旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

カンパラ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

カンパラ人気旅行記ランキング2位(25件中)

3連休でウガンダ

関連タグ

    旅行時期 2016/01/09 - 2016/01/10 (2016/01/28投稿

    年末年始の旅から帰ったばかりですが、1月の3連休でアフリカのウガンダに行ってきました。
    3連休で行ける未訪問国が少なくなり、シーズン、治安、費用などを考慮して浮上したのがウガンダ。現地滞在時間が短いため、首都カンパラ近辺を散策しただけですが、治安もさほど悪くなさそうで、初めてのブラック・アフリカの街歩きを楽しめました。

    <旅程>
    【0日目(1/8金)】
     関西22:40→
    【1日目(1/9土)】
     →ドーハ4:55(QR=カタール航空)
     ドーハ7:25→エンテベ13:35(QR)
     カンパラ泊
    【2日目(1/10日)】
     エンテベ18:30→ドーハ23:45(QR)
    【3日目(1/11月)】
     ドーハ1:40→関西16:55(QR)

    <主な旅費>
    ・航空券:総額123,694円(92,604円+税・サーチャージ等)
    ・ビザ:6,500円+送料

    写真 148枚

    交通手段 : 
    エリア:
    ウガンダ > カンパラ
    エリアの満足度:
    評価なし
    • 金曜日の仕事を早めに終えて関空に向かったところ、なんと、関空手前の日根野駅の人身事故でJRの関西空港線が運転見合わせ。
      新大阪駅に着いた時には運転再開していましたが、45分遅れで来る予定の列車の関空までの所要時間が読めず、南海への振替乗車もできるとのことだったので、新大阪→大阪→新今宮→泉佐野→関西空港とJRと南海を乗り継いで関空へ(日本円の現金がなく交通ICカード使用不可だったので、南海の特急には乗れず)。大阪の鉄道網に疎いので乗り換えに手間取りました。
      関空は代替路線があるのでよいですが、中部空港で鉄道が運転見合わせになったらと考えるとゾッとします。

    • 出発時刻の約1時間20分前に関空に到着し、何とかカタール航空のチェックインに間に合いました。出発時刻はまたも22:40→22:25に前倒しされ、セキュリティが混んでいたのでゲートに辿り着いたのは搭乗開始直前。

      カタール航空は1年ぶり3回目ですが、3月で関空から撤退なので関空発は今回が最後の搭乗。トルコ航空も夏季の出発時刻が22:30→21:30に変更となってしまったので、当分、関空を利用することはなさそうです。

      行きは座席下に電源がある機材でしたが、帰りは電源もなく足下の大きなボックスが邪魔な古い機材でした。アメニティは往復とも昨年と全く同じ。

    • 出発約1時間後に1回目の機内食

    • 到着の約2時間前に2回目の機内食

    • 撮影場所の地図

      定刻より1時間半近くも早い3:35頃にドーハに到着しましたが、乗継のセキュリティチェックまでがとにかく遠い。

    • ターミナル内を走る列車が試運転らしきことをしていました。
      近々運行開始するのでしょうか。

    • ちょうど1年ぶりのドーハ空港名物のクマ。
      セキュリティチェックも混雑し、ここまでに降機から30分近くを要しました。

    • 1年前はラウンジが使えませんでしたが、プライオリティパスで「Al Maha Lounge」が使えるようになっていました。
      wifiはラウンジ独自のものはないようでしたが、カタール航空の航空券番号を入力すると空港全域で空港orカタール航空?の無料wifiが使えました。

    • ラウンジで軽く食事。メニューはあまり豊富ではありませんでした。

    • 7:25発のエンテベ経由キガリ行きに搭乗。
      この便を利用して3連休でルワンダにもいずれ行けたらと考えていましたが、カタール航空の関空撤退で難しくなりました(羽田発だと日数の関係か料金が高そう)。

    • 出発の約1時間半後に機内食。
      こんな路線に日本人の客室乗務員が乗っていました。

    • 到着の約1時間半前に2回目の機内食

    • 撮影場所の地図

      定刻より30分ほど早い13:00頃にエンテベ空港に到着。
      ドーハとは時差なしです。

    • スムーズに入国審査を通過し、110ヶ国目のウガンダに入国!
      ビザはアライバルでも取得できるようですが、昨夏から料金が50ドル→100ドルに値上がりしたことが判明したので、事前に在日ウガンダ大使館に郵送申請で取得しました(6500円)。11/24(火)に発送して11/28(土)に受領。
      大使館のサイトに記載されている返送に関する情報が古かったので、郵送申請の場合は事前に大使館に問い合わせた方がよいと思います。日本語対応できる方もいました。

    • ATMでウガンダ・シリングを入手しましたが、最初の2台は何故かダメで、離れた場所にある3台目でようやく引き出せました。レートは1シリング≒0.035円。

    • インフォメーションで聞いたところ、空港発のバスはなく、タクシーしかないとのこと。タクシーは高いので、取り敢えず空港の敷地外まで歩きました。

    • 撮影場所の地図

      空港ターミナルを出て10分ほど歩くと検問所がありました。空港に向かう際はここでセキュリティチェックされます。

    • 撮影場所の地図

      検問所を過ぎた辺りからバイクタクシーでエンテベのタクシーパークに向かいました(5000シリング≒175円)。事故が怖いし疲れるのでできれば避けたいのですが、他に選択肢がなかったので仕方がありません。

    • 撮影場所の地図

      10分弱でエンテベのタクシーパークに到着。
      すぐに発車間際のカンパラ行きのマタツ(乗合のバン)に乗り込むことができました。
      空港からここまで歩くと1時間程度かかると思われます(by Googleルート検索)。

    • この料金表にはカンパラまで2500シリングと書いてありますが、到着の少し前に3000シリング(≒105円)を徴収されました。

    • 撮影場所の地図

      約1時間10分でカンパラに到着。
      オールド・タクシーパークの手前で下車しました。

    • オールド・タクシーパークには物凄い数のマタツ!
      色々な方の旅行記で目にした光景ではありますが、実際に見ると圧巻でした。

    • まずはスーパーで水を購入。1.5リットルで1200シリング(≒42円)。

    • 撮影場所の地図

      少し歩いて本日の宿「Hotel City Square」に到着。
      入口で警備員によるセキュリティチェックがあり、ホテルは建物の3階でした。

    • Booking.comで予約した際は25ドル(=約3000円)の表示でしたが、現地通貨払いだとシングル1泊(朝食付)で60,000シリング(≒2100円)でした。シリング払いの方がかなりお得。
      wifiは部屋でも使えました。

    • バスルーム。ホットシャワーでした。

    • 朝食会場となるロビー

    • 宿に荷物を置いて街歩き。
      バイクの多い街です。
      あちこちでバイクタクシーから声を掛けられました。

    • 両替は少額紙幣だとレートが悪いようです。

    • オールド・タクシーパークの周辺はかなりの人混みでした。

    • ニュー・タクシーパークでカスビに行くマタツを探しましたが、人に教えられた方向に行っても見当たらず、散策しながら歩いて向かうことにしました。

    • 撮影場所の地図

      小高い丘の上に見えたモスクに立ち寄ってみました。

    • 道端の山羊

    • 撮影場所の地図

      別の丘の上のナミレンベ教会。
      ウガンダはキリスト教徒が多いそうです。

    • 教会内では結婚式が行われていました。

    • 教会の墓地

    • 教会の隣では結婚披露宴(?)も行われていました。

    • 新婚カップル

    • 街角のあちこちに選挙用ポスター

    • 頭の上に籠を乗せて歩く人

    • 大量の緑のバナナ

    • 撮影場所の地図

      賑やかな音楽が聞こえたので眺めていたら、招き寄せられてドラムを叩かせてくれました。

    • ドラムの周りに集まる子供たち

    • 撮影場所の地図

      世界遺産の「カスビ・トーム」(かつてのブガンダ王国の王の墓所)に到着

    • こちらの建物で氏名などを書いて入場料10,000シリング(≒350円)を支払い、英語のガイドが付きました。

    • 茅葺の建物

    • ブガンダ王の太鼓が保管されていました。王の祝典などで使用されるそうです。

    • メインの王の墓は、2010年に火災で焼失して修復中。
      来年(2017年)には修復完了予定とのことでしたが、歩き方には2014年3月完成予定と書いてあるので、本当に完了するかは???

    • かつてはこんな姿でしたが

    • 火災で焼失してしまったそうです。

    • ブガンダ王国の歴代の王の写真。
      現在のウガンダは共和国ですが、かつてのブガンダ王国とその王も儀礼的な存在として復活して存続しているようです。

    • 王の墓所の周囲に並んでいる小さな建物は、王妃たちの住居だそうです。
      現在も住んでいるとか。

    • 奥には小さな集落のようなものが形成されていましたが、こちらにも王族が住んでいるようです。(英語力がないので、理解が間違っているかもしれませんが、、、)

    • 茅葺屋根の内部

    • 樹齢300年の樹木

    • 最後に、絵を買わないかと言われましたが、特にしつこくはありませんでした。
      大きさによって5万〜15万シリング程度のようです。

    • カスビ・トームを後にして、違う道でカンパラへ。

    • 道端のドラム

    • 外国人が珍しいのか、しばしば子供たちに声を掛けられました。

    • 子供たち

    • 撮影場所の地図

      屋外のマーケットが賑わっている場所がありました。

    • 山のように積まれた果物

    • 更に人混みが凄い路地へ突入

    • 奥の方まで行くと、スラムのような貧しそうな地区でした。

    • 露店の店員さんたち。
      右の方はこういうポーズをとっています。
      ウガンダでは大抵「ニーハオ」と声を掛けられました。

    • 日本語が書かれたバン

    • 川はどこも汚い感じでした。

    • 道端の山羊たち

    • 先ほど訪れたモスクが遠くからも目立っていました。

    • 大きな水溜りに水没しながら走る車

    • カンパラの中心部に近づくと、再び凄い人混みとなりました。

    • 路上で何かのゲームに興じている人々。
      見ていたら参加を誘われましたが、ルールが分からないのでお断り。
      どうやら賭け事をしていたようです。参加したらお金を巻き上げられたかも。

    • 撮影場所の地図

      宿に戻り、建物の2階にあるレストラン「Food Lounge」で夕食。
      ピラウ&ビーフで7500シリング(≒262円)。ウガンダではまともなものを食べられるか心配でしたが、なかなか美味しかったです。右側の皿はカレーのような味のシチューに肉が入っていました。
      店内は照明がかなり暗く、料理がよく見えませんでした。

    • メニュー表。

      この後、夜のカンパラの街を少し歩きましたが、相変わらず人が多く治安はさほど悪くなさそうなものの、街灯が暗めで少ないのでかなり暗かったです。電力不足でしょうか。
      夜に限りませんが、物乞いの子供などにお金を求められたりもしました。

    • 翌朝、6時過ぎに宿で朝食。
      朝食の時間は6-10時でした。

    • メニューはフルーツ、トースト、卵焼き。

    • この日は、ナイルの源流があるジンジャor赤道記念碑に行くことも検討しましたが、どちらも往復の移動だけで半日程度かかりそうなので、前日に続いてカンパラの街歩きをすることにしました。

    • 撮影場所の地図

      「ナカセロ・マーケット」

    • 大量のパイナップルを積んだトラック

    • 撮影場所の地図

      修復中のヒンドゥー教寺院

    • 頭の上に物を乗せて歩く女性たち

    • 撮影場所の地図

      「オウィノ・マーケット」

    • サンダル屋の店員さん

    • 砂糖や塩

    • トラックに大量に積まれているのは芋でした。

    • たくさんの釜のようなもの

    • 魚の干物

    • 衣料品が中心のエリア

    • 旧式のミシン。これを使ってマーケット内で縫製している女性たちもいました。

    • オウィノ・マーケットはかなり広大

    • ようやくマーケットの外に出ました。橋を渡った向こうがマーケットです。

    • 大型のバス

    • ウガンダ銀行。

      一旦宿の近くまで戻り、今度はカンパラ駅の方に向かって散策してみました。

    • 撮影場所の地図

      中央郵便局。

      賑やかなオールド・タクシーパーク周辺とは対照的に、中央郵便局から東側のエリアは全体的に閑散として殺風景な感じで、面白い場所があまり見当たりませんでした。

    • 紋章のようなものが壁に描かれた建物

    • 撮影場所の地図

      カンパラ駅。現在、旅客鉄道は営業しておらず、貨物のみのようです。

    • 駅舎内には入れませんでした。

    • 撮影場所の地図

      大統領官邸。正面に回ったら、まだカメラを出してもいないのに警備員から写真撮影禁止だと言われましたが、ストリートビューもあるのに禁止する意味が分かりません。

    • 撮影場所の地図

      公園のモニュメント

    • 公園の珍しい植物

    • 暴走族のようなバイクの集団が音を鳴らしながら走っていました。

    • 撮影場所の地図

      オアシス・モール。
      日曜日のためか殆どの店が閉まっていましたが、開いていた大きなスーパーで土産を購入しました。

    • とんがり屋根の建物は何でしょうか。

    • 宿の近くまで戻ってきました。
      写真の真ん中が宿のある建物です。
      チェックアウト時間が10時だったので、一旦チェックアウトして荷物を預けました。

    • 今日もオールド・タクシーパークには大量のマタツ

    • ツルハシで道路工事をする作業員たち。

    • 壁面にたくさんの商品が吊るされた建物

    • アイロンやポットがぶら下げられたお店

    • ブガンダ王国の王宮に向かってみましたが

    • 途中がスラムのような地区でした。
      スマホで地図を見ていたら、通行人から「気をつけろ」と言われたので、治安が悪いのかもしれません。

    • 撮影場所の地図

      丘の上に建つブガンダ王国の王宮

    • 王宮付近から、カンパラの街を見渡せました。

    • 撮影場所の地図

      帰りはスラムを避けて別ルートで。
      これは何の像でしょうか。

    • グラウンドでサッカーをしていました。

    • 撮影場所の地図

      宿の近くまで戻ると、ナカセロ・マーケット付近の路上に衣類などを並べた青空マーケットができていました。

    • 撮影場所の地図

      昨夜と同じ宿の建物の2階のレストランでランチ

    • 昨夜メニューを見て気になったアフリカン・ディッシュ(マトケ、ポショ、ライス)とチキンのシチューを頂きました(7000シリング≒245円)。左側の皿の主食はどれも味がない感じだったので、シチューに漬けて食べました。

    • 宿で荷物を引き取ってオールド・タクシーパークへ

    • エンテベ行きのマタツの乗り場は、声を掛けてきた人が教えてくれたので、すぐに分かりました。行き先ごとに乗り場が決まっていて、そこから順番待ちのマタツが列をなしているようです。すぐに満席となって出発するので、回転率はかなり良いと思われます。

    • 撮影場所の地図

      エンテベ行きのマタツに乗車。
      行きと同じく3000シリング(≒105円)でした。

    • マタツの車内。
      料金係が無理矢理座っているので、2列目は窮屈そうでした。

    • 途中でヴィクトリア湖が見えました。

    • 1時間5分程度でエンテベのタクシーパークに到着。

    • 変な漢字もどきが書かれたマタツ

    • 撮影場所の地図

      フライトまで時間の余裕があったのでエンテベをしばし散策。
      タクシーパークの近くにローカルな雰囲気のマーケットがありました。

    • 何という樹木でしょうか。

    • 撮影場所の地図

      高台に登るとヴィクトリア湖が見えました。

    • ずらりと干された洗濯物

    • 廃墟のような建物がちらほら

    • 立派の角の牛

    • 撮影場所の地図

      タクシーパークの近くのスーパーで残りのシリングを使って買い物

    • バイクタクシーで空港へ(5000シリング≒175円)。
      検問所の前で降ろされ、そこからはターミナルまで歩きました。

    • 撮影場所の地図

      ターミナル内に入る際には、チケットの確認とセキュリティチェック

    • カタール航空にチェックイン。
      出国審査はスムーズでした。

    • プライオリティパスで「Karibuni Lounge」が使えました。
      利用者は少なく空いていました。
      wifiは利用可、コンセントは一部の座席のみ。

    • トイレの片隅にシャワー。
      タオルは受付で貸してもらえました。

    • ラウンジで食事。サモサやフルーツを頂きました。

    • 空港からもヴィクトリア湖が見えました。

    • 18:30発のカタール航空ドーハ行き(キガリ発、エンテベ経由)に搭乗。
      搭乗口でセキュリティチェックがあり、液体は持ち込めませんでした。

    • 出発の約1時間後に機内食。
      このフライトは、隣の人が越境してきて窮屈でした。

    • 到着の約1時間半前にスナックも支給されました。

    • 定刻より早い23:25頃にドーハに到着。
      ショップに「スターウォーズ」のコーナーがありました。

    • 往路と同じく「Al Maha Lounge」で軽く食事。
      朝とはメニューが違っていました。

    • 1:40発の帰国フライトは古い機材で足元が窮屈。
      出発の約1時間後に1回目の機内食が出ました。

    • 到着の約3時間前に2回目の機内食。
      定刻通り16:55頃に到着し、旅を終えました。

    カンパラ人気旅行記ランキング2位(25件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用した交通施設

    カンパラ 交通施設ランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    ウガンダ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら1,760円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    カンパラ ホテル一覧へ

    mondoさん

    mondoさん 写真

    海外139カ国渡航

    国内37都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる