アスワン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
バスでルクソールからアスワンに入った。旅行も後半に差し掛かり、お昼ごろ着いたが中だるみでしんどい。その日はそのまま休息をとることにした。<br /> 夕方になって、ガイドブックにあったABEERといいうコフタ屋に行ってみることにした。食べていると、少し離れた席に座っていたエジプト人の子供が2人、よちよちと遊びに来た。茶色いクルクル巻き毛にクリクリおめめで、天使のようにかわいい。2歳になったばかりくらいかしら。たか坊に興味があるようで、片言で何か言いながら、はしゃぎまわっている。<br />たか坊は心臓がドキドキして固まってしまったので、じゃあ、写真を見せてあげたら?と提案してみた。たか坊は小さな2人に、デジタルカメラの画面を見せ、写真を見せてあげた。天使達は、川を指差して「バッハ」、自動車を指差して「アッカ」という。ふーん、そうなのか、と思ったら、船を指差しても「アッカ」という。ほうほう、乗り物、と言う意味なのか。おくさんのアラビア語は2歳児レベルで丁度フェーズが合っている。このかわいい天使は優秀なアラビア語教師だ。<br />「ねえ、この子達写真見て喜んでるよ。」<br />自分の好意が受け止められて、たか坊もちょっとうれしそうだ。一生懸命日本語でこういう事があった、これは何だ、あれはどうだと説明してやっている。もちろん相手がたとえ日本人であっても、2歳児と会話が成立することはあるまい。彼らは心の会話を、それぞれ別言語でしているのだ。<br />

アラビア語教室

1いいね!

2005/03/28 - 2005/04/01

311位(同エリア377件中)

0

3

okusan

okusanさん

バスでルクソールからアスワンに入った。旅行も後半に差し掛かり、お昼ごろ着いたが中だるみでしんどい。その日はそのまま休息をとることにした。
 夕方になって、ガイドブックにあったABEERといいうコフタ屋に行ってみることにした。食べていると、少し離れた席に座っていたエジプト人の子供が2人、よちよちと遊びに来た。茶色いクルクル巻き毛にクリクリおめめで、天使のようにかわいい。2歳になったばかりくらいかしら。たか坊に興味があるようで、片言で何か言いながら、はしゃぎまわっている。
たか坊は心臓がドキドキして固まってしまったので、じゃあ、写真を見せてあげたら?と提案してみた。たか坊は小さな2人に、デジタルカメラの画面を見せ、写真を見せてあげた。天使達は、川を指差して「バッハ」、自動車を指差して「アッカ」という。ふーん、そうなのか、と思ったら、船を指差しても「アッカ」という。ほうほう、乗り物、と言う意味なのか。おくさんのアラビア語は2歳児レベルで丁度フェーズが合っている。このかわいい天使は優秀なアラビア語教師だ。
「ねえ、この子達写真見て喜んでるよ。」
自分の好意が受け止められて、たか坊もちょっとうれしそうだ。一生懸命日本語でこういう事があった、これは何だ、あれはどうだと説明してやっている。もちろん相手がたとえ日本人であっても、2歳児と会話が成立することはあるまい。彼らは心の会話を、それぞれ別言語でしているのだ。

PR

  • 先生!よそ見しないで下さい。

    先生!よそ見しないで下さい。

  • 白熱の講義。せっかく教わったアラビア語はきれいさっぱりおくさんの脳みそから消えてしまいました。

    白熱の講義。せっかく教わったアラビア語はきれいさっぱりおくさんの脳みそから消えてしまいました。

  • おくさんお得意のかざぐるまを作ってあげようとした。たか坊はおチビちゃんたちになにかしてあげたいと思っていたのか、なんとか作るのを手伝おうとした。精一杯の好意なのだろう。<br /> おチビちゃんの両親がそろそろ帰ろうと、子供達を迎えに来た。子供達の両親は、涼やかで聡明な顔立ちで、おくさん一行のテーブルの前に立ち、アラビア訛の英語で、お別れのあいさつをした。おくさんはお待たせするのは申し訳ないと思ったけど、どうしてもかざぐるまをあげたかったから、待ってくれるようお願いした。<br />「さあ、どうぞ。」<br /> 急ごしらえで少しいびつになったかざあぐるまをおチビちゃんに渡した。すると、おチビちゃんのパパが、かばんから何か取り出して、お礼だと言っておくさんにくれようとする。フルーカの錨をかたどったキーホルダーだった。<br />「そんなものもらえません。お待たせしたし、つまらないプレゼントだから。」<br />「いいえ、今日はあなたたちのおかげですてきな時間が過ごせました。あなたがしてくださったことは、これを受け取るだけの価値があるのです。」<br />このキーホルダーはおくさんのバッグにいつも下がっている。このキーホルダーを見るたびに、アスワンの美しい親子とこの言葉を思い出し、胸が熱くなるのだ。<br />

    おくさんお得意のかざぐるまを作ってあげようとした。たか坊はおチビちゃんたちになにかしてあげたいと思っていたのか、なんとか作るのを手伝おうとした。精一杯の好意なのだろう。
     おチビちゃんの両親がそろそろ帰ろうと、子供達を迎えに来た。子供達の両親は、涼やかで聡明な顔立ちで、おくさん一行のテーブルの前に立ち、アラビア訛の英語で、お別れのあいさつをした。おくさんはお待たせするのは申し訳ないと思ったけど、どうしてもかざぐるまをあげたかったから、待ってくれるようお願いした。
    「さあ、どうぞ。」
     急ごしらえで少しいびつになったかざあぐるまをおチビちゃんに渡した。すると、おチビちゃんのパパが、かばんから何か取り出して、お礼だと言っておくさんにくれようとする。フルーカの錨をかたどったキーホルダーだった。
    「そんなものもらえません。お待たせしたし、つまらないプレゼントだから。」
    「いいえ、今日はあなたたちのおかげですてきな時間が過ごせました。あなたがしてくださったことは、これを受け取るだけの価値があるのです。」
    このキーホルダーはおくさんのバッグにいつも下がっている。このキーホルダーを見るたびに、アスワンの美しい親子とこの言葉を思い出し、胸が熱くなるのだ。

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

エジプトで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
エジプト最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

エジプトの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集