トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

フランスお土産おすすめ12選【2022年版】お菓子、雑貨、コスメなど

フランスお土産おすすめ12選【2022年版】お菓子、雑貨、コスメなど

photo by まりりんさん

フランスには、かわいくておいしいものがたくさん! 今回はフランスでしか買えないお土産や、現地のほうがお得に買えるお土産を、お菓子・雑貨・コスメなど幅広いジャンルで紹介します。観光に便利なパリ中心地のおすすめホテルや、渡航前・日本帰国時に必要なものもご案内していますので、フランス旅行時にぜひお役立てください♪

ショッピング 2022/11/11

4travel.jp

フォートラベル編集部

1. 幸せのお菓子“カリソン”

南フランス・プロヴァンス地方の郷土菓子「カリソン」。フランスの王様が結婚式で、笑顔の少ない王妃に微笑んでもらうために菓子職人に作らせたことから、「幸せのお菓子」とも呼ばれています。原材料はアーモンドとフルーツと砂糖。砂糖衣のカリッとした食感と生地のモチッとした食感がくせになります。伝統のフランス菓子、見かけた際にはぜひご賞味ください。日持ちするものが多いので、お土産にするのもおすすめです。

2. 「ラデュレ」のマカロン

生地の間にガナッシュを挟む、パリ風マカロン発祥のお店です。フランスのお菓子といえば、「ラデュレ」のマカロンを思い浮かべる方も多いのでは? 彩り豊かなマカロンは、ラズベリーやチョコレート、ピスタチオなど、フレーバーもさまざま。パステルカラーの可愛らしいボックスに入ったマカロンはお土産にもおすすめです。マカロンの賞味期限は冷蔵で3日間なので、お土産にする際は帰国前日や当日に購入しましょう。ラデュレはマカロンが有名ですが、カフェスペースではフレンチトースト(パンペルデュ)や、オムレツやサンドイッチなどの軽食がおいしくいただけます。

マカロン8個(箱入り):約27ユーロ(約3,780円)

クチコミ:念願のラデゥレ

mayubeeさん

お洒落なショップが並ぶシャンゼリゼ通りにあります。ガイドブックで行列必至とあったので覚悟していきましたが、ほぼ並ばずに入店できました。店内は満席でスタッフの方々は忙しそうにされていましたが接客はとても丁寧でした。フレンチトースト......もっと見る

3. 「メール」のゴーフル

ゴーフルとはフランス語でワッフルのこと。日本では「凮月堂」のゴーフルが有名ですが、日本人になじみのある凮月堂のパリッとした食感のゴーフルに対して「メール」のゴーフルはやわらかめ。フワッとした生地に、シャリッとした食感の甘いクリームが挟まれています。現地で本場のゴーフルをぜひ味わってみてください。ゴーフルのほかに、チョコレートなどのお菓子もお土産におすすめです。

ゴーフル12個:約29ユーロ(約4,060円)

クチコミ:素敵なパッケージも魅力的

Sahraさん

1761年北フランスのリールで創業したワッフルの老舗店です。パリではマレ地区とサンジェルマン地区にお店があり、上品で可愛らしい雰囲気の内装です。ワッフルの他に、ケーキやチョコレート、キャラメル等スイーツも豊富に揃っています。高級感ある......もっと見る


\日本人に人気のホテルランキング TOP20/

フランスのホテルランキングを見る

4. 「ショコラ・フーシェ」のチョコレート

1819年創業の老舗「ショコラ・フーシェ」に並ぶのは、チョコレートや焼き菓子など高級感あふれる美しいお菓子です。オレンジピールをチョコレートでコーティングしたオランジェットや、濃厚なジャンドゥーヤチョコレートなど、上品な味わいは美食家たちをうならせるほどです。パッケージからも高級感が漂う、特別な知人、友人への手土産にぴったりの一品です。

チョコレート400g(約45粒):約55ユーロ(約7,700円)

5. 「クスミティー」の紅茶

パリの人気紅茶店「クスミティー」の紅茶は日本でも購入することができますが、日本よりもフランスで購入する方が安いです。パッケージもかわいいので、女性へのお土産にするとよろこばれるでしょう。「マレ ロジエ通り店」の近くに「メール (パリ店)」が、「オペラ店」の近くに「ショコラ・フーシェ」があるので、お菓子に合わせて紅茶を選んでみるのもおすすめです。

アールグレイ100g:約13.40ユーロ(約1,876円)

クチコミ:入りやすい路面店

たびたびのたびさん

フランス生まれの紅茶専門店のクスミティーです。こちらの店舗はオペラ座から伸びる大通りに面している路面店で、観光した後に街をぶらぶらしていて見つけたので入りやすくて良かったです。日本よりも割安ですし、パックになっていたりしてお土産......もっと見る

6. 「メゾン フェルベール」のコンフィチュール

アルザス地方の小さな村にある人気店「メゾン フェルベール」。フランスの最優秀パティシエに選ばれたこともあるクリスティーヌ・フェルベール氏が運営するこの店には、コンフィチュールを求めて世界中から食通たちが押し寄せます。コンフィチュールは、ジャムと似ていますが、果肉を煮詰めてゼリー状にしたものが多いジャムに対して、果肉の形状を残したまま作られるのが特徴です。フルーツの風味を楽しめる絶品コンフィチュールはお土産にぴったりです。

コンフィチュール1瓶:約10~11ユーロ(約1,400~1,540円)
※コンフィチュールは飛行機で液体扱いになる可能性があるので、帰国の際はご注意ください。

クチコミ:コンフィチュールの妖精、クリスティーヌさんのお店

piglet2017さん

ジャムやケーキだけでなく、野菜やパン、チーズ、飲み物まで、村の食料品店を兼ねている品ぞろえです。ずらりとジャムが並ぶ棚から、地元アルザスの素材が使われたジャムを幾つか選んで購入しました。またアンジー缶のクッキーも衝動買い、クリス......もっと見る


\かわいいホテルがたくさん♪ おすすめホテルをご紹介/

フランスのホテルをみんなの満足度で検索

7. 「エシレ」や「ボルディエ」などの高級バター

「エシレ」や「ボルディエ」など、日本で購入すると250gで3,000円以上する高級バターが、フランスでは約4~6ユーロ(約560~840円)で購入できてしまいます。箱に入っているわけではなく、紙に包まれているだけなので、日本からフリーザーバッグなどの密閉容器を持って行くのがおすすめ。持っていない場合は、マルシェでお願いすれば、真空パックに入れてくれることもあります。

エシレバター250g:約4~6ユーロ(約560~840円)

8. フルール・ド・セル(塩の花)

フランスの高級塩「フルール・ド・セル」(塩の花)は、雨の多い日本では製造することが困難です。塩田の表面にできる結晶のみを集めるフルール・ド・セルは、雨が降ると流されてしまいます。ゆえにフランスでも希少性の高い塩とされているのです。日本ではフランス料理店はもちろん、高級寿司店などでも使用されています。日本で購入するよりも安く入手できるので、フランス土産にぜひ。

9. トリュフ食品

世界三大珍味の1つ「トリュフ」は、フランス料理によく使用される高級食材です。プロヴァンス地方オプスでは、毎年11月後半~2月末(年により前後)にかけてトリュフ市が開催され、特に1~2月のトリュフは出来がよいと言われています。タイミングが合う方はぜひ行ってみてください。タイミングが合わない、時間がない方はトリュフオイルやトリュフ入りマスタードをお土産にするのもおすすめ。パスタやサラダなどのアクセントに重宝します。


\フランス旅行の拠点に! 人気ホテルを検索/

フランスのホテルを予約する

10. 「奇跡のメダイ教会」のメダイ

「奇跡のメダイ教会」のメダイ(メダル)は、手にした人に幸福をもたらすと言われています。メダイの値段は大きさや素材により異なりますが、1個約0.5ユーロ(約70円)から。「奇跡のメダイ教会」のメダイはここでしか買えないので、フランス旅行のお土産にもおすすめです。教会内を見学する場合は、現地在住の方のお祈りの邪魔にならないよう、お静かに。なお、カトリックでは転売してはいけないことになっているので、幸せになりたい方は転売しないようにしましょう。

メダイ1個:約0.5ユーロ(約70円)~

クチコミ:街中の小さな教会

アストロノーツさん

ボンマルシェ食品館のすぐ近くに教会はあります。私が滞在したアパートメントがシャンドマルヌだったので、歩いて行けました。特に案内板が出ている事もなく、街中の静かな教会といった感じです。教会の門をくぐり、小さな広場の先に教会本堂の入......もっと見る

11. 「モノプリ」のエコバッグ

「モノプリ」は、シャンゼリゼ大通り店やオペラ店などフランスで多くの店舗を構える大手スーパーですが、そこで販売されているエコバックはリーズナブルで実用的なお土産としても人気の商品。1つ約1.5ユーロ(約210円)で、小さくたためて軽くて丈夫! デザインも豊富なため、渡す人をイメージしながら選ぶことができます。ばらまき用にランダムに渡して、開けたときにどんなデザインかお楽しみにするのも◎

エコバッグ:約1.5ユーロ(約210円)

クチコミ:エコバッグ

たびたびのたびさん

街中にあるスーパーマーケットとしては結構商品が揃ってると思います。滞在中のお菓子を観光途中で購入できました。ビニール袋は貰えないのでエコバッグが必要ですが、モノプリにはオリジナルのエコバッグがあり色々な柄があってエコバッグを選ぶ......もっと見る

12. 「コーダリー」のスキンケア製品

フランスにあるコスメブランドのなかでも人気の「コーダリー」は、ぶどうのエキスを使用した化粧品を多く販売しています。ぶどうに含まれるポリフェノールの抗酸化作用をスキンケアに活用できないか、という着想から作り上げられた「コーダリー」。ハンドクリームやリップクリーム、日焼け止めなど、お土産として渡しやすい製品もたくさんあります。日本には実店舗がないため、現地で製品を試してから購入できるのもおすすめポイントの1つです。

ハンド & ネイルクリーム75ml:約8.9ユーロ(約1,246円)
リップクリーム:約4.5ユーロ(約630円)
エッセンシャルキット:約11.7ユーロ(約1,638円)

フランス・パリで人気のおすすめホテルをご紹介♪

フランス・パリ旅行の観光拠点にぴったりな、おすすめのホテルをご紹介します! パリのホテル予約を検討している方は、ぜひご参考ください。

エッフェル塔やセーヌ川を望む「これぞパリ!」を堪能できるホテル


パリを満喫できる高級ホテル レストランのフランス料理もおすすめ!


パリの中心地にあり観光に便利♪ 日本人にも人気のホテル


豪華&かわいい内装はまるでお城のよう! パリの老舗高級ホテル


アメニティはエルメス! 歴史あるパリの5つ星購入ホテル


駅やバス停が近く立地抜群! パリ中心地のホテル


朝食が人気! 空港から車で約20分、セーヌ川沿いのデザイナーズホテル


以下では、実際に宿泊したトラベラー会員の満足度順に、フランス・パリのおすすめホテルをご紹介しています。こちらもあわせてご覧ください!

\はじめてのパリにもおすすめ! 人気ホテルをご紹介/

フランス・パリの人気ホテルランキング TOP20

フランス渡航前・帰国時に必要なもの

フランス(パリ)渡航前に必要なもの

(1)パスポート
出国時に滞在日数+3ヵ月以上の有効期間があるもの(査証欄余白は2頁以上必要)
(2)航空券

日本帰国時に必要なもの

(1)パスポート
(2)航空券
(3)Visit Japan Web
・入国手続き「検疫(ファストトラック)」、「入国審査」、「税関申告」をウェブで行うことができるサービス
・Visit Japan Webを利用した入国は成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、新千歳空港、那覇空港で可能
(4)ワクチン接種証明書または出国前72時間以内の陰性証明書
・詳細は滞在中に必要な手続きを参照
・Visit Japan Webの検疫(ファストトラック)での事前登録が可能
(5)質問票
・滞在歴や健康状態などを記入するもの
・Visit Japan Webの検疫(ファストトラック)での事前登録が可能

その他、渡航に関する情報はこちらをチェック!

フランスのおすすめお土産いかがでしたか?

魅力的なお土産がたくさんあって、選ぶのに目移りしてしまいそうですよね。有名店のお菓子などは、できたてをホテルでのんびりいただくのもおすすめ♪ 食べたいものや欲しいお土産が見つかったら、フランス旅行を計画してみませんか?フランスの人気ホテルをランキングで検索

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

フランスの特集

フランスの特集一覧

ショッピングの特集

ショッピングの特集一覧

フランスでこの時期人気の旅行記

フランスの旅行記一覧