旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

シンガポール航空

Singapore Airlines

4.35

6 航空会社満足度ランキング(254件中)

海外航空券検索

出発地

目的地

往路出発日

※5日後以降の検索が可能です

復路出発日

座席クラス

大人 (18歳以上)

子ども(17歳以下)

※往路出発日時点の年齢を選択ください。

  • 子ども1

  • 子ども2

  • 子ども3

  • 子ども4

  • 子ども5

  • 子ども6

  • 子ども7

  • 子ども8

シンガポール航空 航空券

東京(羽田・成田)発 海外人気都市 最安値

4月22日更新時点(往復運賃)

シンガポール航空のクチコミ(449件)

みんなの満足度
4.35
コストパフォーマンス
3.74
接客対応
4.07
機内食・ドリンク
4.01
エンタメ(映画・音楽など)設備
3.98
座席・機内設備
4.00
日本語対応
3.57
  • 満足度の高いクチコミ:4点~(337件)

    トリップアドバイザーがワールドエアラインランキング2018BEST10を発表です。

    5.0

    旅行時期:2018/04(1ヶ月以内)

    最初にフォートラベルさん本当は今回は内容的に航空会社指定なしでクチコミしたかったです。ただそれではクチコミできなかったため1位のシンガポール航空でクチコミすることをお許しください。ほんとうは航空会社を比較して論じたいかたも... 
    続きを読む
    いると思うので指定なしでもクチコミできるようにされることをお勧めします。なお今回ももちろん1位のシンガポール航空はじめエミレーツ大韓航空など実際に搭乗しておりそれをもとにクチコミしてます。皆様大変更新が遅くなっていることをまずおわびします。 またほかの組織もランキングを発見した場合は載せますし世界の空港ランキングなどもあれば取り扱います。今回は全世界が対象です。 この記事については更新は遅いですが徐々にしていきますので宜しくお願いします。 トリップアドバイザーがワールドエアラインランキング2018BEST10を発表です。 https://www.tripadvisor.com/TravelersChoice-Airlines-a_Mode.expanded ただこのトリップアドバイザーのランキング一部はもちろん納得ですがちょっと順位おかしくないかなと思ったとこもあるので論じていきます。 1位シンガポール航空  2位 ニュージーランド航空 3位 エミレイツ航空 4位JAL 5位EVAAIR 6位サウスウエストエアラインズ 7位JET2 8位Qatar Airways 9位Azul 10位大韓航空 という順位でした。 1位シンガポールここは確かにアジアでは絶対ですね。東南アジアでは断トツの1位 ではないでしょうか。シンガポール便でもちろん乗りましたが大変快適でCAも感じよかったです。東南アジアの順位は自分的にはシンガポール航空>>タイ航空>キャセイパシフィック>マレーシア航空>ベトナム航空>>フィリピン航空だと個人的に思っています。ただ最近身近に航空評論家がいましてその人が言うには最近シンガポール航空はお客を機内に詰め込もうとして座席増やせて機内が狭くなっており評判もあきらかに5年前より落ちている3位のエミレーツか2位のニュージーランドと順位入れ替えが正しいとのこと。またシンガポール航空の系列でシルクエアーがあるがここはあまりらしいです。なおシンガポール航空は元々はマレーシア航空ここから独立して今のシンガポール航空はできたとか。以上です。 2位ニュージーランドここは乗ったことない。ただ航空評論家もこの順位は異論なしとのこと。成田羽田関西からオークランドまで直行便有り安全面サービス面いずれにおいても 優秀との評判ですね。 3位エミレーツここはいい。あのヨーロッパのマルタ共和国の際に乗りました。 ここは本当に良かった。航空評論家もこの順位が妥当と。ただ僕は個人的に 1位のシンガポールと3位エミレーツは順位入れ替えでもいいと思う。もちろん日本ドバイ便ですね。中東の航空会社の評判はのきなみいいですがここはそのなかでもだんとつ。 エコノミー利用でしたが快適でした。 4位JALここは僕も航空評論家も異論ありそもそもJALではなくANAなら納得だと。 後にのせる航空機関の今年のランキング1位はANAでした。JALも10位以内には入ってもいいが9位ぐらいが妥当かと。 5位EVAAIR エバー航空の評価は比較的高いレベルにあります。主要サイトの点数でも5点満点で4.1と上々の評価を得ており、英スカイトラックス社から「5スター」に認定されるなどプロの目から見ても高い評価を受けています。ただし、日本路線に関しては機材にバラつきがあるため一概に高くはありませんとのこと。日本と台湾をむすんでいます。 エバー航空は日本各地に就航しているため、使用する機材も多種多用です。もちろん機材というものは重要なポイントであり、大型機の満足度は高く小型機の満足度は低い傾向にあります。小型機の満足度が低い原因としてはシートにモニターがない点が大きいです。 満足度が高い: 787,777,A330 満足度が低い: A321 基本的に羽田向けには良い機材が使われていますが、成田や関空レベルであってもA321の運航があるため注意が必要です。また台北経由でヨーロッパへ行く場合には、長距離便ということもあり台北⇔ヨーロッパには良い機材が使われているため、その区間の満足はかなり高いです。 台湾におけるANAですここは。 6位サウスウエスト ここはアメリカの航空会社ではだんとつそれが証拠にATWランキングでも入ってますね。 ここは航空評論家もたいこばんです。 ■サウスウエスト航空(Southwest Airlines、WN) アメリカ合衆国の格安航空会社。1967年設立の古い会社で、テキサス州のダラス・ラブフィールド空港を拠点にしています。格安航空会社LCCの草分けとして知られていますが、今や路線網は全米屈指で、大手航空会社の顔も持ちます。ライアン航空と並び、世界最大規模の格安航空会社LCCの一つといえるでしょう。2012年にはスイスの航空輸送格付け機関から「世界で最も安全な航空会社」の10社のうちの1社に選定されています。 所要時間1時間程度の短距離路線が主力で、長距離路線は多くありません。機材は全てボーイング737型機で、737-300,737-500,737-700の亜種をそれぞれ揃えています。ボーイング737の総計は700機以上に及び、その数は世界最大だとか。平均機齢は10年前後で、それほど古くも新しくもありません。一部には古い機材も運用されています。LCCの中ではだんとつでしょう。◾機内サービスでソフトドリンクは無料。ピーナッツも出てくる。 ◾シートは革張りで座り心地は良い。 ◾シートピッチは普通。詰め込みではない。 ◾シートモニターなどはなし。エンタメは期待しない。 ◾全席自由席。追加料金を払えば優先搭乗は可能。 ◾機材は古いものが結構多い。 という意見も。 サウスウエスト航空は格安航空会社LCCの草分けとも言われる会社です。とはいえ、シートピッチは普通で、機内のドリンクサービスもあり、手荷物預けも基本的には別料金は不要です。こうしたサービスは既存航空会社(レガシーキャリア)的であり、むしろレガシーキャリアのサービスをシンプルにした航空会社といえます。 創業当初から定時運航を重視しており、定時性に対する評価は高くなっています。安全性も高く、死亡事故は2005年に起きたシカゴ空港でのオーバーランのみです。 7位JET2 ここはイギリスのLCCLCCの中では評価高い。 2002年に設立され、英国を拠点として欧州域内を広く運行している格安航空会社、JET2.com。 英国内7箇所の空港に乗り入れを行なっていることから、英国発着ヨーロッパ旅行に最適です。もちろん格安航空会社に分類されるため、航空券はナショナルフラッグキャリアと比べると桁違いに安く、そして意外なことにスタッフのホスピタリティも高め。 jet2.comというとウェブサイトのURLのようですが、これが航空会社名。英国内複数の空港を拠点に、主に英国より南部の欧州各国へ運行しています。 「Friendly low fares」をキャッチフレーズに2002年の設立から顧客数を伸ばしており、現在は年間に5万便程度、700万人以上の顧客を誇る大規模格安航空会社に発達しました。 Jet2.comは格安航空会社にしては珍しく、ボーイング737や757、エアバスA320など様々な種類の期待を保有しています。JET2はホスピタリティも定評があるのでイギリスからのほかのヨーロッパ都市への移動にはいかがですか? 8位Qatar Airways これまた中東カタールのエアライン国営。ドーハを拠点。ビジネスクラス世界一に認定されましたね。中東のエアラインは優秀ですね。 カタール航空はスカイトラックス社による名誉ある「ファイブスター・エアライン」(5つ星評価)の認定を受け、「一度は乗ってみたいエアライン」と評判の航空会社です。ゴージャスなビジネスクラスはもちろん、リーズナブルな運賃で乗れるエコノミークラスもお薦めです。2014年6月から羽田にも就航しましたね。 中東カタールの首都ドーハを拠点に国際線を運航する「カタール航空」は、世界約140都市へネットワークを持ち、今や中東を代表するエアラインです。ここもこの順位はな得です。 カタール航空は1997年、わずか4機の航空機で運航を始めました。その後、大きな経済発展により急成長を遂げ、運航機材が2003年には28機、2006年には50機というマイルストーンを達成。現在136機の航空機を保有しており、2012年に日本でも話題になった最新鋭のボーイング787旅客機を導入、2014年に総2階建ての超大型機材エアバスA380旅客機を導入するなど、新しい機材を次々に加え、安全性も高いと評判です。 今後、2015年までに170機の体制で、170都市以上の国際線ネットワークへと拡大する計画です。 カタール航空が日本に乗り入れたのは、2005年3月、関西空港と首都ドーハを結ぶ直行便でした。その後、2010年4月から成田空港に就航し、東京とドーハの直行便が開設されました。 2014年6月18日からは、待望の羽田空港への乗り入れを開始。最新機材であるボーイング787を投入し、今話題になっています。羽田からドーハまでの飛行時間は、約10時間半。 日本(羽田、成田、関西)に乗り入れているカタール航空の機材は、ビジネスとエコノミーの2クラス仕様になっています。そのため、ビジネスクラスの乗客には、ファーストクラスに近いハイグレードなサービスが提供されています。もちろん、日本人の客室乗務員も乗務しています。 ボーイング777-200LRのビジネスクラスの場合2-2-2の座席配列で、シートピッチ198cm、シート幅56cm、リクライニング180度(フルフラットベッド)、43cm個人用モニター、ヘットレスト、レッグレスト、フットレスト、シート内蔵マッサージ機能、座席装備の個人読書灯、電源コンセント、USBポートなどが装備されています。そして、持ち帰り可能なアイテムとして、コットン100%パジャマ、フェラガモ製アメニティキットなどを用意。 なお、最新機材ボーイング787の場合は、1-2-1の座席配列で、さらにシート幅が広く、快適性を高めたビジネスクラスになっています。787のみ機内Wi-Fi接続サービス(有料)にも対応。 カタール航空のビジネスクラスは、スカイトラックス社による「2013年ワールド・エアライン・アワード」において、「ベストビジネスクラス」部門第1位を受賞しました。スカイトラックス社は、毎年世界160ヶ国以上、約1800万人の乗客を対象にアンケートを行い、航空会社の評価を行っている権威あるイギリスのリサーチ会社です。 「ファイブスター・エアライン」に認定されたカタール航空のエコノミークラスは、世界のエアラインの中でも質の高いサービスを提供しており、次のような特徴を持っています。 ・機材が新しい(平均の機材年齢が4年以下)。 ・シートピッチ最大86cmのゆとりある空間。 ・日本路線ではアイマスクや歯磨きセット等が入ったアメニティキットを用意。 ・日本路線のミールサービスは、和食、洋食から選べる。ソフトドリンクやワインも無料で提供。 ・個人用モニター(Oryxエンターテイメント・システム)を全席に装備。映画、音楽、テレビ番組、ドキュメンタリーなど1,000を超えるプログラムを、好きなときに選べる。 ・無料受託手荷物は合計30kgまで(大西洋路線を除く)。機内持ち込み手荷物は1個まで、合計重量が7kgまで(大きさは50×37×25cm以内)。 これまで使われていた首都ドーハ空港に代わり、2014年5月27日、カタールに新たな首都空港が誕生し、運用を開始しました。ハマド国際空港(DOH)と名付けられ、空港の60%はアラビア湾の埋め立て地に建設されました。これにより巨大な中東のハブ空港となりました。 カタール航空の幅広いネットワークを利用し、日本からドーハを経由して、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南米など、世界の各地へ行くことができます。毎日運航されている日本からのフライトは全て早朝にドーハへ到着するため、世界の多くの都市へ当日の乗り継ぎが可能で、利便性が高いと言えます。 カタール航空は2013年10月30日に「ワンワールド」アライアンスに加盟しており、JAL(日本航空)をはじめ、世界を代表する13の航空会社のネットワークに接続しています。「ワンワールド」のフリークエント・フライヤー会員は、対象となるフライトを利用した際にマイル取得・交換ができるほか、アライアンス全体で様々な特典やサービスが受けられるのも魅力です。 世界に数多くあるエアラインの中でも、「ファイブスター・エアライン」の称号を受けたカタール航空は近年、人気上昇中。カタールは2022年FIFAワールドカップの開催国に選ばれ、ますます発展が見込まれる都市です。ドーハで観光するもよし、乗り継いで他の都市へ行くもよし。 評判のいいカタール航空を利用して、存分に世界旅行を楽しみましょう。 ※「ワンワールド」加盟の航空会社(2014年8月時点) エアベルリン、アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、イベリア航空、日本航空、ラン航空、マレーシア航空、カンタス航空、ロイヤルヨルダン航空、S7航空 皆さんEMIRATEもいいですがカタールもいかが? 9位Azul ここはブラジルのLCCLCCの中では良い方です。 アズールブラジル航空(Azul Brazilian Airlines・ポルトガル語: Azul Linhas Aéreas Brasileiras S/A)は、ブラジルのバルエリに拠点を置く格安航空会社である。 ただし、日本のLCCが極力サービスを削って価格を抑えているのに比べると、ブラジル版LCCはサービスが色々とついているという印象です。LCCだけどドリンクもスナックも。充実の機内サービスさて、ここからがブラジル版LCCの真骨頂。 なんとドリンク、スナックの配布があります。日本では少額といえどお金がかかるところ、無料はありがたいですね。特に機内は乾燥して喉が渇きますから。•Azulはなんと座席モニターがついている。ドラマや音楽を楽しめます。(無論ポル語ですが) なんとサン・パウロなら空港-市内間の無料バスサービスまで!これはすごい! さらにサン・パウロ限定ですが、空港から市内までの無料シャトルバスが出ています! しかもWifiサービス付きです。 ブラジル国内フライトなら利用されても良いかと。 10位大韓航空 当たり前ですが韓国ですね。韓国国営。 食事が美味しくて、キャビンアテンダントの方がとても親切でしたという意見が多かったです。大韓航空と言えば、やはり昔の事故を思い出す方も多いかもしれませんが、現在の大韓航空は多くの機体が新しくなった事もあって、安心して搭乗する事が出来ると思います。機内食も充実していて、その味はやはり賞を受賞しただけあって、美味しかったですといった評価が大半を占めていました。 キッズミール等、子供も喜ぶように考えられているあたりも、有難い事だと思います。 シートが狭かったという意見がある一方で、ゆったりしていたという意見もありましたので、感想は人それぞれといったところでしょうか。 大韓航空の2chの評判やクチコミを見てみると下記のような口コミが多かったです ・ブルーの制服が素敵でした。 ・日系の航空会社と比較すると、とても安かったです。 ・機内食の韓国料理が想像以上に美味しかったです。 ・キャビンアテンダントの方が皆さん一生懸命で、好感持てました。 ・値段の割にサービスが良くて、満足しました。 大韓航空と言えば事故が多いという印象を持っている人が多いかもしれませんが、サービスが良くてリピーターも多く、事故の話は遠い昔の話という印象を受けました。 スカイチームに加盟した後の大韓航空は事故もなく、安心して搭乗する事の出来る航空会社だと思います。 大韓航空のキャビンアテンダントの方は綺麗な方が多いという評判もとても多かったのも、気になるところです。 機内食も充実しているようですし、賞を受賞するあたりも素晴らしいと思います。 航空券も安く手に入り、充実したサービスが受けられるという事からも、リピーターの多さに納得する事が出来ると思います。 大きな事故を起こした際の世の中に与えたイメージダウンは大きかったのかもしれませんが、現在の大韓航空はそんなイメージを払拭させる事の出来る航空会社になったのではないでしょうか。 キャビンアテンダントの方への行き届いた教育、充実した食事、快適な空港設備からもそれが伝わってくるのではないでしょうか。 口コミの与える影響は大きいと思います。 良い内容の評判が多いのでまたハブ空港のインチョン空港が素晴らしい空港なのでここで乗り継いでアジア諸国ヨーロッパなどもありでしょう。 大韓航空の強みは、評価の高い機内サービスだと思います。 機内食におきましては、国際機内食協会によるオスカー賞と呼ばれるマーキュリー賞を2回も受賞しました。 他には長距離路線に強みがあって、アジアだけに止まらずアメリカやヨーロッパ、そしてアフリカにまで広がっています。 また、本社に企業教育が専門の教育センターが設置されている等、 全体的に勉強熱心な社員が多いです。 【社風、企業体質】 女性の社員が多くて、上下関係がはっきりしています。 また、メールのやり取りは韓国語も多く、語学の勉強をしている人が多いです。 ただここの経営陣はトラブルが多くナッツリターン姫事件もあり課題は多いです。 ただCAが日本語話せる人が多いのはいいですね。たしかにずっと前ソウル便利用しましたがそこそこ良かったです。 ただここは10位以内ではないと思います。航空評論家もせめて20位くらいだと。 またこのトリップアドバイザーのランキングではANAが入っていないことが一番の問題です。ATW今年の受賞はANAなのでこれはさすがにおかしいと思います。 今度はATWのランキングについて私見を述べたいと思います。 https://awards.atwonline.com/en/winners/2018-winners.html https://www.ana.co.jp/group/pr/201801/20180117.html もっとすごい組織ATWがあるらしい。今年はANAが1位をとったのでANAから僕に連絡がありました。 ここの情報は当たり前ですがトリップより参考になります。 ≪参考≫ 直近10年間の「Airline of the Year」受賞エアライン 2018年ANA 2017年 アメリカン航空 2016年 エディハド航空 2015年 サウスウェスト航空 2014年 デルタ航空 2013年 ANA 2012年 ニュージーランド航空 2011年 エミレーツ航空 2010年 ニュージーランド航空 2009年 アシアナ航空 2008年 シンガポール航空 なおANAの受賞は3回目らしい。ANAすごいわ。 こことトリップかぶってる航空会社がが本当にすごいと思います。 シンガポールニュージーランドサウスウエストが該当しますね。 この3つはすごいです。 
    閉じる

    hagychan

    hagychanさん(男性)

  • 満足度の低いクチコミ:~2.5点(26件)

    シンガポール航空ビジネスクラス 福岡→チャンギ

    2.5

    旅行時期:2017/12(約5ヶ月前)

    機内食。 2015年まではクリスマス期間は クリスマスバージョンの機内食が選択可だった。 2016年、2017年は日本発に関してはクリスマスメニューは無し(シンガポール航空カスタマーセンターにて確認済) ケ... 
    続きを読む
    ーキ(デザート)もクリスマスバージョンで無い。 なんだか寂しいクリスマス期間の日本発便。 
    閉じる

    shirotama

    shirotamaさん(非公開)

シンガポール航空 クチコミ一覧(449件)

シンガポール航空を利用した旅行記(58件)

シンガポール航空を利用した旅行記一覧(58件)

その安全性と高いレベルのサービス、そしてシンガポール以遠の豊富な就航路線数から、人気エアラインランキングの常連を維持。ロサンゼルス、バンコクへの直行便も運行。

航空会社名 シンガポール航空
英名 Singapore Airlines
国・航空会社コード シンガポール|2レター:SQ|3レター:SIA
マイレージプログラム クリスフライヤー
アライアンス スター アライアンス

※情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

シンガポール航空で行くおすすめ海外ツアー