トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

カナダ観光おすすめスポットをエリア別に紹介! 2019年最新版

4travel.jp

フォートラベル編集部

ナイアガラの滝やカナディアンロッキーなどの自然から、モントリオール・ノートルダム大聖堂などの建築物まで、魅力的な観光スポットの多いカナダ。今回はカナダの定番観光スポットを5つのエリアに分けてご紹介します。

1. ナイアガラの滝 (カナダ滝) / ナイアガラ・フォールズ

世界3大瀑布の1つとして知られる「ナイアガラの滝」は、カナダとアメリカの国境にあり、年間約1,500万人の観光客が訪れる、カナダを代表するスポットです。落差50m超、幅約670m、平均毎分約11万立方メートルの水量が流れる北米最大の滝。滝つぼギリギリで滝を見ることができる「テーブル ロック」や、滝を一望できる高さ160mの「スカイロン タワー」がおすすめのビューポイント。周辺にはカジノや観覧車などもあり、滝以外も楽しめるスポットです。

アクセス:トロントから列車・バスで約2時間

クチコミ:一生に一度は行くべき

mokopixさん

ここに行くまでは、トロント市内から出ているバスも少なく時間もかかるのでとても不便だったのですが、着いてからはそんなことも忘れるくらい感動しました!大迫力で、11月末だったので周りは雪景色でとても綺麗。夜はライトアップもされて良いのですが、滝の周りの道路が凍ってスケートリンクみたいになるので要注意もっと見る

2. 霧の乙女号(ボートツアー) / ナイアガラ・フォールズ

「霧の乙女号」は、150年以上の歴史を持つ観光船。滝の迫力と水しぶきを間近で感じることができます。2013年度まではカナダ・アメリカ両側で運航していましたが、2019年現在はアメリカ側のみの運航。カナダ側から行く場合には橋を渡る必要がありますが、カナダのクルーズ船と比べるとすいていることが多いです。出入国が面倒という方は、カナダ側の「ホーンブロワー ナイアガラ クルーズ」に参加しましょう。

クチコミ:ナイアガラで一つだけ選ぶなら、絶対コレ!並んでも乗るべきです。

ぱくにくさん

船は一番水量の多いカナダ滝の滝つぼまで突っ込んでいきます。ポンチョをくれますが、ポンチョの上から雨が容赦なく雨が打ちつけるような、そんな感じでした。また乗りたいかと言われたら、乗りたいです!もっと見る

3. コロンビア大氷原 / カナディアンロッキー

総面積約325平方キロメートルの巨大な氷河。カナディアンロッキーは、冬季は道が閉鎖されるため、観光できる期間は4月中旬から10月中旬です。4月と10月は悪天候になることも多いので、5月から9月の間に訪れるのがおすすめ。観光ツアーでは、雪上車で移動し氷河の上に立つことができます。個人で氷河の上に行くこともできますが、割れ目などに落ちる死亡事故も発生しているため、ツアーを利用するほうがよいでしょう。

アクセス:バンフから車で約3時間

クチコミ:遠いけど・・・来る価値あり!

たびくじらさん

結構遠いのですが、行く価値はあり!遠くから眺める巨大な氷と山は圧巻で、さらに雪上車で氷の上まで行くことができます!もっと見る

4. ペイトー湖 / カナディアンロッキー

季節や時間帯によって微妙に色を変える(ターコイズブルー、コバルトブルー、ミルキーブルーなど)ことで知られる「ペイトー湖」。どの色も美しいと評判で、一度行った人は、別の色も見てみたいとリピーターになることも多いです。特に美しいと言われるのは早朝。ビューポイントの「ボウ峠」展望台から、周囲の山と湖の調和を眺めることができます。

アクセス:バンフから車で約1時間半

クチコミ:素晴らしいコバルトブルー

chikamon55さん

ツアーで途中下車で展望台からの見学でしたが素晴らしい。訪れた夏はコバルトブルーでしたが季節によってはエメラルドグリーンに見えるとの事。うーん、それも見て見たい。ペイト氷河から流れ込む堆積物の影響で時間、陽光よっても色は変化するとの事。もっと見る

5. ルイーズ湖 / カナディアンロッキー

カナダがイギリスから独立した当時、英国女王としてカナダを統治していたビクトリア女王の娘、ルイーズ王女にちなんで名付けられた「ルイーズ湖」。氷河が削り取った泥がうまい具合に溶け、美しい湖になりました。湖畔から眺めるだけでもよいですが、時間があるのであれば、湖を半周するハイキングコースや、レンタルカヌーなどもおすすめ。また、「ホワイトホーン山」にのぼるゴンドラからはルイーズ湖と「ビクトリア氷河」を一望することができます。

アクセス:バンフから車で約1時間

クチコミ:レイクルイーズ は朝訪れるのがいい

hirootaniさん

朝1番で訪れると、風もなく、素晴らしい色のレイクルイーズ を見ることができます。それができるのは、フェアモント・シャトーレイクルイーズ に泊まるか、バンフあたりのホテルから朝食抜きで7時半前までに到着することが必要です。(7時半以降は一般車では入ってこれないため)それだけの価値があると思います。もっと見る

6. モレーン湖 / カナディアンロッキー

ルイーズ湖から車で15分ほどのところにある「モレーン湖」。カナダでもっとも美しい湖と言う人も多く、夏のピーク時には駐車場から車があふれるほどの人気スポットです。ルイーズ湖同様、カヌーや湖畔の散策などを楽しむことができます。カナディアンロッキーを訪れるならマストでおさえておきたいスポットです。

アクセス:レイク・クルーズ・ジャンクションから車で約15分

クチコミ:モレーン湖

ssaaachさん

カナディアンロッキーの、いくつかの湖を巡りましたが、1番感動しました。太陽の位置で湖の色が変わり、短時間の間にいくつもの表情を見せてくれました。とても素敵です。岩を登って絶景に辿り着くので、歩きやすい靴がおすすめです。もっと見る

7. スタンレー パーク / バンクーバー

ダウンタウンの西端に位置する「スタンレー パーク」は、アメリカの旅行雑誌のランキングで、世界で美しい公園第2位に選ばれたこともある広大な公園です。公園外縁の遊歩道は1周約8.8kmあるので、すべてを見て回るのであればレンタサイクルを利用するのがおすすめ。トーテムポールが立ち並ぶトーテムポール広場や、水族館、ローズ・ガーデン、動物園など見どころ満載です。レストランやカフェなどもあるので、休憩しながら見て回ることができます。

アクセス:バンクーバー国際空港から車で約30分

クチコミ:サイクリングに最適!

A.Yamatoさん

デンマン通りで自転車を借りてスタンレーパークをサイクリングしました。スタンレーパーク内は道路に自転車の絵が描いてあり、一目でサイクリングコースがわかるのでビビりの私でも安心してサイクリングできました。外周はゆっくり走って1周2時間程度ですが、途中、水族館やレストランによってのんびりするのもいいかもしれません。もっと見る

8. キャピラノ吊り橋 / バンクーバー

クリフウォーク

バンクーバー北部を流れる「キャピラノ川」にかかる「キャピラノ吊り橋」は、バンクーバーを代表する観光スポット。長さ約137mと、歩行者用の吊り橋としては世界最長で、年間80万人以上の観光客が訪れます(2019年現在)。森林の中にかけられた吊り橋「ツリートップ・アドベンチャー」や、岩肌につけられた遊歩道「クリフウォーク」など、面白い散策コースがある人気スポットです。

アクセス:ダウンタウンから無料シャトルバス

クチコミ:バンクーバーといえばここ

suomiさん

バンクーバーに来たからには絶対に行って欲しい、キャピラノ吊り橋。ダウンタウン外れの港近くから無料のシャトルバスで約30分。朝2便目のバスでも結構多くの人が並んで待っていました。入場料は高いですが、かなり広い敷地を散歩して自然を感じられるので、個人的には満足できました。園内をくまなく歩き回って約2時間かかりました。もっと見る

9. ロブソン通り / バンクーバー

バンクーバー・ダウンタウンのメインストリート。「B.C. プレイス」からスタンレー パークまで伸びており、デパート、ブランドショップ、ホテル、レストランなどが立ち並んでいます。カナダでもっとも地価が高い、日本で言えば銀座のような場所なので、「ロブソン通り」を歩けばカナダを代表する都会の雰囲気を味わうことができるでしょう。

クチコミ:ヨットハーバー沿いの夜景

よねばさん

ロブソン通りのバスを使うと早いですが、ハーバーへはなだらかな坂道なので徒歩。ダウンタウンからカナダプレイスまでの途中に日暮れの美しいスポットがたくさん。夜8時ごろから暗くなっていく感じで、都会のビル群と町で暮らす人のヨットハーバーの融合が素敵でした。もっと見る

10. ギャスタウン / バンクーバー

ゴーストタウン化した街を再興計画によって観光地化した「ギャスタウン」は、バンクーバー発祥の地としても知られています。19世紀末から20世紀前半にかけての雰囲気が残る、古い街並みが魅力です。夜の街も美しく、散歩をするのに最適ですが、隣接した「チャイナタウン」近くは治安が悪いと言われているエリアなので、特に夜は行かない方がよいでしょう。

アクセス:ウォーターフロント駅からすぐ

クチコミ:建物の雰囲気が良いです

たぬうさん

カフェからパブ、土産物屋など観光客がたくさんいる地域です。カナダプレイスから歩くことが出来その先には、チャイナタウンがあります。建物も、ロブソン通りなどの中心街と比べると、昔ながらの建物が多く、雰囲気があります。もっと見る

11. カナダプレイス / バンクーバー

5つの帆を張った船のような形をしている「カナダプレイス」は、バンクーバーのシンボル的なスポットです。散歩スポットとしても楽しめるほか、カナダ上空の遊覧飛行を4D体験できる「フライオーバー カナダ」や、すぐ近くの飛行場で離発着する水上飛行機などのアクティビティを体験することもできます。キャピラノ吊り橋への無料シャトルバス乗り場もあるので、あわせてプランニングするのもよいでしょう。

アクセス:ウォーターフロント駅から徒歩約5分

クチコミ:5つの帆が目印

4travel9999さん

1986年の万博のときに出来た複合施設だそうで、クルーズ船のターミナル、ホテルなどがあり、外からは大きな豪華客船のように見えます。海側を散歩できる遊歩道の先端からは、対岸のノースバンクーバーやスタンレーパークが見渡せます。現在はコンベンションセンターとして使われているので、フードコートやカフェも併設されていて、とても便利ですもっと見る

12. CNタワー / トロント

カナダ最大の都市トロントのシンボル「CNタワー」は、全長約553m、展望台の高さは447mと世界でもトップクラスの高さを誇る塔です(2008年までは世界一高い展望台)。トロントの風景を360度楽しむことができる展望台はもちろん、建物内のお土産ショップなども充実。スリルな体験をしたい方は地上365mで塔の外側を歩く「エッジ・ウォーク」もおすすめです。

アクセス:ユニオン駅から徒歩約10分

クチコミ:観光スポット

Domichiさん

街の端にある印象ですが、トロントの1、2を争う有名な観光スポットです。景色がいいので一度は行ってみるのがおすすめです。街中にいると遠くからでも建物の間から見えて方向がわかって安心できました。夜景がキレイで有名とのことなので、次回は夜に行ってみようと思います。もっと見る

13. セント ローレンス マーケット / トロント

ノース・マーケットとサウス・マーケットの2つに分かれている「セント ローレンス マーケット」。レンガ造りのサウス・マーケットは特に食品関係が充実しており、生鮮食品から、お土産になりそうなお菓子まで買い揃えることができます。また、建物内のフードコートやレストランも人気です。ノース・マーケットでは、毎週土曜にはファーマーズマーケットが、毎週日曜にはアンティークマーケットが開かれているので、時間がある方は立ち寄ってみるのもおすすめです。

アクセス:キング駅から徒歩約7分

クチコミ:地元民用でもある

フェルナンドさん

お土産にする缶入りのメープルシロップを買いに行きました。全部を見て回った訳ではありませんが、観光バスのルートにもなっていて、観光客向けの品揃えも豊富と思います。市内のお土産屋で買うよりは少し安い気はします。アイスワインも売ってました。もっと見る

14. ノートルダム大聖堂 / モントリオール

モントリオール最大の見どころにして、カナダを代表する教会です。ブルーのライトに照らされた黄金の祭壇は唯一無二。写真を見るだけで行きたくなってしまいます。英語とフランス語のガイドツアーがあり、日本語のパンフレットも用意されているので安心。タイミングが合う方は、7,000本ものパイプを使用したパイプオルガンのコンサートを鑑賞するのもおすすめです。

アクセス:プラスダルム駅から徒歩約5分

クチコミ:モントリオールのノートルダム

mocaさん

教会に足を運んだのははじめてだったのですがとても感動しました。青く光る光と繊細な装飾、色とりどり形も様々なろうそく、全てが美しかったです。駅からも近いですしモントリオールに来たなら行っておくべきスポットです。もっと見る

15. モン ロワイヤル公園 / モントリオール

標高約230mの丘に広がる「モン ロワイヤル公園」は、ニューヨークの「セントラルパーク」を手がけた造園建築家によって設計されました。園内にある2か所の展望台からは、モントリオールの街並みを一望することができます。夜景は特にロマンティックですが、街灯がないため懐中電灯が必須です。

アクセス:モン ロワイヤル駅からバス

クチコミ:市内が一望できます!

ekoさん

地下鉄Mont-Royal駅前から市バス#11番に乗る。乗るときに反対方向に乗らないように注意が必要。途中見晴らしのいい場所を通るが Remembranceと言うバス停で下車して展望台へ向かう。シャレー・ド・ラ・モンタニューの建物は休憩室のようでお手洗いもある。もっと見る

カナダのおすすめ定番観光スポットでした!

カナダ旅行におすすめのスポットはいかがでしたでしょうか? フォートラベルではお得なカナダのツアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。カナダのお得なツアーを探す※満足度の評点や施設データは、配信日時点のものになります。

この記事で紹介しているエリア

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP