサマルカンドで泊まったサマルカンドホテルと同じ、1985年のソヴィエトのホテルとも同じ、なんとなくノスタルジーを感じた。<br /><br />ホテルについては別立てにします。

      19時前にホテルへ到着。Lonely Planetに説明があったとおり100%ソヴィエトスタイルのタジキスタンホテルへチェックイン。

      10年前にウズベキスタンのサマルカンドで泊まったサマルカンドホテルと同じ、1985年のソヴィエトのホテルとも同じ、なんとなくノスタルジーを感じた。

      ホテルについては別立てにします。

    • シンプルなシングルベッド、ソヴィエトスタイル

      シンプルなシングルベッド、ソヴィエトスタイル

    • アルミ製のキーホルダーとベッドサイドテーブル、その下は、わが愛読書、Lonely Planet、これがけっこう実が詰まっている。

      アルミ製のキーホルダーとベッドサイドテーブル、その下は、わが愛読書、Lonely Planet、これがけっこう実が詰まっている。

    1件目~5件目を表示(全5件中)

    この旅行記のタグ

      2いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ドゥシャンベ(タジキスタン) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集