カンクン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
皆様こんにちは、ウォータースポーツカンクンの店長吉田です。<br /><br />今日はいきなり店長日記スタートです(笑)<br /><br />11月12日現在、公式には31個目、名前がつく熱帯低気圧では30個目という過去100年で最多となるハリケーンが観測されている。既に11月も中旬になっているというのに、未だに低気圧が発生するというのは、それだけ水温が下がらないからで、地球温暖化が決して陰謀でも思い過ごしでもない現実であることを示している。<br /><br />それにしても、11月半ばに発生するハリケーンとは将に異常事態で、10月20日以降の2週間で5つも立て続けに乱発状態に加速している。しかも、水温が下がって落ち着くかと思えば、意に反して巨大化する傾向が未だに続いており、この異常気象が来年度まで引き継がれない事を切に願うばかりである。とはいえ、今は31個目の熱帯低気圧の行方が先なのだけれど。。。<br /><br />さて、もう最近はあまり頻繁にデータを見なくなったので、これ本当は月初に投稿すべく書き溜めていたブログの中からデータだけ抜き出してみる。10日前のデータなので、今はもっと増えているけれど、悪しからず。<br /><br />メキシコ: 11月1日現在<br /><br />感染者累計 929,392名<br />死者累計 91,895名<br />回復者累計 682,044名<br /><br />死亡率が9.88%と高止まりしているままなのが分かると思う。<br /><br />で、目を転じて、世界一のコロナ感染者数を誇るお隣アメリカはどうかというと<br /><br />アメリカ合衆国:11月1日現在<br /><br />感染者累計 9,487,088名<br />死者累計 236,564名<br />回復者累計 6,109,683名<br /><br />一見して感染者の数が10倍のアメリカとの死者の差が2.5倍しか違わないのが分かると思う。ちなみに、アメリカの死亡率は2.45%だ。<br /><br />この致死率の高止まりは、本日のニュースで世界一の致死率という不名誉な形で世界に向けて発信されてしまった(汗)まったく、これではいつまでたっても、日本の外務省が渡航自粛を解除することはなさそうだが、事実なのだから仕方がない。<br /><br />このデータから言える事は、メキシコ人はよほど悪化しないと病院にはかからないという事だ。無症状や軽症の場合は、そのまま自粛もしないで仕事に出掛けてしまう。働かなければ生活に困窮してしまうし、無症状なのに、わざわざ検査をして万が一陽性にでもなったら、自分の生活が一気に窮乏するのは目に見えているからだ。<br /><br />結果的に、検査数は延びず、はっきりとそれと分かる状況になって初めて受診をするもんだから、陽性と診断される時には重症化している率も、当然ながら致死率も高くなる。<br /><br />その結果が上記の数字に表れていると言う事だ。これをどう考えるか。。。ボクの個人的な見解を述べさせてもらうなら、こんなメキシコで、いくら感染率が下がって政府独自の目安に基づいた警戒レベルを発表し、グリーンになったと発表されようが、どうしたって信用が出来ないという事だ。第三国の実情を考えれば、コロナなんかより、生きていくための仕事が最優先なのは間違いない。<br /><br />その上で、倫理観がそもそも低い民度のメキシコで、どうしてそこに秩序を求めようというのかという話だ。未だ、カンクンのあるキンタナロー州は警戒レベルは4段階の3のままなのだれど、州政府はそれを経済優先にする為2と発表し、自治区としてはかなり緩和された状態に戻っている。問題はこの事実を知ってか知らずか、街の中ではもはやコロナが終わったかのように気にしない人が増え始めているという事だ。繰り返すが、未だメキシコ政府はキンタナロー州は4段階の内の3という危険レベルの認識であるという事だ。<br /><br />今週火曜日から、子供の学校がクラスを週一日だけ登校に試験的に開始した。リモートでは問題が多く、また子供同士のコミュニケーションもままならず、多感なこの時期に情操教育上問題があるという事もあるし、そもそも子供の通う学校は一クラス10名程度しかいない事もあるので、ソーシャルディスタンスは問題がないという認識の元、クラス再開の舵を切ったわけだ。ボク自身、子供を見ていると密なマンモス校とは違いウチの学校は厳重に注意をすれば大丈夫なのではないか、、、と思っていた部分もあり、今週の初登校には子供を行かせた。<br /><br />その日、父母を集めたミーティングがあったので出席したのだれど、驚いたのは、来ていた親御さん11名の内、僕を含めて3人しかマスクをしていなかったという事だ。驚いたのは、ミーティングの進行役をつとめた教師までがマスクをしていないのである。教室ではしていますと言ったし、学校の関係者やスタッフは皆マスクをしていたけれど、今の現状を正しく理解していない父兄が多い事に驚かされたのです。<br /><br />正直、これで果たして、子供を週1とはいえ、危険にさらす事にならないのか、不安になったのは言うまでもなく、希望があれば、そのままリモートを続ける事も出来るので、今、思案に暮れている。<br /><br />そんな父兄の知人からまた気持ちを逆撫でようなメッセージが届いた。<br /><br />曰く、往診してくれる良い医者がいる。良い薬もあるから、コロナにかかっても問題ない。何の心配も無用だ。メッセージにはそう書かれていて、子供の誕生会をやるから来てくれという招待の話だった。<br /><br />申し訳ないが、この憶測だけで大丈夫だと信じてしまう精神構造がこの国の多くの人の根底にあるのだとしたら、とてもではないけれど、コロナが早急に収まると言う事はないだろう。お隣のアメリカでは一日で98000人も感染し第二波といわれている。日本では三波というニュースを見たけれど、こっちは未だ二波でしかないのだ。。。<br /><br />暗いニュースばかりに頭が痛くて、もう最近は、ひたすら自粛を続け、外食もせず、料理の腕ばかり上がって仕方がない。<br /><br />あまりの自炊も気が滅入るから、先日コロナ前には良く出かけた料理屋に出掛けてみたのだれど、あまりの質の低下に憤慨させられた。売り上げが下がり経費を削るにあたって、元々安い人件費は削れないので、勢い原材料費を削るという暴挙に出た結果だ。あまりの違いに驚いたが、人員も最小限になっていてなんとレストランなのにワンオペだった。しかも、客引きまでやっているから、注文を受けてからも、そのまま客引きを続け、厨房にまったく動きがなく、、、人の気配がないので、のぞき込んだら誰もいない。<br /><br />おいおい、、、と驚いて席に戻っていぶかしんでいると、客引きをしながら注文を受けたメセーロが、今度はそのまま厨房に入って調理を始めたのだ。。。調理を始めるまでに注文を受けてから15分は経過していた。そんな状態だから、料理が出て来たのは30分も優に超えていた。そのくせ、出て来た料理は素人が作ったのかという酷いもの。ウェイターが見よう見まねで作ったのではないかという代物だった。コロナ前に家族で出かけた同じ店とは思えなかった。。。<br /><br />とにかく、現状は表向きは平静を取り戻し、にぎやかさを取り戻したように見えるカンクンだけれど、内実はかなりひどい状態であるということだ。こんなところに、大切なボクのお客様に対しておいでとはとても言える状態ではない。こんなことを書くと自分で自分の首を絞めているようだけれど、それが事実なのだから仕方がない。下手な事を言って、その言葉を信じていらしたお客さんが、僕と同じ思いをすると考えるとぞっとする。そのお客さんは二度とカンクンには来なくなる。<br /><br />そういう先をちゃんと見こせば今、自分がするべきことはなにかは見えてくるだろう。<br /><br />目先の売り上げや生活費を求めて出任せの今を取り繕うだけの嘘を言う事だけは絶対にしたくない。よって、僕は、本当に大丈夫だと思えるまでは、しつこいくらいに、カンクンには来るなと書き続けるのである。<br /><br />さて、ずいぶんと愚痴が先行してしまった。何か気持ちが明るくなる話題を探して、そんな話題があったらブログに書こうと思っていたら、前回のブログから2カ月近く経過してしまった。それだけ、何も明るい話題がなかったという事だ。残念ながら。<br /><br />直撃したハリケーンは、内陸にも甚大な被害をもたらし、ピンクレイクも崩壊したと連絡が来た。途中の道が分断し通行止めになったりもしている。ピンクレイクについては、年内は絶望的だという回答で弊社でも本ツアーについては受付を見送っている。<br /><br />チチェンイッツァ遺跡の来訪者数は一日2万人まで戻っている。ただし、8割がメキシコ人観光客だ。元々は一日8万人来訪していたので、4分の1だが、その上インバウンドはその内の2割、それもほぼアメリカ人だという事だ。世界遺産のチチェンイッツア遺跡でこれだから、他の遺跡は言わずもがな。どこも、閑古鳥が鳴いている。とはいえ、メキシコ国内旅行者はそこそこ盛り返しており、飲食店も、シティの方では既に80%戻ったという店の話も聞いている。<br /><br />とにかく、メキシコは今は国内の感染者急増を無視して経済優先に舵をとっているので、自国内で帰結する内需に頼る状態がしばらく続くのではないかと思う。ボク自身も、あまりに長引くようであれば、日本への一時帰国を考えなくてはならないと考えているところなんだけれど、そうだ、カンクンの話題ではなく、ボクの地元の石川県は、美川という町が実にマニアックで素敵な場所なので、カンクンに来る予定だった方は、是非目線を変えて、石川県の金沢や、ボクの地元美川に是非いらしてみて欲しいと思います。<br /><br />知人が民泊をやっているのだけれど、コロナ前にはヨーロッパなどからもお客さんが来ていたそうだ。鉱泉を源泉にする黒い温泉で有名な美川温泉なんかもいいし、釣りも出来るし、地元の小料理屋で一杯やるのも楽しい。お土産は「あら与」のフグの肝を塩漬けにしたものがおススメですよ。まぁ、でも、ちょっとコアすぎるから金沢の方が観光としては楽しめるかな(笑)<br /><br />あと、石川県は温泉が多いので、山中温泉とか、七尾の和倉温泉や奥能登もこれからは実に風情があっていいと思う。冬は寒ブリにぶり大根、僕は季節に関係なく治部煮がお気に入りです。<br /><br />おっと、カンクンとは話題が別に向いてしまったけれど、どうか皆様の素敵な一日を心からお祈りいたしております。<br /><br />次はいつ更新出来るかなぁ。。。(苦笑)<br /><br />店長吉田拝<br /><br />PS.ブログの内容が暗いので、写真だけは明るい奴にしようと表題の写真は先月10月中旬、ハリケーンデルタ直撃前に、シルクドソレイユの皆さんと親睦会をやった時のものにしました。場所は、シルクの寮(笑)もちろん、皆、手洗い等徹底したのは言うまでもありません。<br />

■カンクン発■コロナ致死率世界第一位とハリケーン最多記録更新By ウォータースポーツカンクン店長吉田

4いいね!

2020/11/12 - 2020/11/12

1246位(同エリア1765件中)

0

5

watersportscancun

watersportscancunさん

皆様こんにちは、ウォータースポーツカンクンの店長吉田です。

今日はいきなり店長日記スタートです(笑)

11月12日現在、公式には31個目、名前がつく熱帯低気圧では30個目という過去100年で最多となるハリケーンが観測されている。既に11月も中旬になっているというのに、未だに低気圧が発生するというのは、それだけ水温が下がらないからで、地球温暖化が決して陰謀でも思い過ごしでもない現実であることを示している。

それにしても、11月半ばに発生するハリケーンとは将に異常事態で、10月20日以降の2週間で5つも立て続けに乱発状態に加速している。しかも、水温が下がって落ち着くかと思えば、意に反して巨大化する傾向が未だに続いており、この異常気象が来年度まで引き継がれない事を切に願うばかりである。とはいえ、今は31個目の熱帯低気圧の行方が先なのだけれど。。。

さて、もう最近はあまり頻繁にデータを見なくなったので、これ本当は月初に投稿すべく書き溜めていたブログの中からデータだけ抜き出してみる。10日前のデータなので、今はもっと増えているけれど、悪しからず。

メキシコ: 11月1日現在

感染者累計 929,392名
死者累計 91,895名
回復者累計 682,044名

死亡率が9.88%と高止まりしているままなのが分かると思う。

で、目を転じて、世界一のコロナ感染者数を誇るお隣アメリカはどうかというと

アメリカ合衆国:11月1日現在

感染者累計 9,487,088名
死者累計 236,564名
回復者累計 6,109,683名

一見して感染者の数が10倍のアメリカとの死者の差が2.5倍しか違わないのが分かると思う。ちなみに、アメリカの死亡率は2.45%だ。

この致死率の高止まりは、本日のニュースで世界一の致死率という不名誉な形で世界に向けて発信されてしまった(汗)まったく、これではいつまでたっても、日本の外務省が渡航自粛を解除することはなさそうだが、事実なのだから仕方がない。

このデータから言える事は、メキシコ人はよほど悪化しないと病院にはかからないという事だ。無症状や軽症の場合は、そのまま自粛もしないで仕事に出掛けてしまう。働かなければ生活に困窮してしまうし、無症状なのに、わざわざ検査をして万が一陽性にでもなったら、自分の生活が一気に窮乏するのは目に見えているからだ。

結果的に、検査数は延びず、はっきりとそれと分かる状況になって初めて受診をするもんだから、陽性と診断される時には重症化している率も、当然ながら致死率も高くなる。

その結果が上記の数字に表れていると言う事だ。これをどう考えるか。。。ボクの個人的な見解を述べさせてもらうなら、こんなメキシコで、いくら感染率が下がって政府独自の目安に基づいた警戒レベルを発表し、グリーンになったと発表されようが、どうしたって信用が出来ないという事だ。第三国の実情を考えれば、コロナなんかより、生きていくための仕事が最優先なのは間違いない。

その上で、倫理観がそもそも低い民度のメキシコで、どうしてそこに秩序を求めようというのかという話だ。未だ、カンクンのあるキンタナロー州は警戒レベルは4段階の3のままなのだれど、州政府はそれを経済優先にする為2と発表し、自治区としてはかなり緩和された状態に戻っている。問題はこの事実を知ってか知らずか、街の中ではもはやコロナが終わったかのように気にしない人が増え始めているという事だ。繰り返すが、未だメキシコ政府はキンタナロー州は4段階の内の3という危険レベルの認識であるという事だ。

今週火曜日から、子供の学校がクラスを週一日だけ登校に試験的に開始した。リモートでは問題が多く、また子供同士のコミュニケーションもままならず、多感なこの時期に情操教育上問題があるという事もあるし、そもそも子供の通う学校は一クラス10名程度しかいない事もあるので、ソーシャルディスタンスは問題がないという認識の元、クラス再開の舵を切ったわけだ。ボク自身、子供を見ていると密なマンモス校とは違いウチの学校は厳重に注意をすれば大丈夫なのではないか、、、と思っていた部分もあり、今週の初登校には子供を行かせた。

その日、父母を集めたミーティングがあったので出席したのだれど、驚いたのは、来ていた親御さん11名の内、僕を含めて3人しかマスクをしていなかったという事だ。驚いたのは、ミーティングの進行役をつとめた教師までがマスクをしていないのである。教室ではしていますと言ったし、学校の関係者やスタッフは皆マスクをしていたけれど、今の現状を正しく理解していない父兄が多い事に驚かされたのです。

正直、これで果たして、子供を週1とはいえ、危険にさらす事にならないのか、不安になったのは言うまでもなく、希望があれば、そのままリモートを続ける事も出来るので、今、思案に暮れている。

そんな父兄の知人からまた気持ちを逆撫でようなメッセージが届いた。

曰く、往診してくれる良い医者がいる。良い薬もあるから、コロナにかかっても問題ない。何の心配も無用だ。メッセージにはそう書かれていて、子供の誕生会をやるから来てくれという招待の話だった。

申し訳ないが、この憶測だけで大丈夫だと信じてしまう精神構造がこの国の多くの人の根底にあるのだとしたら、とてもではないけれど、コロナが早急に収まると言う事はないだろう。お隣のアメリカでは一日で98000人も感染し第二波といわれている。日本では三波というニュースを見たけれど、こっちは未だ二波でしかないのだ。。。

暗いニュースばかりに頭が痛くて、もう最近は、ひたすら自粛を続け、外食もせず、料理の腕ばかり上がって仕方がない。

あまりの自炊も気が滅入るから、先日コロナ前には良く出かけた料理屋に出掛けてみたのだれど、あまりの質の低下に憤慨させられた。売り上げが下がり経費を削るにあたって、元々安い人件費は削れないので、勢い原材料費を削るという暴挙に出た結果だ。あまりの違いに驚いたが、人員も最小限になっていてなんとレストランなのにワンオペだった。しかも、客引きまでやっているから、注文を受けてからも、そのまま客引きを続け、厨房にまったく動きがなく、、、人の気配がないので、のぞき込んだら誰もいない。

おいおい、、、と驚いて席に戻っていぶかしんでいると、客引きをしながら注文を受けたメセーロが、今度はそのまま厨房に入って調理を始めたのだ。。。調理を始めるまでに注文を受けてから15分は経過していた。そんな状態だから、料理が出て来たのは30分も優に超えていた。そのくせ、出て来た料理は素人が作ったのかという酷いもの。ウェイターが見よう見まねで作ったのではないかという代物だった。コロナ前に家族で出かけた同じ店とは思えなかった。。。

とにかく、現状は表向きは平静を取り戻し、にぎやかさを取り戻したように見えるカンクンだけれど、内実はかなりひどい状態であるということだ。こんなところに、大切なボクのお客様に対しておいでとはとても言える状態ではない。こんなことを書くと自分で自分の首を絞めているようだけれど、それが事実なのだから仕方がない。下手な事を言って、その言葉を信じていらしたお客さんが、僕と同じ思いをすると考えるとぞっとする。そのお客さんは二度とカンクンには来なくなる。

そういう先をちゃんと見こせば今、自分がするべきことはなにかは見えてくるだろう。

目先の売り上げや生活費を求めて出任せの今を取り繕うだけの嘘を言う事だけは絶対にしたくない。よって、僕は、本当に大丈夫だと思えるまでは、しつこいくらいに、カンクンには来るなと書き続けるのである。

さて、ずいぶんと愚痴が先行してしまった。何か気持ちが明るくなる話題を探して、そんな話題があったらブログに書こうと思っていたら、前回のブログから2カ月近く経過してしまった。それだけ、何も明るい話題がなかったという事だ。残念ながら。

直撃したハリケーンは、内陸にも甚大な被害をもたらし、ピンクレイクも崩壊したと連絡が来た。途中の道が分断し通行止めになったりもしている。ピンクレイクについては、年内は絶望的だという回答で弊社でも本ツアーについては受付を見送っている。

チチェンイッツァ遺跡の来訪者数は一日2万人まで戻っている。ただし、8割がメキシコ人観光客だ。元々は一日8万人来訪していたので、4分の1だが、その上インバウンドはその内の2割、それもほぼアメリカ人だという事だ。世界遺産のチチェンイッツア遺跡でこれだから、他の遺跡は言わずもがな。どこも、閑古鳥が鳴いている。とはいえ、メキシコ国内旅行者はそこそこ盛り返しており、飲食店も、シティの方では既に80%戻ったという店の話も聞いている。

とにかく、メキシコは今は国内の感染者急増を無視して経済優先に舵をとっているので、自国内で帰結する内需に頼る状態がしばらく続くのではないかと思う。ボク自身も、あまりに長引くようであれば、日本への一時帰国を考えなくてはならないと考えているところなんだけれど、そうだ、カンクンの話題ではなく、ボクの地元の石川県は、美川という町が実にマニアックで素敵な場所なので、カンクンに来る予定だった方は、是非目線を変えて、石川県の金沢や、ボクの地元美川に是非いらしてみて欲しいと思います。

知人が民泊をやっているのだけれど、コロナ前にはヨーロッパなどからもお客さんが来ていたそうだ。鉱泉を源泉にする黒い温泉で有名な美川温泉なんかもいいし、釣りも出来るし、地元の小料理屋で一杯やるのも楽しい。お土産は「あら与」のフグの肝を塩漬けにしたものがおススメですよ。まぁ、でも、ちょっとコアすぎるから金沢の方が観光としては楽しめるかな(笑)

あと、石川県は温泉が多いので、山中温泉とか、七尾の和倉温泉や奥能登もこれからは実に風情があっていいと思う。冬は寒ブリにぶり大根、僕は季節に関係なく治部煮がお気に入りです。

おっと、カンクンとは話題が別に向いてしまったけれど、どうか皆様の素敵な一日を心からお祈りいたしております。

次はいつ更新出来るかなぁ。。。(苦笑)

店長吉田拝

PS.ブログの内容が暗いので、写真だけは明るい奴にしようと表題の写真は先月10月中旬、ハリケーンデルタ直撃前に、シルクドソレイユの皆さんと親睦会をやった時のものにしました。場所は、シルクの寮(笑)もちろん、皆、手洗い等徹底したのは言うまでもありません。

PR

  • ピンクレイクへと続く道は二度のハリケーン直撃で壊滅。しかも、今は三個目の行方が心配。。。

    ピンクレイクへと続く道は二度のハリケーン直撃で壊滅。しかも、今は三個目の行方が心配。。。

  • 2005年のウィルマ被災の時も同じだった。もっと酷かったけれど。道路が冠水し、水が全く引かないので、こうして埋め立てをして急場をしのぐ。

    2005年のウィルマ被災の時も同じだった。もっと酷かったけれど。道路が冠水し、水が全く引かないので、こうして埋め立てをして急場をしのぐ。

  • それにしても酷い状態。

    それにしても酷い状態。

  • ピンクレイクなう<br /><br />本年度一杯は復活しないとの予測。。。

    ピンクレイクなう

    本年度一杯は復活しないとの予測。。。

  • 5つ前のハリケーンデルタでの被害の一部。カテゴリー4にまで発達したのに、上陸直前カテゴリー2に下がったので助かった。将に奇跡のようだったけれど、それでも、そこそこの被害が出た。この後、EPSILON、ZETA(直撃)、ETA(掠めていった)、THETAと発生して、今、まだ名前がついていない低気圧が発達中。もういい加減にしてほしい。。。(涙)

    5つ前のハリケーンデルタでの被害の一部。カテゴリー4にまで発達したのに、上陸直前カテゴリー2に下がったので助かった。将に奇跡のようだったけれど、それでも、そこそこの被害が出た。この後、EPSILON、ZETA(直撃)、ETA(掠めていった)、THETAと発生して、今、まだ名前がついていない低気圧が発達中。もういい加減にしてほしい。。。(涙)

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

メキシコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
メキシコ最安 630円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

メキシコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集