トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

子連れ、カップルにも!鳥取観光おすすめスポット17選!妖怪もいるよ♪

子連れ、カップルにも!鳥取観光おすすめスポット17選!妖怪もいるよ♪

photo by ohchanさん

『名探偵コナン』『ゲゲゲの鬼太郎』『るろうに剣心』――。誰しも一度は目にしたことのあるマンガたち。鳥取県は、それらにゆかりのある地が多くある一方、「すなば珈琲」など、独自のセンスで異彩を放っていることでも知られています。もちろん、「鳥取砂丘」などの絶対行きたい名所やグルメもてんこ盛り!
今回は、子連れでもカップルでも楽しめる鳥取県の最高スポット17選をお届け♪

4travel.jp

フォートラベル編集部

鳥取観光おすすめスポット17選

  1. 鳥取のアクセス方法
  2. 1. 絶景とロマンを携えた人気ナンバーワンの名所「鳥取砂丘」
  3. 2. 変貌自在! はかなくも美しいサンドアート「鳥取砂丘 砂の美術館」
  4. 3. 全部集めたら妖怪博士? スタンプラリーにも挑戦「水木しげるロード」
  5. 4. 怪しくてドキドキな異界とつながる記念館「水木しげる記念館」
  6. 5. 愛でて楽しむもよし、登って楽しむもよしの名峰「大山(伯耆富士:ほうきふじ)」
  7. 6. 大山の一大パノラマを背景に開放感を味わう「大山まきばみるくの里」
  8. 7. 断崖に立つ、かくも神秘的な奥院までの巡礼旅「三佛寺(さんぶつじ)」
  9. 8. 日本最古のラブストーリー発祥の地「白兎神社」
  10. 9. 食べ歩きグルメも充実のレトロな街並み「白壁土蔵群」
  11. 10. CMで一躍有名! あの急こう配の橋の向こうへ「江島大橋」
  12. 11. 圧巻! 国内最大級のフラワーパーク「鳥取県立 とっとり花回廊」
  13. 12. シュノーケリングも楽しめる山陰屈指の景勝地「浦富海岸」
  14. 13. 大正ロマンの香りに酔いしれる「仁風閣」
  15. 14. コナン人気の謎に迫れる長居必至のスポット「青山剛昌ふるさと館」
  16. 15. 金運UPの超パワスポ神社で大金持ちに? 「金持神社(かもちじんじゃ)」
  17. 16. 鳥取を代表する遊び心いっぱいの名物カフェ「すなば珈琲」
  18. 17. 昭和レトロの温泉街でくつろぐ幸せ「三朝温泉」

鳥取のアクセス方法

鉄道の場合、旅の起点となるのは鳥取駅や米子駅。これらの駅に向かうJR特急が、新大阪、岡山、新山口などの主要駅から出ているので、東海道新幹線や山陽新幹線を利用し、接続している特急に乗り換えるとよいでしょう。
高速バスは、鉄道に比べ所要時間がかかりますが、便数が多いうえ乗り換えもなくスムーズ。リーズナブルな運賃も魅力です。
なお、鳥取県内には「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」がありますが、いずれも東京便のみの運航になります。

1. 絶景とロマンを携えた人気ナンバーワンの名所「鳥取砂丘」

見渡す限り砂、砂、砂。
日本海に沿って東西に約16km、南北に約2.4km広がる別天地、それが「鳥取砂丘」です。中国山地の岩石がもろくなって砂となり、海に流れ、波によって岸へと打ち上げられ、さらに強い北西の風に運ばれて砂丘となりました。
現在の姿にいたるまでには、10万年以上の年月が。悠久の時を経て描かれた大地のアートだからこそ、これほどまでに人を引きつけるのでしょう。砂のさざ波と称賛される風紋や、オレンジ色に染まる砂丘の夕景も見ものですが、“らくだライド体験”や、砂の上も走れる自転車の“ファットバイク”など、ここでしかできない心躍るアクティビティもおすすめです!

クチコミ:スゴい!感動!

hikkoさん

陽が落ちる?落ちた?冬の16時過ぎに行きました。階段を上って、目に写った景色!感動~(*^^*)せっかく来たのだから、海が見える所まで歩きました。風が強くて砂は歩きにくいけど、海が見てた時は更にまた感動。ここも、外国人観光客が。夏は暑そ……もっと見る

2. 変貌自在! はかなくも美しいサンドアート「鳥取砂丘 砂の美術館」

これほどまでにダイナミックで、これほどまでに繊細。
「鳥取砂丘 砂の美術館」は、世界屈指の砂像(さぞう)彫刻家たちが毎年テーマを変えて展示を行う、世界でも珍しいミュージアムです。
砂と水だけでできているとは信じがたい作品の数々。今までにない感動が味わえます。
展示が終わると、元の砂へと帰っていく砂像。その刹那の邂逅(かいこう)ゆえ、美しさが際立っているのかもしれません。2020年7月~2022年1月3日(月・祝)までの第13期展示テーマは「砂で世界旅行 チェコ&スロバキア編」。アーティストの静かな情熱が細部にまで注がれた見事なサンドアートを、お楽しみください。
※2021年2月1日(月)~28日(日)はメンテナンスのため、休館です。

クチコミ:想定以上の彫刻美術

ぐっさんさん

鳥取砂丘のすぐ近くにある砂の美術館。毎年テーマ替えをしているようで、今年はチェコ&スロバキアでした。作品は、歴史や世界遺産を見事に表現したものばかりで、どれも圧倒される完成度と迫力でした。ちょっとした海外旅行気分も感じられるかもし……もっと見る

3. 全部集めたら妖怪博士? スタンプラリーにも挑戦「水木しげるロード」

日本広しと言えども、こんなに妖怪だらけな場所は、おそらくここだけ!
JR境港駅から「水木しげる記念館」まで続く約800mの「水木しげるロード」では、計177体の多彩な妖怪ブロンズ像がお出迎え。それだけでなく、妖怪に会える(?)施設や、おみやげに最適な妖怪グッズを扱うショップも点在しています。
ちょっとコワイ、でもカワイイ♪ 水木しげる先生の妖怪たちが、ほら、そこにもあそこにも!水木しげるロードにある「妖怪神社」にもご注目を! 目印は、『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクター“一反もめん”の鳥居です。ここは、全国の妖怪たちが集う珍しい神社。水木先生が入魂されたというご神体も要チェックですよ。

クチコミ:少し暗くなった時間に歩いてみるのも楽しい…

ライナスさん

JR境港駅から続く約800メートルの商店街。鬼太郎キャラクターを中心とした妖怪のブロンズ像が200体近くある。地元で有名な酒造、パン屋さんなどがあるので、昼間にぶらぶらするのも楽しいが、少し暗くなった時間(真夜中ではなく、夏は20時頃、冬……もっと見る

4. 怪しくてドキドキな異界とつながる記念館「水木しげる記念館」

妖怪に親しみがわいてきたところで、もっと“水木ワールド”を深掘りしてみましょう♪
「水木しげる記念館」は、マンガ家にして妖怪研究家である水木先生の魅力が詰まった話題スポット。一歩足を踏み入れれば、摩訶不思議な冒険が始まります。「ゲゲゲの玄関」で鬼太郎にあいさつしたら、先生の作品を一挙公開する「漫画ワールド」へ。人生年表や作品を展示した「ねぼけ人生の間」では、水木ワールドの根幹をなす貴重な資料が見られます。そのほか、妖怪が住みついた「妖怪洞窟」や、トリックアートも面白い「妖怪ひろば」など。
この楽しさ、もしや妖怪のしわざ、かも!

クチコミ:妖怪の世界

az59さん

水木しげる先生の生涯がよくわかります。世界中を旅していたとは、知りませんでした。鬼太郎のキャラクターのエピソードもわかって、漫画を全巻読んでみようかという気持ちになります。スタッフの方々も、とても親切で、境港が大好きになりました。もっと見る

5. 愛でて楽しむもよし、登って楽しむもよしの名峰「大山(伯耆富士:ほうきふじ)」

まばゆい緑が映える夏、錦繍(きんしゅう)が心を潤す秋。四季折々の景観が見事な「大山」は、“伯耆富士(ほうきふじ)”とも呼ばれる標高約1,729mの名峰です。
南壁に広がる荒々しい顔と、西側の富士山を思わせる優美な顔の、2つの表情を持つ大山。愛でるなら、県道45号沿いにある撮影スポット「鍵掛峠」へ。南麓の雄々しい姿とブナ林が織りなす光景が、あなたを魅了します。
ちなみに、均整のとれた麗しい姿は、西麓にある「大山桝水(ますみず)高原」からどうぞ。留まるところを知らない登山ブーム。大山では、「大山トリビア登山」を実施しています。山のとっておき情報が知れ、自慢したくなること請け合い!

クチコミ:ハイキング最高です

berrberryberryさん

地域のハイキング目的日帰り旅行で初めて訪れました。神社や食堂、カフェもあり、小さな街のようになっています。大山寺まで歩いて一休み。その後、大神山神社奥宮まで歩きました。お天気がいい日でとても気持ちよく、ハイキング出来ました。もっと見る

6. 大山の一大パノラマを背景に開放感を味わう「大山まきばみるくの里」

普段は意識することが少ない空気。でもここに来たら、すぅーっと目一杯吸い込みたくなる。
大山放牧場内の「大山まきばみるくの里」は、壮大な自然に包まれた開放的なレジャー施設です。背景にそびえる大山の美しい姿、果てなく続く澄んだ青空。吸う息ごとに、牧歌的な風景に溶け込んでいく自分を感じてください。イチオシは、子どもも大好きソフトクリーム! 直営店だからこそのフレッシュなミルクをたっぷり使ったプレミアムなソフトクリームは、なめらかな口どけ、濃厚な味わいがやみつきになります。
お土産にぴったりな乳製品も充実。自然の恵みをおすそわけ♪

クチコミ:牧場でいただく濃厚でおいしいソフトクリーム!

旅するこじかさん

夏休み、鳥取からの帰りに寄った大山まきば みるくの里。今回の旅での、一番のお目当てでした(笑)向かうまでの道は、車酔い泣かせの、なかなかのぐるぐる道できつかったですが、牧場に着いたら、そんなことも吹っ飛んでしまうくらいの、濃厚で……もっと見る

7. 断崖に立つ、かくも神秘的な奥院までの巡礼旅「三佛寺(さんぶつじ)」

なぜ、ここにあるのだろう。
「三佛寺(さんぶつじ)」を初めて知った時、まず感じるのはおそらくその疑問でしょう。神宿る山「三徳山」。平安時代から山岳仏教の霊場として信仰されてきました。
山内でことさら際立っているのが、三佛寺の奥院である「投入堂」。その建築方法はいまだ多くの謎に包まれているそうですが、断崖絶壁、標高約520mの岩肌のくぼみと一体化するかのごとく建てられたこの建物は、“日本一危険な国宝”として知られ、神秘的なオーラを放っています。投入堂までは、片道約1km。崖を登り、木の根を伝う、非常に険しい道程です。
ですが、決して諦めることのないように。清廉な山の空気やところどころにたたずむ荘厳なお堂が、あなたの訪れを待っているのですから。特に、舞台造りの建築「文殊堂」の回廊から一望できる見晴らしは壮観で、感嘆のため息がこぼれるほど。
これまでの道のりが報われる思いをかみしめつつ、「投入堂」参拝前の安堵(あんど)のひとときを、しばし。

クチコミ:投入堂に行くには朝一がおすすめ

ishirockさん

国宝の投入堂に行くにはまず登山道の入り口部分で服装のチェックがあります。滑らない靴を履いているか。また女性は、スポーツ用であってもスカートは禁止ですので注意が必要です。途中にいくつかお寺や鐘ががあったりと休憩がてら立ち寄れます。……もっと見る

8. 日本最古のラブストーリー発祥の地「白兎神社」

日本神話として語り継がれる『因幡の白ウサギ』。「白兎神社」は、その伝説の舞台と言われている場所です。
境内に続く道沿いには、白ウサギが傷を治した「御身洗(みたらし)池」が。白兎神をまつるこの神社は、皮膚病などにご利益があると言われています。もう1つ、スペシャルなご利益をお伝えしましょう。
大国主大神に助けられた白ウサギは「あなたは八上姫と結ばれる」と予言。その後2人は夫婦になったことから、“恋愛の最強パワースポット”として知られるようになりました。
良縁や子宝など、5つの縁を結ぶ白い小石の「結び石」が人気。カップルでぜひ訪れてほしいスポットです。

クチコミ:古事記の一節の神話、因幡の白兎を祀った神社です

Juniper Breezeさん

日本最古の書物「古事記」の一節である神話「因幡の白兎」に登場する白兎神が祀られている神社です。 実は私は白兎が出てくる神話自体、あんまり知らない状態で、旅行で訪れることが決まってからホームページなどをちょっとだけ読んだくらい。病……もっと見る

9. 食べ歩きグルメも充実のレトロな街並み「白壁土蔵群」

玉川沿いに連なる白い漆喰(しっくい)の壁、赤い瓦の屋根。
2色の美しいコントラストがレトロな雰囲気を漂わせる「白壁土蔵群」周辺は、江戸時代に陣屋町として整備されたエリアです。
のんびりと流れる時間に身をゆだねつつ、風情たっぷりの街並みを散策。オシャレなリノベカフェや魅力的なショップ、情緒あふれる工房などが揃い、さながら古きよき時代にタイムスリップした気分にひたれることでしょう。創業1877年、老舗「桑田醤油醸造場」では、歴史を秘めて仕込まれた伝統のしょう油のほか、「しょうゆアイスクリーム」「しょうゆマカロン」などのユニークスイーツが並びます。

クチコミ:落ち着く街並み

berrberryberryさん

京都の町家のような細長い住宅があり、周りには小さな小川が流れている景観抜群の街並みです。ゆっくり歩いているだけで癒されます。スイカのお漬物や地酒など観光客を意識したお店もあり、1時間ほど散策するには持って来いの場所です。もっと見る

10. CMで一躍有名! あの急こう配の橋の向こうへ「江島大橋」

空へと続くのかと思わせるほどの、驚きの急こう配!
自動車のCMで話題になった通称“ベタ踏み坂”の「江島大橋」は、鳥取県境港市と島根県松江市をつなぐ全長約1,446mの橋です。
テッペンは海面から約45mの高さ! 頂上では360度の壮大なパノラマが楽しめ、サイクリング道としてもひそかに人気です。橋全体がライトアップされる夜も、これまた美景。
松江市側からのほうがこう配が高く、遠くから見るほど圧巻の角度がわかります。

クチコミ:ベタ踏み

とんとんさん

島根から鳥取県境港に行く途中にこちらの橋を通りました。別名べた踏み坂と呼ばれています。橋が見えた直後が1番垂直に見え面白かったです。橋に近づくにつれて目の錯覚がなくなっていくので写真を撮るなら早めがお勧めです。もっと見る

11. 圧巻! 国内最大級のフラワーパーク「鳥取県立 とっとり花回廊」

東京ドーム約11個分の敷地に年間200万本もの花が咲き誇る。まさに百花繚乱(りょうらん)な「鳥取県立 とっとり花回廊」は、メインフラワーのユリをはじめ1年中花を観賞できる、日本最大級の花の楽園です。
敷きつめられた花たちの漂う香り、鮮やかな色彩、風に揺れるたおやかな姿。
「大山」を背景に広がる花園は、鳥取でおそらくもっとも“うっとり”できる場所でしょう。広大な花畑「花の丘」や巨大なガラス温室「フラワードーム」、花壇を左右対称に配した「ヨーロピアンガーデン」など、見どころだらけのフラワーパーク。
でも、見とれて“うっかり”長居しすぎぬよう、ご用心♪

クチコミ:一年中、花を楽しめる

arurunさん

米子駅から車で30分ほどの所にあります。米子駅前から無料シャトルバスも出ていました。一年中、花を楽しめる大きな公園で、訪問時は、ちょうどサルビアが見頃でした。背景には大山も見えて、素晴らしい景色が楽しめました。また、広い園内の散策……もっと見る

12. シュノーケリングも楽しめる山陰屈指の景勝地「浦富海岸」

鳥取が誇る、とっておきの絶景スポットをご紹介します♪
約15kmにわたって続く、美しいリアス海岸「浦富海岸」です。感動的なまでに澄みきった海、荒波や風雪によって浸食された奇岩絶壁、鮮やかな白砂青松の渚(なぎさ)。
これ以上望めないほどの絶景が、「浦富海岸」には広がっています。なかでも、大きな洞門とその頂点に生える松が見事な「千貫松島」は、格別。絵画のような景観を、心ゆくまで。絶景を、海から眺めるのもまた一興。ぜいたくなまでにゆっくりとクルーズする「島めぐり遊覧船」と、狭い洞門や奇岩スレスレに進む「小型船うらどめ号」があります。

クチコミ:遊覧船からの眺めは迫力です

ゆきうさぎさん

トラピックスのツアーで訪れました。浦富海岸を遊覧船でぐるりと回りました。陸地から見るのとはまた違い、揺れる船の上からは大きな岩が間近に見られ、迫力があります。それぞれの岩が持つ、特徴や名の由来も説明してもらえて、飽きずに見られま……もっと見る

13. 大正ロマンの香りに酔いしれる「仁風閣」

ご覧ください、この気品あふれる白亜の姿を。
フレンチルネサンス様式を基調とした「仁風閣」は、鳥取市民の憩いの場かつ桜の名所としても知られる「鳥取城跡 久松公園」のハイライトとも言うべき洋館です。
1907年、嘉仁皇太子殿下(のちの大正天皇)の御座所として建てられました。
この神々しいほどの風格、さすが、大人気マンガ『るろうに剣心』の実写映画でロケに使われただけありますね。仁風閣に足を踏み入れると、奥に鎮座する美しい「らせん階段」に心奪われます。支柱のない、高さ約4mの流れるような曲線美。職人の卓越した技が随所に光ります。

クチコミ:名建築

はちのすけさん

 鳥取城跡にあるルネッサンス風の名建築だ。真っ白な全景が印象的。大正皇太子の宿泊所として建築されたものだが、当時、鳥取城は取り壊されたばかり。天守閣の代わりに鳥取城跡を守っているような存在だったのではないか。内部は公開されており……もっと見る

14. コナン人気の謎に迫れる長居必至のスポット「青山剛昌ふるさと館」

「真実はいつも1つ!」でおなじみ、人気マンガ『名探偵コナン』。
作者の青山剛昌氏が、鳥取県北栄町出身なのをご存じでしたか?
北栄町の「青山剛昌ふるさと館」は、コナンファン垂涎(すいぜん)モノの展示品やゲームコーナーなど、多彩な魅力でコナンのルーツに迫れるスポットです。トリックを体験できるコーナーで、謎解きに挑戦!「ふるさと館」を出てコナン駅(JR・由良駅)に向かう約1.4kmが「コナン通り」。キャラクターのオブジェなどが点在し、探偵のように探しまわるのも楽しいですよ♪ 子どもから大人まで、コナンの世界にどっぷりひたれるエリアです。

クチコミ:コナンくーん♪

hikkoさん

由良駅から歩いて行けます。コナンファンには、たまらない場所です。原画の展示や青山先生の生い立ち、ゲーム感覚でスケボー体験できたり、画面タッチで遊べるスペースもあり、世界各国で親しまれている名探偵コナン。外国人の観光客も多く、ハイ……もっと見る

15. 金運UPの超パワスポ神社で大金持ちに? 「金持神社(かもちじんじゃ)」

全国でもここだけと言われる珍しい地名「金持(かもち)」。
見るからに縁起がよさそうな地名は、その昔この一帯が、金にも勝る“鉄”の産地だったことが由来と言われています。
深い山あいにひっそりとたたずむ「金持神社(かもちじんじゃ)」は、その名が示すとおり金運、そして商売繁盛や開運のご利益があるとされ、全国から多くの参拝者が訪れています。
あなたの秘めたる夢がかないますように。
参拝者のお目当ての1つが「黄色いハンカチ」。このハンカチに宝くじを包み、自分の頭より高いところに置いておくと……、思わぬ幸運が舞い込んでくるかもしれませんよ。
黄金の御朱印帳もすてき!

クチコミ:ご利益ありそう

へなちょこ姉さんさん

島根県の山のなかにある、宝くじ当選などにご利益のある神社です。小さい神社ですが、気持ちいい山や川に囲まれ、パワーがありそうです。招き猫の絵馬がとても可愛く、1枚はお願い事を奉納し、もう1枚購入してお土産に持ち帰りました。ご利益グッ……もっと見る

16. 鳥取を代表する遊び心いっぱいの名物カフェ「すなば珈琲」

「スタバはないが、日本一のすなば(砂場)はある。」
鳥取県知事のこのインパクトのある名言に端を発して誕生した「すなば珈琲」。
ウィットに富んだネーミングと話題性で、日本ではある意味、本家をしのぐ(?)ほどの知名度となりました。
ラクダとコーヒーのロゴも、これまたカワイイ♪ オリジナルグッズも販売していて、鳥取土産に選べばよろこばれること間違いなし。もちろん味も本格的! サイフォンでいれるブレンドコーヒーのほか、ご当地ホットサンドやパンケーキなど、とっておきのメニューが並びます。
砂丘散策の後に、「すなば珈琲」で思い出に残る最高の時間を。

クチコミ:話題性のあるお店

syaatanさん

スタバはないという話題から始まった有名なコーヒーショップです。鳥取に旅行に来たからには、ぜひ行こうということになり訪問しました。タッチパネルで注文します。食事メニューもありました。コーヒーカップがかわいかったです。すなばに行けて……もっと見る

17. 昭和レトロの温泉街でくつろぐ幸せ「三朝温泉」

旅に温泉は付きもの!
鳥取に来たなら、開湯から約850年以上の歴史を誇る「三朝温泉」がおすすめです。
世界屈指のラドンを含む湯は、体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力などが高まることが期待され、これが“三たび朝を迎えると元気になる”と、地名の由来になったとか。
旅の疲れを癒やしに、足を伸ばしてみませんか?昭和風情な温泉街には、ぶらりと立ち寄りたいスポットが点在。
なかでも三徳川の川岸にある「河原風呂」は、開放的な混浴露天風呂として人気です。
気になる旅館は、温泉はもちろん、冬には鳥取グルメの定番“カニ”を味わえるところが多く、極楽ざんまい。

いかがでしたか?

知れば知るほど奥の深い鳥取県。
人気エリアを総ざらいする旅を望むなら、鳥取砂丘から始まり、砂の美術館、白兎神社、三朝温泉、白壁土蔵群や青山剛昌ふるさと館、そして水木しげるロードへとつながるドライブプランが人気のようです。
砂丘も、マンガも、伝説も、グルメも!
鳥取でやりたいことぜんぶ欲張って、思う存分、楽しんでくださいね。鳥取のホテルを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧