羽黒・余目旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2日目の今日は、少し遠回りしながら 静岡へと帰る行程。せっかくなので 日本海を眺めたり、陸羽西線の鉄道代行バスを堪能しながら、帰静したいと思います。<br /><br />写真は余目駅前にて肩を並べる、陸羽西線の代行バス。陸羽西線は2024年度まで、鉄道の運行が休止となるそうです。。

【列島巡業031】ぐるりと羽越 [2日目]

67いいね!

2022/07/10 - 2022/07/10

16位(同エリア191件中)

0

30

あるき虫

あるき虫さん

2日目の今日は、少し遠回りしながら 静岡へと帰る行程。せっかくなので 日本海を眺めたり、陸羽西線の鉄道代行バスを堪能しながら、帰静したいと思います。

写真は余目駅前にて肩を並べる、陸羽西線の代行バス。陸羽西線は2024年度まで、鉄道の運行が休止となるそうです。。

PR

  • 朝、新潟駅にいます。静岡へ帰るのにまずは、羽越特急「いなほ1号」に乗って、余目を目指します。。

    朝、新潟駅にいます。静岡へ帰るのにまずは、羽越特急「いなほ1号」に乗って、余目を目指します。。

    新潟駅

  • 新潟駅を出発してからの車窓。さすがは米どころ、広がるは 見渡す限りの田園地帯。。

    新潟駅を出発してからの車窓。さすがは米どころ、広がるは 見渡す限りの田園地帯。。

  • 新発田からは羽越本線に入り、村上から先の車窓は日本海。岩礁が美しい、笹川流れを横目に。。

    新発田からは羽越本線に入り、村上から先の車窓は日本海。岩礁が美しい、笹川流れを横目に。。

    笹川流れ 自然・景勝地

  • 今回は、この蒼々とした日本海が見たくて、羽越本線のルートを選びました。在来線特急に揺られてのこの車窓、とても贅沢。。

    今回は、この蒼々とした日本海が見たくて、羽越本線のルートを選びました。在来線特急に揺られてのこの車窓、とても贅沢。。

  • 海辺を離れると、再び田んぼへ。庄内エリアも米どころのひとつですね。。

    海辺を離れると、再び田んぼへ。庄内エリアも米どころのひとつですね。。

  • 余目には、約2時間ほどで到着しました。跨線橋には「代行バス乗り場」の表示が。。

    余目には、約2時間ほどで到着しました。跨線橋には「代行バス乗り場」の表示が。。

    余目駅

  • 代行バスの停留所は、駅舎の目の前にありました。<br /><br />ちなみに陸羽西線の鉄道運休は、国道47号線のトンネル工事に起因します。工事区間が、陸羽西線の線路と国道の交錯地点に当たるため、安全確保のために鉄道を完全休止させているとのコト。。

    代行バスの停留所は、駅舎の目の前にありました。

    ちなみに陸羽西線の鉄道運休は、国道47号線のトンネル工事に起因します。工事区間が、陸羽西線の線路と国道の交錯地点に当たるため、安全確保のために鉄道を完全休止させているとのコト。。

  • さて代行バスの発車時刻までは、まだ小一時間ほど余裕があるので、少し余目の街を散策してみるとします。。

    さて代行バスの発車時刻までは、まだ小一時間ほど余裕があるので、少し余目の街を散策してみるとします。。

  • 駅近の路地へ。年季の入った建物。。

    駅近の路地へ。年季の入った建物。。

  • 昭和30年代くらいの建物でしょうか。界隈には、古い時代の建物が多数残っています。。

    昭和30年代くらいの建物でしょうか。界隈には、古い時代の建物が多数残っています。。

  • コチラは少しお洒落な、洋館風の邸宅。。

    コチラは少しお洒落な、洋館風の邸宅。。

  • そして「お買い物は 余目町から」。。<br />

    そして「お買い物は 余目町から」。。

  • さて界隈を徘徊していたら、とても大きな三角屋根を見つけました。JA山形の余目倉庫とのコトで、圧倒的な存在感。庄内米などの貯蔵施設なのでしょうか。。

    さて界隈を徘徊していたら、とても大きな三角屋根を見つけました。JA山形の余目倉庫とのコトで、圧倒的な存在感。庄内米などの貯蔵施設なのでしょうか。。

  • 目抜き通りへ出ていくと、これまた だいぶ年季の入った商店が。。

    目抜き通りへ出ていくと、これまた だいぶ年季の入った商店が。。

  • どこにでもありそうな商店街ですが、こうした街並も、いつ淘汰されてしまうか分かりません。今ある姿を丹念に、記録として収めていきました。。

    どこにでもありそうな商店街ですが、こうした街並も、いつ淘汰されてしまうか分かりません。今ある姿を丹念に、記録として収めていきました。。

  • さて、陸羽西線の代行バスに乗り込みます。やって来たのは、山形交通の観光バス。。

    さて、陸羽西線の代行バスに乗り込みます。やって来たのは、山形交通の観光バス。。

    余目駅

  • 運行番号156便、余目発11時20分の新庄行き。。<br />

    運行番号156便、余目発11時20分の新庄行き。。

    JR陸羽西線 (奥の細道最上川ライン) 乗り物

  • 代行バスは、陸羽西線の線路に沿って、主に国道47号線を走行します。余目からひと駅目の南野駅付近では、陸羽西線の車窓と同様、風力発電の風車がよく見えました。。

    代行バスは、陸羽西線の線路に沿って、主に国道47号線を走行します。余目からひと駅目の南野駅付近では、陸羽西線の車窓と同様、風力発電の風車がよく見えました。。

  • 山間部に進んでいくと、やがて国道は最上川と並行します。。

    山間部に進んでいくと、やがて国道は最上川と並行します。。

  • そして、所々で陸羽西線の線路に寄り添います。線路は既に錆びついており、軌道内には夏草も生い茂っています。。

    そして、所々で陸羽西線の線路に寄り添います。線路は既に錆びついており、軌道内には夏草も生い茂っています。。

  • 途中の古口駅ではトイレ休憩も兼ねて、3分間停車しました。。

    途中の古口駅ではトイレ休憩も兼ねて、3分間停車しました。。

    古口駅

  • 升形~新庄間で、バスは陸羽西線の踏切を渡ります。沿線のツタ植物が、だいぶ線路に はびこりつつあります。。

    升形~新庄間で、バスは陸羽西線の踏切を渡ります。沿線のツタ植物が、だいぶ線路に はびこりつつあります。。

  • 終点の新庄には、12時50分頃に到着しました。鉄道なら40分のところ、代行バスは90分かけての道程でした。。

    終点の新庄には、12時50分頃に到着しました。鉄道なら40分のところ、代行バスは90分かけての道程でした。。

    新庄駅

  • このあと、新庄での滞在時間は僅かしかなく、訪ねてみたかった急行食堂も、外観を眺めるだけに留めます。。

    このあと、新庄での滞在時間は僅かしかなく、訪ねてみたかった急行食堂も、外観を眺めるだけに留めます。。

    急行食堂 グルメ・レストラン

  • 駅前通りの風情は、こんな感じ。。

    駅前通りの風情は、こんな感じ。。

  • 振り返れば、清々しい夏空が。。

    振り返れば、清々しい夏空が。。

  • そうこうしているうちに、山形新幹線の発車時刻が迫ってきました。慌てて乗車ホームに駆け込みます。。

    そうこうしているうちに、山形新幹線の発車時刻が迫ってきました。慌てて乗車ホームに駆け込みます。。

    新庄駅

  • そして、13時18分発の「つばさ144号」に乗車。。

    そして、13時18分発の「つばさ144号」に乗車。。

    新庄駅

  • 帰路の車窓は、山形盆地の農村風景。。

    帰路の車窓は、山形盆地の農村風景。。

  • 車中では、売れ筋の駅弁「牛肉どまん中」を堪能しました。しお味です。<br /><br />食後、いつの間にか寝落ちしてしまい、目が覚めたら宇都宮付近を走行中…。この後、大宮と熱海で電車を乗り継いで、20時すぎには帰静しました。。

    車中では、売れ筋の駅弁「牛肉どまん中」を堪能しました。しお味です。

    食後、いつの間にか寝落ちしてしまい、目が覚めたら宇都宮付近を走行中…。この後、大宮と熱海で電車を乗り継いで、20時すぎには帰静しました。。

67いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP