マカオ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
写真は、佐藤琢磨選手が2001年にマカオGPで優勝した時のクルマ。<br />彼は、この年、イギリスF3シリーズでチャンピオンになり、マカオGPでも優勝。<br />この優勝を花道に、翌年ジョーダン・ホンダからF1デビューすることになる。<br /><br />「伝説の」という形容詞が付くと言っても過言ではない、1990年。<br />この年のドイツF3チャンピオンのM・シューマッハとイギリスF3チャンピオンのミカ・ハッキネンの、息詰まるような対決。<br />第1レグは圧倒的な速さでミカが勝利。 しかし、第2レグはシューミが先行。最終ラップでミカが仕掛けるが、シューマッハ車に接触してクラッシュ、リタイア。結局、M・シューマッハが勝利する。<br />自ら仕掛けに行って負けたミカは、道端にへたり込み、人目もはばからず号泣した。<br />このライバル対決は、この後F1に舞台を移して、続くのである。<br /><br />1983年。 アイルトン・セナ、ポール・トゥ・ウィン。 <br />F3の規格で実施された最初のマカオGPということもあり、有力選手が多数参戦。のちにF1で彼のチームメイトとなるベルガーも3位に入賞している。<br />この時、ファステスト・ラップの記録ミス(?)があり、本当はセナなのに自分に記録がついたベルガーが自己申告して間違いを正したことが、セナ&ベルガーの友情伝説のはじまりという説も。<br />因みに、この時セナが乗っていたラルトRT3は、TOYOTA製エンジンとのこと。意外にも。<br /><br />【マカオグランプリ博物館】<br />住所:高美士街 ツーリスト・アクティビティー・センター 地下<br />開館時間: 毎日 10:00〜18:00 <br />休館日: 火曜<br />料金: 大人:10パタカ / 11歳以上18歳以下:5パタカ / 10歳以下・60歳以上:無料 /<br />    ワイン博物館との共通チケット 20パタカ<br />    (何も言わないと、ワイン博物館との共通チケットになる。<br />     ワイン博物館を見ない場合は、その旨、言った方が良い。) <br />電話:(853)7984108 <br />FAX: (853) 706076<br />バス:  1A,  3, 3A, 10, 10A, 10B, 12, 17, 23, 28A, 28B, 28C, 32, AP1. <br />http://www.tabicom.com/macau/006visit/museum2.html<br /><br />【大賽車博物館】<br />地址:高美士街 旅遊活動中心内<br />電話:(853)7984108 <br />開放時間: 毎日 10:00am-6:00pm<br />逢星期二休館<br />http://www.macautouristguide.com/cn/museum.html<br /><br />【Macau Grand Prix Museum】<br />Add : Rua Luis Gonzaga Gomes, 431, basement<br />Tel : (853)7984108<br />Opening hours : Everyday from 10 a.m. to 6 p.m. <br />(Closed on Tuesdays)<br />http://www.macautouristguide.com/en/museum.html<br /><br />Place: Rua Luis Gonzaga Gomes, 431, basement (Tourism Activities Centre-CAT).<br />Opening hours: Everyday from 10 a.m. to 6 p.m. (Closed on Tuesdays). <br />Tickets: Under 10 and over 60: Free. From 11 to 18: 5 patacas. Adults: 10 patacas. <br />Visitors can also visit the Wine Museum (located in the basement of the same building), paying a joint ticket of 20 patacas.<br />Tel: (853) 7984108 <br />Fax: (853) 706076 <br />Bus routes: 1A, 3,3A,10,10A,10B,12,17,23,28A,28B,28C,32,AP1.<br />http://www.macautourism.gov.mo/new_site/sightseeing/sightseeing.php?lang=en&amp;catid=7<br />

マカオグランプリ博物館<猫熊堂の香港・マカオ 25/Jan./05-29/Jan./05>

4いいね!

2005/01/27 - 2005/01/27

3365位(同エリア4690件中)

4

31

猫熊堂

猫熊堂さん

写真は、佐藤琢磨選手が2001年にマカオGPで優勝した時のクルマ。
彼は、この年、イギリスF3シリーズでチャンピオンになり、マカオGPでも優勝。
この優勝を花道に、翌年ジョーダン・ホンダからF1デビューすることになる。

「伝説の」という形容詞が付くと言っても過言ではない、1990年。
この年のドイツF3チャンピオンのM・シューマッハとイギリスF3チャンピオンのミカ・ハッキネンの、息詰まるような対決。
第1レグは圧倒的な速さでミカが勝利。 しかし、第2レグはシューミが先行。最終ラップでミカが仕掛けるが、シューマッハ車に接触してクラッシュ、リタイア。結局、M・シューマッハが勝利する。
自ら仕掛けに行って負けたミカは、道端にへたり込み、人目もはばからず号泣した。
このライバル対決は、この後F1に舞台を移して、続くのである。

1983年。 アイルトン・セナ、ポール・トゥ・ウィン。
F3の規格で実施された最初のマカオGPということもあり、有力選手が多数参戦。のちにF1で彼のチームメイトとなるベルガーも3位に入賞している。
この時、ファステスト・ラップの記録ミス(?)があり、本当はセナなのに自分に記録がついたベルガーが自己申告して間違いを正したことが、セナ&ベルガーの友情伝説のはじまりという説も。
因みに、この時セナが乗っていたラルトRT3は、TOYOTA製エンジンとのこと。意外にも。

【マカオグランプリ博物館】
住所:高美士街 ツーリスト・アクティビティー・センター 地下
開館時間: 毎日 10:00〜18:00
休館日: 火曜
料金: 大人:10パタカ / 11歳以上18歳以下:5パタカ / 10歳以下・60歳以上:無料 /
    ワイン博物館との共通チケット 20パタカ
    (何も言わないと、ワイン博物館との共通チケットになる。
     ワイン博物館を見ない場合は、その旨、言った方が良い。)
電話:(853)7984108
FAX: (853) 706076
バス: 1A, 3, 3A, 10, 10A, 10B, 12, 17, 23, 28A, 28B, 28C, 32, AP1.
http://www.tabicom.com/macau/006visit/museum2.html

【大賽車博物館】
地址:高美士街 旅遊活動中心内
電話:(853)7984108
開放時間: 毎日 10:00am-6:00pm
逢星期二休館
http://www.macautouristguide.com/cn/museum.html

【Macau Grand Prix Museum】
Add : Rua Luis Gonzaga Gomes, 431, basement
Tel : (853)7984108
Opening hours : Everyday from 10 a.m. to 6 p.m.
(Closed on Tuesdays)
http://www.macautouristguide.com/en/museum.html

Place: Rua Luis Gonzaga Gomes, 431, basement (Tourism Activities Centre-CAT).
Opening hours: Everyday from 10 a.m. to 6 p.m. (Closed on Tuesdays).
Tickets: Under 10 and over 60: Free. From 11 to 18: 5 patacas. Adults: 10 patacas.
Visitors can also visit the Wine Museum (located in the basement of the same building), paying a joint ticket of 20 patacas.
Tel: (853) 7984108
Fax: (853) 706076
Bus routes: 1A, 3,3A,10,10A,10B,12,17,23,28A,28B,28C,32,AP1.
http://www.macautourism.gov.mo/new_site/sightseeing/sightseeing.php?lang=en&catid=7

PR

  • 「マカオグランプリ博物館」が入っている、高美士街の「ツーリスト・アクティビティー・センター」外観。<br />

    「マカオグランプリ博物館」が入っている、高美士街の「ツーリスト・アクティビティー・センター」外観。

  • 「ツーリスト・アクティビティー・センター」の海側には大きな公園がある。<br />また、バスターミナルもある。<br /><br />ホテル「マンダリンオリエンタル・マカオ」からなら、徒歩少々といったところ。<br />

    「ツーリスト・アクティビティー・センター」の海側には大きな公園がある。
    また、バスターミナルもある。

    ホテル「マンダリンオリエンタル・マカオ」からなら、徒歩少々といったところ。

  • 最初はクラシック・カーのコーナー。<br /><br />ところで、チケット。60歳以上は入場無料なのだ!<br />今回、私は、シニアな両親と一緒だったため、3人で入場したのに10パタカしか払っていない。スゴイ。<br />しかも、博物館のスタッフがとてもフレンドリーなのである。<br />3人でチケット・ブースの前に行くと、両親の年を聞いてくれて「あなたの分だけでOK」と説明(英語)してくれて、にこやかに「入り口はあちらです」と身振りで示してくれる。すると、今度は、入り口に立っていた警備員さんがニコニコして出迎えてくれる、という具合。(まぁ、かなり空いていたことは確かだが。)

    最初はクラシック・カーのコーナー。

    ところで、チケット。60歳以上は入場無料なのだ!
    今回、私は、シニアな両親と一緒だったため、3人で入場したのに10パタカしか払っていない。スゴイ。
    しかも、博物館のスタッフがとてもフレンドリーなのである。
    3人でチケット・ブースの前に行くと、両親の年を聞いてくれて「あなたの分だけでOK」と説明(英語)してくれて、にこやかに「入り口はあちらです」と身振りで示してくれる。すると、今度は、入り口に立っていた警備員さんがニコニコして出迎えてくれる、という具合。(まぁ、かなり空いていたことは確かだが。)

  • 暗い写真でごめんなさい。<br />1915年モデルのT型フォード。<br />

    暗い写真でごめんなさい。
    1915年モデルのT型フォード。

  • さらに暗い写真で、ホンット、すまねぇ。<br />クルマ自体がフレームに入りきれないくらい大きく、塗装色も非常にダークな為、フラッシュを使うとヘンなテカリが出そうと判断、ノーフラッシュで撮影した結果、こうなってしまいました。<br />と一応言い訳。<br /><br />ドアが開くとバグジー・マローンが出てきそう。

    さらに暗い写真で、ホンット、すまねぇ。
    クルマ自体がフレームに入りきれないくらい大きく、塗装色も非常にダークな為、フラッシュを使うとヘンなテカリが出そうと判断、ノーフラッシュで撮影した結果、こうなってしまいました。
    と一応言い訳。

    ドアが開くとバグジー・マローンが出てきそう。

  • マカオグランプリ博物館。<br />お次は、「テディ・イップ(セオドール・“テディ”・イップ、Theodore“Teddy”Yip、葉徳利)のコーナー。<br />実業家にして、レーシング・ドライバー、“マカオGPの顔”、テディ・イップ。<br /><br />(テディ・イップのコーナーは、あまり熱心に見ていないので、あまり説明できません。)

    マカオグランプリ博物館。
    お次は、「テディ・イップ(セオドール・“テディ”・イップ、Theodore“Teddy”Yip、葉徳利)のコーナー。
    実業家にして、レーシング・ドライバー、“マカオGPの顔”、テディ・イップ。

    (テディ・イップのコーナーは、あまり熱心に見ていないので、あまり説明できません。)

  • 彼が自分の名前を冠した「セオドール・レーシングチーム(徳利賽車隊・香港)」のクルマ。

    彼が自分の名前を冠した「セオドール・レーシングチーム(徳利賽車隊・香港)」のクルマ。

  • その、オシリ。

    その、オシリ。

  • 「セオドール・レーシングチーム(徳利賽車隊・香港)」テディ自身が乗ったクルマ&その栄光の記録。<br />

    「セオドール・レーシングチーム(徳利賽車隊・香港)」テディ自身が乗ったクルマ&その栄光の記録。

  • 「セオドール・レーシングチーム(徳利賽車隊・香港)」テディ自身が乗ったクルマ。<br /><br />そういえば、アイルトン・セナも、ミカ・ハッキネンも、マカオGPは「セオドール・レーシング」所属だった。<br /><br />

    「セオドール・レーシングチーム(徳利賽車隊・香港)」テディ自身が乗ったクルマ。

    そういえば、アイルトン・セナも、ミカ・ハッキネンも、マカオGPは「セオドール・レーシング」所属だった。

  • グランプリのメインレースは国際F3クラスだけど、それ以外のクラスのレースもあります。<br />こんなのとか。

    グランプリのメインレースは国際F3クラスだけど、それ以外のクラスのレースもあります。
    こんなのとか。

  • ツーリングカーとか。

    ツーリングカーとか。

  • モーターサイクルとか。(これはホンダ)

    モーターサイクルとか。(これはホンダ)

  • モーターサイクルとか。(こっちはヤマハ)<br />

    モーターサイクルとか。(こっちはヤマハ)

  • マカオグランプリのコース「ギア・サーキット」のジオラマ<br /><br />ジオラマを見ただけで、いかに難コースかわかる!<br /><br />でもね。 マカオGPは、市街地コース。 レース時以外は普通にクルマが走ってる道なわけ。 タクシーで1度レース・コースを流してもらうと、さらに楽しいの。<br />道幅は非常に狭く、路面は悪く、ガードレールはゴツくて高く、タクシーの車高をもってしてもほとんど景色が見えない。特に、丘陵区間!!上り坂の連続コーナー(ほとんどシケイン状態)は、前方の視界ゼロ! ブラック・ボックスの中に突っ込んでいくような怖さだ! <br />マカオのタクシードライバーで英語が喋れるような人なら、「グランプリ・コース」と言えば、コースを回ってくれると思う。<br /><br />ちなみに、マカオでは、日常の延長上にグランプリがあるせいか(←??)“アクセルは床まで踏み込む”というのが常識なのではないか?と思われてならない。<br />だって、20年以上前の車体にムチ打って走ってるような路線バスだって、平気で直線では時速120km以上出すからね。<br />

    マカオグランプリのコース「ギア・サーキット」のジオラマ

    ジオラマを見ただけで、いかに難コースかわかる!

    でもね。 マカオGPは、市街地コース。 レース時以外は普通にクルマが走ってる道なわけ。 タクシーで1度レース・コースを流してもらうと、さらに楽しいの。
    道幅は非常に狭く、路面は悪く、ガードレールはゴツくて高く、タクシーの車高をもってしてもほとんど景色が見えない。特に、丘陵区間!!上り坂の連続コーナー(ほとんどシケイン状態)は、前方の視界ゼロ! ブラック・ボックスの中に突っ込んでいくような怖さだ!
    マカオのタクシードライバーで英語が喋れるような人なら、「グランプリ・コース」と言えば、コースを回ってくれると思う。

    ちなみに、マカオでは、日常の延長上にグランプリがあるせいか(←??)“アクセルは床まで踏み込む”というのが常識なのではないか?と思われてならない。
    だって、20年以上前の車体にムチ打って走ってるような路線バスだって、平気で直線では時速120km以上出すからね。

  • アイルトン・セナのコーナー。<br /><br />1983年。マカオGPは国際F3規格のレースになる。<br />優勝は、アイルトン・セナ。 ポール・トゥ・ウィンであった。<br />この年は、マーティン・ブランドルやゲルハルト・ベルガーなど、その後F1で活躍するドライバーも参戦し熱戦が繰り広げられた。

    アイルトン・セナのコーナー。

    1983年。マカオGPは国際F3規格のレースになる。
    優勝は、アイルトン・セナ。 ポール・トゥ・ウィンであった。
    この年は、マーティン・ブランドルやゲルハルト・ベルガーなど、その後F1で活躍するドライバーも参戦し熱戦が繰り広げられた。

  • セナの乗っていた「ラルトRT3」

    セナの乗っていた「ラルトRT3」

  • ウエア、シューズ、ヘルメットの3点セットと写真。<br />セナへの思い入れが強い人は、ウルッとくるかも。

    ウエア、シューズ、ヘルメットの3点セットと写真。
    セナへの思い入れが強い人は、ウルッとくるかも。

  • 写真が下手でゴメンなさい。<br />スターティング・グリッドについた感じを味わえる展示なのです。

    写真が下手でゴメンなさい。
    スターティング・グリッドについた感じを味わえる展示なのです。

  • トロフィーやウェアなどの展示コーナー。

    トロフィーやウェアなどの展示コーナー。

  • F1ドライバーのコーナー。<br /><br />2001年のグランプリで優勝した、佐藤琢磨の「Dallara F301 Honda-Mugen」

    F1ドライバーのコーナー。

    2001年のグランプリで優勝した、佐藤琢磨の「Dallara F301 Honda-Mugen」

  • もういっちょ、琢磨車。

    もういっちょ、琢磨車。

  • 1991年に勝った、デヴィッド・クルサードの「Ralt RT35 Mugen-Honda」<br />なぜか、花柄。

    1991年に勝った、デヴィッド・クルサードの「Ralt RT35 Mugen-Honda」
    なぜか、花柄。

  • クルサードも、この後F1の名門ウィリアムズのドライバーとなる。

    クルサードも、この後F1の名門ウィリアムズのドライバーとなる。

  • 1990年優勝、M・シューマッハの「Reynard 903 VW」<br /><br />この年、記憶に鮮烈なのはミカ・ハッキネンなのだが、彼はラストラップでリタイアとなってしまった為、記録は2位ミカ・サロ(Ralt RT34 Mugen)、3位エディー・アーバイン(Ralt RT34 Mugen)であった。<br />・・・1990年は、後にF1で活躍する面子が多数出場した“当たり年”だったのね。<br /><br /><br /><br />

    1990年優勝、M・シューマッハの「Reynard 903 VW」

    この年、記憶に鮮烈なのはミカ・ハッキネンなのだが、彼はラストラップでリタイアとなってしまった為、記録は2位ミカ・サロ(Ralt RT34 Mugen)、3位エディー・アーバイン(Ralt RT34 Mugen)であった。
    ・・・1990年は、後にF1で活躍する面子が多数出場した“当たり年”だったのね。



  • シューマッハ車

    シューマッハ車

  • こちらもシューマッハ車<br />回転台に乗っているので、いろんな角度で見ることが出来る。

    こちらもシューマッハ車
    回転台に乗っているので、いろんな角度で見ることが出来る。

  • 1990年のレースは、展示の仕方で他を圧倒。<br />背景に写真がこんなにあるのはここだけ。<br />やはり、マカオGP史上に残る名勝負だったということ。<br /><br />シューミと握手するミカの笑顔が、やたらとカワイイ。<br />

    1990年のレースは、展示の仕方で他を圧倒。
    背景に写真がこんなにあるのはここだけ。
    やはり、マカオGP史上に残る名勝負だったということ。

    シューミと握手するミカの笑顔が、やたらとカワイイ。

  • シューマッハは、・・・今の方がいいな、私は。<br /><br />

    シューマッハは、・・・今の方がいいな、私は。

  • グランプリ関連グッズを集めたコーナー。<br /><br />手前のミニカーはシューマッハ車なのだ。(笑)

    グランプリ関連グッズを集めたコーナー。

    手前のミニカーはシューマッハ車なのだ。(笑)

  • 関連グッズの展示コーナーはこんな感じ。<br /><br />関連グッズのコーナーで気が抜けたら、もう一度レースカーのコーナーに戻って元気をつけるんだ!<br /><br /><br /><br />一応、館内はこんなところです。<br /><br />他に、レースを体感できる「シュミレーター」(別料金20パタカ)があるんだけど、私はトライしませんでした。<br /><br />クルマ好き、レース(特にF1)好き。<br />そういう人には、とても楽しい博物館だと思います。<br />見学の所要時間は、シュミレーターなしで、30分くらいかな。 ウチはそのくらいでした。<br /><br /><br />猫熊堂一行は全員下戸なので、ポートワインの試飲が“ウリ”の「ワイン博物館」には寄りませんでした。<br />この後、「ツーリスト・アクティビティー・センター」前のバス停から路線バスに乗って、リスボア方面に移動しました。それはそれで、なかなか面白い体験でした!<br />(もちろん、タクシーを拾うことも出来ます。)<br />マカオのバスの話は、こちら↓をどうぞ。<br />http://nekokumado.hp.infoseek.co.jp/voice_tv-review5-05-2.html#5月29日(番外)BS日テレ「トラベリックス-香港・マカオ」マカオの光速バス(笑)<br /><br />

    関連グッズの展示コーナーはこんな感じ。

    関連グッズのコーナーで気が抜けたら、もう一度レースカーのコーナーに戻って元気をつけるんだ!



    一応、館内はこんなところです。

    他に、レースを体感できる「シュミレーター」(別料金20パタカ)があるんだけど、私はトライしませんでした。

    クルマ好き、レース(特にF1)好き。
    そういう人には、とても楽しい博物館だと思います。
    見学の所要時間は、シュミレーターなしで、30分くらいかな。 ウチはそのくらいでした。


    猫熊堂一行は全員下戸なので、ポートワインの試飲が“ウリ”の「ワイン博物館」には寄りませんでした。
    この後、「ツーリスト・アクティビティー・センター」前のバス停から路線バスに乗って、リスボア方面に移動しました。それはそれで、なかなか面白い体験でした!
    (もちろん、タクシーを拾うことも出来ます。)
    マカオのバスの話は、こちら↓をどうぞ。
    http://nekokumado.hp.infoseek.co.jp/voice_tv-review5-05-2.html#5月29日(番外)BS日テレ「トラベリックス-香港・マカオ」マカオの光速バス(笑)

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • tm-sukeさん 2006/06/15 21:42:42
    詳細な解説ありがとう
    こんにちは、マカオGPの写真を漁っていました。
    歴史のあるマカオGP、懐かしい車の写真やシューマッハの若いころの写真を見ることができてうれしかったです。
    他の方の旅行記を見てからこちらにたどり着いたのですが、熊猫堂さんの旅行記は、写真ごとに丁寧な解説があり、手をかけて作ったことが一目でわかりました。素晴らしい旅行記ありがとうございました。

    猫熊堂

    猫熊堂さん からの返信 2006/06/16 19:08:57
    RE: 詳細な解説ありがとう
    tm-suke さん、こんにちは。

    旅行記を気に入っていただいたようで、嬉しいです!
    私は、事前にネチネチ良〜く調べて、旅行先ではゆっくりじっくり楽しむタイプなので、いきおい旅行記もいっぱい書いちゃうんです。
    それに、今年のモナコGPの予選のM・シューマッハのスピン・ストップが、もし故意だったとしても、「シューマッハらしいよ。はっはっは」で済ませてしまう、シューマッハ党なので。(笑)

    ヨセミテの旅行記を拝見しました。
    デカイ!広い!スゴイ! スケールが大きい!! こんなに広いところには、私はいまだかつて行ったことがありません。 自然や動物が大好きなので、ヨセミテにはとてもあこがれているのですが、実際に行くのはなかなか難しいので、今度ゆっくり tm-suke さんのHPを拝見させていただきますね。

    どうぞよろしくお願いします。

    tm-suke

    tm-sukeさん からの返信 2006/06/17 00:42:45
    RE: RE: 詳細な解説ありがとう
    熊猫堂さん、こんばんはー

    熊猫堂さんは
    >事前にネチネチ良〜く調べて、旅行先ではゆっくりじっくり楽しむ
    人なんですかぁ、私もそうなんですよ。

    たまには気ままに旅してみたいと思うのですが、いざ旅行に行くとなると、
    みどころや、おいしいもの、現地の行動のしやすさが非常に気になるので、
    事前に旅行計画書を作らないと落ち着かないタイプです。

    わたしのホームページもご覧いただいてありがとうございます。
    4travel のほうでは紹介していなかったと思いますので、念のため本家の
    URL を書いておきますね。

    http://tm-suke.hp.infoseek.co.jp/

    今年の夏はラグナセカで開催される MotoGP にも出張ってきますので、
    この旅行記も見てください。

    これからも、ぼちぼち寄らせていただきます。
    ではでは、

    猫熊堂

    猫熊堂さん からの返信 2006/06/18 09:19:57
    RE: RE: RE: 詳細な解説ありがとう
    tm-suke さん、おはようございます。

    モトGPを観るんですか!? うわぁお。いいなぁ。
    “生”で観るのは、やっぱりちがいますもんね。
    ニオイとか、音とか、会場の雰囲気とかを含めて、体にしみこみますよね。

    ここんところ私はサッカーW杯のTV観戦の連チャンで、ヘロヘロです。
    きょうは、チェコがガーナに負けてしまい、イタリアもアメリカと引き分けてしまい、予選E組がとんでもないことになって、どうする!どうなる!と少々頭が混乱ぎみです。

    サイトのURL ありがとうございます。拝見しますね。(ごめんなさい、W杯中は、じっくり、とはいかないかもしれません。)


猫熊堂さんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

マカオで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
マカオ最安 140円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

マカオの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集