1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 沖縄県
  4. 2021年7月のイベント

沖縄 2021年7月開催のイベント

  • うるま市石川ハーリー大会

    沖縄市・うるま市・伊計島(沖縄)

    評価なし

    評価詳細

    アクセス
    評価なし
    人混みの少なさ
    評価なし
    催し物の規模
    評価なし
    雰囲気
    評価なし
    バリアフリー
    評価なし
  • 大保ダムまつり

    大保ダムまつり

    祭り・イベント

    国頭・大宜味(沖縄)

    評価なし

    評価詳細

    アクセス
    評価なし
    人混みの少なさ
    評価なし
    催し物の規模
    評価なし
    雰囲気
    評価なし
    バリアフリー
    評価なし

    大宜味村大保川上流に位置し、県内で2番目の規模を誇る大保ダム。豊かな自然を満喫できる散策ポイントとしても人気があります。森と湖に親しみ、心身をリフレッシュするとともに、森林やダム、河川などの大切さについて、関心を高め理解を深めていただくため、毎年開催されています。 ...続きを見る

    アクセス
    那覇空港から車で120分
  • シーポートちゃたんカーニバル

    宜野湾・北谷・中城(沖縄)

    評価なし

    評価詳細

    アクセス
    評価なし
    人混みの少なさ
    評価なし
    催し物の規模
    評価なし
    雰囲気
    評価なし
    バリアフリー
    評価なし
    アクセス
    那覇空港から車で40分
    那覇バスターミナルからバスで45分
    名護西線、読谷線 軍病院前 バス停から徒歩で5分
  • 豊見城ハーリー

    豊見城ハーリー

    祭り・イベント

    糸満・ひめゆり(沖縄)

    評価なし

    評価詳細

    アクセス
    評価なし
    人混みの少なさ
    評価なし
    催し物の規模
    評価なし
    雰囲気
    評価なし
    バリアフリー
    評価なし

    旧暦5月4日に県内各地で行われる沖縄の代表的な伝統行事「ハーリー」(爬竜船競漕)は、琉球王府が編集した歴史書「球陽」(1745年編集)によると、1400年頃に豊見城城主「汪応祖」が中国留学時に見た竜舟を模したハーリー船を漫湖に浮かべて遊覧し、これを見た那覇、泊、久米の3村の人々が船を造って豊見城城下の漫湖で競漕を始めたのが、ハーリーの起源であると記述されています。豊見城ハーリーは、汪応祖が見本としたと言われる中国福建省福州伝統の竜舟を模した赤・青・黄の3槽で、五穀豊穣、民安・太平、諸国万民の友愛を祈願して行われる競漕であり、平成20年度より豊崎美らSUNビーチにて開催されています。豊見城ハーリーで使用されるハーリー舟は、全長18.5m、重さ約500kgの24人乗りで、一般的なハーリー舟より細身で船底が浅く、船体の先に竜頭、船尾に竜尾の彫り物が飾られているのが特徴です。 ...続きを見る

    アクセス
    ゆいレール壺川駅から徒歩すぐ

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。
開催中止や日時の変更などが発生している場合もありますので、必ず各公式サイト等で詳細をご確認ください。

沖縄のクーポンが使える観光スポット

沖縄 クーポンが使える観光スポットを見る

沖縄の人気ホテルランキング

沖縄の旅行ガイドまとめ

思わず旅に出たくなる!旅行ガイドまとめ

フォートラベルポイントをためよう

宝箱を探せ!

エリアに隠された宝箱を見つけてフォートラベルポイントをゲット!チャンスは一日一回。お題はトップページで発表されます。

本日のお題はこちら

フォートラベルポイントとは?

PAGE TOP