御茶ノ水・本郷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年中国 湖北省 武漢で発生したCovid-19(新型コロナウィルス感染症)は世界中に感染者を広げ、遂にはパンデミック(世界的大流行)に陥りました。<br />日本でも『新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言』が発令され、社会人生活約30年で初めて経験した一ヶ月以上の自宅テレワーク。<br />ゴールデンウィークも殆ど家に篭り切りで、最近撮った外出の写真を眺める毎日でした。<br />この間に2月にふらっと立ち寄った東大病院併設の『健康と医学の博物館』の写真が何枚か出てきたので、紹介がてら『この先どうするかな~』なんて考えます。<br />事実に基づいていますが、あくまで私見です。決して上から目線のつもりはありませんし、不安を煽るつもりもありません。その辺りご理解頂きたく・・・。

健康と医学の博物館にて

12いいね!

2020/02/10 - 2020/02/10

205位(同エリア495件中)

0

4

TaxNaX

TaxNaXさん

2019年中国 湖北省 武漢で発生したCovid-19(新型コロナウィルス感染症)は世界中に感染者を広げ、遂にはパンデミック(世界的大流行)に陥りました。
日本でも『新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言』が発令され、社会人生活約30年で初めて経験した一ヶ月以上の自宅テレワーク。
ゴールデンウィークも殆ど家に篭り切りで、最近撮った外出の写真を眺める毎日でした。
この間に2月にふらっと立ち寄った東大病院併設の『健康と医学の博物館』の写真が何枚か出てきたので、紹介がてら『この先どうするかな~』なんて考えます。
事実に基づいていますが、あくまで私見です。決して上から目線のつもりはありませんし、不安を煽るつもりもありません。その辺りご理解頂きたく・・・。

PR

  • 東大病院の南側に道を挟んで隣接する南研究棟。<br />その一階の中庭の奥に博物館の入口があります。<br />入館料は何と無料。<br /><br />訪問の約1ヶ月後にリニューアル工事に入り4月に再オープンの筈でしたが、Covid-19の影響で投稿日時点で工事は未だ中断中です。<br /><br />====================<br /><br />新型コロナウィルスはSARS(重症急性呼吸器症候群)ウィルス『SARS-CoV』の兄弟種である事から、ウィルス名は『SARS-CoV-2』です。<br />・ウィルス名:SARS-CoV-2<br />・SARS-CoV-2による感染症名 : Covid-19<br />正確に記述したい一方で誤解を招く事も避けたいので、ここではウィルス名は用いず感染症名の『Covid-19』を用います。<br />

    東大病院の南側に道を挟んで隣接する南研究棟。
    その一階の中庭の奥に博物館の入口があります。
    入館料は何と無料。

    訪問の約1ヶ月後にリニューアル工事に入り4月に再オープンの筈でしたが、Covid-19の影響で投稿日時点で工事は未だ中断中です。

    ====================

    新型コロナウィルスはSARS(重症急性呼吸器症候群)ウィルス『SARS-CoV』の兄弟種である事から、ウィルス名は『SARS-CoV-2』です。
    ・ウィルス名:SARS-CoV-2
    ・SARS-CoV-2による感染症名 : Covid-19
    正確に記述したい一方で誤解を招く事も避けたいので、ここではウィルス名は用いず感染症名の『Covid-19』を用います。

    健康と医学の博物館 美術館・博物館

    実生活で役立つ企画展が有益 by TaxNaXさん
  • 写真は糖尿病の食事対策についての展示。<br />この博物館の約半分は東大医学部の研究業績や出身者についての常設展ですが、このような実生活寄りの分かり易い企画展もあります。<br /><br />====================<br /><br />職場の事情でCDC(アメリカ疾病予防管理センター)やJAMA(米国医師会雑誌)のレポートを読む機会があります。(英語に堪能な同僚の日本語要約付)<br />以下の記事は2月下旬のJAMAのもので、この時点アメリカではCovid-19よりインフルエンザの方が人的被害が桁違いに大きいと報告されています。<br />https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2762386<br /><br />この時点で社内では、決して過剰な反応はせずインフルエンザの感染防止策を徹底するよう通達がありました。<br />本来はこれで正しいのだと思います。<br />マスク着用による飛沫感染の予防、手洗いの励行による間接的な感染予防、濃密接触の回避など、現時点でも重要な感染拡大の防止策はインフルエンザと同じです。<br />違うのは『ワクチンが存在しない』と言う点で、一旦感染が拡大すると通常では止める術がありません。ここが最も恐ろしいところでしょう。

    写真は糖尿病の食事対策についての展示。
    この博物館の約半分は東大医学部の研究業績や出身者についての常設展ですが、このような実生活寄りの分かり易い企画展もあります。

    ====================

    職場の事情でCDC(アメリカ疾病予防管理センター)やJAMA(米国医師会雑誌)のレポートを読む機会があります。(英語に堪能な同僚の日本語要約付)
    以下の記事は2月下旬のJAMAのもので、この時点アメリカではCovid-19よりインフルエンザの方が人的被害が桁違いに大きいと報告されています。
    https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2762386

    この時点で社内では、決して過剰な反応はせずインフルエンザの感染防止策を徹底するよう通達がありました。
    本来はこれで正しいのだと思います。
    マスク着用による飛沫感染の予防、手洗いの励行による間接的な感染予防、濃密接触の回避など、現時点でも重要な感染拡大の防止策はインフルエンザと同じです。
    違うのは『ワクチンが存在しない』と言う点で、一旦感染が拡大すると通常では止める術がありません。ここが最も恐ろしいところでしょう。

  • これはウィルスのガラス模型。<br />ここでコロナウィルスが展示されていたらびっくりですが、天然痘ウィルス、インフルエンザウィルス、PHVでした。<br /><br />====================<br /><br />パンデミックで真っ先に思い付くのが、学生の頃に習ったペスト(黒死病)とスペイン風邪。<br />CDCのWEBサイトでPandemicを調べると The 1918 influenza pandemic、いわゆるスペイン風邪についての記述が見つかります。<br />https://www.cdc.gov/flu/pandemic-resources/1918-commemoration/three-waves.htm<br /><br />このページの中ほどに米国での死者数推移グラフがありますが、スペイン風邪には三つの波がある事が示されています。<br />かなりセンセーショナルなグラフですが、当時流行の第一波はまだ『兆し』だったと言う事です。<br />勿論当時より医療技術は格段に進歩しているので、これがそのまま現代に当て嵌まる訳ではありません。しかし無策だと更に大きな流行の波が到来する可能性をこのグラフは示唆しています。<br /><br />感染の拡大について、人口増加や移動の長距離化・短時間化など1918年当時より不利な点はありますが、一方で医療の進歩など有利な点もあります。<br />何より、過去の事例を知っていると言う事は大変有益です。<br /><br />私達が今後どう進むべきかを過去の事例から学ぶとすれば、ワクチンが開発されて世の中に行き渡るまでの間、当時より不利な点を抑え第二波の到来をできる限り遅らせ、できればウィルスを根絶するか共存の方法を見付け第二波が来ないようすると言う事でしょう。<br /><br />この旅行記の投稿直前、韓国では活動制限要請の解除後すぐに街に人が溢れかえり、その為に感染拡大が再発しています。<br />私達はこれを対岸の火事と考えてはいけないと思います。

    これはウィルスのガラス模型。
    ここでコロナウィルスが展示されていたらびっくりですが、天然痘ウィルス、インフルエンザウィルス、PHVでした。

    ====================

    パンデミックで真っ先に思い付くのが、学生の頃に習ったペスト(黒死病)とスペイン風邪。
    CDCのWEBサイトでPandemicを調べると The 1918 influenza pandemic、いわゆるスペイン風邪についての記述が見つかります。
    https://www.cdc.gov/flu/pandemic-resources/1918-commemoration/three-waves.htm

    このページの中ほどに米国での死者数推移グラフがありますが、スペイン風邪には三つの波がある事が示されています。
    かなりセンセーショナルなグラフですが、当時流行の第一波はまだ『兆し』だったと言う事です。
    勿論当時より医療技術は格段に進歩しているので、これがそのまま現代に当て嵌まる訳ではありません。しかし無策だと更に大きな流行の波が到来する可能性をこのグラフは示唆しています。

    感染の拡大について、人口増加や移動の長距離化・短時間化など1918年当時より不利な点はありますが、一方で医療の進歩など有利な点もあります。
    何より、過去の事例を知っていると言う事は大変有益です。

    私達が今後どう進むべきかを過去の事例から学ぶとすれば、ワクチンが開発されて世の中に行き渡るまでの間、当時より不利な点を抑え第二波の到来をできる限り遅らせ、できればウィルスを根絶するか共存の方法を見付け第二波が来ないようすると言う事でしょう。

    この旅行記の投稿直前、韓国では活動制限要請の解除後すぐに街に人が溢れかえり、その為に感染拡大が再発しています。
    私達はこれを対岸の火事と考えてはいけないと思います。

  • 併設の麹町カフェ<br />雰囲気は好いし、価格も手頃。そして隠れ家的。<br />落ち着ける場所だからなのか、ここで勉強する学生さんもちらほら・・・。<br /><br />====================<br /><br />過去の事例を鑑みると、元の生活に戻るには1年以上を要する筈です。<br />今回はウィルスが拡散する過程で変異しているので、鎮圧には殊更長い時間が掛かるでしょう。(流行の第二の波は変異種によるものかもしれません)<br />ただ、経済の破綻も起こしてはならず、緊急事態宣言下と同じ生活を続ける事はできません。<br />恐らくこの先1、2年はCovid-19に限らず感染病の拡大防止を常に意識しながら、安全に活動範囲を広げる取組みが必要になるでしょう。<br />個人的には暫く旅行は自粛しようと思っていますが、その間にどうやって安全に旅行できるか、自分が感染源にならない為にはどうすべきかを考えたいと思います。

    併設の麹町カフェ
    雰囲気は好いし、価格も手頃。そして隠れ家的。
    落ち着ける場所だからなのか、ここで勉強する学生さんもちらほら・・・。

    ====================

    過去の事例を鑑みると、元の生活に戻るには1年以上を要する筈です。
    今回はウィルスが拡散する過程で変異しているので、鎮圧には殊更長い時間が掛かるでしょう。(流行の第二の波は変異種によるものかもしれません)
    ただ、経済の破綻も起こしてはならず、緊急事態宣言下と同じ生活を続ける事はできません。
    恐らくこの先1、2年はCovid-19に限らず感染病の拡大防止を常に意識しながら、安全に活動範囲を広げる取組みが必要になるでしょう。
    個人的には暫く旅行は自粛しようと思っていますが、その間にどうやって安全に旅行できるか、自分が感染源にならない為にはどうすべきかを考えたいと思います。

    麹町カフェ グルメ・レストラン

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

TaxNaXさんの関連旅行記

TaxNaXさんの旅行記一覧

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

御茶ノ水・本郷の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集