ローマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
世界中が話題でもちきりになった「ダ・ヴィンチ・コード」の前作はROMAが舞台。どちらかと言えばマイナー所が出てくるな〜でもこの通りに回ってみたいな〜なんて思い立ったが即行動(笑)<br />3連休に休暇を2日つなげ、現地3日間の強行突破。<br />今回のテーマは掲題の通り。主人公のラングドンが事件解決のために1日で走り回ったROMAを追ってみました。<br />バロックの巨匠であり、ローマは正にベルニーニによって造られたともいえますが、彼は教皇庁と相反する秘密結社、イルミナティに所属していたと書かれています。<br />彼はイルミナティだという疑いを抱かせない様に17Cには4つと信じられていたキリスト教に反する科学の四大元素(土、空気、火、水)をローマにある彫刻に見事に目印として溶け込ませ、信者を本部に導いたそうです。今回はその「啓示の教会」を巡ってます。<br />歴史にグルメに大満喫の3日間でした。<br />

ダン・ブラウンの「天使と悪魔」のルートを巡る旅in ROMA

9いいね!

2005/02/10 - 2005/02/14

2823位(同エリア6476件中)

11

20

kaorrin

kaorrinさん

世界中が話題でもちきりになった「ダ・ヴィンチ・コード」の前作はROMAが舞台。どちらかと言えばマイナー所が出てくるな〜でもこの通りに回ってみたいな〜なんて思い立ったが即行動(笑)
3連休に休暇を2日つなげ、現地3日間の強行突破。
今回のテーマは掲題の通り。主人公のラングドンが事件解決のために1日で走り回ったROMAを追ってみました。
バロックの巨匠であり、ローマは正にベルニーニによって造られたともいえますが、彼は教皇庁と相反する秘密結社、イルミナティに所属していたと書かれています。
彼はイルミナティだという疑いを抱かせない様に17Cには4つと信じられていたキリスト教に反する科学の四大元素(土、空気、火、水)をローマにある彫刻に見事に目印として溶け込ませ、信者を本部に導いたそうです。今回はその「啓示の教会」を巡ってます。
歴史にグルメに大満喫の3日間でした。

PR

  • パンテオンはミケランジェロが天使の設計だと賞賛した現存するローマ建築の最も完全な遺構で世界最大の石造り建築です。<br />天井には円形の天窓ががあり、唯一の光の源。雨の時には床がびしょびしょになります。<br /><br />本によれば、<br />内部、墓との間には壁龕、対面の左手にラファエロの墓(1758年にここに埋葬)<br />→ガリレオが「図表」を出版した時にラファエロは生誕の地に眠っていた。<br />ラファエロが「眠る」では無く「設計」した礼拝堂、墓へ→ポポロ教会のキージ礼拝堂!!<br />

    パンテオンはミケランジェロが天使の設計だと賞賛した現存するローマ建築の最も完全な遺構で世界最大の石造り建築です。
    天井には円形の天窓ががあり、唯一の光の源。雨の時には床がびしょびしょになります。

    本によれば、
    内部、墓との間には壁龕、対面の左手にラファエロの墓(1758年にここに埋葬)
    →ガリレオが「図表」を出版した時にラファエロは生誕の地に眠っていた。
    ラファエロが「眠る」では無く「設計」した礼拝堂、墓へ→ポポロ教会のキージ礼拝堂!!

  • ラファエロの墓

    ラファエロの墓

  • 墓の上の記念碑

    墓の上の記念碑

  • ラファエロが設計した墓があるポポロ教会。内部は両側に計8つの窪みがあり、それぞれが礼拝堂になっている。キージ礼拝堂は本に出てきた重要な場所。<br /><br />本に出てくる重要な書物であるガリレオの「図表」にはジョン・ミルトンの詩が引用されており、大事な役割を持っています。本でラファエロが設計した墓の下には枢機卿が土攻めにされ、刻印をされて殺されています。また、ミルトンの詩にあるとおり、ベルニーニ作の彫刻”ハバククと天使”の天使が指で道しるべを指している→次への道天使の指す方向へ→南西→ベルニーニが設計したサンピエトロ広場へ

    ラファエロが設計した墓があるポポロ教会。内部は両側に計8つの窪みがあり、それぞれが礼拝堂になっている。キージ礼拝堂は本に出てきた重要な場所。

    本に出てくる重要な書物であるガリレオの「図表」にはジョン・ミルトンの詩が引用されており、大事な役割を持っています。本でラファエロが設計した墓の下には枢機卿が土攻めにされ、刻印をされて殺されています。また、ミルトンの詩にあるとおり、ベルニーニ作の彫刻”ハバククと天使”の天使が指で道しるべを指している→次への道天使の指す方向へ→南西→ベルニーニが設計したサンピエトロ広場へ

  • キージ礼拝堂の全体図。<br />この礼拝堂だけ人が群がっていました。本の影響も少なからずありそうでした。<br /><br />

    キージ礼拝堂の全体図。
    この礼拝堂だけ人が群がっていました。本の影響も少なからずありそうでした。

  • 「礼拝堂の両脇に対象をなして大理石のピラミッドがある。真中には楕円形の浮き彫り・・・」と本にはありましたが正にその通りにありました。言われてみれば確かに礼拝堂にいきなり異教のシンボルであるピラミッドがあるなんて妙な気もしました。<br />

    「礼拝堂の両脇に対象をなして大理石のピラミッドがある。真中には楕円形の浮き彫り・・・」と本にはありましたが正にその通りにありました。言われてみれば確かに礼拝堂にいきなり異教のシンボルであるピラミッドがあるなんて妙な気もしました。

  • ポポロ教会外。<br />本にあった「教会の右側の暗い路地」「前方に蝶番のついた木戸」「ドーナツ型の金環」は見つからずじまい。<br />写真右側に少し写っている階段を登っても何もなく、ポポロ門を見れるちょっとした高台があるくらいでした。<br />

    ポポロ教会外。
    本にあった「教会の右側の暗い路地」「前方に蝶番のついた木戸」「ドーナツ型の金環」は見つからずじまい。
    写真右側に少し写っている階段を登っても何もなく、ポポロ門を見れるちょっとした高台があるくらいでした。

  • サン・ピエトロ広場と寺院<br />ヴァチカン美術館に居た間に雨が降ったようでした。<br />本によれば、広場のエジプトのオベリスクの根元に大理石で出来た楕円形のブロックがあり、渦巻く「風」を示す図柄が彫られているらしい。探してみました☆<br /><br />

    サン・ピエトロ広場と寺院
    ヴァチカン美術館に居た間に雨が降ったようでした。
    本によれば、広場のエジプトのオベリスクの根元に大理石で出来た楕円形のブロックがあり、渦巻く「風」を示す図柄が彫られているらしい。探してみました☆

  • あったあった☆<br />本によれば「楕円形、天使のような”西風の神”の口からはヴァチカンから外へ向かう空気として吹く息が彫られている。空気の流れを5つに分かれた風として描いている。ここで枢機卿二人目の犠牲者が出ます。<br />息の真ん中の線は東を指す→東にあるベルニーニの作品で「火」を表すものがある教会→ヴィットリア教会の「聖テレサの恍惚」!!

    あったあった☆
    本によれば「楕円形、天使のような”西風の神”の口からはヴァチカンから外へ向かう空気として吹く息が彫られている。空気の流れを5つに分かれた風として描いている。ここで枢機卿二人目の犠牲者が出ます。
    息の真ん中の線は東を指す→東にあるベルニーニの作品で「火」を表すものがある教会→ヴィットリア教会の「聖テレサの恍惚」!!

  • Santa Maria della Vittoria<br />ベルニーニの「聖テレサの法悦」<br />本にはジョン・ミルトン詩の一説に「気高き探求に天使の導きあらん」とあります。天使の槍は西を指しています。そこにはナヴォーナ広場が!!<br /><br />この彫刻はベルニーニ最盛期の時のものだと言われているそうです。しかし聖テレサの表情に性的な物が含蓄されているということで、教皇庁はこの彫刻を退けました。だから観光ルートから離れたような端にあるこの教会に置かれている云々と聞いてます。ベルニーニを巡るなら外せない作品でもあります。<br />ローマで必ず泊まる宿の近くなので見たことはある彫刻でしたが、本を読んでから見るとまたひとしおです☆<br /><br />

    Santa Maria della Vittoria
    ベルニーニの「聖テレサの法悦」
    本にはジョン・ミルトン詩の一説に「気高き探求に天使の導きあらん」とあります。天使の槍は西を指しています。そこにはナヴォーナ広場が!!

    この彫刻はベルニーニ最盛期の時のものだと言われているそうです。しかし聖テレサの表情に性的な物が含蓄されているということで、教皇庁はこの彫刻を退けました。だから観光ルートから離れたような端にあるこの教会に置かれている云々と聞いてます。ベルニーニを巡るなら外せない作品でもあります。
    ローマで必ず泊まる宿の近くなので見たことはある彫刻でしたが、本を読んでから見るとまたひとしおです☆

  • 今までの3つの目印(キージ礼拝堂(サンタ・マリア・デル・ポポロ教会内部)、サン・ピエトロ広場、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会)をつなぐと3角形になる、4つの場所が対称になり、且つベルニーニの作品がある「水」を表すものがある場所、→ナヴォーナ広場!!<br /><br />写真はナヴォーナ広場のオベリスク<br />中央サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会の正面にベルニーニの代表作、四大河の噴水があります。(ナイル、ガンジス、ドナウ、ラプラタ)

    今までの3つの目印(キージ礼拝堂(サンタ・マリア・デル・ポポロ教会内部)、サン・ピエトロ広場、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会)をつなぐと3角形になる、4つの場所が対称になり、且つベルニーニの作品がある「水」を表すものがある場所、→ナヴォーナ広場!!

    写真はナヴォーナ広場のオベリスク
    中央サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会の正面にベルニーニの代表作、四大河の噴水があります。(ナイル、ガンジス、ドナウ、ラプラタ)

  • 四大河の噴水。20フィート以上あります。表面は凹凸に富み、随所にあいた大小の穴から水が湧き出、異教の彫像が全体を覆い、上にオベリスクがそびえ立ちます。本ではここで一人枢機卿がイルミナティの「水」の刻印をされ殺されます。

    四大河の噴水。20フィート以上あります。表面は凹凸に富み、随所にあいた大小の穴から水が湧き出、異教の彫像が全体を覆い、上にオベリスクがそびえ立ちます。本ではここで一人枢機卿がイルミナティの「水」の刻印をされ殺されます。

  • パセット<br /><br />ヴァチカンとサンタンジェロ城を結ぶ教皇専用の通路です。<br />何も知らないでいればただの城壁だと思いますが、何気に小窓があります。何でも教皇が愛人と密会をしたりする為にも使ったそうな。。。(真意はわかりません)<br />パセットに沿って歩くと本当にサンタンジェロ城に着きます。<br /><br />このパセットも本に出てきました(笑)とことん本の通りに歩いてますね・・・だって本当にあるんですもん。立派なガイドです。<br /><br />

    パセット

    ヴァチカンとサンタンジェロ城を結ぶ教皇専用の通路です。
    何も知らないでいればただの城壁だと思いますが、何気に小窓があります。何でも教皇が愛人と密会をしたりする為にも使ったそうな。。。(真意はわかりません)
    パセットに沿って歩くと本当にサンタンジェロ城に着きます。

    このパセットも本に出てきました(笑)とことん本の通りに歩いてますね・・・だって本当にあるんですもん。立派なガイドです。

  • くちこみ情報に掲載したお店のカルボナーラ。<br />パンチェッタが本当に美味しかったです☆

    くちこみ情報に掲載したお店のカルボナーラ。
    パンチェッタが本当に美味しかったです☆

  • サンピエトロ寺院のピエタのレプリカが実はヴァチカン美術館にあります。本物はガラスで覆われた上に遠くから拝観出来ませんがこちらは本当に間近で見れます☆定かではないのですが、確か美術館出口に近かった絵画館にあったような気がします。

    サンピエトロ寺院のピエタのレプリカが実はヴァチカン美術館にあります。本物はガラスで覆われた上に遠くから拝観出来ませんがこちらは本当に間近で見れます☆定かではないのですが、確か美術館出口に近かった絵画館にあったような気がします。

  • こんなアングルでも見れます。

    こんなアングルでも見れます。

  • これもクチコミに載せた、水牛のモッツァレラを購入したお店。1キロ持ってサンタンジェロ城まで歩くのはしんどかったです・・・

    これもクチコミに載せた、水牛のモッツァレラを購入したお店。1キロ持ってサンタンジェロ城まで歩くのはしんどかったです・・・

  • 本にもよく登場したスイス衛兵。<br />微動だにしません。トイレ休憩はあるのかしら。。

    本にもよく登場したスイス衛兵。
    微動だにしません。トイレ休憩はあるのかしら。。

  • この旅で購入した食べ物<br />チョコレートはアメディにマイヤーニ、フェレッロ、シチリア産ブラッドオレンジジュースに、バルサミコ酢、ワインはトスカーナのブルネッロ、などなど。<br />また仕入れに行かないと☆<br />

    この旅で購入した食べ物
    チョコレートはアメディにマイヤーニ、フェレッロ、シチリア産ブラッドオレンジジュースに、バルサミコ酢、ワインはトスカーナのブルネッロ、などなど。
    また仕入れに行かないと☆

  • 今回周ったルートはこうです。<br />本の通りに行くと時間のロスがあったため、<br />近場から行きました。<br />細かい字は地図を2回クリックすると見ることができます。

    今回周ったルートはこうです。
    本の通りに行くと時間のロスがあったため、
    近場から行きました。
    細かい字は地図を2回クリックすると見ることができます。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (11)

開く

閉じる

  • icchan4970さん 2007/03/11 00:41:28
    すごく参考になりました
    4月上旬に初イタリア・パリ旅行を計画中なので、すごく参考になりました。
    これだけ回ると3日はかかりますか?
    ローマ2日・パリ3日にするかローマ3日・パリ2日にしようか迷いますねぇ〜
    せっかくなので、パリはダビンチコードの名所を巡って、ローマは天使と悪魔の名所を一度に巡ってこようと思ってます (^_^)

    kaorrin

    kaorrinさん からの返信 2007/03/12 19:22:31
    RE: すごく参考になりました
    こんにちわ。

    私は天使と悪魔のルートを周るのに3日間使いました。
    でも本当にじっくり周ったのでさくっとなら2日間でもいけるかもしれません。
    事前に本を再読して、エクセルに要所を全てまとめあげ、
    本に記載されていたところは全て探し当てたので・・・
    宝探しをしている気分になって本当に楽しかったです。

    そういう意味ではダ・ヴィンチ・コードはフランスとイギリス2カ国になるので、
    ローマに重点を置かれた方が面白いかもしれないですね。

  • 素人耳さん 2006/05/30 22:25:05
    私も行ってきました!
    先週イタリア旅行のツアーに参加して、ローマの自由行動のときに「天使と悪魔」名所巡りをしてきました。実物を見るのは格別ですね。kaorrinさんのHPのプリントと地図がとても役に立ちました。サン・ピエトロ広場だけは毎週水曜日にローマ法王がお話をするので、信者のためのの椅子がたくさん並べられていて「西風」が見られませんでしたが・・。「ホテル・ベルニーニ」もありましたよ。本屋には「Angels And Demons」が積まれていました。日本語の文庫版も出るようですから持って行くのが楽になるかも。

    kaorrin

    kaorrinさん からの返信 2006/05/30 22:54:53
    RE: 私も行ってきました!
    >Amayankovichさん

    書き込みありがとうございます☆

    もうそういっていただけると本当に嬉しいです!!
    私のHPのプリントを参考にしていただけるなんて!!
    私のあのときの情熱は凄いものでした。ミーハーというか、凝り性というか・・

    「天使と悪魔」はそのストーリーの構成は勿論、ヴァチカンの事やローマの美術を巡るためにも凄く良く出来た作品ですよね。賛否両論はありますが、
    私は色んな意味で影響を受けた本でした。たった3日間だけのためにイタリアに行ってしまうほど・・・普通のツアーではとても周らない、だけどとても歴史的に重要な所に行けて本当に良かったと思います。
    いつかダ・ヴィンチ・コードのルートを巡る旅もしようと思っています。

  • コールドターキーさん 2006/01/18 17:21:34
    行きたい!
    初めまして。
    私も「天使と悪魔」を読んで、巡りたいと思ってました!
    ツアーMAPを作って欲しいくらいの忠実さです(笑)。

    是非旅行記を参考にさせていただいて、私も行ってきます!
    アドバイスあればよろしくお願いします。

    kaorrin

    kaorrinさん からの返信 2006/01/19 19:10:04
    RE: 行きたい!
    こんにちわ。
    ちょうど1年前でしょうか。なんだか宝探しをしているような気分でした。
    ただ、本通りに巡ろうとするとかなり時間のロスがあります。
    私は近場から攻めました。本を持っていくのは重かったので、
    行く前にもう一度読んで、本に出てくる実在の建物やオベリスクを
    書き出し、どのような描写がされているかもまとめていきました。
    ただ教会に行くだけだと実際ブラウンがそれについて何をどう書いたのかが分からないと思ったので。そこまで用意するのはちょっと時間がかかりますが、
    価値は十分にあるのでは?なにしろ心に残りますから☆

    buon viaggio☆

    kaorrin

    kaorrinさん からの返信 2006/01/25 21:10:25
    RE: 行きたい!
    コールドターキーさんに言われて天使と悪魔を巡ったルートの簡易地図をアップしました。ちょっと小さくてわかりにくいかもですが、
    良かったら見てみてくださいね☆

    コールドターキー

    コールドターキーさん からの返信 2006/01/25 21:15:02
    嬉しい〜♪
    早速見ました。ありがとうございますっ!
    あとは資金と休暇と言語です・・・。
    やっぱり英語じゃなくってイタリア語使いたいですもんね。

    kaorrin

    kaorrinさん からの返信 2006/01/25 21:42:03
    RE: 嬉しい〜♪
    そうですね〜5日あれば現地丸3日あり、ローマだけなら大丈夫だと思いますよ☆
    言葉はやはり少しでも出来たほうが旅の幅が広がりますよね☆
    私も勉強中です、普段働いているのでなかなか進みませんが、
    自分を追い込もうと、
    3月の検定をだめもとで申し込んでしまいました・・・
  • osdさん 2005/05/15 09:23:18
    おはようございます
    日曜の朝、楽しく読まさせていただきました。
    ポポロ広場、双子の教会、昔歩きました。
    懐かしい思いです。
    続編を楽しみにしています。

    kaorrin

    kaorrinさん からの返信 2005/05/15 18:55:37
    RE: おはようございます
    osdさん、書き込み有り難うございました。
    イタリアが好きでかれこれ数回訪れておりますが、
    自分の日記で残すだけでなく、多くの方に読んでいただけたら良いな、
    と思っていた矢先、普段読んでいたこのサイトにふと会員登録をした次第です。

    拙い文章ではありますが、これからも少しずつ書き込んで行こうと思います。

kaorrinさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集