1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ドイツ
  5. ブレーメン州
  6. ブレーメン
  7. ブレーメン 観光
  8. 聖ペトリ大聖堂
ブレーメン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

聖ペトリ大聖堂 St. Petri Dom

寺院・教会

ブレーメン

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

聖ペトリ大聖堂 https://4travel.jp/os_shisetsu/10333817

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

クチコミ 2ページ目(28件)

  • 二つの塔が目印です。

    • 4.0
    • 旅行時期:2011/05(約9年前)
    • 0

    この教会は二つの塔から成る美しい教会です。
    正面から右側の塔が展望塔となっていて、ブレーメンで唯一街を見渡せる塔です。
    ...  続きを読む
    修復工事も終わり、展望が出来るようになっています。

    参考までに。
    塔に上れるのはイースターの土曜日から10月の平日のみです。
    キリスト教の行事やコンサートがある日はお休みです。

    ブレーメンの街を空から散策もお勧めです。  閉じる

    投稿日:2012/08/01

  • 是非塔に登ってください!

    • 4.0
    • 旅行時期:2011/05(約9年前)
    • 0

     市の中心のマルクト広場にある教会ですので、アクセスは抜群です。内部はステンドグラスが奇麗で、天井のデザインが印象的でした...  続きを読む
     
     また塔に登る事ができます。教会の塔ですので眺望は抜群とまでは行きませんが、ブレーメンの街を見る事ができますので、ぜひ登ってみてください。

       閉じる

    投稿日:2011/10/29

  • ブレーメンの中核的存在の教会

    • 3.0
    • 旅行時期:2010/07(約10年前)
    • 0

    マルクト広場に向かって立っているツインタワーの教会。ブレーメン市庁舎のすぐ隣である。8世紀末既に存在していたが火事などもあ...  続きを読むり現在の教会は11世紀から建築されたものである。修復作業中で全体の姿を見学できなかったのが残念  閉じる

    投稿日:2013/02/14

  • マルクト広場から眺めれば十分かと

    • 3.5
    • 旅行時期:2010/07(約10年前)
    • 0

    塔が二つ マルクト広場から見えますので見逃すことはありません  自由ハンザ同盟都市ブレーメンのお金持ちが総力を挙げて作った...  続きを読む教会ですがケルン大聖堂とかには及ばずここは町を散策する時間を優先すべきかと思います  ブレーメンの町は本当にロマンティックでそちらを散策するのを優先すべきかと思います  閉じる

    投稿日:2013/01/29

  • 双塔が印象的

    • 4.0
    • 旅行時期:2010/02(約11年前)
    • 0

    市庁舎の横、天高くそびえる二つの塔が印象的な大聖堂です。
    1042年建築開始。博物館が内部にあります。
    高く見晴らしの...  続きを読むよい塔に上る事もできますが、イースターから10月までのようで、
    冬季に行ったら上れませんでした。
      閉じる

    投稿日:2013/01/10

  • 2つの塔がそびえています。

    • 5.0
    • 旅行時期:2009/07(約11年前)
    • 0

    11世紀から建造されてきました。2本の塔が広場に向かって立っています。壮大です。内部はレンガ造りでしょうか。荘厳な雰囲気で...  続きを読むす。壁画がきになりました。地下もあり最も古い場所です。塔にも登れます。街が見渡せます。  閉じる

    投稿日:2012/08/28

  • 塔の上から町を眺めよう

    • 4.0
    • 旅行時期:2009/05(約11年前)
    • 0

    生憎の雨でしたが、町を一望することができました。赤と緑色の屋根が並ぶ景色が印象的でした。

    正面入り口入ってすぐの所に...  続きを読むいるおじさんに料金1EURを支払うと、右側のドアを案内してくれます。昇れるのは南塔。高さは99m。階段を徒歩で昇ります。

    北塔を同じ高さから見ることができます。  閉じる

    投稿日:2013/10/12

  • Bremer Ratskellerブレーマー・ラーツケラーで昼食後、友人のPeterさんが是非、お見せしたいものがあるとい...  続きを読むうので、ついていく。
    途中でブレーメンの裁判官当時の同僚にばったりと会う。彼はニコニコとPeterさんに挨拶して、手を振って別れて行く。私共4人が着いた所は、St.Petri Dom。

    この聖ペトリ大聖堂は1042年に建設が始まったそうで、二つの塔が高々と青い空に向けて立っている。この塔からのブレーメンの眺望は素晴らしいとの事だが、塔には登らず、我々は横に併設されている、地下の納骨堂に降りていく。

    “Bleikellerブライケラー”(鉛の地下室)と呼ばれていて、以前に大聖堂の修復工事が行われた際、幾つものミイラが発見されたそうだ。
    これらのミイラ、すなわち、スウエーデンの市長夫妻、貴族、決闘で亡くなった学生など、8体が展示されている。

    何故ミイラ状態になったかを調査したところ、“鉛”が影響していたそうです。鉛の影響を調べる、この実験には猫やサルが使用された。その実験体である猫、サルのミイラも同様に展示されていた。なかなか、日本の観光本では目にしないもので、大変興味深いものであった。 

    ペーターさんが見せたかったのはミイラでした。(2.8Euro)
      閉じる

    投稿日:2015/11/10

21件目~28件目を表示(全28件中)

  1. 1
  2. 2

PAGE TOP