奥出雲旅行記(ブログ) 一覧に戻る
吉田たたらへは二度目です。<br />今回は特別ミッションのため、再訪しました。<br /><br />三浦君はこの土蔵前に立ち田部家を望む姿勢で、<br />写真に写っています。<br />

あしあとを辿る旅 2 雲南吉田たたら おまけに亀嵩

17いいね!

2021/11/14 - 2021/11/14

50位(同エリア104件中)

0

51

yoyoma

yoyomaさん

吉田たたらへは二度目です。
今回は特別ミッションのため、再訪しました。

三浦君はこの土蔵前に立ち田部家を望む姿勢で、
写真に写っています。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
交通
5.0
同行者
友人
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 三良坂インターから島根自動車道を目指しました。<br />山里の秋の彩りを楽しむべく<br />それまでは山間を走ります。<br />

    三良坂インターから島根自動車道を目指しました。
    山里の秋の彩りを楽しむべく
    それまでは山間を走ります。

  • 雲南吉田で高速を下り、<br />たたらば壱番地で休憩後、吉田の街並みへ。

    雲南吉田で高速を下り、
    たたらば壱番地で休憩後、吉田の街並みへ。

  • 駐車場入り口には<br />たたらばの様子を描いたモニュメント。

    駐車場入り口には
    たたらばの様子を描いたモニュメント。

  • 吉田川沿いに立つお馬さん、馬の馬場像がお出迎え。<br />今回の旅の目的は、<br />三浦君のサインをフレームに収めること。

    吉田川沿いに立つお馬さん、馬の馬場像がお出迎え。
    今回の旅の目的は、
    三浦君のサインをフレームに収めること。

  • 水路に大きな鯉。

    水路に大きな鯉。

  • 地元の有力者が軒を連ねた街並みを歩き、<br />鉄の歴史博物館を目指します。

    地元の有力者が軒を連ねた街並みを歩き、
    鉄の歴史博物館を目指します。

  • 前回は土群の周りを歩いただけでした。

    前回は土群の周りを歩いただけでした。

  • 博物館へ到着し、博物館から田部家方向の景色。

    博物館へ到着し、博物館から田部家方向の景色。

  • 博物館内。<br />この石を眺める三浦君が日本製にも。

    博物館内。
    この石を眺める三浦君が日本製にも。

  • 昔の田部家の写真など、<br />当時の資料や道具が展示されています。

    昔の田部家の写真など、
    当時の資料や道具が展示されています。

  • 製鉄の様子を展示している二号館。<br /><br />現在二号館は改修中でしたが、<br />一応入館は可能です。

    製鉄の様子を展示している二号館。

    現在二号館は改修中でしたが、
    一応入館は可能です。

  • 二号館は鉄山経営と鍛冶集団をテーマにしています。

    二号館は鉄山経営と鍛冶集団をテーマにしています。

  • 職能集団の技などを紹介。

    職能集団の技などを紹介。

  • 当時の道具や写真。

    当時の道具や写真。

  • 一号館の入り口受付前の用具などの展示。<br />たたら操業を復元した際の記録映画を視聴するコーナーもあります。

    一号館の入り口受付前の用具などの展示。
    たたら操業を復元した際の記録映画を視聴するコーナーもあります。

  • 鉄の製造段階。

    鉄の製造段階。

  • この地域にあったたたら場を黄色の点が示しています。<br />建物が保存されているのは菅谷たたらだけです。

    この地域にあったたたら場を黄色の点が示しています。
    建物が保存されているのは菅谷たたらだけです。

  • ここは医師だった常松邸を改造して資料館として活用。

    ここは医師だった常松邸を改造して資料館として活用。

  • 奥へ行くと二号館。

    奥へ行くと二号館。

  • レトロな木造二階建て、商工会の建物。

    レトロな木造二階建て、商工会の建物。

  • 数百年にわたり鉄山を経営した田部家の土蔵群。

    数百年にわたり鉄山を経営した田部家の土蔵群。

  • 土蔵の間を歩いて行くと田部家。

    土蔵の間を歩いて行くと田部家。

  • 田部家正面の向かって右には見事な枝垂れ桜があります。

    田部家正面の向かって右には見事な枝垂れ桜があります。

  • むかいには、田部家の歴史、事業、製品を紹介する前綿屋鐵泉堂があり、<br />ここでも駐車できます。

    むかいには、田部家の歴史、事業、製品を紹介する前綿屋鐵泉堂があり、
    ここでも駐車できます。

  • 日本製、三浦君が訪ねた時のページ展示。

    日本製、三浦君が訪ねた時のページ展示。

  • 土蔵の西側には当時の労働者の宿舎だった建物。

    土蔵の西側には当時の労働者の宿舎だった建物。

  • 田部家は街並みの始点に鎮座しています。

    田部家は街並みの始点に鎮座しています。

  • 資料館の山内生活伝承館はたたら山内前の丘の上。<br />今回は外観だけ撮影。

    資料館の山内生活伝承館はたたら山内前の丘の上。
    今回は外観だけ撮影。

  • 菅谷たたら高殿内。<br />製鉄衰退した後も、<br />木炭倉庫などに使用され奇跡的に現存したとか。<br />

    菅谷たたら高殿内。
    製鉄衰退した後も、
    木炭倉庫などに使用され奇跡的に現存したとか。

  • スコップの横に砂鉄。

    スコップの横に砂鉄。

  • 1751年から1921年まで、<br />土で作った製鉄炉の中で砂鉄と木炭を燃やして鉄を作りました。

    1751年から1921年まで、
    土で作った製鉄炉の中で砂鉄と木炭を燃やして鉄を作りました。

  • 三浦君が撮影した場所で、砂鉄をすくう。

    三浦君が撮影した場所で、砂鉄をすくう。

  • 昨年、三浦君が出版した日本製は<br />日本全国47都道府県で継承したいものを一冊にまとめました。<br />ここ島根では、たたら製鉄を紹介し、<br />田部家、博物館、菅谷を訪ねています。

    昨年、三浦君が出版した日本製は
    日本全国47都道府県で継承したいものを一冊にまとめました。
    ここ島根では、たたら製鉄を紹介し、
    田部家、博物館、菅谷を訪ねています。

  • 受付にあったサインは、額に入ってなく、<br />マジックの劣化も激しかったので<br />天外者のフライヤと一緒に<br />フレームに入れさせていただきました。

    受付にあったサインは、額に入ってなく、
    マジックの劣化も激しかったので
    天外者のフライヤと一緒に
    フレームに入れさせていただきました。

  • 三浦君の旅のルート。

    三浦君の旅のルート。

  • たたら製鉄を行い、鉄づくりに従事した人たちが住んだ場所を総称し<br />山内(さんない)と呼ぶそうです。

    たたら製鉄を行い、鉄づくりに従事した人たちが住んだ場所を総称し
    山内(さんない)と呼ぶそうです。

  • 菅谷高殿には高殿様式が現存する全国で唯一のもの。<br />この周囲には大鋼場、鋼造場、元小屋、村下屋敷などが復原されています。

    菅谷高殿には高殿様式が現存する全国で唯一のもの。
    この周囲には大鋼場、鋼造場、元小屋、村下屋敷などが復原されています。

  • 高殿前の御神木、桂の木。

    高殿前の御神木、桂の木。

  • 吉田を発ち、亀嵩温泉を目指します。

    吉田を発ち、亀嵩温泉を目指します。

  • 道の駅おろちの里前,<br />314号線を走るのは二度目。

    道の駅おろちの里前,
    314号線を走るのは二度目。

  • 亀嵩駅に到着。

    亀嵩駅に到着。

  • お昼ご飯を食べ損ねていたので、<br />夕方になりますが、ここでお蕎麦にありつけました。

    お昼ご飯を食べ損ねていたので、
    夕方になりますが、ここでお蕎麦にありつけました。

  • 松本清張の砂の器で有名な亀嵩。

    松本清張の砂の器で有名な亀嵩。

  • 勿論無人駅ですが、<br />駅舎内にあるこのお蕎麦屋さん、扇屋を目指してくる人が多い様で、<br />この時間でも順番待ちでした。<br />https://www.kamedakesoba.jp

    勿論無人駅ですが、
    駅舎内にあるこのお蕎麦屋さん、扇屋を目指してくる人が多い様で、
    この時間でも順番待ちでした。
    https://www.kamedakesoba.jp

  • 数時間に一本しか走らない木次線。

    数時間に一本しか走らない木次線。

  • 奇跡的に電車が走る時間にストライク。

    奇跡的に電車が走る時間にストライク。

  • 扇屋店内には、たくさんサインが飾ってありました。

    扇屋店内には、たくさんサインが飾ってありました。

  • 東山さんも砂の器のリメイク版に出演したようです。

    東山さんも砂の器のリメイク版に出演したようです。

  • 新蕎麦の季節、釜揚げ蕎麦。

    新蕎麦の季節、釜揚げ蕎麦。

  • 最後に亀嵩温泉、玉峰山荘で外湯に浸かりました。<br />源泉は20度程度で沸かしているようです。

    最後に亀嵩温泉、玉峰山荘で外湯に浸かりました。
    源泉は20度程度で沸かしているようです。

  • 温泉前の道の駅、酒蔵奥出雲交流館を車内から撮影し<br />本日の旅終了、帰りは高野から松江自動車道に乗りました。

    温泉前の道の駅、酒蔵奥出雲交流館を車内から撮影し
    本日の旅終了、帰りは高野から松江自動車道に乗りました。

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集