1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. カンボジア
  5. シェムリアップ
  6. シェムリアップ 観光
  7. ベンメリア
  8. クチコミ詳細
シェムリアップ×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A
ベンメリア 施設情報・クチコミに戻る

ベンメリアはラピュタのモデルではないです (間違った情報には惑わされないように)

  • 4.0
  • 旅行時期:2012/01(約9年前)
アンコールワット大好きさん

by アンコールワット大好きさん(非公開)

シェムリアップ クチコミ:27件

初めてベンメリアに行ったのは2000年(今から12年前)。
やっと観光客が行けるようになったばかりです(1999年には行けませんでした)。
その時は道路も悪路しかなく、アクセスも悪いうえに治安も悪かった。


しかし現在は団体の観光バスも簡単に行けるような道路状態もです。
いい遺跡なので団体観光客が多いのはしょうがないことですが、昔とはぜんぜん違って雰囲気の良さは半減ですね。

そこで狙い目は早朝の時間帯です。
シェムリアップを朝日が昇る前の時間に出発。
ベンメリアには朝日が昇る時間に付くように行きましょう。
この早朝の時間は観光客も少なく神秘的な遺跡訪問が出来ると思います。

さすがにこの時間は観光客は少なく狙い目ですが、やはり早朝が良いと思う個人旅行の観光客は少なからずいますが団体客は皆無です。
朝早い時間でも観光客が来ますので入場券売り場もしっかり開いていますので問題なく遺跡訪問が出来ます。

観光する時間は人それぞれですが、2時間くらい観光するとして観光が終わると思われる時間ごろ(朝8~9時ころ)には観光バスがやってきます。

夕方の日が沈む時間も団体観光客が少ない時間ですが、シェムリアップに帰る時間には真っ暗になってちょっと心配ですね。
(例えば乗り物がパンクなどしたなどのトラブルがあったときなど)
早朝真っ暗な時間に行くのももちろんパンクなどの心配も少なからずあるでしょうが、早朝なら何かトラブルがあっても明るくなってくる時間なので対処がしやすいです。


ベンメリアが「天空の城ラピュタ」のモデルになった。
などとデマが流れているようですが、間違った情報には惑わされないようにしてください。
天空の城ラピュタが公開されたのは1986年8月2日です。
製作はその数年前から行われていると思われますが、その時代にはベンメリアには観光客は行けません。
つまりモデルにしようとしても製作スタッフが行けなかったのです。
「天空の城ラピュタ」のモデルになった、と言うデマが流れ出したのは2000年に観光客がベンメリアに行けるようになって数年後に日本人観光客が増えた数年後位からです。
ラピュタのような雰囲気の遺跡なのでそのようなデマが流れ出したのでしょうね。

日本語ガイドの中には「ベンメリアがラピュタのモデルです」と嘘を言うガイドもいるので注意が必要です。
「ベンメリアがラピュタのモデル」と言うデマが流れる前は「タップローム遺跡」がモデルだと言われ続けていました。


ベンメリアに行く途中の道路沿いにはこのような食べ物を売っている屋台があります。
ベンメリアに行く前(帰り際)に寄ってみましょう。

竹筒に入ったご飯 (赤飯みたいな感じの料理)
http://4travel.jp/overseas/area/asia/cambodia/siem_reap/tips/10180905/

この書き込みが参考になったと思われる方は↓の [ このクチコミに投票する ]をポチッと押してください。

施設の満足度

4.0

利用した際の同行者:
その他
観光の所要時間:
半日
アクセス:
4.0
シェムリアップから片道約70kmと遠いが、道路は完全舗装道路
コストパフォーマンス:
4.0
個人で行けば安いが、ガイドつきのツアーは高い
景観:
4.0
足場が出来て雰囲気は少し悪くなりました
人混みの少なさ:
3.5
早朝が狙い目、日中は団体観光バスがいっぱい押し寄せる

クチコミ投稿日:2012/03/07

いいね!:2

利用規約に違反している投稿は、報告することができます。 問題のある投稿を連絡する

PAGE TOP